スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末恒例たくあん狩りRide

今年も行ってきましたよ。

ちょっとブランクがあって足もかなり錆びついてしまった感じだけど、それほど寒くなかったので助かった。

20151226_05.jpg
野比海岸のカモメ。 3VS1なのにカラスを蹴散らしていた。 意外と強面

20151226_08.jpg
潮風が大根を引き締める

20151226_10.jpg
そして旨味を増す太陽


・・が、今回はたくあん4本に加え、直売所で巨大な三浦大根も購入したので増加重量はなんと8㎏。

20151226_14.jpg

20151226_15.jpg
去年と同じ直売所。坂を降り切った長井にJAの即売所「すかなごっそ」があるんだけどね・・・。

20151226_22.jpg

背中は痛くなる、負荷が増えたせいで乳酸も溜まりまくり。それでも鎌倉から帰らず、意地でも江ノ島まで行く。

20151226_31.jpg


帰りは境川CRから最短距離で家に向かったけど、足は完全にパンクしていました。




スポンサーサイト

奥多摩三大急登2つめ!本仁田山大休場尾根から川苔山へ

何故かスルー中だった山の一つに本仁田山がある。
奥多摩駅や鳩ノ巣駅からバスに乗らずに登山口へ行けるし、ちょっと足を延ばせば川苔山へも行けるから登っていてもいいはずなのだが、なぜかこれまで疎遠であった。 やはり川苔山だと百尋の滝を見ておきたいとか、三ツドッケから大縦走とかそういう事を考えてしまうからなのだろう。

 が、なんか新しいとこ行ってみよ、となってまだ登っていない手近な奥多摩・丹沢の山をチェックするとこいつはなかなか美味しい山であった。 駅から徒歩で登山口と言うのはもちろんだが、ルートの一つが「大休場尾根」といい、奥多摩三大急登の一つに挙げられているのだ。

この奥多摩三大急登は諸説あって、もう二度ほど登ってる稲村岩尾根が不動の一角なのは間違いないないのだが、残りの二つが大休場尾根だったり三頭山のオツネノ泣き坂だったり、榛の木尾根だったり野陣尾根だったりしてはっきりしないのだが、とりあえずよく上げられているからには登っておかねばなるまい。

そんなわけで今回は本仁田山、これだけではちょっと距離的に物足りなさそうだったので、時間の余裕具合を見て瘤高山から杉ノ殿尾根を下るか、舟井戸から大根の山の神へ下るか、川苔山まで一気に登って赤杭尾根を下る、という計画を立てた。

が、間抜けなことに出発時に家の玄関にストックを置き忘れ、おまけにヘッ電をリュックに入れ忘れていた。気が付いたのは奥多摩駅でGPSロガーに電源を入れる時だったが、日が落ちるのが早いこの時期、4時を過ぎたら暗くなってしまうのに長丁場で下山が遅くなったら対応できなくなってしまう。

20151216_04.jpg

早くも暗雲が垂れ込めるが、「それならさっさと本仁田山だけで切り上げてこうらく(奥多摩駅前の軽食喫茶)で肉天定食でも食べればいいよね♪」と切り替え、あくまで能天気にスタートを切る。 登山口まではわかりにくいかと思いきや、道標や案内板が判り易く設置されているので、迷うことなく辿り着けた。 

さて、いよいよ名にしおう急坂!と緊張しかけたが、入ってすぐ分岐があり「←乳房観音 登山安全祈願 50m」と書かれていた。 これが500mとかだったらスルーしそうであったが、この程度なら寄るに吝かではない。 説明文によるとなんでも源氏の落人がこのへんで銀杏の種をまいて、それがでっかくなったら乳房みたいに垂れてきて(※乳根のこと)、なんかご利益ありそう!て事でこの観音が設置されたとかのことで(超テキトー)、乳癌の快癒祈願にご利益があるとの話だが、樹齢が進んで枯れた後切り倒したら新芽が出てきて2本になったとかいうそっちの方が何となくご利益ありそうな感じである。

