スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び天園ハイキングコース

 風邪を引きずってしまい、カラダの冷えるトレーニングに不安があった為、久々にハイキングコースに出かけた。まずは江ノ島から稲村ガ崎まで砂浜を歩き、それから江ノ電で鎌倉という定番コースである。

 この日ちょっと思うところあり、おにぎりなどを持たずに食料はナッツと干し柿だけ、その代わり、気分の良い所で紅茶でも沸かそうか、とオプチマスのクッキングストーブをリュックに詰めていった。

さて江ノ島につくと素晴らしい快晴。オマケに空気も澄んでおり。向こうには大島もくっきり。
oosima.jpg

道路側を向くと絵葉書のような空
bluesky.jpg

歩いたところを振り返れば、どぉ~んと富士山。
hugaku.jpg

稲村ガ崎からの眺めは特に素晴らしく、まさに北斎の浮世絵そのまんま。
hugaku36.gif

おっとまちがい
hugaku2.jpg

 稲村ガ崎から江ノ電で鎌倉に出て、そこから再び徒歩でハイキングコースへ。
眺望もよく、アップダウンも適度にあり、なかなか楽しいコースなのだ。 かなり深い森の為、冷たい吹きさらしの風は無く、しばらくするとすぐに汗ばむ。 

 ささっとウィンドブレーカーを畳み前を行くと、金髪でコデブの高校生くらいの外国人が。爽やかに日本語で挨拶するが、すばやく僕の中でこの少年はドイツ人と認定される。 そう。ドイツ人はやたらとwondervogel(散歩の類)が好きな人種で、ちょっと散歩に、といいながらこういう所へ来てしまう人達なのだ。

 なかなか良いペースで天園茶屋へ到着。 展望台のようになっている岩の出っ張りからは・・・
hugaku36b.gif

・・・じゃなかった。
gaihuukaisei.jpg

 まさに凱風快晴って感じである。 ここでお茶を沸かして飲みたかったが、イマイチ足場が悪いのでここでは止めておく。
スタスタと歩を進めて天台山に着くと、中学生くらいの子達が7~8人、トライアルっぽい乗り方(今流行りのフリーライドって奴か!)を楽しんでいた。何でも港南台からやってきているという。

 この後、定年退職後の体力作りに、3日とあげずにこのハイキングコースを歩いているという大変元気一杯おっさんとしゃべりながら明月院の方へ降りていき、夕暮れの中を鎌倉駅へ。

 おなじみのCome Va?でクロワッサンを物色するも売り切れでがっくし。ベーグルと胚芽パン、黒蜜パンを購入。

 再び江ノ電で江ノ島へ戻り、そうだ、せっかくだからXマスライトアップの展望台でも見ながら紅茶を沸かして飲もう!とわざわざ橋を渡って江ノ島まで歩いていった。 本当はボードウォークに座って沸かしたかったのだが、ストーブのプレヒートができるぐらい熱くいちゃついてるカップルが居たので退散し、
噴水前でストーブを取り出した。


・・・・・が。



ケトル忘れたああああぁぁぁ


何やってんだ、オレ。
スポンサーサイト

tag : 鎌倉 天園ハイキングコース

コメント

非公開コメント

プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。