菜の花満開の大楠山

そろそろ頃合いという事で大楠山に行ってきた。
ヤマレコで12日に登った人のレポで満開という事だったので、まあ1週間~10日ぐらいの間は見頃だろうとあたりをつけたのだ。
昨年は早すぎなのか遅すぎなのか、開花状況自体が微妙だったのか今一つな感じであったが、レポを見た限りでは期待できそう。

 出発がいつもより少し遅れたが、頼りになる京急の快特であっという間に安針塚に降り立ち、すぐに行動を開始する。まだ肌寒さが残るが、低山であるし清八山の時のような強風も無さそうなのでマイクロフリースでなく春・秋用のiHEATジップアップシャツで行く。ここのところ昼は暖かくても夕方になると急に冷え込むパターンなので、防寒用にフリースジャケットは持っているが、既にだいぶ日が高くなって気温も上がっているので取り出すまでもない。

 前を通るといつも寝ているワンコを横目に塚山公園方面への細い道を行く。 以前は気付かなかったが、左手にある民家が一つ荒廃して倒壊しかかっていた。 田浦の廃墟もそうだが、少子高齢化が進むこのご時世、坂の上の方にある便の悪い宅地は新たな買い手がつくでもなく少しづつ衰退して廃墟化していくのであろうか。

 なんとなく衰えゆくニッポンに不安になりながら歩を進め、塚山公園へと入って行く。もうちょっとすればここも様々な花が咲き、桜まつりも開かれるのだが、まだまだ早いようだ。 何度目かに来た時には満開まで行かなかったとはいえ桜と菜の花が同時に楽しめたこともあったのだが、ここ数年はそうそうオイシイ目にはあっていない。

P3180572.jpg

 これまでスルーしていた見晴台まで登ってから大楠山登山口へと向かう。 公園を出てインター前からは登山口までは川沿いの舗装路が続くので、時間があれば森の中を行く別コースで行きたかったのだが、不案内だし出発も遅かったのでいつも通りのコースで行く。
 大楠登山口交差点までくると、そばにあったコンビニが空き店舗になってしまっていた。 テナントではなくオーナー募集の張り紙があったので近いうちにまたコンビニが入るのだろうが、食料や水をここで補給しようと思ってた人は当てが外れたに違いない。 それほど過疎地で無いここでもこの調子なのだから、今後もっと田舎の登山口近くのコンビニや自販機で補給食や飲み物を手に入れるのをあまり期待してはいけないだろう。

P3180573.jpg
あらら

 阿部倉温泉の脇道を抜けて登山道に入ると珍しくほかにも登山者が何人かいた。こちらは大楠芦名口に比べ通る人の少ないルートなのだが、いつもと違い追い抜く(すれ違う人)も多い。菜の花の開花期の上に土曜日というのもあるだろうが、こちらのルートでこれだけということは山頂はかなり混んでいそうだ。 ゴルフ場の脇の道を抜けてアンテナの立つ山頂へ出ると、予想通りの大賑わいだった。
P3180574.jpg

P3180577.jpg


 ベンチが全て塞がっているので腰を下ろそうにも場所が無い。 正確に言えば場所が無いわけではないのだが、後から登ってくる人も多いし子供たちが走り回るような広場的な山頂ではグランドシートを広げるのにもちょっと二の足を踏む。 別に空腹で我慢ができないわけでもないので食事は後回しにして展望台や菜の花畑を楽しむことにしよう。 

P3180580.jpg

P3180581.jpg

展望台に上ると判ってはいたことだが春霞のせいであまり遠望が利かない。 富士山は宙にあるのかないのか、丹沢すら覚束ないレベルだ。 でもまあこの時期はこれが当たり前なので速やかに移動し菜の花畑へ。 こちらは去年よりタイミングが合っていたのか、明るい陽光の中見事な黄色い絨毯を楽しむことができた。 ハナバチも嬉しそうだ。

P3180586.jpg

P3180587.jpg

P3180597.jpg

 菜の花畑のすぐ横にあるレーダーアメダスの建物の屋上ベンチが開いていたのでここで食事にしようと荷を説いたのだが、ここでまたやらかしたことに気付いた。そう、またよりによってケトルを忘れたのである。 あとでコーヒーを飲むつもりでケトルを使うので荷物を増やさないようコッヘルをザックから出していたのだが、肝心のケトルをしまい忘れていたのだった。 これでサーモマグやお茶セット、余分な水などすべてが無駄になったわけで、まったくに阿呆まるだしである。ただ、まだ飯を抜いたところで大事になるわけでもない里山だった分だけ不幸中の幸いだろう。これが真冬の2000m級で激しく消耗、ちゃんと温かいものを食べなきゃパワーダウンなんて状況だったら命に係わる。 このうっかり癖をどうにかしないとほんと何時か大事になるかもしれないのだから気をつけねばなるまい。 ストーブやケトル忘れをやらかしたのは古くは江ノ島、最近では3か月前の仙元山ともうこれで4回目ぐらいなのだ・・・。

 
P3180612.jpg

 カップラを食い損ねたとはいえ、行動食だけはやたら沢山持っているので、エナジーゼリーやようかん、ナンバーバナナなどを口に放り込みつつ下山の途に就く。 以前は多数のハイカーに痛めつけられ浸食が激しかった芦名口側の道もキッチリ補修整備され、非常に歩きやすい道になった。 すいすいと降りて前田川沿いを通りあっという間にバス停へ。土曜の渋滞のせいかバスはだいぶ遅れたが、走り出してからはスムーズだった。

 大楠山だけでは歩き足りないので、旧役場前でバスを降り三ヶ岡山(大峰山)へ足を延ばす。ちょっとアップダウンの大きい森林公園、といった趣で眺めもそこそこよく、出発が早ければこちらで食事をするのもアリかな、と考えていたところだった。 ところが折あしく天気予報通りどんよりとした雲が垂れ込んできたため眺める景色も微妙に魅力3割減。 行動食で誤魔化した腹も少し不満を訴え始めたので、さっさと降りて何かパクつくことにした。
 
P3180618 (2)


三ヶ岡山ハイキングコースの海側出口は森戸海岸のあたりになっている・・・ということはあそこに行くしかない!と旭屋牛肉店に吶喊。土曜だし時間もやや遅いので心配だったが、コロッケだけでなく無事に皮パンもゲット。海岸沿いに出てのんびり食事を楽しむことができた。  こんなだからヘマしたこともあっさり忘れてしまうのである。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード