スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登り納め山行 鍋割山~塔ノ岳ダブル!

 川苔山の後はなるべく次の山行に向かいたかったのだが天候や仕事の都合で時間が空いてしまった。 
28日も自転車か山かの二択であったが、前日は雨だったので泥でぐちゃぐちゃだろうと早合点したのと、仕事は早上がりしなかったので自転車にしたわけだ。

 そして29日はさっさと早あがりさせてもらい、早めに寝て準備万端で出発!今回は何度も行ってる鍋割山だ。 ここからは年賀状用のいい写真が取れるのと、(混んでなければ)鍋焼きうどんが食えるので飯を持っていかずに済み若干軽量化が出来るのだ。 もっともボランティアのボッカ荷物のことを考えると軽量化した分の倍以上の重さになるわけだが・・・。

 家を出る時はくそ寒く、今回初めて導入した薄手フリースのバラクラバ(目出し帽)を冷気が簡単に突き抜けてしまいかなり辛かったのだが、大倉からは歩き始めて15分ぐらいで陽も上がって体も温まったためウィンドジャケットとフリースを一枚脱いだ。 
 
勘七沢

 変化の乏しい林道を淡々と歩き、勘七沢、本沢を越えミズヒ沢の荷揚げ場へとやってきた。 明日はみんな年越し山行で混んでるだろうから今日は空いてて狙い目だな!と一人合点していたのだが、どっこい県民の森駐車場から林道と合流する辺りから人の気配が増え始め、荷揚げ場ではかなり賑やかなことになっていた。

 ところで今日はいよいよ10kgの大台に挑戦しようと言うことで、ガソリン携行缶を担げるように例の改造背負子を背負って来たのだが、今回は発電機用のガソリンは無く、置いてあった大物はストーブ用の18リットル灯油ポリタンだけであった。  

 う~んこれはいくらなんでも・・・とたじろぎつつ他を見ると、カセットコンロの箱が置いてあって、
「誰か上げて」とマジックペンでなぐり書きがしてあった。 もって見るとそんな重くないのだが、嵩張るので登山用のザックには入りづらく誰も手を出そうとしていなかった。

ガスコンロ


 よっしゃここは自分の出番だね!とゴムバンドで括り付け出発。 この軽いカセットコンロだけではちょっと情け無いのでペットボトルも一本追加し歩き出した。 荷作り中に先行していたグループが後沢乗越の手前で休憩していたので追い抜くと、背負子に括り付けたカセットコンロを見て感嘆の声を上げられてしまう。 この後何度か休憩中の人を追い抜くたび「あっ、コンロだあ、すごい」と賞賛され恥ずかしいやら誇らしいやら。 いやこれ、そんなに重くない(あとでネットで調べたらハンディガスレンジ K-31というやつで1.7kgだった)んですけどね・・・。

 とはいえ、普段のリュックに比べ背負い心地のあまり良くない改造背負子、荷物も前回の半分程度とはいえ4kg近く増量したので後沢乗越からの稜線の急登はさすがにきつい。 休憩したグループに再度抜かされたりしながら息を切らせて登り続ける。

 途中、木の幹に赤いスプレーで「1000m」と書かれた目印を見掛けた。これ自体はあまり良い気分ではなかったが「よしあと一息」と気合を入れ直すきっかけにはなる。そしてちょうどこの辺で富士山が顔を覗かせてくるのだ。 時間は早いし空気も澄んでいるので白が映える。

1000m.jpg

富士の頭

 一旦追い抜いていったグループは初心者が混じっているのか、休憩が頻繁だったため、また抜き返したらそれ以降追いつかれることは無かった。 すぐ後ろに気配はあるのだが、そうすると邪魔にならないよう脇に寄ったり立ち止まってまた歩き出すのも億劫なのでとにかくペースを上げるしかない。
 
 途中ポケットに入れておいた甘納豆や羊羹を口に放り込みながらも決まった休憩は取らずに歩き続けることでペースを上げて、10時前には一の萱、二の萱を通過。 いつもならこの辺りで風が強くなってウィンドブレーカーを羽織るところだが、今日はまったく風が無く、日差しも妙に強いのでウィンドブレーカーはアリスパックに突っ込んだまま。 それどころか無性に暑くなりマイクロフリースの袖口まで捲り上げるほどであった。

二の萱

鹿

 鍋割山では初遭遇となる(塔では何度も会ってるけど)鹿に励まされるようにして、大倉からは3時間ジャストの10時8分に鍋割山に到着した。 大幅に荷が軽くなっているとは言えやはりこの時間短縮はうれしい。 今日は大晦日の前日にしては大目の人出のようだったが、早めの到着だったのでうどんにもすぐにありつけた。 富士山や南アルプスを眺めながらの甘めのツユと具沢山の鍋焼きうどんはやはり格別である。

山頂1

山頂2

山頂3

山頂4


続きを読む

スポンサーサイト

tag : 登山 鍋割山 塔ノ岳

タクアンクエスト・・・つうこんのいちげき!Piccoliは180ポイントのダメージをうけた!

年末恒例、三浦海岸にたくあんを買いに行ってきましたよ。

もう暮れのどん詰まりということもあって海岸の大根干し台の大根は大部分が切り取られ、残っている大根も干しあがって切り取られるのを待つばかりとなっていた。

大根1

大根2

大根3

なんでも年明けにもう一回新しい大根を並べるんだそうです。


 重くなったザックを背負い休憩も取らず出発。
そろそろ乳酸が溜まってきた足を叱咤しつつ坂を登り引橋の三叉路に来た辺りでどんよりと雲が出てきて太陽が隠れてしまった。

初声から自衛隊の駐屯地に降りる途中の畑から富士山がかっこよく見えるのでその写真を年賀状に使おうと思ったのだが、富士山だけ日が当たっていてもこの辺がうすっ暗いのでいい写真が撮れない。

富士1


当てが外れたので早く先へ進み旭屋のコロッケでも食うか・・・と考えていたのだが、途中いい写真が取れるかもな、と秋谷の立石に立ち寄ったところで悲劇は起こった。 秋谷の立石、富士山、枝ぶりのいい松の全部がファインダーに収まるベスト撮影スポットは駐車場の端っこなのだが、国道からはちょっと10数mほど坂を降りていくところにある。 

秋谷の立石
ここで悲劇は起こった

そこまで降りたもののやはり雲どんよりじゃ駄目だな、と国道に戻ろうと漕ぎ出そうとしてハンドルを強く引いたところ

グニョ

ぐにょ? 

手元を見るとハンドルバーがグンニャリ曲がっている。

その時すばやく頭が高速回転して、このバイクをブルホーン化してワイヤーの取り回しをパイプ内蔵にするためにドリルで穴を開けたことを思い出した。 

間違いなく自己流で適当な場所にあまり考えずに大きい穴を開けてしまったため、ただでさえ経年劣化と金属疲労があったところに致命的な強度低下が加わって耐え切れずに折れてしまったのだろう。

しかし困ったことにここは秋谷で最寄の駅までもまだ遠い。最低でも新逗子まで走らねばならないのだが、そこで電車に乗ったとしても自分ちの最寄り駅まで行くには京急と南武線の乗り継ぎをする必要があり、乗り換えの京急川崎と川崎の間は結構な距離を歩かねばならない。
 
空身だったらいいのだが、ばらした自転車を抱えて長距離歩くのは嫌なのでここは一か八か江ノ島まで自走することにした。 秋谷から江ノ島までは10数キロ、普段ならここが一番走ってて楽しいハイライトのところなのに、どんより曇り空ということもあって苦行のようになってしまった。 

その間考えたことは補修のことで、

1.新品のちゃんとしたワイヤー通しがついたブルホーンにする

2.どうせ失敗しても惜しくないしこの際昔の少年向けフラッシャー自転車のようなセミドロップハンドルをつける

3.ステムを交換して昔乗り潰したMTBから外したフラットバーを移植する。

などなど様々な事が頭をめぐっていた。 どれも一長一短で、

1…それなりのお値段のバーを購入、ブレーキレバーはそのままで良いが実はすごく取り付けが面倒。
(レバークランプボルトにワイヤーを通すようになっているのでぶつけてレバー位置がずれたりするとワイヤーも外さないといけない&バーテープ交換の時にレバーも外す必要あり)

2…昔捨てたブレーキレバーをまた買わないといけない。

3…ブレーキレバーに加えてステム、グリップも購入の必要

うーんどうしようかなあ、と考えながら走っているうちに稲村ガ崎に到着。 今日は家まで自走できず走行距離が伸びないので旭屋のコロッケはとりやめにした。ここでまたちょろっと写真を撮って江ノ島へ。

 スピードを出せないので普段の3割増しぐらい時間がかかってしまったが3時過ぎに江ノ島に到着。
ぐったりしながら自転車をばらして輪行袋に詰め込んだのだが、今日はみっしり体を絞るために自走で家まで帰るつもりだったのによくリュックに輪行袋入れていたなあ、とちょっと自分を誉めたい気分になってしまった。 これは間違いなく本日のファインプレーではないか。 持ってきていなかったら江ノ島の駐輪場に自転車を置いてまた来なければいけなくなっていたのだから、不幸中の幸いである。

考えてみれば、スピードも出ていないあの駐車場の走り出しのところで折れたのもまだツキがあったのだろう。 引橋の三叉路からの下り、時速50km以上で飛ばしてるときに急ブレーキで止まろうとしたときに折れていたら大惨事ではないか…。

 そしてもうひとつ帰宅してからちょっとした不幸中の幸いがあった。 駄目になったハンドルを外して、「明日もしステムを交換することになったらサイズわからないといけないよな、自転車屋に持っていって現物あわせしたほうが間違いがなくていいやな」とステムも外した。 

折れたハンドル
折れたハンドル

ステムは赤茶けたグリースまみれになっていたので灯油で拭って、ふと脇にあった古MTBから外したハンドルバーをカチャカチャねじ込んでみたところ…


クランプ径ばっちり一致!!!

ステムの交換も必要なし。 部屋の場所を塞いでいたお古パーツの処分の目処もついたので格好はあまりよくないがビアンキ君はこれからフラットバーロードに生まれ変わることになった。 コントロールテックのバーエンドエクステンションがあるとはいえポジションには限界があるので、今後遠乗りの出番は減るだろうが、通勤ではますます活躍してくれる事だろう。

ホムセン・ワーキングユニフォーム的コンプレッションウェアを試す

以前、「ホムセン・ワーキングユニフォーム的アンダーウェアを試す」というエントリーをアップしました。

 以前から秋~冬の登山ではAITOZという作業着メーカーのAZ-858というストレッチ素材のカーゴパンツを使用していましたが、↓



上のエントリではそれに加えてビバホームのアンダーウェアを導入した時のものです。

 8000m峰を9つ制した冬山登山のエキスパート、近藤和美氏はその著書「冬山」の中で、「機能性下着が出る前はウールの下にポリエステル100%の夏用薄手ポロシャツを肌着として着ていた」と書いており、自分の選択もあながち間違いではないなと思ったのですが、最近では作業服・ワークユニフォームのメーカーもも各社とも速乾肌着とか、着圧機能性ウェアとか、アウトドア向けの中間着ぽいものを多数リリースしており、機能的にも積極的に導入したいレベルまで高まっているようです。
 
 なかでもその安さと機能で人気があるのは最大手作業服チェーンであるワークマンがリリースしている商品で、ピーチ起毛加工のジップアップシャツとトルネードラインパンツは自転車用として一定のファンを獲得しているようで、以前購入したCW-Xも大分くたびれたことだしちょっと試してみるか、と言うことで購入しました。
 
 最寄のワークマンではなぜかLとかLLしかなかったので、入院している友人の見舞いに行った折に、その病院の近くのワークマンでちょうどジャストサイズのものがあったので購入しました。

タイツだけでなく、上半身の「トルネードラインシャツ」も同時購入です。 着用の機会は少し後になりどうですが、はてさてどんなものでしょう・・・。



関連リンク
風と坂道と 「ワークマンブランド」
プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。