またお買い物、なのだが・・・

今年の夏は八ヶ岳縦走か奥穂高岳遠征を考えている。

奥穂の方は涸沢に2~3泊の必要があり、夏の繁忙期に山小屋に泊まるとそれは悲惨なことになりそう(布団ひとつに互い違いに3人並ぶとか)なのでテン泊にしようと思っているのだが、一つ問題がある。

 手持ちのでかいバックパックはKELTYのフレームザックなのだ。 使うのは上高地~涸沢間なので横幅が広くて邪魔とかハードな登山道で重心が、とかいう問題は無いのだが、こいつはテントの中でもえらい場所塞ぎなのである。 伊豆の島嶼キャンプでは(キャンプ場もそんなぎゅうぎゅうに混んでるわけjじゃないし、一ブロックずつちゃんと区画分けがされてるし)ザックカバーを被せて外に放り出しておけばいいのだが、テントひしめく涸沢のテンバではそういうわけにはいかない。 夜にトイレに出る人が引っかけたりとかそういう問題もある。  そんなわけである程度山岳向きの、縦長のインターナルフレームのバックパックが必要なのだが、横着な自分はいわゆるアルパインザックはどうも使いにくい。 アライテントのマカルーとか、パイネのガッシャーブルムとかつるんとしてポケットがついていないような奴はいかにも玄人向けでデキる男を演出するには良さそうなのだが、自分はできる男ではないし、いろんなところで手を抜きたいものぐさ野郎である。

んで、いろいろ要求を積み重ねていくとクリアするのが思いのほか少ないのだ。

*60~70リットル
*ハイドレーション対応
*2気室(スリーピングバッグコンパートメントがある)
*ヒップベルト両側にポケット
*脱いだジャケットを仕舞えるフローティングリッド
*ボトルやテントポールを挿しておけるボトルホルダー
*ピッケルホルダーは二つ(ダブルストックを留めるので)
*あればスリーピングマット固定用のストラップ
*いわゆるウルトラライトモデルはNG

で、これある程度クリアできたのは以下の通り

マウンテンダックス
マウンテンダックス ラトック70R(レギュラー)


m_k_1223357_orbl.jpg
モンベル  トレッキングパック 80

360x500_5931_ACT-Lite-65-plus-10-3428-arctic-granite-15.jpg
ドイター ACT Lite 65+10

415DgVkcxUL.jpg
オスプレ ー アトモス65


edb7aa03-683d-4322-9c29-67a5476998c1.jpg
REI クレストレイル70

ラトック70は製造・通販会社のオクトスが処分品半額バーゲンをやっていたのだが惜しくも時機を逸して売り切れてしまった。 モンベルは価格的には魅力があったが正面ポケットがないのと80リットルと言うサイズがデカすぎて除外。ハイレベルで条件を満たしていたのはドイターとオスプレーだが、ドイターは以前ジッパー部の布が裂けるのに当たってしまいどうしても好きになり切れない。オスプレーは価格設定をギリギリまで頑張ってくれているロストアローが輸入しているという事もあり、海外価格に比してもだいぶお買い得(海外通販サイトの価格を円換算すると日本での希望小売価格より上がってしまう)ではあるのだが、「みんな持っている」ため山小屋とか立ち寄り温泉、高速バスの荷物置き場で混乱を招きそうという弱点があった。

結局以前48リットルモデルを購入して、その背負い心地、使い勝手の良さは満足しているのでREIが一番いいじゃん、ということになってしまった。 ちなみに上の条件を本当に完璧に満たしているのはクレストレイル70とアトモス65だけで、実は見た目もほんとによく似てるのである。

クレストレイル70は48同様、ストックの石突をがっちり固定するフックが付属していることに加えて、サイドアクセスジッパーもあり、なおかつREIでのバーゲン価格でイーサーより100ドルほど安い(ただし送料を考えると30ドル程度のアドバンテージ)、といいことづくめだった。

そんなこんなでCrestrail70を発注したのだが・・・

海外発送除外品の為あなたの注文はキャンセルされました


そういうのはAmazon.comみたいにship to japanにクリックして対応してないのは全部消しといてよ、と毒づいたのだが対応を考えているうちに何度か品切れになったりしていた。 どうやら次モデル登場の時期で在庫はもう払底しているようである。買うなら次の在庫が出た時に速攻で押さえ迂回ルートで日本に送るしかない。

 手数料は余計にかかるのでやりたくなかったのだが、納得いく物を入手するとなったら仕方がないのでJISAという転送代行業者に依頼することにした。 ちなみにこのスタイルで購入すると

 商品価格+REIから日本への送料・・・$191+72(USPまたはFedEx) =$263 のところ

 商品価格+REIの米国内送料米+米国税+手数料+転送料・・・$191+0+17+15+40~60
となる
配送業者にFedEXでなくヤマトUSAが使える分安く上がるが、そこは手数料や米国税でチャラ、という感じだ

あとはサイズによるチャージや再梱包料のチャージ分と為替の上乗せ($1当たり2円分くらい余計にかかる)ので、決してもう今までのようなお得なお買い物ではないのだ。

本当に円安と船便混載が無くなったのは致命的に痛い。  それにしてもREIもマスプロメーカーブランドだけではなくオリジナル製品も海外発送除外が増えてきたのだがいったいどういう事だろう。困ったもんである。

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード