スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリプルヘッダー(真名瀬・腰越・江ノ島)

 最近オイラは自分の事を天才なのではないかと思い始めている。

 え?何のかって?

 ええ、食えない魚を釣ることに関してのですよ・・・・。



 まあ、いきなりそんな事を言っても何のことか判らんでしょうから本題に入りましょう。行ってきたのですよ。釣りに。

 今年はずっとボウズが続いていて、危機感を持っていたところに「相模湾でカタクチイワシが大量接岸」の噂を聞いたのが6月のこと。 大磯でも江ノ島でもがんがん釣れてるのだから行くしかないと考えていたのだが、ぎっくり腰で6~7月を全て棒に振ったのはご存知のとおり。

 まだ後遺症は残ってるのだが、季節は回遊魚の活性が上昇する真夏でもあるし、お盆周辺は予定もあるので痛みをこらえてでかけたのだ。

 行き先は初めてとなる真名瀬漁港。 サイクリングではしばしば前を通る森戸海岸の辺りだ。 眺めもよく、なぜか展望台の付属した清潔なトイレもあるので三浦半島一周をするときなど必ず立ち寄る所なのだが、実はサビキやチョイ投げでもなかなか人気の釣り場らしい。
   
 最寄のバス停は京急新逗子からバスで6~7個のところにある「柴崎」だが、実際行ってみると思いのほかアクセスがいい。 三浦半島の西側ではあるが、地図で見れば浦賀や久里浜よりずっと近いのだ。 

 で、到着すると日曜にもかかわらず防波堤は空いている。皆海水浴に行ってしまっているのか、コイツはラッキー!(と思ったのだが、冷静に考えると人気釣り場が空いている時というのは大体地元の人達がダメと判断を下していることが多くラッキーでもなんでもないのだ)

 潮が引いてしまっているので底が見えるほどなのだが、まずはトリック仕掛けで攻めてみる。

すると。
ゴン様ゴン様


 防波堤沿いにはシマダイやらカゴカキダイなどが見えるのだが、口を使ってくれない。頼みもしないのに寄ってくるのは教科書のようにボール状に群れたゴンズイたちだけであった。

 
 しばらくすると群れた魚が寄ってきて上手く仕留めたのだが、

とうごろういわし

トウゴロウイワシ


 コイツはイワシと名がついているが実際はボラの近縁で、当然のことながら


ちっともおいしくない


 ボラ同様元気に泳ぐのでフィッシュイーター(スズキやヒラメやマゴチ)を狙う際の生餌としてはいいのだが、そんな仕掛けは用意していない。 が、貧すれば鈍する。 退屈に絶えかねてコイツを10尾も上げてしまった。 周りのカップルや家族連れが誰も連れていないので誇らしくはあるのだが、トウゴロウじゃなぁ・・・。結局11時まで粘ったが撤収し、腰越へと移動することにした。

 帰り際、防波堤で飲んでる地元のおっさんとちょっと話したのだが(この語らいがとても楽しい)、

「ダメだな。ちょっと前から工事やってっから、誰も釣ってねぇだろ?ほんとだったら日曜はすげー混んでんだぜ」

 そうですか・・・。ガックシ

 真名瀬を後にして次に訪れたのは腰越漁港。 江ノ島白灯堤防でもいいのだが、凄い混雑が予想されるのでチョイマイナーなこっちを先に攻めることにしたのだ。ちなみにここで釣るのも初である。

 良い時はジンタ(豆アジ)、サバ、イワシ、シロギス、イシモチも釣れるという話だが、悪いときはゴンズイの猛攻撃があるという話だ。 はてここではどうかなと3m万能竿にトリック、1.8mのコンパクトロッドに遊動パイプ天秤チョイ投げ仕掛けで試したのだが、草フグが多いらしくチョイ投げ仕掛けはあっという間に何本もハリスを切られてしまった。

 トリック仕掛けのほうは以前の大磯と同じくオボコ(ボラの稚魚)、コッパメジの嵐。
それでもヤケクソで写真撮影。
腰越漁港にて


 水産系の学科を目指しているという奇特な少年が現れたので就職に失敗することを前提に琉球大を勧めておく。 ついでにトリック仕掛けにワカサギ用仕掛けを使うという秘密のアドバイスをしてここも撤収。周りはヒイラギしか釣れていないようだった。

そののち江ノ島・白灯堤防へ移動。


 最後の最後にやってきたのは江ノ島白灯堤防。
 平日での朝イチでもかなり混雑する釣り場なので後回しにしたのだが、あまり釣れていないのか、もう3時近いからか、日曜のワリにはたいした人出ではなかった。

 空いているので一等地である堤防先っちょ(魚の通り道であるし、一番潮通しも良い)でトリック仕掛けを下ろす。

 するとまもなくクンクン!ククククーン!というコレまでとは違う真っ当な魚の引き。

 思わず興奮すると
うみたなご
うみたなご

 ちっこいヤツではあったが何とか口に出来るものをあげることが出来た。しかしこの後は

ネンブツダイの嵐


結局4時半近くまで粘ってウミタナゴ2尾。移動が多かったので実釣時間は短く、アオイソメもアミコマセも余らしてしまった。ちっ!

 ここでも地元の常連氏に話を聞くとがっくりすることばかりであった。

「あのね、海水浴シーズンにはね、金曜日に海に消毒薬を撒くの。お漏らしする子供がいるから大腸菌増えちゃうでしょ。 それで、金曜の朝までは釣れるんだけど、だいたい土日はダメだね。魚逃げちゃうから。水道口のほうだったらあんまし影響ないんだけどね」

 またひとつ利口になりまちた。

 このあともうひと仕事があるのだが、この続きはこっちでね
スポンサーサイト

tag : 釣り 江ノ島 腰越 真名瀬

コメント

非公開コメント

プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。