スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くらんぽーん!

金欠なのに、冬の奥多摩・丹沢行の用意として軽アイゼンを購入してしまった。


実はこないだ三浦海岸に行った日も当初は鍋割山に行く予定だったのだが、直前に降雪がありアイゼンが必要な状況になってしまい、アイゼンを持っていないので取りやめてサイクリングに切り替えていたのだった。

まだ一度も雪山の経験は無いのだが、初めて氷結した払沢の滝を見に行った時は二日前が大雪で、バス停から滝までの歩道が10cm以上の積雪と氷でつるっつるになっていて難渋した事を思い出す。 尿意を催し足の運びが雑になったとき盛大に滑って転んだのであった。

自分の前を軽やかに進むオバサン二人組が歩道を降り切った辺りでなにやらしゃがみこみ、足から何かを取り外したのを見て初めて「軽アイゼン」というものの存在を知ったのであった。

とはいえそれ以降雪のあるときに山に登るわけでもないし、ハイキングでも春秋限定の為しばらく買わずにいたのだが、奥多摩とか丹沢を冬場に突っ込んでみるとなるとどうしても必要になってくる。そんなわけで今回購入に踏み切ったのであるが、おばさん達が使っていたような4本歯の軽アイゼンは土踏まず部分だけがスパイクが飛び出しているので歩きづらく、「雪が有るか無いか判らない、万一降ったときのために持っていこう」ぐらいのもので、あまり性能的に期待してもいけないらしい。 最初っから雪があると判っているなら最低でも6本歯+スノープレートがついているぐらいのものがいいのだが、これとてそれ程歩き易い物でなく、靴のアッパーやソールが柔らかかったりするとちゃんと性能を発揮できないんだとか。

そんなわけで、トレランシューズや安物トレッキングシューズで突っ込んでしまう自分向けのものは・・・と思ったら、そういうものがちゃんとあるのだね

モンベル チェーンスパイク




 これまでチェーンだけの製品は海外でもあったらしいが、そこにアイゼンのような爪がついたアイデア製品。ソールやアッパーが柔らかい靴(極端な話ゴム長とか)でもオッケーな優れものだ。おまけに4~6本歯の軽アイゼンのように爪が土踏まず周辺に集中していないので歩行に違和感を感じたり、爪が短いためアイゼン装着時特有の蟹股歩き(爪をズボンの裾に引っ掛けない為)をする必要が無いのだ。
 ただし通常のアイゼンに比べて爪が短い分急斜面や深い積雪地帯ではさすがに限界があるらしい。 とはいえ自分は八ヶ岳だとか槍ヶ岳とか責めるわけじゃないからこれで十分。

 今冬に予定している鍋割山~冬の大岳山でも威力を発揮してくれる事だろう。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。