FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

35年ぶりの浜諸磯

最初は真鶴に潜りに行こうと考えていたのだが、小笠原の南方に台風がいるのでなんとなくうねりが心配になり中止。
(琴ヶ浜は北向きだからそれほど心配しなくていいのだが)
第二候補として考えていた三浦半島一周に予定を変更した。

いつもと同じルートではチョイマンネリなので、ちょこっと足を延ばして大浦や浜諸磯など、シュノーケリングスポットとして使えそうな場所の下見もかねて立ち寄ることにする。

 関内を過ぎたあたりでフラットペダルで好調に流す兄ちゃんとペースとルートが合ったため、金沢八景あたりまで引いてもらい、こちらは津久井浜まで良いペース引く。日差しはきついが気温はそれほどでもなく、追い風に乗っているので快適だ。 コンビニ休憩のところで別れそれぞれのルートに進んだのだが、ここで緊張感が途切れたか、よそ見をしていてガードパイプに寄ってしまい腕をこすってアームカバーに盛大な穴をあけてしまった。ナンテコッタイ。

P8180992.jpg


 気を取り直してまずは大浦へ向かう。 畑の中の道を進んでいくと小さな駐車場が現れ、さらに階段のある小道を下りていくと「日本の正しい小さな海水浴場」が現れた。 背後は森に囲まれているため、本当に秘密のプライベートビーチといった様相で、なかなか素敵なところだった。 こんなところでもしっかり昔ながらの海の家があるのである。ブイに囲まれた遊泳区域はかなり小さそうだが、海水浴シーズンが終われば磯の方にも好きなだけ入っていけそうである。

P8180994.jpg

この後訪れた剱崎~江奈~盗人狩~宮川公園あたりまではまあ問題なく行けたのだが、問題は浜諸磯であった。 最近は良い小判(A5)の地図もないし、いい加減スマホ慣れしようとスマホのGoogleMapで現在地を確認しながら進んだのだが、これはある程度拡大しないと跨道橋が表示されず、フツーの交差点というかつながっている道に見えてしまうのである。 そのため何度も道に行き詰まったり大回りしたりでなかなかたどり着けず、おそらく1時間以上無駄なタイムロスをしてしまった。

P8180996.jpg

P8181011.jpg

P8181013.jpg

農道に入っては跨線橋の上に出てしまい後戻り、油壷マリーナまでやってきてもなかなか浜諸磯に至る道に入れずあっちへウロウロ、こっちにウロウロし、ようやく浜諸磯前の新明神社にたどり着いた時には3時を回ってしまった。

P8181016.jpg

P8181019.jpg

 ようやくたどり着いた浜諸磯は8月終盤の土曜日ということもあってか家族連れが多く、あちらこちらにテントやサンシェードが張られ、BBQの香ばしい煙が漂う空間になっていた。前回来たのは小学校5年生の時、移動教室でだったが、我々以外だーれもいなかった記憶がある。そのためイメージと真逆の雰囲気ではあるが、何となくオブジェ然とした灯台や周囲も緑あふれる海岸ということは昔と変わりなく、とりあえずな平日に来たらそれは静かで居心地が良いだろうことは容易に想像がつく。


P8181030.jpg

とりあえずこれで今日の目的は果たしたわけだが、片瀬江ノ島から輪行ではなく鎌倉から横浜経由で自走することにしたのでこの後もかなりの距離を走らねばならぬのだった。 

 横浜の四川料理屋で激辛麺を食って(半分しか食えず残りは持ち帰り)補給したものの、膝の痛みも出てママチャリのようなペースに落ち込んで這う這うの体で帰宅したのであった。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。