スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~岬の南端へ~   熱海~石廊崎

 昨年自宅から熱海まで自走で走ったので、その続きとして輪行で熱海まで向かい、そこを起点にさらに南へ向かって走るツーリングに出ることにした。 以前から伊豆白浜とかあの辺には行きたかったのであるが、今回ようやくそのチャンスが巡ってきた形だ。 ちなみにゴールは今井浜か下田、うまくいけば石廊崎まで行って下田に引き返してくるという予定だが果たしてどうなる事か。

 朝は早く起きたのだが、例によって準備が悪く熱海を出発したのは10時を回ってしまった。 しかも熱海駅を出てしばらくは国道沿いに出る道が判らずウロウロして無駄に時間を食ってしまった。 この辺一方通行が多いので往生する。追い打ちをかけるように晴れの予報のはずがどんより曇っておりなかなか意気が上がらない。
 
 好天なら紺色の海を左手に身も心も軽やかに・・・となるはずなのだが、3月のあの夜のコムラ返り以降左足が張った感じがいつまでも付きまとってなかなかパワーが出ない。 こんな調子なのでなるべく飛ばさず、軽いギアでチンタラ進むことにしたのでなかなか距離も伸びなかった。

小刻みなアップダウンと立て続けに表れるトンネルで身も心も少しずつ削られていく。新網代、御石ヶ沢、新宇佐美と次々に長いトンネルが出てくるので神経が磨り減らされてしまうのだ。

 走り始めて1時間を少し回ったところで古びた、しかし立派なホテルが眼前に現れた。 40代のおっさんにはコマーシャルが懐かしい伊東のサンハトヤである。

20150523_10.jpg



海底温泉とか大漁苑とか興味はあるのだが、走り始めて間もないのに沈没するわけにはいかぬ。 しかも俺にはそんな金はないのだ。 これ以外にもさすがに観光地で食べるところも多そうなのだが、メシにはまだ早いので伊東の街はスルー。

 伊東で国道135号を通るか、海岸沿いの県道を通るか選ばねばならぬのだが、やはりここはキッチリ海岸線に近いところを走らねばなるまい。  多少アップダウンも少ないんではないかなと期待していたのだが、アップダウンもトンネルもしっかりあるうえ、右側には迫り出した崖が聳えているため威圧感から解放されることはなかった。 川奈港で一旦平坦な場所に出るが、うっかり行き止まりの川奈崎方面に進んでしまいタイムロス。  ここで12時を回ってしまったので適当な磯料理屋でメシにしてしまっても良かったのだが、まだそれほど腹が減っていなかったのとまだ先が長いのにここで時間を食いたくないという気持ちが勝りメシは後回しにしてしまった。 この決断は結果としては大失敗になるのだがそんなことは全く想像できるはずもない。

 伊豆急川奈駅近くまでの登りが思いのほかキツく早くも疲れてきた。 しかし線路沿いという事はそれからしばらくは平坦という事だ! そして次の街が来ると今度は急な下り坂だ。 登りの長さに比べて下りがすぐ終わってしまうのは割とよくある感覚だが、後でGPSログを見たら南下する場合は実際に長い登りと短く急な下りになっていたので只の錯覚ではなかったのだった。

20150523_12.jpg
前方に見えるのは火山砕屑丘で有名な大室山

 川奈の次に降り立った海岸沿いの町は富戸という美しい漁港で、たしか以前会社の近くにあったダイビングショップはここをホームグラウンドにしていたはずだ。 ボートを改造した海岸沿いの露天風呂もあり真夏に来たらとても楽しめそうだったが、この曇天の下ではその美しさも3~4割引きだ。 雲一つない好天の時に来たらどれだけ美しいのだろうか・・・・

 富戸の南にあるのが城ケ崎海岸で、ココはフリークライミングとかボルダリングをやっている人なら知る人ぞ知るクライミングゲレンデである。 特に「マーズ」という超一級の難所があり、山野井泰史氏が初めてルートを開拓した後に第二登がされるまで20年を要したとか、まあとにかくそういうところなのだが、残念ながら国道は大きく海岸から離れ伊豆高原駅方面へ向かっているのだった。

20150523_15.jpg

 さて、この辺まで走ってくると伊豆東海岸の大まかなパターンというのが判ってくる。 ダラダラ登り→トンネル→町の手前で急な下り→海岸沿いの町・海には海蝕奇岩→またダラダラ登り。 という感じだ。 海沿いの景色は好きなのだが、どよ~んと曇っているところに登りで何度も体力を削られるとだんだん「あーハイハイ判りました」と無感動になってくる。

 それでもふと海へ目をやると水平線近くに垂れ込めた薄い雲の上に伊豆大島の三原山が顔を出し、まるで空中に島が浮かんでいるかのように見えてなかなか素敵だったりするのだけど、やはりお天気屋の自分としては晴れていないとテンションが上がらない。 加えて今日は思いのほか肌寒く、とはいえウィンドブレーカーを出すほどではない…と中途半端な温度で、これまたテンションを下げる一因になっているのだ。 これが太陽が出ていて同じ気温なら、陽光で体が暖められ最適なコンディションのはずなのだが。

20150523_20.jpg

 走行しているうちに大川の辺りでそろそろ昼飯を食っておいたほうが良い時間になってしまった。 ところがここで出迎えていたのが気の滅入る巨大な廃墟ホテルで、いっぺんで食欲をなくし通過。 実はこの前後にも食事のできそうな場所はあったのだが、どれもこれも屋号がやたらとでかく掛かれた同じ系列のチェーンや、新しいのに外装が妙に安普請というか貧乏くさい上にメニューがトンカツとかどこにでもありそうな店ばかりでどうにも食欲がそそらない。 古臭いぼろい看板で老齢の夫婦がやっていてうまいあら汁とカサゴの煮付けでも食わせる店はないのか!とイライラしてきてしまった。 チェーンは営業努力で大きくなったのだろうが、こう街道沿いに同じ店が何度も現れると「これじゃ何処で食っても同じじゃねーか」と思ってしまうのでよろしくない。 せめて看板や屋号、店の外観は変える様にしたらどうでしょう徳造丸さん。

20150523_22.jpg

20150523_29.jpg

 そうして大川、北川、バナナワニ園のある熱川と通過し、稲取まで来たときには2時前になっていた。 ところで自分はこの「稲取」という地名と場所は大雑把に覚えていて、なかなかに良いところらしいというイメージだけは持っていたのだが、この町がポコンと突き出た岬にあり、道路はその付け根を通過しているという事までは把握していなかった。 んでもって温泉とか宿とか美味しい磯料理屋とかは海岸に近い方にあって、国道沿いには例によってドライブのついでにちょっと入れてくか、という考えの人間をターゲットにしているワンパターンの店しかないのだった。当然ここでも飯を食い損ね、ついに昼食もとらないままゴール候補の今井浜まで進むことになってしまった。

20150523_33.jpg

 今井浜には「サンシップ今井浜」という日帰り温泉施設があり(後で調べたら潰れていた 今は舟戸の番屋という後継施設になっているらしい)、今は無き「サイクルフィールド」誌で素敵な海岸沿いの露天風呂がある事を知って以来ずっと行きたかったのだが、今の時間を見るに下田もしくは石廊崎まで行ってからここに戻ってきて温泉に入るというのはまず無理な感じである。 ここで走行を打ち切り先へ行くのを諦めて温泉に入ってしまっても良いのだが、100㎞に満たない下田にすら到達しないのはあまりにも情けないのと、どうせ海岸沿いの露天風呂に入るなら天気が良い時に夕日を眺めながら入りたいという気持ちが勝り、今日のところはスルーすることに決めた。  幼少時何となく来た覚えのある河津もなんという事も無く通過する。 

20150523_37.jpg
正面に見えるのは天嶺山


 そしてまたじわじわと登り坂に入るが、ココの登りが恐ろしかった。 元々伊豆の海岸沿いの道路は余裕のない作りなのだが、ここはただでさえ道幅に余裕がない所に持って来てガードレールのすぐ下がスッと切れ落ちた崖で、うっかりふらついたり、居眠り運転したりスピード出し過ぎの車に追突されてガードレールを乗り越えたらそのまま数十~百mほど下の磯に叩きつけられ間違い無く即死!という場所なのである。 「伊豆の道路は路肩が弱い」とドライバーによく知られているが、そういえば伊豆大島近海地震でバスが崖崩れに巻き込まれたのはまさにこの辺りなのであった。

20150523_44.jpg

20150523_49.jpg

 ヒヤヒヤしつつも時折止まって下を確認したりしつつ走るが、この辺まで来るとさすがに海の色が違ってきて曇り空の下でも水の綺麗さが良くわかる。 しつこいようだがこれが好天で、MTBでなくロードレーサーで、なおかつサポートカーがケツから来ていて後ろの心配をしなくてよかったらどれだけワクワクする走りになっただろうかと考えてしまう。 見下ろすと登ってきた高さが判るし、陸地は深い森の緑、海は澄んだ深緑青と間違いなく素晴らしい展望コースなのだが。

 崖沿いの怖さがかなり辛くなってきたいいタイミング「尾ヶ崎ウィング」というちょっとした展望台兼休憩スペースが現れ、トイレもあるので小休止を取ることにした。 自販機もあったのだが、ハイドレーションパックの水も十分残っているし、微妙に肌寒いので冷たいコーラを飲む気も起きなかった。 ここ数年5月に真夏のような暑さが襲来することもあるが、今日がそういう暑さだったらハイドレーションはすっからかんになっているか、余っていたとしてもここでコーラに飛びついていた事だろう。
 
20150523_52.jpg

 尾ヶ崎ウィングをすぎると下り基調となり街が近づいてきたことがわかる。 この先にあるのは・・・伊豆白浜!

 以前友人と下田までドライブに行ったことがあるのだが、その時はちゃんと見るでもなく通過してしまったので今日こそはしっかりと見ておきたいと思った場所であった。伊豆半島はあまり行く機会が無いけれど、名前のイメージだけでもなんとなくいい眺望と雰囲気がありそうで楽しみではないか。

 そうして数年越しの願いがかない、ドライブの時とは比べ物にならない労力を使ってようやくたどり着いた白浜であったが、いくら綺麗な砂浜であってもドンヨリ曇り空に加えてかなり日が傾いてきたこともあって過大な期待に応えるだけのインパクトは与えてもらえなかった。 この天気に加えて自分は盛夏の伊豆諸島に何度も遠征して式根島の泊浦、新島の羽伏浦、神津島の前浜とまばゆい白砂の海岸をいくつも見てしまっているから評価が厳しくなっているのであろう。 とりあえず海岸で数枚だけ撮って先へと急ぐ。

20150523_54.jpg
はれてれば・・ね

 結局、飯を食う間もなく下田まで行くことになってしまった。 もうこうなったら早めの夕食を下田で取るしかないな、と心に決めるが、下田到着は3時過ぎとなんとも半端な時間。おそらくランチタイムは終わっているし、夕食にもまだ早い。 ヨサゲな食堂には準備中の札がかかってるだろう。 ならばもう石廊崎まで行って戻ってきた方が時間的にはメシには良さそうだ。 ここまでチマチマ行動食はつまんでいたので、軽くなんか入れておけばどうにかなる。 吉佐美のファミマでシュークリームとコーヒー牛乳を購入しささっと燃料補給だ。 ところが、疲労が激しくて頭がおかしくなったか、ストローでコーヒー牛乳を飲んでいたのにそのまま口をつけて飲む時のにパックの飲み口を傾けてしまい、盛大にジャージとパンツにコーヒー牛乳をこぼしてしまった。 全く何をやっておるのか・・・。

