FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酷い濁りと、たくさんの魚と、謎の体調不良in真鶴

 そろそろ台風の後のうねりも収まって濁りも抜けるだろうと予想して、真鶴にスノーケリングへ出かけた。
バスの本数に不安があるので琴ヶ浜に決めていたのだが、、駅に降り立ったのは10時ちょうどごろ。 ケープ真鶴行きのバスは10時25分までないため、ヤケクソで歩いていくことにした。 大体30分ぐらいで琴ヶ浜に着くのでバスを待つのと大差ないのである。


炎天下汗みずくになりながらようやく琴ヶ浜に到着。ウェットスーツ(3mmスプリング)を着用し、露出部分にクラゲよけを塗って出発しようとしたら腹筋が攣ってしまって悶絶。 しばらくしたら収まったが、これが後の悲劇の前奏だとはこの時は思いもしなかった。

天気もいいしベタ凪だしこれは期待できるな、と思ったのだが、妙に濁っている・・・というか黄色っぽい浮遊物が多い。水面には木くずというかおが屑というか、粉のようなものが一面に浮いている。 台風で海に流された流木が波で削れたりなんだりしたのが吹き寄せられたのか、これではどうしようもない。 少し潜ると多少は澄んででいるのだが、上から見えないのでは目標も絞れずどうしようもない。 当初は噂に聞くイソギンチャク畑を探そうと思ったのだが、とても無理なので魚の多いサザエ根に絞ることにした。

P8271036.jpg


 サザエ根は期待通り魚が多く、特にソラスズメは過去最多レベルといっても過言ではない。 今日は海底に落ちてるゴミがあったら回収しようと100均で買った小さめの洗濯ネットに紐を通しぶら下げているのだが、1年以上前に消費期限が切れたギョニソーがあったので餌付けにでも使おうとこのネットに放り込んでいた。で、この匂いが魚を引き付けるのか(水中では匂いと味が同時に溶け込んでいるのと、魚は匂いに非常に敏感)、ものすごくスズメダイに付きまとわれるんである。 濁った水の中で餌で釣って魚にたかられるというのは田中角栄よっしゃよっしゃというか、金権政治家になったようでなかなか邪な快感だ。 


P8271056.jpg

P8271059.jpg
キンギョハナダイ

P8271072.jpg

P8271075.jpg

P8271079.jpg
ヨロイイソギンチャクと海酸漿

そんな邪な目で見ても魚は魚。今日はこれまで目にしたことない、オレンジ色の鮮やかなキンギョハナダイが元気よく泳ぎまわっているのだった。6月末の三ツ石ではあまり見られなかったオヤビッチャも普通に目にすることができ、トロピカル気分はなかなか。
結局ここが一番楽しめるのでここで魚と戯れ続けていたが、この魚の量でもうと透明度が高かったらなーと思わずにはいられない。 今日はウェットも着ているし、濁りさえなければサザエ根のドロップオフももうちょっと攻められそうだったのだが・・・。

P8271081.jpg
でっかく育ったフトヤギ

二時間ほど潜ったところで今日は夕方から雨の予報なのを思い出し、切り上げることにした。 帰りがけにかわいいカエル魚を写真に収め、良いオマケをもらった気分になって陸へ上がる。そそくさと着替えをすまし、昼飯のために漁協方面へ歩を進めた。
いつも魚座では芸がないし、と言っても朝漁亭はしまったので今日は別のとこ!と決めており、漁協直売所の並びにあるおさかなカフェ「MARUMI」に決定。 ここも小さいカウンターとテーブル席が3つほどあるだけの小さなお店だ。

ここはやはり地魚の刺身盛定食を食わねばなるまい。 アジ、しめ鯖、ワラサ、ムツ、鯛、イカの六点盛にカニでとったダシの味噌汁と大満足であった。

ここで腹いっぱいに食い、ゆったりと歩きながら真鶴駅に戻ったのだが、あまりのクソ暑さと鉛の錘が入って重さマシマシのザックに体力を奪われ、熱中症気味になってしまった。 真鶴の地域情報センターみたいなところでWifiが使えるので涼みがてら休憩しようと思ったのだが、定休日で閉館中。これでどっと追い打ちの疲労が来てしまった。 フラフラになりながらようやく真鶴駅に着いたのだが、ここで第一の異変がおきた。 わき腹や首回り、脇の下あたりが猛烈なかゆみが起き始めた。当初はチンクイかと思ったのだが、ウェットスーツは着ていたし、なんかおかしい。

 とりあえず疑問も宙づりに電車に乗り、小田原で小田急に乗り換えた。 いったんかゆみは収まり、電車の中では早々に寝落ちしたのだが、本厚木のあたりでふと目が覚めたら何やら腹のあたりがゴロゴロ。胸のむかつきもある。これはいかんということで愛甲石田で下車しトイレに駆け込んだのだが、出すもの出してすっきりしたのに腹の痛みは凄まじいものになりトイレの個室で七転八倒。意識も薄れてきたので隣の個室にいるらしき人に声をかけて助けを呼び(ここのトイレには緊急通報ボタンがない)、結局救急車で搬送されることになってしまった。
 
 出すものを出したら水下痢の垂れ流しのようなことにはならず、ゲロも出ないため食中毒とは違う。魚や甲殻類、イカの類にアレルギーはないし、いったい何だろうかと思いつつ、点滴一本打たれただけで入院加療の必要なしと病院を出され、釈然としない気持ちで帰宅の途に就いたのだが、あれはいったい何だったのか。

 なんとなく似ている症状を探すとアニサキス症なのだが、内視鏡で摘出しないで点滴(抗アレルギー薬を入れたらしい)射っただけでおさまってしまったし、果たしてその見立ても正しいのかどうか。 ちなみにアニサキス症は胃壁を食い破られることよりも寄生虫が分泌する物質によるアレルギー反応で痛みやその他の症状が出るのっで、抗アレルギー薬が非常に効果的という話でもあるらしいのだが・・・。

・食ってから30分ぐらいで蕁麻疹
・1時間半ぐらいで腹の激痛、下痢、吐き気、滝のような脂汗


これがアニサキスの症状でもあるのか、詳しい人教えて。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。