スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SORA(2)

 既にCharicのレビューで書いているのだが、交換したシフトレバーについて改めて書こう。

 デュアルコントロールレバーからWレバーへの変換は、やっぱりツライ。 

 東京や神奈川は思いのほか細かい登り下りが多く、ギアチェンジの回数は自分の思っていた以上に多い。 おまけに信号も多いからゼロ発進も何度となくやる羽目になる。 その度にハンドルから手を放さねばならないのだから、かなり不便だ。

 後、上り坂でハンドルを放し、力が入れられない辛さしか考えていなかったが、より問題になるのはどちらかと言えば下りのほうなのだ。下りに入って足が回り切ってしまったとき(要するにギアが軽すぎたってことね)など、もう1~2段シフトアップなんて事は、とてもじゃないができない。 だから、Wレバーのロードレーサーでレースに出てみようなんて人がいたら


それだきゃやめとけ

といっておく。 集団落車の原因になりかねんよ。マジで。

 意外だったのは、自分の手が思いの他馬鹿で融通が利かないって事だ。 まだWレバーが完全になじんでないってのもあるだろうが、フロントギアのチェンジ(左側レバー)をする時も思わず右手をダウンチューブにやってしまうのである。スカスカと宙を掴み、あっそうだそうだ左手左手!と考え直して操作することが何度となくある。 で、下を見てたらタクシーのケツにどか~ん!なんて事も起きかねないので気をつけよう。
 
 安全性や利便性と言う点ではデュアルコントロールレバーに比べ良い点は一つもはないが、それ以外ならば利点が無い訳じゃない。
何かというと、Wレバーのほうがインデックスの感触がダイレクトで気持ち良いいのだ。シフトアップ、ダウンの時とも掌と指全体に

「ガチャン」
という感触があるのだが、これはデュアルコントロールでは感じられない気持ち良さだ。リアのスプロケットやディレーラーと皮膚が一体化した感じというか・・・。
 ツーリングであれば、フロントバックを使うか否かがデュアルコントロールとWレバーの分かれ道になるのだろうが、「レバーの感触の楽しさ」って事も考えに入れてみるのも良いかもね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。