タイヤを替えてみた(パナレーサー・パセラツアーガード)

  ロードレーサーのタイヤをこれまで使用してきた三ツ星・ソウルマチック(700×23C)から、一回り太いパナレーサー・パセラツアーガード(700×25C 以下TG)に交換してみた。

 ソウルマチックについてはCharicのインプレで書いたが、半年以上通勤に使用した現在では、使用当初よりも評価は高くなっている。
 これは購入してから今まで一度もパンクせずチューブ交換の必要が無かった為で、その分コストパフォーマンスを1点追加してもいいと思うのだ。 ものぐさな人間としてはパンクトラブルから解放されているというのは嬉しいものである。

 一方、交換したパセラTGであるが、数日しか使ってない現時点で言えばあまり印象はよくない。

 前出のソウルマチックの第一印象が「ウェット路面でのグリップと耐パンク性を重視した為、良好な路面での転がり抵抗が大きく初動がもたつく」というものだったが、そういう印象を持ったタイヤからの交換にもかかわらず、さらにエゲツナイ「重さ」を感じてしまうのだ。

 ギアで言えば2段分ぐらい重くしてしまった感触であり、これまでアウターでクリアできたところもインナーに落とす必要が出た。 タイヤ幅が23Cから25Cにアップしたことも理由だろうが、MTBタイヤのIRC・スムーシー(26×1.25)よりも走行感が重いのだから太さだけが理由ではないだろう。

 ビードがワイヤーなのと、アンチパンクアラミドブレーカーの封入により実際の重量が増加していることもあると思うのだが・・・。

 なお、タイヤ遍歴は、

パナレーサー・ストラディアススポーツ(逆輸入品)

三ツ星・ソウルマチック

パナレーサー・パセラTG

である。
 いわゆる一般的なロードタイヤに一番近いスペックを持っているのが最初のタイヤであるから、現在売れ線のロードタイヤ(ミシュラン・メガミウム、ユッチンソン・エクセル、パナレーサー・ストラディアスエリート等)からパセラTGに交換したら、走行感の面でかなり不満を覚えてしまうと思う。


 それでも、

●通勤などにおいて絶対的な耐久&信頼性がほしい
●ライダーがよほどのデヴ
●ロードをツアラー的に改造し車重が増加
●簡易舗装など、路面状況の悪い道を走る

 等、目的がはっきりしているのであれば、走行感の悪さというデメリットを差し引いても試してみる価値はあると思う。

=================
追記

  なお、このインプレはロードレーサー用を前提とした評価です。クロスバイクやスポルティフ(通常700×38~28C)用としてならまた違った評価になるでしょう。
 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード