スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルホーン化に挑戦

 長年使っているビアンキのロードバイク(現在はもっぱら通勤&ツーリング用)をブルホーン化してみることにした。 

 ずいぶん前の話であるが、月刊誌「Cycle Sports」でブルホーンハンドルをアッセンブルしたツーリングバイクが登場した。そのオーナーの提案に大いに頷く事があり、ずっと試してみたかったのだ。
 
 といっても15年オチのバイクのためだけに新しいブルホーンバーを購入するのもなんだし、今あるものを・・・ってワケで、ドロップバーをちょん切って対応することにした。 なんか乱暴なようだが、トライアスロンやTTで専用のブルホーンバーが登場するまではこういうやり方で自作ブルホーン化する人が結構いたらしい。
 
 現在付いているハンドルのレバー類を取り外した後、テキトーなところ(ってちゃんとポジションとブレーキレバーの位置決めはしなきゃだめですよ)でパイプカッターを使ってちょん切り、ステムから外して反転させてから再度設置。 その後レバーを付けてからポジションを出す。 最初のうちはカット部分は少なめにして余裕を持たせておいて、ポジションが出てから微調整したほうがいいだろう。 
 
 ドロップバーを切ったブルホーンバーは専用設計ではないので、グリップできる部分がやや小さくポジション出しはややシビアになる。 ポジションが出ていないと掌に不自然な加重がかかってすぐ疲れてくるのでここは満足するまでしっかりやった方がいい。 個人的にはブレーキレバーを引く際に手を置く場所が地面に水平(要はフラットタイプのブルホーンバーと同じ)が無難だと思う。   
 
 実際に乗ってみると通常のドロップバーを使用する際のリラックスポジション(バーの肩の部分)はあまり使用しないで、ブレーキをすぐ引けるポジションを使いがちになる。 姿勢的には通常のリラックスポジションとスプリントや下りの際にグリップする時の中間だろうか。
 
 ブルホーンは本来短いTTやトライアスロンで使用するものなので、長時間のツーリングやヒルクライムでは不向きかもしれない。 現在の自分のライディングスタイル(通勤メイン、ツーリングは島嶼部で一日の走行距離はせいぜい3~40km)ならば問題ないだろう。

PA210426.jpg
 
PA210427.jpg
 
PA210428.jpg
 
 ところで自分は金をケチって手持ちのハンドルをぶった切ることで試してみたが、カーボンハンドルではこれはできないのでご注意あれ。 リスクを背負いたくない人はブルホーンバーを購入したほうが無難です。 アウターワイヤの処理をキレイにしたい人はブルホーン専用ブレーキレバーやハンドルに穴あけ加工などが必要になります。

Nitto RB018とかProfileのStorkerあたりがいいんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おはこんにちは。

このたびはご来訪いただきまして、ありがとうございました。

アウター出しもスポルティーフやランドナーっぽくてイイですね。

No title

ナオヤさま

ただ、これ、リラックスポジション(トライアスロンのエアロポジションのようにバーの上に腕を置いて手をだらんとさせる)取ろうとするとアウターが指に引っかかって危ないんですよ。 昨日一日作業してハンドル内収納完了しました。
プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。