20151216_13.jpg

 とりあえず簡単にパンパンと二拍だけして元のルートに戻るが、ここで後ろから来た登山者とすれ違った。 多分一本後の電車で来たのだと思うが、早くもここで追いつかれたというのはなんとなく癪だ。ここんところ金欠と悪天候でトレーニングがご無沙汰になっていて体重増加・足も鈍っているところに体がまだ目覚めていないのが追い打ちをかけているのだとは思うが、いくらなんでもここで10分以上差を詰められるのは酷過ぎる。

 ここでちょっとせっつかれるかのようにスピードを上げたことで乳房観音に向かった登山者にはなかなか追い抜かれることはなかったが、まるで樹の墓場のような枯れ木を切り倒したハゲ地帯を抜けてしばらくしたやや傾斜が緩やかになったところで追い抜かれてしまった。  ちょうどいい頃合いなのでここで着ていたジャケットを脱いだが、太陽も出て、風もなく気温も上がってきたことでかなり汗をかいてしまっていた。 ジャケットの内側が濡れているだけでなく、マイクロフリースもじっとり湿っている。 今日は気温がやや高めの予報とはいえ、山のほうは多少は涼しかろうと思っていたのだが、予想外に気温が上がってしまったのでここでフリースも脱いでしまった。 アンダーウェアの上は普通のジップアップジャージにするか、マイクロフリースにするか迷ったのだが、朝の冷え込みでマイクロフリースを選んだのが大誤算だった。 まさか12月にアンダーウェア一枚、大神源太よろしく透け乳首状態で登山をするとは思わなんだ。

20151216_17.jpg

 追い抜いて行った男性は少しづつ自分を引き離して行って、やがて見えなくなってしまった。  すぐ後ろにつかれていたり、ちょっと前を行かれたりすると微妙にせっつかれてスピードを上げてしまうが、こうなるとダラけて、というか本来の自分ののんびりペースに戻る。 前日なるべく早寝とはいえさすがに3時半起きだとまだ体が目を覚ましていないのだ。

20151216_22.jpg


 それにしてもこの大休場尾根、さすがに斜度だけでいえば前に上げた3大急登のNo.2に入る山だ。 ちょっとバランスを崩して後ろにのけぞるとヒヤッとするし、樹林が切れて見通しが効く辺りでふと振り返るとかなり高度感がある。 道も所々大きな段差や木の根っこ段があり、大きく足を持ち上げないといけなかったりするので、脹脛にかなり負担がかかる。 それでも、運動不足で鈍った筋肉に刺激が与えられているというか錆が落ちるというか、脂肪が燃えるというか、久々にキッチリ身体を追い込んで全身に血流と酸素をいきわたらせている感じで気分が良い。 なにより清浄な奥多摩の森の空気が鼻と肺に優しい。

20151216_25.jpg

 調子が出てきたところで花折戸尾根との合流点に着き、そこからちょっと上るとそこが本仁田山の山頂だった。 時刻は9時5分前、ということで所要時間2時間20分ほど。、標準タイムとほぼ変わらず、まあまあだ。  山頂はそれほど広くなく、山頂の標識はどこかの山岳会が設置した手製の物。 東屋は朽ちかけて使えないが、眺望の開けている方にベンチが据え付けられており、ここは休憩や弁当を使うのになかなか良さそうだ。 それでも今日は時間さえ許せば川苔山まで進む予定なので、ここではジップロックに入れた甘納豆をつまみ、水を飲むだけで休憩を切り上げてすぐに先へ進んだ。

