スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンパクトロッド

2週間程前、海に落とした万能竿をサルベージした際にコンパクトロッドを折ってしまったので新しいの買ったでござるよ。

キャリーパック2


昔のエントリで初心者がはじめて買うのにいいよーってお勧めしたSZMのキャリーパックね。

長さ1.8m、錘負荷は20~30号のやつ。思い切ってこの号数にしたのは、そのうち島旅遠征で持っていこうとか考えてるから。 さすがに6~20グラム(1.5~6号)負荷のやつだと元気のいいムロアジとかが来たとき太刀打ちできないもんなぁとか虫のいいこと考えてるのだ。

 SZMのこいつはシマノとかダイワの高級カーボンコンパクトロッドに比べて腰が柔らかく、シロギスとかハゼとかのちっこいのにも反応してくれるんで、俺みたいにサビキの回遊待ちの間にちょこっとチョイ投げするのにも対応してるとのこと。 確かに一緒に並んでたホリデーパックとかHSミニパック、Wizzのトレジャーボートミニなんかと比べると、若干「ヘロっ」としたチープタックルっぽさを残している。 お値段も同負荷・同じ長さの奴を比べると2000円近く安いので実際チープなんだろうけどね。
 
 このクラスのコンパクトロッドだと穂先の部分だけ白く塗ってあるのが多くて、それがもの凄く安っぽく見えて(実際安いんだけど)嫌いなのだけれど、このキャリーパックは全身同じ色(グレーメタリック)であまりそういう安っぽさを感じさせないのが嬉しい。 先代のスーパーコンボも全身紺色で安っぽさをあまり感じさせなかったので、なんか正統的な後継者という感じがしてgoodである。 
 
 これを買う前にはalphatackleの注目の製品、TRGR(トラギア)のBシャフトにしようと思ったのだけど、穂先が磯竿のように極細なうえ、適合糸の上限が2~3号とかいうので、ちょっと前出の「不測のムロアジ襲来」みたいな事態には対応できねーわな、という気がしてやめてしまったのだ。 TRGRはゴールドメタリックの見栄えもいいし、付属の専用ケースもがっちりとした作りで魅力的ではあったのだけど、想定している用途から外れてるものを無理して買ってもしょうがないしね。値段も半分以下で済んだことだし・・・。

 新調竿の呪いが心配なところだけど、次の休みにチョイ投げ担当として持っていこうかと思っている。
スポンサーサイト

tag : 釣竿 釣り

コメント

非公開コメント

プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。