八丈島旅行(その7)

 藍ヶ江を離れたらさっきスルーした裏見ヶ滝温泉へ向かう。
ここは貧乏旅行者にとってありがたいことにタダであり、何よりも

「混浴」

なのである。行かない訳にはいくまい。

 ガイドブックなどには「水着着用なので旅館などであらかじめ水着に着替えておくとよい」と書かれているが、この温泉入り口(ここで靴を脱ぐ)の前に更衣室付きの立派な公衆トイレがあるのでそこで着替えればいい。うむ、案ずるより産むが易し。 なにより豪傑ならば温泉付属の脱衣所を使う。

 さて、入り口に「給湯パイプ調整中のため湯量・湯温とも制限中」という貼り紙があったのでちょっと気になったが、上から見ると湯船に満杯なんで大丈夫そうじゃないか。

 中にはサーファー風の男性が一人。相澤仁美のようなダイナマイトボディの女性を期待していたので外から見て判らぬ程度に落胆しつつ声を掛けると

「だめっす。ぬるぬるですよぉ」

 そういや湯気がほとんど出ていない。 入ってみると人肌熱よりちょっと上、くらいだろうか?確かにヌルイ。 ここに来るまでかなり日焼けしているのでこれはこれで微妙に気持ちいいのだが。

 あとからきた地元のじいさんらしき人は湯船に手をつけるなりゴソゴソと奥のパイプをいじっていたが、噴出し口の湯温が変わらないのを確認すると「だめだい、こりゃぁ 風邪ひいちまわぁ」といって引き返してしまった。

 サーファー風の兄ちゃんは上がるときに「噴出し口のところのほうがまだあったかいっスよ」と教えてくれたので、移動。たしかにやや温かい。 とはいえみはらしの湯や激熱の足湯にさっきまで浸かっていた身にはなんとも物足りない。 眺望は確かに素晴らしいのだけど。

裏見ヶ滝温泉

 森の中、しかも川沿いなので気温も日なたの道路より数度低く、あっという間に湯冷めしそう。さっきの公衆トイレの更衣室まで戻るのがツライのでここの脱衣所でさっさと体を拭き取ってしまった。

 裏見ヶ滝温泉がちょっと消化不良なので、この先にある樫立向里温泉にも入っておくことにした。足湯も入れたら本日4つ目の温泉。 一応メインテーマの課題到達度としては十分合格点を出せるだろう。

 

樫立向里温泉

 樫立向里温泉は観光温泉としての印象が強い「みはらしの湯」「THE Boon」や地元の漁師の為の無料銭湯といった趣の「洞輪沢温泉」と比較すると、「観光客を含めて八丈島にいるみんなの為の大衆温泉」といった感じである。 介護が必要な障碍者、高齢者の為の個室風呂である「ふれあいの湯 だんらん」も併設されている人に優しい温泉施設なのだ。

 気取りすぎず、かといって大雑把過ぎずゆったりのんびり。価格も300円と抑え目だ。 八丈の温泉は全部クリアというおじさんに聞くとビジュアル的に一番いいのはやはりみはらしの湯、一番来易いのはココ、一番「キク」のは洞輪沢温泉だという。

 「あそこは無色透明だから見た目は効きそうにないけど、今時分(夕方4:30くらい)じっくり入れば夜布団に入ってもまだポッポしてるよう・・・」
と微妙に聞き取りにくい八丈訛りで教えてくれた。 これで次回攻める温泉が決まった。

 たっぷり温まったところで〆は再び八丈牛乳。温泉と牛乳タンパクで筋肉の回復を完了し(そもそも殆ど消耗していない気もするが)、再び走り出す。
 途中なかなかイイ感じで三原山が見渡せる場所があったのでパチリ。

三原山 三原山 あの途中まで登っていったんだな

 後は大した登りもなく、最後の眺望スポット「大坂トンネル」へ。ここは八丈八景のうちのひとつ「大坂夕照」に指定されている。 昨日旧八重根を通ったときにふと振り返るとおっそろしい急坂の高架道路が見えたのだが、それがココであった。

 ただ、陽がハンパに高いのと雲が多いのでムードはいまいち。どちらかといえば階段を下りていく一人用の幅しかない展望台のスリルばかりが印象に残ってしまった。

 急坂を駆け下りあっという間に八重根に到着するとあとは右に曲がり底土のキャンプ場に戻るだけである。 一度キャンプ場に戻り、ややマトモな服に着替え、今日の夜ご飯は有名店の外食でキメる予定なのだ。

 テントの上に干した寝袋は断続的とはいえ一日中強烈な陽光を当てられていたらしくフッカフカになっていた。 むふふ、これで今夜の快適な睡眠は約束された。 この時すでに昼間の暑さはかなり引いており、夜は涼しくなるだろうと予想された。


 メシを食いにいく前に綺麗な夕焼けになりそうだったので再び猛ダッシュで大潟浦~南原千畳敷まで突っ走り、夕景を撮影。なんとかソコソコの情景を目にすることができたのだが、息を切らしていたのでひたっている暇がなかった。


大潟浦の夕日 もうちょっと雲が薄ければな

 さて、時間もちょうどよく晩飯時。 さて何を食うか。 三根地区に来るころには島寿司かあしたばの天麩羅そばのどっちかということに決めたのだが、せっかくだし、ここは贅沢に島寿司いってみようじゃないの、ということで回転寿司ではないちゃんとした寿司屋ののれんをくぐる。

 店は知る人ぞ知る、八丈の有名店

「あそこ寿司」

あそこ寿司

 である。強調文字にしたのは特に他意はない。 でもカタカナ表記にしたらちょっと怪しげかな。

 ちょうど客が切れる時間帯だったか、店の人は奥のほうでメシの途中だった。申し訳ないが中断して握ってもらう。

 八丈島に来るタイミングがよかったのか、握りのタネにトビウオ(春トビ)が入っていた。 もうちょっとすると小さいトビウオになり漁師は採らないため寿司だねからはしばらく消えるという。よかった!

 寿司だねはすべて八丈で取れる新鮮なものばかり。今日のメニューは

きつね(ハガツオ)が握りとのりまき
バショウイカ(アオリイカ)
トビウオ
シマアジ
メダイ
キンメダイ
岩のりとトビウオのつみれのお吸い物


 やや甘めのシャリに新鮮なタネがマッチして美味い! 寿司だけでなくトビウオのつみれもプリプリして(つみれというよりカマボコのような食感)絶品である。 とりあえず八丈島にいったら一回訪れてみてはいかがだろうか。


 八丈の味覚を堪能したので精神的には満足したのだが、胃袋的にはまだ不満を抱いているようなので昨日も買い物したスーパーでぶっといギョニソーとビールを購入し、キャンプ上に戻ってスライスしフライパンで焼いて食う。この時いままで生でしか食ったことのないギョニソーの「焼いた味」を初めて経験した。 癖になりそうだ。

 今日から泊まりの東京農工大の学生さんと炊事場で話しこんだ後、本日もすばやく就寝。星空がまた素晴らしく綺麗なのでもうちょっと見ていたかったのだが。 
 
 この時点で半袖ではちょっと辛いくらいに気温が下がってきており、昨日のように蒸し暑さで目覚めることは無さそうなので精神的にもややゆとりを持って眠りにつくことができた。


スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : 八丈島 ツーリング 自転車 キャンプ 温泉

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

八丈島温泉八丈島温泉(はちじょうじまおんせん)は、東京都八丈支庁管内八丈町、八丈島にある温泉の総称。主に観光ガイドなどで用いられている名称である。各温泉を湯巡りできる、一日入浴券も存在する。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipe

コメント

非公開コメント

プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード