スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クッキングストーブの進化

 渋谷のODBOXにコールマンのクッキングストーブを修理に出したのだが、治るかわからない。と言うのも、コールマンは事前の修理見積もりができなくて、「これ以下で治るようだったら修理してください」という形。一応5~6000円以内に収まれば修理してもらうことにしたのだが、それ以上掛かると

「12年間お疲れ様、さようならコールマン・ウルトラライト」

という事になる。

 オプチマスの8Rみたいに生産中止になってるものなら兎も角、最新バージョンが税込み9450円で購入できるとなると6000円以上修理代金をかけるのはちょっと二の足を踏んでしまうではないか。ちなみに後継モデルは442-726Jフェザーストーブで、これなら今持ってる風防もジェネレーターもそのまま使えるんじゃないかな。

 しかし売り場を見てるとやはり気になってしまうのが新製品。 タンク一体型のバーナーはオイラが購入した97年当時でもう製品として完成しちゃってる感があるんだけど、タンク別体型のはちょっと見ない間に各社から新製品が出ていてその進化に目を見張るばかりである。

 オイラがコールマンを購入した頃は別体型ガソリンストーブというとおなじみMSRのウィスパーライトかSIGGのファイアジェット位しかなかったのだが、現在はイワタニプリムス・マルチフューエル(ガソリン、灯油に加えてガスカードリッジも使える!)、オプチマスのNOVA、スノーピークのギガパワーWGなどいろんな選択肢がある。

 前出のMSRやSIGGはガソリン・灯油両用という売りがあったが、火力調整がほぼ不能、プレヒートも危なっかしい、というデメリットが常々指摘されていたのに対し、後発組はこれらの問題点が改良されているのだ。

 いつでもどこでもプレヒートなしで簡単に着火してくれるコールマンが一番安心できるのは判りきっているのだが、次々こういう魅力的な新製品が出てこられるとちょっと浮気の虫が騒ぎ出してしまう。困ったもんだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。