スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灼熱の丹沢山。 蛭ヶ岳にたどり着けず撤退

予定している奥穂、八ヶ岳キレットとも結構な鎖場ハシゴ場があるコースなので予行演習で鎖場のある山を登っておきたかったのだが、ここ数回の休みは海へ走りに行くことばかりで山には遠ざかっていた。 そろそろどっか登っておかんとな、と手近な鎖場を当たり始めたが、真っ先に浮かぶのは蛭ヶ岳。

 ここには西丹沢自然教室をスタートにして主稜を縦走するか、大倉からピストンするかのいずれかなのだが、西丹沢を起点にするとバスの時間上出発が8時半とだいぶ遅くなってしまう。 多少距離が伸びても早めに出発でき、無理そうなら引き返しどころも多い方が無難なのではと判断し、結局大倉を起点にピストンすることにした。

 さすがにいくら好天とはいえここまでクソ暑いと低山を敬遠する人は多いようで、バスは席が全部埋まる程度であった。 ビジターセンター前でうろついてる猫とじゃれあってから出発するが、登山口に入る前からもうダラダラと汗がしたたり落ちる。

20150806_02.jpg

 せめて太陽だけでも隠れるか風が吹いてくれればいいのだが、「快適には登らせないからね。フヒヒ」とばかりに気温は上がり続けた。  寝苦しく目覚ましが鳴る一時間前に目が醒めてしまい寝不足気味なのもあるが、暑さで体力が削り取られるのか、自分でもわかるぐらいに足の運びが鈍っている。見晴茶屋、駒止茶屋、堀山の家といくつもある山小屋もなかなか次のが現れず、遅々として進まないように感じるのだ。 

20150806_08.jpg

20150806_09.jpg

 足が濡れて気持ち悪いな、とふと下を見ると、ズボンがお漏らしをしたようにビチャビチャに汗で濡れていた。 葉山でレーパンを紛失し海パンで走って帰るのも不快だったが、これも相当なものだ。ジャージも手拭も既に絞れるくらいに濡れている。 早くも「帰ったら風呂!」と全面的に後ろ向きの考えになってしまう。

20150806_15.jpg


 ようやく花立山荘まで来たときには既に好調時より20分近い遅れであった。 ところで花立山荘は土日のみの営業なのだが、今日はなぜか営業しており「氷」の幟がかかっていた。 ここは夏のカキ氷が名物で、多い時には3リットルの氷を20ブロック用意しても足りなくなるとのことだが、自分はまだ一度も食べたことが無かった。 この暑さだし、いい機会なので食べようか、でも今休憩したら時間も無くなるし帰りに寄ろう、と決めて先を急ぐ。 なお、ここまでで20分遅れているようじゃ蛭に着いたところで日没までに下山するのはまず不可能なのでこ帰りに寄るというのはこの時点で早くも丹沢山かその先の不動ノ峰で打ち切ることを決めた事を意味する。

20150806_18.jpg


 この時期の塔ノ岳ではよくある事なのだが、花立を過ぎたあたりで雲がちになってきた。 堀山の家辺りで富士山が雲を被っていたのが見えていたので遠望はもうあまり期待していなかったが、この時期なら朝8時までに登頂しないと快晴は望めないだろう。 既に消耗しきっている状態なので、この暑さでは直射日光に炙られない分だけ助かる、と思ってしまう。 ようやく山頂に着いた時には好調時より30分きっかり遅れていた。

20150806_20.jpg
金冷シでは道の崩落がひどくなっていた

20150806_24.jpg
 「もうこれはあかんね」 
丹沢山ピストンするだけでも前回より往復で1時間は遅れることになるだろうから蛭ヶ岳どころではない。 改めて体力の低下に悲しくなりつつ、休憩して息を整えたら丹沢山に向かう。  目当ての鎖場を登るのなら鬼ヶ岩ノ頭を下ってそこから引き返すべきなのだろうが、とてもそれも無理。 では棚沢ノ頭か不動ノ峰だろうなあ、とどこまで足を延ばすか丹沢山に着いてから決めることにしたが、塔ノ岳から丹沢山までのちょっとしたアップダウンでもまたタイムロスをしてしまった。
20150806_39.jpg


 
 丹沢山での小休止の後、とりあえず主脈縦走コースへと進んだが、行く先の道が以前泊りがけでピストンした時よりはるかに長く険しく見える。あれ、不動ノ峰ってあんな遠かったっけ? というかその前の下りもスゲー長くねえか?

20150806_44.jpg
不動ノ峰が遠い

 主稜縦走の時はみやま山荘で泊まってバッチリ体力を回復してたから感じ方が全く違うのだろうが、どんより曇った空の下で見る今日のその景色は不動ノ峰さえも行ったらとても日のあるうちに帰ってkれなさそうな場所に見えてしまった。 それでも丹沢山で引き返すのはあまりに情けないので、とりあえず不動ノ峰との鞍部(早戸川乗越)までは行こうと決めた。 途中ところどころに立っている道標の数値を足すと、だいたいその辺で片道10㎞になるので、キリが良かろうと考えたのだ。

20150806_51.jpg


 早戸川乗越にタッチしたらすぐUターンして引き返す。 それにしても不快なのは塔の山頂直下からずっと登山道脇にトゲトゲの鋭いオニアザミ(トゲアザミ?)が繁茂していることだ。 膝下のハーフパンツなので脛が露出しており触れるとチクチクするのである。 自宅の周りの道路脇や空き地にアメリカオニアザミが繁殖し出したので目につく傍か植木バサミで刈り取っていたのだが、まさかこっちでも似たような植物に祟られるとは。 以前はこんなに繁茂していなかったと思うが、やはり鹿が食わない分抑制が働かず増えたい放題になってしまうのだろうか。

 丹沢山に戻ると雲はより濃くなって、頂上稜線にはガスがかかっている感じであった。 眺望は無くなるがガスの中はひんやりするので今は快適で嬉しい。 ここで一旦アミノ酸サプリとゼリードリンクを飲んでエネルギーを補充し最後の下りへの準備をする。

20150806_54.jpg


 日高と塔ノ岳の間で熊の木沢から鍋割山を経由して登ってきた人とエールを交換し、ようやく塔ノ岳へ戻る。山頂にいた猫とじゃれあってからストレッチをして足をほぐし、午後二時ちょうど、いよいよキツイ大倉尾根の下りを開始する。
 
20150806_71.jpg
塔山頂直下のオニアザミ

 だいぶ予定をショートカットしてしまったのでまだ花立山荘はやっているだろう、まずはカキ氷でリフレッシュリフレッシュ!と花立まで足早に下っていたのだが、おお、なんという事でしょう。 営業時間は2時までだったのか、幟は仕舞われドアは既に鍵がかかっていた。

 ああ・・・レモンカキ氷が・・・。食べられないと思うと余計に冷たい物が欲しくなる。 ハイドレーションの水も尽きてしまったので、予備のウォーターバッグに付け替え、下降を再開。 リフレッシュし損ねたせいか足取りも重く、二人ほどに追い抜かれてしまった。 考えてみれば夏とはいえ4時までには下山していたほうが良いのだから急がねばならない。

20150806_78.jpg
いつ終わるのかと心が折れるような下り


 駒止茶屋の辺りでまたひたひたと後ろから足音が迫っているのを感じたが、さすがにこれ以上追い抜かれるのもムカつくので意地になってスピードアップ。  前回は見晴茶屋の辺りで足がパンクしてしまい大ブレーキとなったが、今回はそこまで膝の裏が痛くなることもなく、何とか2時間40分で大倉のバス停に下りきることができた。 


 ちなみに帰宅してからGPSで距離を計算したところ、歩行距離は18.9㎞。 道標の合計より1㎞以上短いのだが、道標はどの辺が間違っているのかよくわからない。 

鎖場のトレーニングはしそこなってしまったのでまた考えないといけないのだが、地図を見直したら

・塔ノ岳から表尾根を下り、三ノ塔から三ノ塔尾根を下る(行者に鎖場がある)
・平間から丹沢主脈ショートカットコースで蛭ヶ岳に登り、そこから主脈縦走路で塔まで行き大倉尾根を下る

という手もあったのだった。
次回はそっちのコースも考えないとなあ、チャンチャン。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

Piccoliさん、お久しぶりです。

じつはこっちも7月21日に塔ノ岳まで往復しています。日帰りで丹沢山の先まで行けるのだから、Piccoliさんはまだまだ若いですよ。

それにしても山の天候が良くなさそうですね。

私は北岳に行こうと思っているのですが、日本気象協会の予報だと18~20日がすべて「曇か霧」です。
ただ「てんきとくらす」だと登山指数がすべてAになっていたりして、よく分からんです。
http://tenkura.n-kishou.co.jp/tk/kanko/kad.html?code=19150008&type=15&ba=kk

去年鹿島槍ヶ岳で一度も晴れなかったんで、今年は晴れた日に行きたいでです。

No title

Morosawa樣

どうも
週間天気見ると下界は晴れてても上の方はどんより~霧雨なんですよねえ。
北アだけかと思ったら南アや八ヶ岳や奥秩父も似たようなもんですし。 九月にした方が良いのかなって気がしてきました。 ただ、長距離バスも減っちゃうんですよねえ・・・
プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。