20151216_27.jpg


ずっとストックを使っていると気付かないのだが、今日のように忘れると不安定な道ではだいぶバランスを取りづらいのを実感する。 腕はブラブラさせていると体が振られて余計に消耗するので組んでいるのだが、けっ躓いたりすると咄嗟の時に危険だ。 やはり何か杖状の物が欲しいと思ったあたりで程よい太さの朽木が落ちていたので、蹴り折って長さを整えストックにすることにした。 地面に落ちてからだいぶ日が経っているのか、剥がれかけた外皮の内側に虫がついている上、湿気を吸ってキノコが生えていたりするが、まだ体重を支えるだけの強度は残っているので気にせずに使う。 途中でもう一本拾ってダブルストックにすると俄然調子が出てきた。

分岐の標識があるだけの瘤高山を通過しさらに下って行き、いつもの「ああ・・・稼いだ高度が勿体ない」が膨らんできたところで大ダワに出る。 ここまで降りてくると川苔山や真名井のピークは見えず、瘤高山からの下りで見えた、まるでがけ崩れの後のようなハゲた尾根が上の方へ一直線に続いているのが見えるだけだ。 

20151216_43.jpg

ここからルートは鋸尾根と舟井戸までの巻き道に分かれているのだが、巻き道は桟道が崩落していたりなんだりで物凄くおっかないらしく、地図にも危険マークがついている。 ここで事故るのは嫌なので鋸尾根を登って行くことにしたが、こちらはこちらで凄い急傾斜の上にゴツゴツした岩場と根っこで歩きやすい道ではない。 というか最初の数百mの傾斜は大休場尾根よりきつく、最初の名もない小ピークを越えたところはかなりややっこしい痩せ尾根で巻く必要があったりと、こっちはこっちでそれなりに危険な道だったのだった。

20151216_46.jpg
潜ります

20151216_49.jpg
危なっかしい痩せ尾根 怖いので巻いた

20151216_52.jpg

 小ピークには低い方から三峰、二峰と標高の書いた山名票がぶら下げており、これはなかなか励みになってうれしい。 カマボコ板よりちょっと大きめで、文字は彫り込んだうえに書かれており、これだとしばらくは褪せずに役割を果たしてくれそうだ。

 さて、第三峰と第二峰の間にはトラロープが張られたちょっとした岩場があり、ここでストック代わりの枝は捨てざるを得なくなってしまった。 まあこのあとの舟井戸から先は何度も通っているし、無きゃ無いでいいのだが、舟井戸から山頂までの緩い斜面こそダブルストックで軽快に飛ばしたかったなあ・・・と思わなくもない。

20151216_54.jpg

20151216_58.jpg

 第一峰をちょっと降るとそこは舟井戸の分岐の合流点だった。いつもは川乗橋から川苔山に登って、ここから大根ノ山ノ神のほうに降りてしまうのだが、横目で見やって通り過ぎていたルートを通ってきたわけでやや感慨深い。
 
 小屋の分岐までの道を登って行くと、山頂から下りてきたらしい初老の男性が向こうからやってきたので挨拶を交わす。 昨年の大菩薩の時と同じく、二言目にはお互い「暑いですねー!」と季節はずれな言葉が飛び出した。 「山のほうはもうちょっと寒いと思ったんだけど・・・」と、この男性も薄手のジップアップジャージ一枚で困惑顔であった。

 なんとなく同志を見つけたような気分になり、茶屋跡の分岐から川苔山への最後の登りへ向かう。 ここは日当たりもいいしとりあえず平坦でベンチもあるし、どちらから登ってきても何となくほっとするところだ。 ここから山頂への道も広いし迷いようがないので少し気が緩む。 川乗橋側から登ってきたと思しき先行の男性をアクセントに写真を一枚撮ってから後を追う。

20151216_61.jpg

20151216_62.jpg

 そして11時23分に川苔山到着。 昭文社マップのタイムより20分ちょっと遅いのではあるが、とりあえず12時には着いておきたかったのでほっとした。  山頂で正しく頂上ラーメンを食ったら、12時ちょっと前に下山を開始。  古里駅から赤杭尾根を登ってきたという年配の女性登山者の健脚ぶりに驚きつつ、自分も赤杭尾根を下って行く。

20151216_66.jpg

20151216_67.jpg

続きを読む

プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。