スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そばとか雷電とか

朝。
昨日の多すぎる晩飯が未消化のまままだ腹にたっぷり残っている感じなのがわかる。

3人揃って朝からトイレで呻吟していたが、普段の便意とは違い、上からどんどん押し込まれたためトコロテン突きのように無理やり押し出される感じであった。 尾篭な話で申し訳ない。
で、そんな腹パンパン状態のはずなのだが食欲はいつもと変わらずご飯を2杯もお変わりしてしまった。こんなだからデブるのである。ちなみに献立は鮭、温泉卵、海苔、味噌汁、ねずみ大根のおしんこと正調日本の朝食に何故か湯豆腐とポテトサラダと豆乳コーンポタージュであった。
あさめし


朝風呂

オナカイッパイになったところでじっくり朝風呂に浸かり、11時前にチェックアウト。ロビーに自販機が無いのが残念だったが、なかなか快適な旅館でござんした。


とりあえずこの後はどこに行くか決めてなかったのだがUターンラッシュに巻き込まれたくないのであまり遅くまではプラプラしていられない。 「震災に遭った栄村に行こうぜ!」などと提案したが速攻で却下され、まずはお土産を買いに手近な蔵元に行く事になった。

そうして訪れたのは沓掛酒造の直売店「銀の蔵」 ここでいくつか利き酒をしたのち焼酎に近いアルコール度数高めのやつと、セカンドブランド「互」(Go!)の酒ケーキとみそケーキを購入した。
くつかけ


そして昼飯は数年前にも訪れた上田の手打ち蕎麦の名店「おお西」で3色盛りと発芽蕎麦のダブル食い。 飯の後は店の脇にある湧き水を汲んでお土産とした。 周りは信州味噌の店が一杯あったのでお土産に購入して行きたかったのだが、家に味噌はまだイッパイあるので断念した。
みそぐら
みそ倉


 飯の後は更なるみやげ物を目指して東御市にある道の駅「雷電くるみの里」へ。
江戸時代の伝説的最強力士「雷電為右衛門」ゆかりの道の駅である。 名産品がくるみだけあってくるみを使ったお菓子がいっぱいなのであったが、肝心要の俺の大好物、くるみゆべしが無いのだった。 ここでは「くるみそば」という謎のお菓子とくるみソフトクリームを購入していく。 イートインコーナーの雷電丼は人気らしく売り切れであった!
雷電と一緒
雷電と一緒。 ちなみに雷電の弟弟子の釈迦ヶ嶽雲右衞門は身長228cm、体重180kgでもっとデカかったらしい。

 この後、浅間山麓にあるかずきんGTIの親御さんの実家を訪ねたのち帰宅の途につく。 Uターンラッシュが心配だったが帰りは渋滞に摑まることなく7時過ぎに東京へ帰ることができた。


スポンサーサイト

tag : 雷電為右衛門

コメント

非公開コメント

プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。