意外とキツかった三浦アルプス

  首都圏にも雪が降った直後。 体調・準備も良ければ奥多摩にでも行きたかったのだが、仕事は早上がりできないし足も微妙になまってるし、山行の準備もしていなかったので手近でまだ歩いていないところのほうがいい・・・ってなわけで三浦アルプスに決定。 どうせ標高は200m程度だし、そんなに早く出なくていいやと油断していたら盛大に出発が遅れてしまった。 電車の乗り継ぎが非常にうまく行ったのだが、それでも最寄駅に降り立ったのは11時半過ぎ。 普段の山行なら山頂でラーメンの湯を沸かしている時間帯である。

 三浦アルプスに限らずこの手の里山でありがちなのが登山口が住宅地の中にあって見つけづらいことで、ここも例にもれずダウンロードした地図と現在地の照合が微妙にうまくいかず、新興住宅街を何度となく行ったり来たりして無駄に時間をロスしてしまった。
同じく三浦アルプスを攻めると思しき3人組の青年と10分ほどウロウロしてようやく入口の急階段を見つけた時には正午を回っていた。ただでさえ出発が遅いのに困ったもんだ

20160119_02.jpg

 序盤こそ住宅街に近くすぐ下に家屋が見えていたりするのだが、ちょっと進むと両側が深い笹薮になっていてトトロが出てもおかしくないような雰囲気になってくる。 それでも送電線がコースの上を走っていて、途中に鉄塔がいくつも立っているので普段登る1500m級のように深山幽谷という感じではないのだが、踏み跡程度の細く小さな道が縦横に走っているのでやや戸惑う。 だいたいの分岐には手作りの道標が据え付けられているのだが、初めてで慣れないコースなので自分がどの辺まで進んでいてどの分岐にいるのか良く判らないのだ。

20160119_07.jpg

20160119_08.jpg

 30分ほど進んだところで鉄塔の下に「FK3」と書かれた立派な道標が設えられている。 ラミネートされた詳細な地図があったので自分の手持ちの地図と比べて見るのだが、推奨コースが微妙に違う。 自分がダウンロードした京急の地図だと、乳頭山から南中峠(六把峠)を経由し、中尾根に並行して南沢沿いを進んで森戸林道との合流点から二子山を目指すのだが、こちらの地図だと馬頭観音を経由して砲台道との合流点から二子山へ向かうか、二子山を通らない南尾根のルートだけに赤線と分岐名称が記載されていて、中尾根とそれに沿ったルートは頼りない細線が引かれているだけである。 自分は京急マップのルートの通り進むつもりだったので、せっかくの詳細地図なのにイマイチ役に立たないが、まあ全然進んでいない事だけはわかった。
 
20160119_15.jpg

20160119_17.jpg

 気を取り直して乳頭山へ進むが、手前の何の標識もない展望岩を乳頭山と勘違いしたりして、結局到着は1時前になってしまった。もうちょっとまじめな予定ではこの時点で二子山くらいに到着しているはずなので、眺望を楽しむのもそこそこに踵を返して二子山へのルートへ急ぐ。

20160119_36.jpg

20160119_38.jpg

 ここから斜め十字路という道標があるのにイマイチわかりにくい分岐は普通に正しい道に行けたのだが、その次の南中峠の分岐は判り易い道標もなく、なんか斜面の下の方へ降って行くのが気に入らなかったので見通しのきく尾根通しに進んでしまった。実は休憩所が設置されているお勧めルートのほうは下のルートで、上を通ると細かいアップダウンがあるのでややハードなのである。 下のルートは二回ほどちょっとした渡渉があり、雨天時は尾根通しを進むことが推奨されているので別に間違っているわけではないのだが・・・。

20160119_43.jpg

 この辺まで来ると送電線は全く通っていないし、左手(南)には南尾根、右手(北)には樹木越しにツバキ尾根が見えるくらいで、さすがに高度経済成長~バブル時代の開発の魔手を逃れ続けてきただけあって、思いのほか森も深く秘境テイストが味わえる。 惜しむらくは自分が遅出したせいで精神的なゆとりが無く、この思いの外自然の豊かな道もじっくり味わうのでなく、「明るいうちに抜けなければ」と早く脱出することばかりを考えてしまっていることだろう。 二子山は大体三浦半島の真ん中へんに位置しているから行程の半分といっていいのだが、2時にそこまで着けるかどうかも怪しくなっているのだ。 低山だし、二子山まで行ってしまえばあとは降りるだけだし、整備された公園へ抜けるエスケープもあるからもうちょっとどっしり構えてもいいはずなのだが、奥多摩や丹沢、御坂の山々で2時過ぎに頂上にすら着いていないなんて事はまずありえないので、そう簡単には切り替えて思考できない。

 1時40分ごろにようやく森戸林道の終点との合流点に到着するが、冬はこの時刻になるともう太陽の勢いがだいぶ弱くなってくる。 加えて谷あいになるので日陰になり、一気に夕刻が近くなった気がしてしまう。 そしてよろしくないのが、この森戸川の源流で、最上流部のくせにやや濁りがあって今一つ清冽さが無い。 真夏だったら涼しげで気持ちいいと考えられるのだろうが、今日は寒いし風も強いし(マイクロフリースに加えてヤッケをずっと着ている)、薄っ暗いしで、なんとなくホラー映画に出てくる暗ーい森とヨドミを連想してしまったのだ。 

20160119_47.jpg

 とりあえず二子山の頂上に行かないとはじまらないので沢を遡上していくが、ちょっとした渡渉や、踏み込むとじんわり水が浸み出す泥の上を歩いたりなんだりがあったりして、スパッツつけときゃよかったな(持っているけど雪が残っておらず序盤は乾いていたので着けなかった)と後悔する。 沢からちょっと離れて登り始めると、途中でロープ場や道に覆いかぶさっている倒木があったりで思いのほかややこしい。 特に倒木は根っこから倒れたのが斜面をずり落ちて道を塞いでいたりと結構派手なのがあったりするので、夏の台風の後はかなり危険なことになっていてもおかしくない。小さな看板に警告が書かれていたが、決して大げさな脅しではなさそうだ。 

20160119_50.jpg


 砲台道と合流すると道は車が通れるほど広くなり、やや安心する。 頂上には電波塔が建っていたから工事車両がここまでは行ってきていたこともあっただろう。 ただ、道沿いにあったカーブミラーは鏡が無くなって蔓が絡まっていたので、それも大分昔の事だったのかもしれない。

 2時を10分ほど過ぎたところでKDDの電波塔の前を抜けたところが二子山の頂上だ。 雲はなく、空も青く、海も見えるのだが、大楠山に比べると今一つ意気の上がらない眺望だった。 俗物的感覚ではあるが、やはり富士山や丹沢の山々が見えないと物足りない。電波塔の陰になってしまうから仕方ない事ではあるのだが・・・。

20160119_71.jpg

20160119_72.jpg

20160119_74.jpg

20160119_78.jpg

 三ツ峠や大岳山のようにいつまでも眺めていたいような景色でもないので早々に山頂を退去する。 当初の予定では一旦引き返して森戸林道を下る予定だったが、日も大分低くなってしまったので暗い谷あいの道を通りたくない。 さりとて安全かつお気楽な南郷上ノ山公園のルートを通るのは遅出に加えてあまりにも安易すぎはしないかね、という事で下二子山を通っていく完全尾根通しのルートを取る事にした。 一旦下って登るが、まあ大した標高差ではないだろう。 

20160119_80.jpg

 ある程度予想はしていたのだが下二子山は頂上が樹に覆われた眺望の無いガッカリピークであった。 加えてここからの下りはじっとり湿った土の滑り台のような斜面で勢い良く駆け降りるという事が出来ない。 一回など滑って尻餅をついてしまった。 そして最後に阿部倉山のピークを踏んでおくか、巻いてしまうか迷ったのだが、もうゴールは近いし大した手間では有るまいとピンクテープの貼られた小さな分岐を登ったところでまた選択を誤ったことに気付いた。 いや、道を間違っていたわけではないのだが、道そのものが通るべきではないような酷さだったのである。 

20160119_81.jpg

20160119_86.jpg

 ツルッツルの土の滑り台で普通に進むことはまず不可能。 どうするかというと、両脇に生えている笹薮や低木の枝を掴んで少しずつ体を引き上げるしかないのだ。 ひとり分しかない道の両脇の笹が全部下向きに倒れているのはこう言う訳だったのだ。
そして着いた阿部倉山の頂上は二子山を超える薄っ暗いガッカリピークであった。 それだけならまだいいのだが、畳数畳分の広さの周りがぐるっと背の高い笹に覆われていて、人目に付きづらく、死体が遺棄されていてもおかしくないような雰囲気である。 日が高いうちならまだいいのだが、冬の3時前と云う時刻は一番焦りが出てくる頃合いでは不気味さも倍増。一刻も早く退散するに限る!と逃げ腰モードになって土の滑り台を退散するのであった。 ここを降りてしまうと登山道の終点はすぐ。  やはり住宅街の中の、こっちから登ろうとしたらまずなかなかわからないだろうなという民家の脇の道を抜けてアスファルトの道に戻ったのであった。

20160119_94.jpg

  開けた道に出ると日はまだあるのだが、海岸まで足を延ばすにはちょっと遅い。 それに碌に昼食を摂っていなくてバテ気味だったので、大人しく新逗子駅までまっすぐ向かう事にする。 ここまで書いていなかったのだが、実はペットボトルの水を忘れていて、バーナーやコッヘルを持っていてもお汁粉屋ココアは作れず、多少余裕があっても二子山で休憩ができなかったのだ。 

20160119_100.jpg

 チョコレートをかじり腹を誤魔化すと、京急のシートに腰を下ろしたが、自分でも気づかないほど疲れていたようだ。上大岡のあたりで寝落ちしてしまい、目を覚ました時には品川まで運ばれていたのだった。チャンxチャン。

20160119_107.jpg


スポンサーサイト

三浦大根はブリと煮られる夢を見る

年末に買った三浦大根は巨大なため、千六本、おでん、なますに使ってもまだかなり残っていた。
 
 早く食べ切りたいなと思っていたのだが、年末年始を挟むと食事におせちや雑煮が増えるのでそう簡単にはなくならない。同時にサラダ用の紅くるりやおろし専用の辛味大根を買ってしまったのも一因であるが、このままではせっかく買ったのがスが入ってまずくなってしまう。

 やはりここは三浦大根の得意分野である煮物系にしようではないかということで、バカウマだけど意外と簡単と評判のブリ大根に決定。 ただ、近所のスーパーでは切り身ばっかりでブリあらは置いていないので川崎北部市場まで買いに行く必要がありそうだった。

 川崎北部市場では以前400g1800円というとてつもなく安い干しシイタケをgetし、なかなかいい買い物ができるとチェックしていたのだが、ここを「市場」であるということを完全に失念していた。  寝坊して昼ごろ買いに行ったら魚を扱っている問屋は全部閉まっていたのである。

 では近くでブリあらを買えるところはないか、いなげや、Fujiシティオ、Oonoya、VengaVenga・・・と普段使わないスーパーを頭に思い浮かべていたのだが、フト「酒のディスカウント屋に鮮魚売り場併設していたよな・・・」と閃いたのでパスポートに向かう。 売り場の目立つところには切り身、卵もの、干物しかなくアラは見つからなかったのだが、ひょいと覗き込んだ特売品棚の判り難いところに御誂え向きにブリあら400gがパックされているではないか。 頭の部分はなく、肉の部分がほとんどなので食べるところはたっぷりありそうであった。

