WX TEX

 キャンプに先がけてシュラフを収納する防水バッグを探していたのだが(もういい年なのでゴミ袋を防水バッグ代わりにしようとは思わない)、すごいものを発見してしまいました。

それがこれ
 
pneumo_sm.jpg
WXTexウォータープルーフ・ギア「ニューモ」ドライバッグ


 本来カヌーや沢登りの際に使う防水バッグなのだが、口を閉めた後にに余分な空気を抜くためのバルブが付いていて、これ使い逆に空気を吹き込む事が出来るのだ。 これでクッションにもなり、イザというときには浮き袋になるという一人三役の優れもの。

 今までキャンプの時には着替えやタオルを詰めたスーパーのレジ袋を枕代わりにしていたのだが、これがあれば空気枕になるのだ!(当然空気の量で高さも変えることが出来る)

 シュラフを出す時まではシュラフを濡れから守る防水バッグとして使えるわけで、余計なスペースを取らなくていい、その癖服を詰めたレジ袋より寝心地がいいといいことづくめ。

 で、シュラフをこれに突っ込んでから上からグイグイ体重をかけて、内部の空気を押し出してバルブを閉じると・・・・・

  なんと布団圧縮袋に!

 オイラが使ってるシュラフはモンベルのスーパーバロウバッグ3・レギュラー(収納時φ21.5cm×36cm、13㍑)だが、収納には25㍑のバッグを使っている。 15㍑だと口が5cm程小さくなるので無理をせずゆとりのあるサイズを使ったほうがいいだろう。

 現行モデルのスーパーストレッチ・バロウバッグ3は収納時の径が3cmほど小さいので15㍑でも大丈夫かもしれない。 また、収納サイズが小さく、収納時には丸めず無造作に突っ込むダウンが中綿のシュラフや、その他のコンパクトサイズのサマーシュラフならば15㍑でOKだろう。

 ちなみに類似品としてロゴスのライフラインシリーズ、コンプレス・バルブバッグ(15㍑のみ)というのがあり、ドンキなどで購入が可能。 

WXTexの半分くらいの値段なので試してみるのも面白いかもしれない。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード