スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新宿スワン

新宿スワン 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)新宿スワン 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
(2005/09/06)
和久井 健

商品詳細を見る


 現在、ヤングマガジンに連載中のこのマンガが面白い。まだちょっと絵が荒いが、それもパワーに見える勢いがある。
 歌舞伎町を舞台に風俗店に女の子を紹介する新人スカウトマンが主人公だが、そんな仕事をしている主人公が、「女なんか商売道具でしかないね」というスレた人間じゃないのが面白みの源泉となっている。 
 主人公の白鳥君、もっと言えば「この仕事向いてないんじゃないの?」というぐらい間抜けでお人よしなのだ。借金漬けの女の子を店に紹介した後で、 「ああ、あの子はそのうちスレてもっと手っ取り早く稼げる店に行きたがるようになっちゃうんだろうな、こんな事して良かったのかな」などとクヨクヨ自問自答していたりする。

 さらににはホストクラブにツケの山を築いた女の子に騙されお金を貸した挙句、トンズラされ、紹介料すらもらえず、家賃が払えなくなってアパートを叩き出されたしまったりする。

 渋谷や新宿なんかを歩いていて女の子に声をかけまくってるジゴロ風のヤツを見かけると、堅気の仕事をしている人であれば( ゚д゚)、ペッ程度の感情しか持たないだろうが、これを読んだ後だと心なしか彼らに向ける視線が優しくなってしまいそうだ。

 何でも、女の子をお店に紹介した後、その子が10日以上働かないと紹介料をもらえないそうで、軟弱そうに見えて意外と大変なんである。 大体、借金まみれになって二進も三進も行かなくなって夜のお仕事をしようなんて人間はだらしが無く厳しい仕事も続かないから、仮にスカウトが成功しても自分の収入になるまでは管理(監視)しないといけないわけで、こちらが思ってる以上に効率が悪い。

 そういえば、渋谷でやたらと声を掛けまくってる人間は私服のナンパ師とこういったジゴロ風のスカウトマン(もしくはキャッチセールス)、がいるが、前者がまさに手当たり次第なのに比べ、後者のほうは明らかに「意思もおつむも明らかに弱そう」な子にターゲットを絞って声を掛けているように見え感心した記憶があるが、やはりプロというか生活がかかっていると違うんだね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。