 ここはウマヅラハギをカワハギとして売っていたりとやや問題があるが、目当てのものが手に入ったので軽やかに見逃して帰宅。さっそくブリ大根作りを開始する。 ちょうどご飯を炊かねばならない日で、とぎ汁がたっぷり出るので切った大根を鍋に入れ下ゆでする。 小さい大根なら輪切り、標準サイズなら半月切りなのだろうが、中ぶくらで一番ぶっとい部分だったので半割りでもデカすぎる。 鍋に入れにくいし食べづらいので一部は半割りだが大部分は銀杏切りにした。 

20160109_01.jpg
下茹で


 下ゆでしている間に別の鍋に湯を沸かし、ブリを熱湯にくぐらせて湯霜にして軽く水洗い。 こうすると生臭みがとれるんだとかなんだとか。  材料の下ごしらえが済んでふと量を図ると、最初に考えていた鍋では小さすぎる。 特に大根は減らしても当初想定量の1.5倍あったので、巨大な無水鍋に出動してもらうことになった。 

20160109_03.jpg
俺が生まれる前から我が家にいる無水鍋

 鍋の底に昆布を敷き、生姜のスライスを入れ、下茹での済んだ大根とブリを鍋の中間で分かれるように並べ、水と酒と砂糖をを入れて点火! 砂糖の味は浸みにくいので先に入れるというセオリーはしっかりと守る。 丁寧に灰汁を取りながら煮ること10分、灰汁が出なくなった辺りで調味液を投入。

 ベターホーム協会のレシピ本より大根の分量が多くなっているので砂糖とみりんはそれぞれ大匙一杯半分づつ増量、酒は倍の量入れてある。  それでも味見するとやや薄口?と感じなくもないが、煮汁は煮詰めていくのでまあこんなもんだろう。 おとし蓋を
して、本体の蓋をずらして臭いがこもらないようにさらに二十分ほど弱火でコトコト。

20160109_05.jpg


 驚いたのがこれだけしっかり火を通して煮汁が浸み、芯まで甘辛茶色になっても大根の手ごたえというか、串を通す時に抵抗力が残っていることだった。

 煮汁は底にちょこっと残るぐらいまで水分を飛ばして煮詰めるとの事だったが、あまりやるとブリがパサパサになりそうなので適当なところで火を止め、冷ましながら味をしみこませる。 この冷めるときにどんどんしみていくのが大事なんだそうな。

20160109_06.jpg
できあがり

 そうして晩飯に供されたブリ大根、はたしてお味は?






ウンメーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ

 
芯まで味がしみていながら全く煮崩れず、歯ごたえも残している三浦大根にブリ、甘辛だれが混然一体となって織りなすファンタジー。
定食屋で出てくるちょっと手間のかかりそうなメニューというイメージだったが、時間がちょっとかかるだけで難しいところはなにもなく、男の片手間料理でも美味しくできるものだと確認できたのは収穫であった。

しかし、やはりこれは煮崩れない三浦大根の働きあっての物だろう。 収穫が大変なんだろうけど、これからも生き残ってほしい野菜である。








新春山行 大岳山

正月は自転車で城ヶ島へ行って初日の出を拝み、2~3日と避難小屋泊まりで長沢背稜を踏破するという無謀な計画を立てていたのだが、年賀状を印刷しようとしたプリンターが不調になったり、大掃除が捗らなかったりで寝るのが遅くなってしまい、結局夜間走行は無理ということで元日はごろ寝と初っ端から計画がくるってしまった。 

 そんなわけで予定は大幅に軟弱に変更、2日はいつもの鎌倉~江の島周遊コースを走り、1日置いた4日に大岳山へ登る・・・というスタイルに変えた。 大分軟弱ではあるが、かねて未踏であった鋸尾根を縦走し、あわよくば日の出山まで足を延ばすことで普段だらけがちな正月に出来る限り体を動かすという目論見である。

 予報ではかなり気温が上がるとのことだったので、前回と違い中間着にはマイクロフリースではなく春秋に着用するサウスフィールドのジップアップジャージとし万が一のためにユニクロペナペナダウンを持っていくという形である。 雨も降らなさそうなので羽織るのは雨具兼用のアウトドアジャケットではなく、ワークマンのヤッケにした。

