スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマノススメの舞台に行ってみた

今更ながら、『ヤマノススメ』の舞台である天覧山に向かうことにした。

まあ解説はいらないと思うが『ヤマノススメ』というのはコミュ障、引きこもり気味、インドア派の女の子が快活な幼馴染に引きずり回されていくうちに登山の楽しみに目覚めていく・・・という漫画で、アニメ化もされた。 ちなみに去年の夏~秋ごろ放映されていた『ヤマノススメ セカンドシーズン』は背景の美しさやキャラクターの魅力が存分に引き出されており、アニメファンの間でも相当高い評価だったと聞く。

 んで、自分はそのころ全然チェックしていなかったのだが、最近連載誌のオンラインに上がっているのをチラッとチェックしてみたら(3月いっぱいまで全話上がってた)、なんとまあ自分が登った山がいくつも出てくるのでうれしくなってしまった。 棒ノ嶺とか三ツ峠とか、これまでの山行自体アニメの影響受けてんじゃねと疑られるレベルである。 おまけに富士山に行ったら主人公は一人だけ高山病で動けなくなったりとなかなかシビアなj描写も有り、只の萌えマンガじゃねえな!とすっかりファンになってしまった。 
 



 と、そんなわけで(どんなわけだ)、この漫画の舞台で、主人公たちの地元(飯能)の山である天覧山に行くことにした。奥多摩と丹沢の行きやすいところでマンネリ気味になるのを避ける意味でも秩父の武甲山もいいかなと考えてはいたのだが、交通の便が悪く例によって4時起きして始発で行く必要があるのだが、前日キッチリ夜遅くまで仕事があったので早起きできないという事情も関係している。

 天覧山自体は高所恐怖症インドア派ヒッキーな主人公が最初に登った山というわけで体力はさして必要でなく、電車で行ったらまず間違いなく物足りなさそうなので自宅から自走することにした。 アニメに出ていたドレミファ橋まで歩くとか、さらに以前巾着田を見に行った際についでに登った日和田山に足を延ばすという手も無くはないが、ここは電車賃をケチりたいのと、西武秩父線とか川越線は電車の本数が少なくて待機時間が増えるので力を使い果たして帰りに輪行する以外はあまり使いたくないのである。

 さて、当日。前回同様多摩湖サイクリングロードに出てから西武園沿いを通って・・と言うルートで行くつもりだったのだが、ボーっと走っているうちに多摩湖サイクリングロードを通り過ぎて秋津三丁目まで行ってしまったり、その後も国道463号に進むつもりが大六天で県道179号に入り込んでしまったりととにかく道間違いばっかりやってしまった。  自分の不注意もあるのだが、使い慣れた国際地学協会の都市地図が廃版になってしまったので仕方なく購入したミリオンマップがあまりにも使い辛いせいだ。 何しろ交番・警察署・郵便局・消防署といった公共機関の記号が碌に記載されていないので現在地の確認に手間取るのである。

 
 そんなこんなで悪戦苦闘しつつ何とか見覚えのある国道にたどり着き、飯能にも到着。 前回もこの辺通ったはずなのだが、飯能銀座と言う商店街に入ると雰囲気が一変する。 あまりアニメと縁のなさそうな老舗の米屋さんの前にキャラクターの等身大ポップが置かれていたり、アニメに関連したイベントのポスターが貼られていたり。 明日には街を挙げてのファンイベントが開催されるとあって役場も旗が翻っていたりとなかなかの雰囲気だった。

20150418_06.jpg

20150418_07.jpg

20150418_08.jpg

20150418_13.jpg

20150418_15.jpg


 ちなみに事前に>ダウンロードした飯能の地図は聖地めぐりマップ(pdf)だったので、身軽な自転車でもあるしついでにいろいろ回ってみたのだが、途中河原に降りるところがわからなくてまた大回りしてしまった。全く今日はしょうも無いタイムロスばかりしている。

20150418_18.jpg

 道迷い続きで予定の時間を大幅にオーバーしてようやく天覧山の入り口に到着。 コンビニで昼食のサンドイッチを購入し、店員さんに断って自転車を駐車場にしばらく置かせてもらい登山道に入る。 ちなみにここは全力でヤマノススメを応援しており、店の一角がキャラクターグッズ売り場になっている。

20150418_23.jpg

 登山道ちょっと入った所のベンチでビンディングシューズから地下足袋に履き替える。 以前日和田山の男坂に登った時には露岩帯でシューズのクリートが滑り歩き辛かったので履き替えの必要を感じていたのだ。 最初はキャラバンローカットにしようかと思ったのだが、山歩きで地下足袋をずっと試したかったのと、なによりトレッキングシューズよりコンパクトになるのが大きかった。

20150418_27.jpg


 ペタペタと地面の感触がする地下足袋で登って行ったのだが、整備状況が良くゴツゴツの岩や木の根っこが露出している道ではないので思いのほか足に負担はない。 そうして軽やかに進んでいるうちにあっという間に頂上に着いてしまった。 展望台があり樹林は切れているので眺望は広がっているが、今日は春霞がきついのであまり遠くは見えない。 富士・丹沢は見えず、奥多摩方面の大岳山や御前山がぼんやり見える程度だ。

20150418_31.jpg

20150418_33.jpg

20150418_37.jpg

20150418_39.jpg


 登山口まで自転車で概ね50㎞走っているのだが、足がまだ全然余裕があるというか物足りない感じがする。 当初ここで昼食を摂るつもりだったのだが、不完全燃焼気味のところで食事にしたくないので先に多峯主山まで足を延ばしてしまうことにした。 一旦降りてちょっとした湿原のような所を通り、「見返り坂」という木漏れ日が気持ちのいい坂を登って行き、最後にちょっと足にいい感じの負荷が来る石の階段を上がって行ったところで多峯主山の山頂に到着する。

20150418_42.jpg

20150418_49.jpg

20150418_53.jpg

20150418_59.jpg

 
 ここも山頂にはあまり密に高木は生えておらず展望はなかなか。 南西方面がひらけているので削られて異様な形をしている武甲山が良く見えた。 展望台はないもののベンチやテーブルが多数設えてあり休憩するのにもよさそうだが、やはり漫画の通りに天覧山で紅茶を淹れサンドイッチを食べたいのでここではエナジーゼリーを飲むだけにして、一旦天覧山に引き返すことにする。 

 で、ここでようやく地下足袋の普段の靴の違いを実感することになった。 荷物も少ないせいもあるのだが、下りだと足が軽くてつい走りたくなってしまうのである。  地面も転ぶ心配がないほどフラットとはいえ、ローカットキャラバンではちょっと走ってもすぐもとの歩調に戻るところだが地下足袋だと意外と走り続けてしまうのだ。 路面凹凸が多いところだと判らないが、今回程度に軽い荷物なら地下足袋のほうがタイムの短縮には役立つのかもしれない。 もっとも、もう少し長丁場になった時の疲労の溜まり具合がどの程度の物かはわからないのだけど・・・。


20150418_65.jpg
トカゲが多い

 先ほどの湿原のような所の分岐でちょっと違う方面の道を通り天覧山へ向かう。 天覧山は小さい山ながらいくつもの小径が通っているようだ。  

 山頂に登り返すと先ほどより人が減っていたので思う存分バーナーを使えそうではあったが、少し風が出てきたので展望台下の風の当たらないスペースでお湯を沸かして食事をとることにした。 さすがに50㎞の走行に加えここまで歩くとコンビニのサンドイッチでも美味しく感じる。 お茶やクリームパウダーは賞味期限がとっくに過ぎて風味は飛んでしまっていたが、異臭がするほどではなかったので気にせずに飲む。 お茶セットは一昨年の三ツ峠以来ずっと活用できていなかったが、ようやく出番が来てよかったよかった。

20150418_73.jpg

 とりあえず本日の目的を概ね達成したところで下山に入るが、まだ足に余裕があるのでつい小走りになってしまいあっという間に登山口に到着。 先ほどのコンビニで地酒『天覧山』を購入し、今度はまた飯能銀座でお買い物だ。 主人公が遠征費を稼ぐためにアルバイトをしたケーキ屋さんのモデルになったお店でバウムクーヘンを購入。 お店の外ではファン向けに『ヤマノススメ』特別ラッピングやキャラクターグッズも販売していたが、こちらは流石に手が出なかった。

20150418_80.jpg

 さて、本日のミッションは全てコンプリートしたのだが、時間的にはまだ余裕がある。 もう少し時間がかかると思っていたし、去年の日和田山でもかなり遅くなっていたので輪行の用意はしてはいたのだが、まだ余力があるので頑張って自走で帰ることにした。  西武園を越えて多摩湖サイクリングロードまで来てしまえば後は勝手知ったる道(その割には何度も間違えてるけど)なので多少暗くなっても何とかなる。  昼食が少量のサンドイッチだけだったので最後にガス欠しかかりカロリーメイトもどきとペプシコーラのチャージが必要になったが、真っ暗になる前には自宅に到着。 相変わらず万全には程遠かったが、とりあえず100㎞の自走と軽ハイキングには耐えてくれたので一安心だ。


20150418_82.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

はつよろです♪

なんだかファンになっちゃいました(;≧∇≦)

わたしですね…このところついてなくて(汗)
すべり台を滑っても滑ってもゴールが無い感じなんて言えば少しは伝わりますか?
ものすごい急降下中なんです。。

そんなこんなで色んなブログ読み漁ってたらここで足が止まりました(≧∇≦)キャー♪不思議と心惹かれたんです。
piccoliさんも色んな時間を過ごされてるんですよね。きっと。。

急なお願いで戸惑わせてしまうかもしれませんが
話し込んでみたいというか話しを聞いてもらえたらって気持ちを持たずにはいられなかったんですo(^▽^)o

連絡してくれたら有難いです。
もしも迷惑であればコメントごと私のこと消してください。
プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。