20150523_59.jpg

 20150523_67.jpg
石廊崎風力発電所の風車

 それでもこの燃料補給で多少戦意を回復し、石廊崎へと急ぐ。 ところが大誤算だったのが下田から石廊崎までの距離だった。Google Transitで事前にチェックしたところでは石廊崎まで85.5㎞、ここまで75㎞ぐらいだから10㎞かそこらだろう・・・と考えていた。ところが下田から7㎞ほど走って「あと3kmほどかな」と思った時に道路標識に出た石廊崎までの距離は9㎞! なんと片道で15㎞以上あったのだ。 走りはじめならいいが、ここまで多数のアップダウンをこなし、疲労もかなり蓄積してやっとこ「もう10分ほど走れば」と思ったところにこれはかなりの精神的ダメージだった。 それにこれ以上遅くなると石廊崎に着いてもかなり暗くなってしまう。 今ならまだ引き返した方がと考えなくはなかったのだが、こういう時は得てして疲労によるハイテンションになるものである。
「だって次なんていつ来れるかわかんないし、帰りはどうせ輪行だしちょっとぐらい遅れたってどうってことなくね?  行っちゃえ行っちゃえ!」
心の中の天使と悪魔が取っ組み合いをする漫画的描写があるが、この時の自分の心の内には最初から冷静で正しい判断ができる天使はおらず、すぐ走るのを辞めて「帰ろうよ」と言うヘタレな悪魔とやたら強気で後先考えない悪魔の二種類しかいなかった。 結局余裕で後者が勝ち、走ったことのない道を迫る日没に焦りながら必死でペダルを回した。 それにしても、ずっと今日一日ずっと曇り空で意気の上がらないままだったが、この時ほど高校生の時のようながむしゃらさを取り戻して一心にペダルを漕げた時は無い。 

 途中、南伊豆市の漁協の売店があり、ここでお土産の干物を買おうかなと思ったのだが、まだ先があるのにここで荷物を増やすのは嫌だったので「帰りに買えばいい」と通過してしまった。 ここまでチェーンの土産物屋ばかりで辟易していたし、営業時間を考えればここで買っておくべきだったのだが。 

20150523_72.jpg

 手石の海岸まで出ると、行く手に蓑掛島の奇岩群が現れさらにテンションが上がる。 パタゴニアのフィッツ・ロイやセロ・トーレを思わせる、人差し指を突き立てたような奇岩がいくつも海中から突き出しているのはなかなか壮観で、「うむ、これを見るためにここまで走ってきたのだ!」とすら思わせた。 漕ぐごとに奇岩群は近づき、いよいよゴールの石廊崎はすぐそこだ。

 石廊崎は岬の先までは遊歩道になっており、車・自転車・バイク類は駐車場に停めることになる。ここでまた誤算だったのが、駐車場から岬の先までは歩いて15~25分ほどと結構な距離があった。 それでもここまで来たらいくら遅くなろうと進むしかない。 幸い5月の陽は長くまだしばらくは平気そうだ。 早足で岬へ向かい、灯台を写真に収める。 ここもまた晴れてもっと早い時間なら真っ青な海が映えて美しいだろうなと思うと少し残念な気持ちになる。

20150523_81.jpg

20150523_84.jpg

  それにしても気になったのがここに来るまで売店やレストハウスの廃屋がいくつも有る事だった。国内旅行~バブルの時期まではここで飲食買い物をする人もいたのだろうと思うと、やりきれない気持ちになる。 衰退著しい東洋のハワイこと熱海の事を考えればそこよりさらに遠く便の悪いこちらは推して知るべしではあるのだが。  気を取り直してさらに先へ進むと、岬の岩をくりぬいた窪みのようなところに建てられた神社の社務所があった。ここが名にしおう「石室(いろう)神社」だった。 

20150523_90.jpg

 とはいえお札を買ったりそういう趣味は無いのでここはスルーしてさらに先の突端に進む。 本当に岬の先っちょに注連縄がくくりつけられた岩と小さな祠があった。 実質一つの神社として扱われているが、こちらの祠は「熊野神社」と名前がついている。 だいぶ遅いしもう誰もいないだろと思っていたが、美人のお姉さん二人組がおり、写真を頼まれたので快くパチリ。 こちらも撮ってもらうが、さすがにもう時間的にヤバそうなのでお姉さんたちたちより先にさっさと祠を後にした。 驚いたのが駐車場に戻るときにまだ岬の先端へ歩いてくる家族連れが何人かいたことだった。 まだ5時前だとはいえ、登山をやっているとこの時間には行動を終了して街に着いていないと落ち着かないのだが、こうも感覚が変わってしまうものか。

 さて、まだ目的地に着いていないとハイテンションを維持できるが、いざ帰るという時になると冷静になるし日没はかなりの焦りを生むものである。 芥川龍之介の「トロッコ」はまことによくこういう無茶やったバカな少年の心理を描いていると思う。こっちはもう40過ぎのおっさんだが、さすがにもう疲労が蓄積した状態で日没の中不案内なところを走るのは不安である。

 全面的に急げ急げ状態だが、駐車場から県道に戻る急坂に入り、グッとペダルを踏み込もうとしたところで右足に「ピキピキピキ」と嫌な感触があった。 「あっ。いかん。攣る」 即座に判断し漕ぐことを辞めさっさと自転車を降りる。 ピキピキが上の方に上がってくるとアウトなので今のうちに軽く脹脛を軽くさすり、つま先を引き上げ少し筋をほぐす。  右も左もピキピキし始めているがこの時無理をしないで軽くほぐしたのが奏功して大変つらい両足全面こむら返りになることは回避された。  それでも無理して坂を登るといつ第二波が来るのかわからないのでこの坂はしばらく押して歩く。 この時どれだけ弱気になっていたか、後ろから巡回のパトカーがやってきた時に前に飛び出して「不審者として下田警察署まで連行してくれ!」と言いそうになったことで判っていただけると思う。 飛び出す間もなくパトカーはさっさと行ってしまい、もはや自力で下田にたどり着くしかない。 

 足が落ち着いた頃合いを見て再び自転車にまたがり暗くなってきた中を下田に向け走るが、つい一時間前のハイテンションは遠くに消え去ってしまった。 ここまではっきりとした体の限界と不調が見えてしまうとどうにもならなくはあるのだが、100㎞に満たない距離でこむら返りの兆候が出たのは何とも情けない。 小刻みなアップダウンが知らぬ間に疲労を蓄積させていたのだろうか。

 先ほど買おうかなと思っていた南伊豆漁協も5時を回り閉まってしまったのでもうお買い物の楽しみも無い。 あとは食事ともども下田でということになるが、この時点で少し嫌な予感がしてはいた。 そもそも、皆旅館で晩飯を食うのではないか、飲み屋は兎も角、俺好みの安くてうまい磯料理を食わせる食堂なんてやっていないのではないか・・・と。

 こういう碌でもない予感ほどよく当たるものだが、この時は予感よりさらにシビアな状況だった。下田に到着したのは6時を回ったあたりであったが、飲食店はおろか、繁華街のお土産店も次々にシャッターを下ろしていたのだ。一応名の知れた観光都市だからメシ食った後ぶらつくとかそういう夜遅いのをターゲットに7~8時くらいまでやっているだろうと思っていたのが完全に当てが外れた。開いているのはよりによって「また同じチェーンか・・・」と敬遠してスルーし続けていた店しかない。 胃袋の事を考えたらここで素直に白旗を上げてその店で食ってしまったほうが良いのだが、最後の最後で折れるのも癪だったのと、駅の前で何人ものグループが自転車をばらして輪行袋に詰めている最中だったのでつられるように自分も自転車を分解し始めてしまった。 もっともあと15分ほどで少ない本数の電車が来るところだったからそれでよかったのだが・・・。
 
20150523_111.jpg
 
熱海で乗り合わせた同じく輪行の青年に聞いたところ、下田周辺の店は閉まるのが早いらしく道の駅の食堂に至ってはなんと夕方4時に営業時間を終えてしまったという。 彼も食事を食い損ねて結局回転ずしにしたとのことだが、さすがに不満げで「もうちょっと遅くまで営業してもいいんじゃないですかね、いくらなんでもこれじゃ観光客は困りますよ。 廃墟みたいになったホテルがあると一気に雰囲気が悪くなるし・・・」 と同じところを一日走ってきてキッチリ意見の一致を見たのであった。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

piccoliさん、こんにちは。

そうかあ。piccoliさんは自転車もやっていましたね。
よくこんなに走れますね。健脚になるはずだなあ。

ハトヤは懐かしいですね。もう深夜でもあのCMはやらないんだろうか?

ちなみに私の場合コムラ返りの経験はあまりないけれども、2年に1度ぐらい、脚の付け根のあたりが肉離れを起こすことがあります。
ちょっとクセになっているのかもしれません。

No title

J minorさま こんばんわ

ただ、自転車と山登り、両方バランスよくやらないとダメですね。

しばらく山行から離れて自転車メインでやってから山に行ったりすると全然コースタイム悪くなるし、逆もまたしかりなんで。 応用が利かないっていうか使う筋肉違うんだなーと改めて思い知らされます。 体重が落ちるのだけは無条件に有利に働いてくれますけど。
プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。