ミレーのザック&ハイドレーションパックを買った!

 近いうちに表丹沢縦走(ヤビツ~新大日~塔ノ岳~金冷シ~大倉)or鍋割山アタックを考えているので、装備を充実させるために中型のザックとハイドレーションパックを購入した。

 これまで水は自転車用のボトル(750cc)を2本持っていて、5月頃の浅間尾根、東丹沢(仏果山、高取山)、大岳山にこないだの大山でもそれで用は足りていた。しかし、8月の暑さに加えてこれまでよりハードかつ長丁場のコースではさすがに心許ない。 それに浅間尾根や大岳山は飲用に適した冷たく綺麗な水のある沢がいくつもあったが、丹沢では途中で水にありつけるとは限らないので、どうしても多めに持っていく必要がある。 タダ水を持ってくだけならデカめのペットボトルを増やせばいいのだが、イチイチザックから出したり入れたりするのも面倒だし、マジ登山家っぽく(MTBerでも使ってる人は結構多いが)ハイドレーションシステムを入れてしまえということで。マンガ「岳」で主人公の島崎三歩やザック・ウェザースも使ってることであるし・・・。

アウトドアショップに行くとキャメルバックとか


プラティパスのボトル&ドリンキングチューブがあるんだけど
 

近所のスポーツアルペンで売ってたのはコレだったのでとりあえずって感じでエバニューのウォーターキャリー2リットルとハイドレーションチューブを購入した。2リットルにしたのは、某掲示板で大体何リットル?と聞いたところ「メシ意外に飲む分だけで2リットル」とのことだったので。

 

ハテさてどうなることか・・・・・。


そして、ザックはREIでバーゲンをやっていたのでいろいろ漁ってみた。まずはREIブランドで40~45リットルのを販売していたので候補に入れていたのだが、色が気に入らない(赤)のと、コンプレッションベルトが一本しかないのが不安なのでパスした。次にハイ・シェラいう聞いたことの無いブランド(シェラデザインズなら判るけど、ねえ?)も5割以上安くなっていて、なかなかそそられるものがあったのだけど(220ドルが99ドルでっせ?)、あまりに値引率が高いのはそもそも希望小売価格吹っかけすぎなんじゃないかという疑念と、あとちょっとデザインが野暮ったいというマイナス点があったためこれも流した。

最終的に決定したのはルイ・ラシュナルとモーリス・エルゾーグで有名なMillet(ミレー)のオデッセイ。色はストーム(&アスファルト(灰色に近いかな)で、既に持ってるシェラ・クレスト3990に雰囲気が近いのがまたいい感じ。



送料が上がるギリギリの99ドル93セントというのも決めてであった。 あと2ドル高いと送料が30ドル上がってしまうのだ。 ちなみに購入後、「サイズおっきいから送料プラス9ドルな!」というメールが来たのふがちょっと釈然としない。 ケルティのシェラ・クレスト3990(64リットル)より小さいのに何故?


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード