スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三ヶ島GR-9

 えー、すでにcharicのレビューのほうで書いてるんですが、

失敗しちゃいました。 オイラに合わないっス。
 
三ヶ島のGR-9ツーリングプラットフォームペダル

三ヶ島 GR-9

見栄えはイイ。 フランスのLyotard marcel platform↓

レオタード・プラットフォーム

をモチーフにして、ちょっとマッシフな感じを強めたそのフォルムはツーリングバイクにぴったりではある。国産メーカーらしく、安い(1900円)割にベアリングもそこそこ精度が良いときている。


 しかーし、小さすぎるんだな。 24,5(ユーロ表記だと39になるのか)という、人並み外れてチビ足のオイラでも足の外側部分がはみ出して落っこちる不安定さをを感じてしまう。 踏面もすべすべなので靴底への食いつきが悪く踏ん張りが効かない。こいつは上り坂では致命的な欠陥だ。

 外側への脱落感は底の固いロード用シューズ(クリートを外す)を使用すればある程度改善されるが、ロード用シューズだと靴底が滑りすぎて、クリップ&ストラップを付けてもすっぽ抜けそうになる。 コレはオイラのペダリングが乱暴だという理由だけではないだろう(と思う)。

 そもそもこのペダルを購入した理由は、自転車を降りた後に歩き回ることが増え(吉野梅郷とか江ノ島とか)たのと、今後は釣りなどで使うことも予想されるので、走行性をちょっとだけ犠牲にしても降りた後の快適性と利便性を追及するためだったのであるが、残念ながらこのペダルに関しては、
降りた後の快適性を考慮してもデメリットのほうが多すぎ
だった。

 ビンディングに慣れた状態からこのペダルに変えると、後の歩行に支障をきたすぐらい足に違和感が出てしまう(実際攣ってしまいました)。 通勤のわずか20km程度でコレなんだから、コレ以上走行距離が伸びたら推して知るべし。

 降りた後歩く距離が多いなら、大型サドルバッグをつけてるんだから、ジョギングシューズをサドルバッグに入れといたほうがイイ!という結論に達しました。 そんなわけでルックのビンディングペダルがカムバック。 昨日、使ってみて良さを再確認しました。 やっぱりベルナール・イノーの先見性は凄かった。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。