スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥秩父でテン泊登山(その3~2日目・金峰山~)


 ぶつ切りの眠りから今一つスッキリしない目を覚ますと、時計は3時40分。 4時に起きてメシ食ってさっさと出発の予定なのだが、さすがに簡単には起きられず寝袋の中で数十分うだうだしてからようやくテントからはい出した。 周りのテントはまだ灯りがついていないので、極力音を立てず湯を沸かし朝食の用意をする。 雲取山の時と同様、乾パン、ギョニソーにインスタントのオニオンスープだ。
簡単な朝食を済ませたら小さなコッヘルとコンパクトストーブだけザックに入れ、テントの入り口を閉め山小屋のほうへ向かう。いくつかのテントは灯りが点き、ベンチではストレッチをしている人がいた。 さすがに山屋は朝が早い。

 トイレを済ませGPSロガーのスイッチを入れたらヘッドランプの灯りを頼りに素早く出発する。 この時点で一番早い出発かと思ったのだが、後でヤマレコを読んだら夜中の2:30ごろにトイレに起きたタイミングで目覚めてしまいそのまま出発した人がいたようだ。

 朝方は割と冷えたのでフリースを着たまま出発したが、すぐに暑くなって脱ぐ羽目になった。 ウィンドジャケットがあるのだからフリースはテン場で脱いでおき、多少の朝の冷え込みは我慢して歩くか、フリースではなくユニクロのペナペナダウンジャケットにしておけば良かったかもとも思ったが仕方がない。 さらに高度上げれば気温も下がって、山頂に着いたら冷たい風が吹いているかもしれないではないか。
 
 山小屋からしばらくは道幅も広く、多少ガレているとはいえ思いのほか歩き易かったのでヘッ電の灯りでも心許なくなるようなことは無く助かった。 2年前の甲斐駒では同宿で同時に出発した3人がゴーロ帯で揃って道を見失ってしまったし、木曽駒では街頭のある舗装道路なのに標準タイムより時間がかかってしまったのだから。

 が、そこそこ歩き易い道とは言っても自分の鈍足が変わるわけでもなく、空が白み始めた頃、鷹見岩の分岐の辺りでテン泊装備を背負った二人組の青年に追い抜かれた。 重量ではほとんどテン場にデポしてあるこちらがはるかにアドバンテージがあるのに情けない。 やはりぶつ切り睡眠ですっきりしていないせいなのか、8月からの天候不順で鈍り切ってしまっているのか、昨日の疲れが抜けていないのか。 鷹見岩は金峰山を眺める展望台として良い所らしいのだが、このスピードと先の長さを考えるととても寄り道する気にはなれない。  ヤマケイガイドにも「ここは先を急ごう」と書いてあるのでその通りにスルーして大日小屋に到着。 ここは素泊まりで寝具・食事の用意も自分でしなければいけないが、2000円と安いので大弛峠出発時の宿泊場所としてを検討したこともあった。 追い抜いた二人組の青年達に後で聞いたところによると、宿泊している登山者は一組の夫婦だけだったようだ。 連休後半ともなると設備やサービスが充実していない、半端な場所にある小屋はガラガラになってしまうのだろう。

20150923_76.jpg
大日小屋

 ここでの休憩はすぐに切り上げ先を急ぐ。 どの山でもそうだが、台風一過とかよほどパワーのある高気圧が居座っている時でないと朝のうちはスッキリ晴れていても10時~11時ぐらいになると気温が上がり上昇気流が発生して山頂の辺りは雲と言うかガスが発生してしまう。なので、出来れば8~9時ごろ登頂しておきたいのだ。

20150923_78.jpg

 少しずつ体も目が覚めてきたが、大日小屋を過ぎるとだんだん道も険しくなってくる。  大日岩の基部に来ると急登と共にすべすべの岩場と鎖場が現われた。 さすがにここは無きゃ無いで済むような鎖場ではないので、ストックを畳んで大人しく鎖に頼る。上のほうに見える大日岩はつるんとした丸みを帯びた巨岩で、真っ先に連想するのはタコと言うかハゲ頭だ。 昔の人にとっては神々しく大日如来を思わせたであろう岩も、信心も感性も乏しい40男にかかると台無しなのであった。

 基部の鎖場をクリアしてふと見渡すと、つい先ほどまで朝の靄と言うか、薄い雲が空を覆っていたのが、朝の光と共に払われ青空が広がっていた。南から西の方が開けているのでそちらに目を向けると、澄んだ青空に黒々と八ヶ岳と南アルプスの峰々が聳えているのが見えた。

20150923_80.jpg


 この景色を見た時ようやく、「ああ!来てよかった!」「奥秩父を選んだのは間違いではなかった!」と心の底から思えた。 甲斐駒は「遠くから見えたあの山を登ってみたい!」木曽駒は「甲斐駒登ったから対になるあっちも登ってみたい」 みたいな動機づけもあったし、麓から見た時点で只ならぬ山容やカール、紅葉といった判り易い事前の期待もあったのであるが、今回は穂高(上高地、涸沢)や八ヶ岳(キレット)がダメだった際の補欠的な位置づけだったこともあって、どこら辺まで燃えられるというかこちらを楽しませてもらえるのかいまいち未知数なところがあったのだ。 

20150923_84.jpg
上部鎖場

それがこのチョコチョコ鎖場が出てくる適度な難易度のところに広がっていた展望は、「うん、俺はこういう景色を見る為にここに来たんだよ!」と言いたくなるぐらいの素晴らしさで、この時点で合格ラインの満足感と言うか、下世話な言い方をすれば「元は十分取ったな!」という気持ちを抱かせてくれた。 当然これから先はもっとすごい展望があるはずで、そのワクワク感からここにきてようやく目はシャッキリ覚め、体も軽くなってきた気がした。もっとも長雨で鈍った体にすぐ変化が現れるはずもなく、相変わらず歩みは遅いままなのだけど・・・

20150923_86.jpg
八ヶ岳

上部の鎖もクリアして大日岩の分岐まで来ると、先行していた先ほどの二人組が休憩していたので、ここで自分も行動食をつまみ、小休止を取る。  甘酸っぱいドライマンゴーがとてもうまい。二人は金峰山の山頂からは大弛峠ではなく、廻り目平の方に降りるという。 最短・最易なルートをとらないその意気やよし!

20150923_89.jpg
大日岩

 大日岩の先からは、ググッと登り坂が厳しくなる。脹脛や太ももにより負担がかかるように段差は大きくなり、樹の根っこやガレた石はストックを突いたり足を置くときに微妙に安定しなかったりする。 ここを登っていて真っ先に思い出したのは塔ノ岳のバカ尾根だ。 傾斜の具合といい、足の負担のかかり具合といい大変似ている。大日岩の鎖場で畳んでザックに括り付けたストックは戻すのを一本だけにしておいたのだが、ときおり手を付いたり木の根を掴んだりしたくなる段差が出てくるので、これは正解だった。傾斜だけでいえば稲村岩尾根のほうがきついのだが・・・。 それにしても木曽駒では宝剣を除きほとんど全行程をダブルストックで行けたのに、瑞牆・金峰山ともT型一本でいたほうが良いくらいだ。

20150923_97.jpg


しばらく急峻な登りがあったと思うとインターバルとばかりに緩斜面や平坦地が出てくるのだが、この長さと言うか間隔がまた絶妙で、感覚的には図ったように交互に現れるのだ。 おかげでバカ尾根に比べればウンザリすることもなく生えているキノコや苔を愛でる余裕もあった。

そして この急坂でまた一人に抜かれたのだが、この人はなんか見覚えがある。 昨日ずっとオイラの前を歩いてたイケメン青年だ。 オリーブグリーンのライペン・ポケッタブルパックを背負っていて、「ああこれ、自分も買おうかどうか迷ってたんだよなあ」などと考えながらずっとケツに着いていたのだった。  自分のようにカップ麺だのフリースだのを入れてるかわからないが、多分カメラ以外は厳選してコンパクトにまとめているのであろう。 なんとなくデキそうな外見同様歩みは着実で、少しずつ自分を引き離していく。

 別に競争しているわけではないが、あまり抜かれてばっかなのも気分が悪いので、後半に差し支えない範囲でスピードアップを図る。 そうして大日岩から一時間ほど歩いた辺りでこの登山のハイライトともいえる場所に躍り出た。ごろんごろんと不安定な姿勢で転がってる岩の下は切れ落ちた断崖、周囲は超絶景スポットとなる『砂払いノ頭』である。

20150923_98.jpg

20150923_99.jpg

20150923_101.jpg


「うあっ・・・うおぅ・・・」

思わず感嘆の声が漏れる。 青い空にまっ黒く屹立する富士山、日本刀の波紋のような南アルプスの峰々、振り返ると八ヶ岳。 カメラの電池残量がやばいのだが、ここではパシャパシャとシャッターを切る誘惑に抗えなかった。一眼レフを持って撮影に勤しんでいる先行していた二人組にも写真を頼んだが、後で見たら案の定疲労時に絶景を見ると出てくる例の気持ち悪い錯乱笑顔になっていた。

20150923_107.jpg
うへへへへ

20150923_109.jpg


 前方はなかなか険しそうな岩稜帯だが、何の!俺はもっと厳しい甲斐駒もクリアしたのだ!と気持ちを奮い立たせて先へ進む。 少し進んでから振り返ると、砂払いノ頭の次の岩場ははジャヌー北壁のミニチュアのような形をしていた。おもわずククッと笑いが出る。

20150923_112.jpg
砂払いノ頭のちょっと先から見た時が一番きれいだった

20150923_122.jpg
ジャヌー岩

 絶景に見とれて足を踏み外さないように進み(大股で飛び越えなければいけないような巨大な転石が多いのだ)、ややこしい鎖場を越えると「千代の吹上」に出る。 砂払いノ頭からさらに高度が上がり、ここからは昨日登った瑞牆山がまるでジオラマのように見える。  自分が登った山を遠くから眺めて「ああ、あそこ登ったんだよなあ」とニマニマすることはあるが、こんなふうに上から見下ろすのは初めての体験だ。

20150923_124.jpg

20150923_126.jpg
天然盆栽

20150923_127.jpg
鎖場

20150923_130.jpg
瑞牆山が小さな箱庭のよう


 岩稜の先には筆のような岩が見えてきた。 そして斜面に生えている低木は黄色からうっすりオレンジ色になっている。 この高度ではついに紅葉の季節がやってきたのだ。 気温は予報通りなら10℃前後しかないのだろうが、風はないし肌寒さは感じない。 8時を過ぎて日も高く上がってきたのでサングラスを付けたほうが良い気もするが、出すのが面倒になってそのまま進むことにした。 

20150923_132.jpg


 はるか遠くに見えていたが、筆のような岩はいつの間にか近くに寄ってきており、その先の高いところより先は何もなさそうな感じである。 そして岩のてっぺんには人が乗っている。・・・という事は、あれは五丈岩?そして頂上!? 五丈岩は頂上から撮った台座のような写真しか見ていなかったので、遠く下から見上げるとこんな筆のようになっているとは思わなかった。

20150923_135.jpg

20150923_139.jpg

20150923_140.jpg

近くまで来るとやはりなにか儀式に使われる何かのようにデカい岩で、やはり間違いなく五丈岩であった。

五丈岩の左をすり抜けるとそこは広場のようになっており、ここが金峰山の頂上台座のようだ。 少し先の方にある人が集っている岩場はもう少し高くなっていて、あそこが三角点や最高点がある場所だろう。 やっと着いたのだ! そちらに向かう前にまずはぐるっと五丈岩の裏側に回ってみると、 富士山や南アルプス方面が開け、また凄く絵になる素敵な岩のテラスが登場した。 とりあえずここで近くにいる人に写真をお願いする。

20150923_142.jpg

20150923_143.jpg
ドヤァァァァ



続きを読む

スポンサーサイト

奥秩父でテン泊登山(その2~1日目・瑞牆山~)

 南武線分倍河原駅で京王に乗り換え高尾に向かい、そこからまた中央線松本行きに乗り換えて韮崎を目指す。  高尾までは立川から中央線に乗るよりも距離的には短いしちょっとだけ安いのだが、序盤は乗り換えが多いのでうたた寝もできない(以前危うく高尾を乗り過ごしそうになったことがある)。

 もちろん最終地点までは立川から特急スーパーあずさに乗った方がゆっくり出発でいいし時間は短くていいのであるが、山小屋代をケチっている人間が特急料金を払うわけないのである。 それに鈍行なら高尾から2時間近くあるのでガッツリ居眠りできるな・・・という計算なのだが、乗った車両はなぜか微妙に新しく、居眠りしやすいボックス(向かい合わせ)シートではなかったのであった。 

 ボックスシートなら空いている時はかなり無茶な居眠り体制を取れるのであるが、普通のロングシートだと居眠りもブツ切りだ。 そうなるとこの長距離はなかなかキツイ。 これまでの山行では南アルプス(甲斐駒)の甲府、大菩薩の塩山と甲斐大和が遠く、それ以外だと入院してる友人の見舞いに石和温泉まで行ってウンザリしたことがあるが、韮崎はそこよりもさらに遠いのだ。 

 ぼんやりした頭のまま、韮崎駅に降り立つ。 バスの時間を勘違いしていたのだが、出発までまだ40分以上ある。  手持無沙汰なので自販機のコーヒーでも飲もうかな、としていたところ、リュックを背負った60後半~70代前後と思しき男性に声を掛けられた。なんでも自分も瑞牆山に登るのであるが、バスを待っていられないのでタクシーに乗っちゃうから一緒にどうか、というのである。

 実にありがたい事だが、おそらく目的地までは概ね1万。 割り勘だと5000円である。 さすがにそれはキツイな・・・と二の足を踏んでいたところ、「どうせ一人でも同じなんだから(自分が1万円出すんだから)付き合え」との申し出である。 さすがにそれは申し訳ないので、かかるバス代の分(2080円)だけは負担させていただく、と言ったのであるが、この男性はガンとして受け取らないのであった。 結局ロハで、予定よりも30分早く瑞牆山荘までやってきてしまったのであるが、嬉しいやら申し訳ないやら。

20150922_05.jpg
スタート地点 みずがき山荘


 この男性の厚意に感謝しつつ、俺もいい年で若い者におごる位しなきゃいけないのにあまりに貧しくしてるのはいかんよなあと微妙に自責の念に駆られながら、GPSのスイッチを入れ行動開始。 まずはスルーしてもいいのだが、山の神様である里宮様にお参りしておく。

20150922_09.jpg
里宮様

 祠の前にポコンと白いきのこが生えており、それはあの破壊天使ことドクツルタケちゃんなのだが、何となく山の神様というか精霊からキツイ警告を受けたような気がしないでもない。 なぜかいきなりここで満タン充電したはずのカメラがバッテリー切れを起こしたので電池を交換。 リュックを背負い直し再び歩き出す。  里宮様の先に進むとちょっとした稜線に出て、瑞牆山の展望がドーン・・・・と、昔は広がっていたのであるが、今はカラマツが伸びて隠されてしまっているのであった。

 仕方なくそのまま登高を続け、出発から1時間ほどで富士見平小屋に到着。 ここでテントを設営するので手続きをしてテンバに移動する。 尿が近い性質なので本当は匂いが届かない程度で便所の近くが良いのだが、小屋に近いところはすでに埋まっており、やや奥の方に設営することにした。 木の根っこで少しゴツゴツしているが、概ね問題は無い。 出発前に一度公園でテントを張る予行演習をしたので設営は極めてスムーズに進んだ。 多少慣れたのもあるが、アライのエアライズは思いのほか設営がしやすい。 設営したテントに寝袋、マット、炊事道具、防寒具などすぐには使わないものをポンポン投げ込み、アタックに使う行動食や雨具、ハイドレーション、地図をサブザックに移す。

20150922_19.jpg
わしの寝床


そしていよいよ初日の目的地、瑞牆山に出発! ハイドレーションには富士見平小屋の水場で汲むことにしていたのでちょろっとしか水が入っていない。 今日は距離は大したことないしカップ麺も作らないが念のため2リットルたっぷり詰めておこう…と、水場への階段を降る。

 水場には太いパイプからポリバケツに通水されていて、ポリバケツから細いパイプが4本出ていて一度に4人が給水できるようになっている。 そしてハイドレーションのフタを開けて水を汲むと・・・冷たい!! 甲斐駒の湧水も冷たくおいしかったが、これはなんか冷たさが尋常じゃない。 表面に張った氷を割って手を突っ込んだような冷たさだ。 満タンにしたハイドレーションの外側が見る見るうちに結露していく。 ついでに顔を洗ってみたが、顔がしばれるような冷たさで寝不足気味のアタマが一気にシャキーンとしてしまった。

20150922_20.jpg
水場

 甲斐駒でもそうだが、うまくて冷たい水がゲットできると微妙に得したような気持になる。 ちょっと飲み過ぎたのでトイレで体内水分を排出しながら、うむうむ、山梨と俺はすごく相性がいいのかもしれんな、とひとりごちてようやく瑞牆山へと踏み出した。登山道の脇には長雨の影響かキノコが多い。

20150922_23.jpg
キイロホウキタケ(毒)

20150922_25.jpg
美しい苔 大菩薩でもそうだったが、奥秩父は苔が元気だと思う

20150922_27.jpg
初っ端から長い下り

 富士見平からは天鳥川の源流部を通るので最初少し登ってから長い下りになる。 微妙にまた「高度が勿体ない…」気分になるが、天鳥川の綺麗な流れを見た。途端すぐにセセコマシイ考えも洗い流された。 人がいるからやらないが、ちょっと掬って飲みたくなるような清冽な流れだ。 ぴょんぴょんと石を渡って渡渉すると、すぐ先にはパカッと割れた巨大な丸い岩「桃太郎岩」が現われる。

20150922_29.jpg
天鳥川源流


20150922_31.jpg
桃太郎岩


なるほど、中からせんとくんみたいな顔をした桃太郎が飛び出して包丁を真剣白羽取りしてきそうだ。

 ここでどうしたわけか、さっき替えたばっかなのにカメラがまたも電池切れを起こした。 しょーがねーな、中国製の安物サードパーティーだし、2年前のだしいいかげん劣化してるか、と新品のに交換しようとしたところ・・・・無い。
 カメラケースに入れておいた予備バッテリー3つのうち、よりによって新しい2つが無くなっていた。 里宮様の辺りで交換した時に落としたか、それともずっと半開きにになっていた時に飛び出てしまったのか。  満タン充電していてもいきなり電池切れの表示が出た後でもしばらく放置すると復活したりすることもあるので、仕方なくさっき切れて仕舞っておいた残り一つを差し込むと普通に起動したのだが、それでも今日明日の2日間をいつ切れるかわからない劣化バッテリーで凌がねばならないのは困った。 よほど素敵な光景が出てくるまでシャッターを切るのは我慢してもたせねばならない。 また一つ余計な重圧が増えてしまった。


続きを読む

奥秩父でテン泊登山(その1・準備編)

 8月中旬からの悪天続きで延期に延期を重ねていたが、ようやくチャンスがやってきた。 本当は空いている平日を狙いたかったのだが、シルバーウィークを過ぎるとまた悪天の予報になっており、さすがにこれ以上後に延ばしても良いコンディションが望めそうにない。 それに10月に入ると一気に気温も下がって来てワンランク上のシュラフが必要になる。
一応Keltyのライトイヤーと言う-5℃程度まで大丈夫な奴は持っているのだが、これは収納サイズがとんでもなくデカイやつ(購入前にチェックするのを怠っていたのだが、Keltyのシュラフは主にファミキャンがターゲットなのでコンパクト&軽量化に熱心ではない)なので、なるべくなら持ちたくないのだ。

 んで、9月22~23日がだいたい関東甲信でいい天気の予報だったのでこの日に絞ったのだが、行き先はギリギリまで迷った。 夏の目標は奥穂だったが、こちらは深夜便のバスに乗って上高地を早朝に出発しても登頂して戻って来るには2泊3日が必要。 では、第二候補の八ヶ岳であるが、難易度の高い権現~キレット~赤岳縦走路に1か月以上動かしていない鈍った体でテン泊装備を担いで行くのはあまりにも無謀。 かと言って硫黄~赤岳の人気周回コースはテン泊の行動予定が立てづらいのだ。 朝のうち美濃戸を出て硫黄岳に泊まり、翌朝早く出て赤岳まで縦走し真教寺尾根を下山・・・というのがベストなのだが、硫黄岳はテン泊指定地ではない(林野庁森林事務所に事前許可を貰えば可能らしいのだがメンドイ)ので行者か赤岳鉱泉に泊まる必要があり、帰りのバスの時間を考えると何かと時間の調節が難しいのだ。

じゃあ、山小屋泊まればいいのであるが、買ってもう1年が経とうというのに1度も使っていないテントに早く出番を与えたいのと、今月はお財布の中身が寂しくなって山小屋費用も怪しくなってしまったので何とかテン泊のところにしたいのだ。

 そこで燦然と候補に躍り出たのが今までノーマークだった奥秩父の瑞牆山と金峰山である。 この二峰とも百名山に選ばれており、うち金峰山は2500mを越える標高で風格としても十分。 なによりテン場(富士見平小屋)はバス停から50分程度登ったところで、そこから両方の峰へ荷物を減らした状態でアタックをかけるというの有難い。 ちなみに金峰山に登るだけなら楽かつ日帰りも可能なコース(大弛峠から)があるのだが、そのルートから登ってダブルで登頂しようとすると、金峰山だけは重い荷物を持って縦走せねばならないので、結局定番のルートにした。

今回、テン泊という事でこないだ購入したばっかのREIの70リットルザックを採用したが、アタックに際し持っていくサブザックに迷った。 一応折りたたみポケッタブルタイプの物は持っているのだが、往復で3時間半程度の瑞牆山は良いとしても、往復6~7時間は見ておいた方が良い金峰山ではやや心もとない。 ややかさばるが、ここは普段日帰り山行で使用するREIのStoke29を持っていくことにした。ピッケル(ストック)ホルダーが二つ付いているし、脱いだジャケットをさっと挟んでおけるストレッチメッシュパネルもあるので使い勝手がよく、背面パッドは薄めで柔らかく丸められるのでなんとか大型ザックに収まってくれるのだ。もちろん、その分多少重量がかさむが・・・。 もともと、Crestrail70が品切れだった際に第二候補としてマウンテンスミスのクロスカントリー3.0かラリアット65も考えていたのだが、それはこの二つがバックパネルを取り外してサブザックにできるという機能があり、別途サブザックを入れなくてよい、と言う強みがあったからである。

 そんなこんなで装備を詰め込む。 シュラフは20年物のモンベル・スーパーバロウ3。-3℃までOKという事になっているが、機能も落ちてるしまあ5~8℃が限界だろう。 テントは初出番のアライ・エアライズ1。 2度ほど組み立て予行演習は行ったのでもうばっちり。 ウェアは迷ったが、気温が急上昇したのでアンダーウェアはこないだ買った長袖ではなく、半袖のiCOOLにした。 防寒具にはやや嵩張るがダウンジャケットではなくフリースを採用。夜冷えたらこれを着たまま眠る。 
ズボンはジップオフのロング/ハーフコンバーチブルパンツにしようと思ったが、これまた気温が高い予報なので膝下丈のハーフパンツ+アシストタイツに決定。 靴下だけは湿ってると気持ち悪いので替えを1足。 あとは食料とかコッヘルとか雨具とか細々したものを詰めて出発だが、それでも多少ザックのスペースにはゆとりがあり、改めてザックのデカさに感心。 
 
荷物を切り詰めればもう一つ持ってる、雲取山で使ったCrestrail48でも良かったんでないの?と思わなくもない。 ライト&ファスト派ならテントでなくツェルトにしたり、サブザックではなくメインザック一つにしたり、ダウンシュラフにしたりと軽量・コンパクト化を切り詰めて45リットル前後に抑えてしまうのであろう。 この辺はまあ今後の課題という事で…。 

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

アンダーウェア

今使ってるパールイズミやモンベルの冬用だと厚すぎるので、夏・初秋の3000m級のために長袖の薄~中厚のアンダーを新たに購入したのだが、お盆からのクソ天気続きで今のところは使えずじまいである。 いい加減に晴れる日が来るのだろうか・・・

kZBaRnC.jpg
プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。