 当日、始発の電車で奥多摩へ向かうと、矢野口から乗ってきた登山スタイルの男性と隣り合わせになり、転寝することもなく山の雑談をしながら奥多摩まで行ってしまった。 帽子をしていたから気付かなかったのだが、日蓮宗のお寺の坊さんであった。なんでも普段は気楽な単独行を楽しんでいるとのことだったが、前回は危険ルートで知られる二軒小屋尾根(雲取山)を使ったため雲取山荘の管理人に怒られちゃったよと頭を掻いていた。

 この坊さんは川苔山に向かうとのことだったので駅で別れ、自分はまだ薄暗い中を愛宕山に向かう。 愛宕山は正規分布のグラフのような形をしたちっさい癖によく目立つ山で、まずはここを登って行かねばならないのだ。 そして、この小ささ(標高は507mしかない)な割にこの名を知らしめ恐れられているのが、中腹の広場からてっぺんの神社まで最短距離で結んだ直線にしつらえられた急階段なのである。 段数はおよそ180、そのすさまじい急角度に後ろにのけぞりそうである。 なんでも

「清澄な神社に参る覚悟のない者 来るべからず」
「この階段を登る覚悟のある者のみ来るべし」



な意図で作られたものらしいが、覚悟はあっても体が衰えたらもう無理だよね。

20160104_06.jpg

まだ体が目を覚ましていないのに初っ端からこの階段はキツイ。 うっかりフラついて後ろにひっくり返ったりすると冗談でなく命に関わるので、右手にストック、左手は手すりを掴んで堅実に進んだ。 鋸尾根はハシゴや鎖場があるとのことだったので今日はストックを一本だけにしておいたのだが正解だった。

20160104_08.jpg

20160104_09.jpg

 ここからほんの少し下っていよいよ本格的に鋸山への道へ向かう。  ゴールは同じところとはいえ初めてのコースはなかなか緊張するもので、やや足場の悪いところは過剰に慎重に足を運ぶためペースが上がらない。 それでも愛宕山から40分ちょっと進んだところでなにやら眺望が開け石像が並んでいる場所に出た。

20160104_23.jpg
 
 後でここは天聖神社という事が判明するが、とりあえずこの時点では「わー、良い眺めだなー」と小学生並みの感想が出ただけであった。 石像越しに御前山が見えるのはなかなかにダイナミックである。

 この天聖神社を越えるとにわかに道が悪くなってきて、小さな梯子段が現れた。いよいよ核心部に近づいてきたのだ。 小さな梯子段を降って先へ進むと、今度はさらに立派な梯子段と鎖場が行く手に現れる。

20160104_28.jpg


  ところが近づいて見ると意外なほど難易度は低く、この鎖だって無きゃ無いで何とかなりそうな感じである。  どっちかといえばさっきの小さな梯子段の前後の足場が悪いところのほうが転倒した時にヤバいことになりそうな感じがして不安だった。 ここが危険マークのある鎖場ならずいぶん過保護だなあ・・・などと思っていたのだが、一旦緩くなった道をしばらく進むと分岐点にやってきた。 

 どうやらここが「真・鎖場」であるらしく 

←鋸山       鎖場コース→
鎖場を巻く      足場悪し

となっている。 わざわざ迂回路があるならよっぽどだろなとやや腰が引けつつ、せっかく鋸尾根に来たのは何のためだ! 厳しいルートを踏破するためだろう!と思い直して右にルートを取る。 そうして現れた鎖場はこんな所だった。

20160104_33.jpg

たしかにへヴィな鎖場ではあるのだが、絡みあいながら伸びている木の根っこやところどころ凸凹のある岩は手がかり、足がかりが多く、ある程度までは鎖が無くても大丈夫だった。 安全のために途中から鎖を頼ったが、行者や鬼ヶ岩、宝剣の時とは違って片手で鎖に掴まったまま自撮りするぐらいの余裕はあった。

20160104_35.jpg

 思いの外簡単に鎖場をクリアすると難所はもう現れなかった。 どうやら鎖!梯子!痩せ尾根!金!暴力!SEX!みたいな感じで過剰にビビっていたようだ。なんか後ろに三つほどは余計なのが混ざってる気がするが。

 この鎖場を過ぎて少し進んだところで悲惨な落とし物を目にした。 なんと靴のソールがぺろ~んと剥がれて落ちていたのである。 大岳山方面に進むにはまだ先が長いし、奥多摩へ戻るには鎖場は越えちゃってるし、まーた最悪なところで発生したなーと拾い上げてみると、自分も4年ほど前まで使っていたGTホーキンスの物だった。 確か自分のも爪先のカップからベローンと剥がれたが、症状の進行はゆっくりだったので山でトラブルには合わずに済んでいる。しかしこれだけ同じような症状を見ると、ココの靴を本格的な山登りで使うのはやめたほうがよいように思う。

20160104_38.jpg


 このまま放っておくとゴミになるので回収してザックのボトルポケットに突っ込んで出発。 朝早く出発したとはいえ距離が長いのでなかなか中間点の鋸山に着かないと焦りが出てくる。 地図の等高線で見ると実際に小ピークらしい小ピークは1つだけなのだが、段丘状になっているのか、頂上らしきものが見えてそこまで行くと次にまたちょっと先に頂上らしきものが見える・・・というのが続きなかなか山頂に着かない。 

20160104_45.jpg

三角点があったので「いよいよ頂上か!」と期待したが一向に頂上が現れない。 三角点と最高点が離れていることは珍しくないが、これは離れすぎじゃね?と思い始めたあたりでようやく鋸山山頂に着いた。 あとでGPSで確認したら三角点と頂上は水平距離にして400m、標高差にして60m以上離れていた。

 ここで甘納豆をつまみ、日も少し上がってきたのでヤッケを脱いだ。 本仁田山の時とは違いフリースジャケットは早目に脱いでいたので体感的にはずっとひんやりしていたのだが、それでも大分汗で湿っている。 気温はまだ10℃以下なのだろうが、風もないし日当たりが良くなってきたのでこれでちょうどいい。 そして、「これからが楽しい稜線歩き本番!」とでも宣言するかのように、御前山の陰に隠れていた富士山が姿を現した。

20160104_52.jpg

20160104_56.jpg

 ここからは本当に難所もなく、概ね歩きやすい稜線だった。 樹林帯の中ではあるのだが、真冬で葉が落ちているので日もそこそこ入っておりポカポカと温かい。  小ピークのオキノ岩山をクリアしいよいよ大岳山へあとは登るばかり・・・というところで向こうからオレンジ色のジャンパーを着た初老の男性とすれ違った。 この時間にもう大岳山から下り?えれーせっかちな・・・と思ったが、男性が担いでいるものを見てレジャーの登山者ではないことに思い至った。 彼の肩には黒光りする散弾銃が担がれていたのである。 話を聞くとやはりターゲットは最近増えすぎている鹿だという。それにしても重い散弾銃を持ってあの足の運びの軽やかさ、うらやましい。  「このへんには結構いる」という言葉通り、この後頂上に着くまでに5回ほど銃声が山に響き渡った。


20160104_67.jpg

 より日差しの強くなった稜線を先へ進むと、馬頭刈尾根へ向かう巻き道との分岐に到着した。 初めて大岳山に登った時は土砂崩落で馬頭刈尾根から山荘を経由して山頂に至る道が崩壊しており、一旦鋸尾根方面へ回って登頂しなければならなかったのだが、その時ここまでやってきたのだった。 という事はここからはちょっとした鎖場を通るだけであとちょっとという事である。

 あの時はもうちょっと危険だったような気がするが、少し整備されたのか、もっときついところを歩いて慣れてきたのか、それほどの厳しさを感じない
20160104_72.jpg

わざとらしく木で塞ぐようにしてある海沢探勝路への分岐を過ぎ、最後の登りをこなすと、広くて眺望のいい大岳山の頂上に到着。 10時50分。 ここまで4時間20分であった。


20160104_74.jpg

20160104_76.jpg



続きを読む

プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード