スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹沢主脈・・・いや主稜縦走!(2日目 丹沢山~蛭ヶ岳~檜洞丸~西丹沢自然教室)

 朝は4時過ぎに目が覚めた。もう少し寝ようと思って目を瞑ったが、なんとなく尿意を催したのと、8時間近く熟睡しているので再度の眠りにはつけない。 殆どの人が寝たままだが、とりあえず着替えてウォーターキャリーと歯ブラシを持って歯磨きを済ませた。 朝めしまで時間があるのでちょっと周りをぶらつくか・・・と例の山頂の標があるところまでサンダル履きでブラブラ歩いていったら、昨日は靄越しに影が浮かび上がっているだけだった富士山が綺麗に浮かび上がっていた。 しかも朝日に照らされてピンク色に染まっている! そして少し南の方に目をやると綺麗な雲海!慌ててカメラを取りに山荘に駆け戻った。  

fuji1_20130523235330.jpg

unnkai.jpg

 あとから目を覚ました人たちもやってきたが、綺麗にピンクに染まっている時間はほんの僅かで撮れた人は自分とあと一人だけだった。 本当にこういうのを「早起きは三文の徳」というのだろう、気分よく山荘に戻り朝食に向かうが、同宿の女性一名は縦走した上で午後一の早い時間のバスに間に合うようにと山荘で朝食をとらず出発していった。 自分も出来たら午後1時に焼山登山口に辿り着きたいが大丈夫だろうか。

 朝食は毎日同じメニューらしく、炊き込みご飯と味噌汁。 炊き込みご飯はやや味が濃い目だがうまい。あとやはり味噌汁がおいしく、2杯もお代わりしてしまった。 これで出発前のエネルギー充填は完了! 軽くストレッチをして5時55分に出発するが、毎度の進行方向確認を怠りぼんやり宮ヶ瀬方向への道を進んでしまい慌てて引き返して10分のタイムロス。 改めて蛭ヶ岳方面へ向う。 

 ここから鬼ヶ岩ノ頭までがここ4年ほどチョロチョロと山を登ってきて、いっちゃん楽しく爽快な道であった。朝早くさわやか、好天と言うこともあるのだが、とにかく眺望がすばらしい。 正面には自分の進むルートが先まで見え、西のほうに目をやると富士山。 水場のある不動の峰休憩所のあたりまででやってきてふと振り返ると、さっきまでいた丹沢山や昨日登ってきた大倉尾根が見える。なんというかこれまで歩いてきたところをきっちり見せてもらえるというのは大変有難いものである。
「良くあんなとこ歩いてきたなあ・・・・」「俺もなかなかやるじゃん!」
と自分を褒めたい気分になってくるのだ。

稜線1
富士

稜線2
進行方向

大倉尾根
振り返れば大倉尾根

不動の峰休憩所

不動の峰の近くに水場があるとのことだったが、水は大量に汲んであるし、「枯れる事もある」なんて書いてある水場にわざわざ下りていくことも無いので前進を続ける。 不動ノ峰~鬼ヶ岩ノ頭間も眺望がよく歩きやすく快適。途中こんな↓
うずま木
面白オブジェなんかあったりしてつい足が止まってしまう。

 鬼ヶ岩ノ頭は多摩川の河川敷辺りから見ると最高峰の蛭ヶ岳から一回ぐっと下がって再び盛り上がっており意外と目立つ。 しかも冬に丹沢山地に雪が降ると鬼ヶ岩ノ頭の稜線に深く雪が積もり、丁度白馬のように見える(参考)ので、どうしても登っておきたかった。まあ、大倉から蛭に行こうとすれば嫌でも通らねばならないのだが。 一番高いところに立ったのだが、ランドマークたるとんがりヅノのような「鬼ヶ岩」が見当たらない。 勘違いしていたのだが鬼ヶ岩そのものは蛭ヶ岳方面にちょっと下ったところにあるのだった。 それまで笹薮、立ち枯れのブナがメインだったなだらかな稜線だったのがここだけ唐突にゴツゴツとした岩場になっておりなかなかのインパクト。 ツノの間から富士山も見えるしここで写真を何枚か撮っていたのだが、のんびりしすぎて後発の人に抜かれてしまった。鬼ヶ岩


 そしていよいよ恐怖の鎖場。 みやま山荘の主人の石井さんは「(表尾根の)行者の鎖場に比べたら全然大したことないよ」と言っていたが、この場所の高度感が大きいので実際の難易度以上に恐ろしく、行者と大差が無い気がする。 もとより急な下りが苦手なので、人心地ついてカメラを取り出せたのは鎖場を降り切って少し離れてからだった。 

鎖場

 ここから暫く下り、微妙に「う~ん高度がもったいないなあ」と思いつつ歩を進める。最後の登り返しはやや厳しいが、足場自体はよく整備された木道でしっかりしているし、何よりここからだと山頂直下にある蛭ヶ岳山荘が見えるのでやる気がUPして苦しさを上回ってしまう。 鬼ヶ岩からの下りでストックはたたんで両手が空いているので、山頂直下まで来たところでカメラを取り出し動画を撮影しながら登頂した。



蛭ヶ岳

蛭ヶ岳はさすが神奈川の最高峰、「眺望の山」として知られるだけあってすばらしい眺め。この眺めのために食事が美味しいと評判のみやまではなく蛭ヶ岳のほうに泊る人がいるのもうなずける。 どこから登っても一番奥で一番高いので「山の奥深く」感は丹沢のほかの山と比べても段違いだが、一番高い場所ならではの解放感というのもあって寂しい感じがしないのも不思議なところだ。

 本当はこの雰囲気をたっぷし味わいたいのだが、焼山登山口に1時ごろ着かないとその後のバスが午後4時~5時過ぎになってしまい長時間待機を余儀なくされるのであまり休まずすぐに歩き出したが、この時点でとんでもない毎度のポカをやらかした。何をぼんやりしていたのかここが主脈縦走コースと主稜縦走コースの分岐点なのに、本来次の目的地である姫次方面への標識を見落とし、多くの人が進んでいっている主稜縦走コースである檜洞丸方面へまっすぐ歩を進めてしまったのだ。 地図がちゃんと頭に入っていず、檜洞丸への分岐と袖平山への分岐を勘違いしていたのだ・・・(檜洞丸のほうにもうちょっと進んでから姫次と袖平山の分岐だと思いこんでいた)。

続きを読む

スポンサーサイト

丹沢主脈縦走!(1日目 大倉~丹沢山)

 多摩川の河川敷から富士山のほうを見ると、真っ白い富士山の手前にくろぐろとした丹沢山塊が見える。 その一番高い山をこっち側から見えるとおりにほぼ全部の峰を縦走する丹沢主脈縦走がついに始まった。

 ちなみに、蛭ヶ岳に行くだけなら「大倉~蛭ピストン」「塩水橋~蛭ピストン」のような脚力に物を言わせた日帰り強行軍もあり、実際にヤマレコでしばしば健脚のツワモノによる山行記録がUPされているのだが、去年の夏に丹沢ピストンをやったところ下りで膝がパンクしてしまい、「蛭ピストンなんてぜってーむり!」と結論が出た。
 
 そんなわけで一泊二日、初日は丹沢山のみやま山荘に泊り、翌朝不動ノ峰~鬼ヶ岩ノ頭~蛭ヶ岳と登り、黍殻山、焼山と降りていくという『丹沢主脈縦走』をとることにした。 丹沢ピストンの折すれ違った山ガールは丹沢山荘に泊って蛭まで行くというのは同じだったが、その後また大倉に戻る泊りがけピストンであった。 交通の便を考えたらそれもアリなのだろうが、ここはガッと縦に線を引いたような縦走をしたいし、交通の便の悪い裏丹沢(北側ね)はめったに行くことはないだろうから今回は大倉に戻るという選択肢は無い。
 
 山荘泊まりということならいつものように夕方4時までに下山する為にやたら朝早く出ることも無いのでぐっすり寝てから出発できるのだが、それでも2時半ごろには丹沢山に着けるように予定を立ててはいた。ところが自宅から駅までのバス、小田急、カナチュウと悉く乗り継ぎに失敗し、大倉を出発したのはなんと11時55分。 ほとんど正午である。塔ノ岳山頂までこれまでの実績を考えると概ね2時間50分。今日は山頂から一旦ユーシン方面に降りて「不動の清水」で水を汲んでいかなくてはいけないので丹沢山まで余計に時間もかかるだろう。 丹沢山は湧き水が無いので翌日の飲料水を得るならペットボトルを買う必要があるのだが、普段から運動中は水を多く飲むし、途中でラーメンを作ることを考えると山頂の高いペットボトルを買うと金がいくらあっても足りないのだ。 もっとも、何度も登ってるのに今まで一度も飲んだことのないので、美味しい湧き水を飲んでみたいという単純な理由もあるのだが・・・。

 さて、あわてて登りだしたのだが、当然のことながらこんな時間から登り始める人はほとんどいない。 バス停で一緒だった登山者は自分も含めて3人だったが、大倉でスポドリを作っているうちに先行していったので自分はどんケツだ。一人はこの時間から塔ピストンとのことだったが、登り2時間半、下りに2時間なら山頂でゆっくり飯とか食っていなければ5時までには降りられるという計算か。 さすがに早くてとても追いつけない。
 
 ところで今日は好天で気温が高い上に風がほとんど吹かないので非常にアツイ! 長袖ジップアップシャツを用意していたのだがiCOOLのメッシュTシャツ一枚で十分だ。一番気温が上がる時間帯だから当たり前だが、大倉尾根は下のほうは樹林帯の為いまいち風が通らなく、上に行ったら上に行ったで直射日光あぶられまくりなので晴れて風が弱いともう暑さから逃れるすべが無い。 すれ違う人との挨拶は「こんにちわー」ではなく「アツイっすねー」になっていく。

 遅い時間に登っているので時折「あれ?今日は泊まりですか?」という心配げな質問も混じる。 そういや以前は自分が降りてるとき(2時過ぎくらい)にすれ違った人に同じ事を言ったっけ。「ええ、今日はみやま(山荘)までです」と言うとちょっと驚く人もいる。塔ノ岳から丹沢山までは1時間ぐらいで行けるのだが、いつも塔までしか行かないとちょっと無茶に見えるかも知れない。バス停の人は経験豊富らしく「ああ、じゃあゆっくりでいいですね」だったのだが・・・。

 花立山荘の少し上で休憩しているおぢさんと言葉を交わすと、「予約していないので泊まれるかどうかわからないけれど、尊仏かみやまに泊まりたい」との事だった。傍目にはかなり疲労の色が濃そうなのでみやままで行くのは少し厳しそうだ、頑張ってもらいたいものだ。 自分はと言えば暑さで参ってはいるが、足自体はまだ余裕がある。

 そんなわけで登り続けること2時間45分、周囲の景色をのんびり楽しむ間もなく山頂に到着した。アレっ?前回より10分近く早い?荷物も体重もは少し重くなってるはずなのだが…。 ひょっとしたら三ツドッケとか鍋割でのボッカとかがいいトレーニングになったというか、足が山向きに少しづつ作り変えられてきているのだろうか。 そんなことを考えつつ、オニギリを頬張り水を飲んだら休憩もそこそこに不動の清水に向かう。

塔山頂

続きを読む

またまたまたまた神戸岩

デブ化がひどいのでみっちり走らんといかんなということで本日も神戸岩へ。
帰りにちょっと遠回りしてニコタマから溝の口に周って帰ると往復で120kmくらいになるのだ。

今日はカップめんやバーナーは持たず、途中五日市ファーマーズセンターで補給食のキビ大福を購入。1つだけつまむとめっちゃうま~~~い!

そんなこんなで、タイムリミットギリギリの2時直前に神戸岩到着。
kanoto1.jpg

kanoto2.jpg

いつもはココまでだけど、今日はジョギングシューズに履き替えて梯子の先までプチ探検!

kanoto3.jpg
鎖場っ!

kanoto4.jpg
三つ釜の滝のような段々滝っ!

kanoto5.jpg
最後の滝はパアっと緑が広がっていて、トンネルの出口(鋸山林道)に合流していた。


とりあえず何度も訪れていながら入ることの無かった核心部を堪能できて満足。

帰りは道路脇のフジを何枚か写真に収めながらゆったり降りる。

fuji1.jpg

fuji2.jpg

fuji3.jpg

fuji4.jpg

千足の民家の玄関先に生えてる奴はとにかく見事で見とれてしまった。
車を運転中のおっさんも道路の真ん中に停めて写真を撮りはじめ、あとからやってきた車にパッパカクラクションを鳴らされるしまつであった。
fuji5.jpg

fuji6.jpg

今日は神戸岩に来た時の楽しみである豆乳ソフトクリームを売ってる豆腐店「ちとせ屋」が休業日なのでそのまま通過し、道路脇のぼろっちいみやげ物店で蕗の薹だけ購入。帰ったらふきみそを作ろう。

・・と考えながら走っていると、道路脇に小動物がしゃがんでいる! 

?!?!?!?!?!

サルだ!!!


あわててカメラを取り出したが、殺気を気取られたかガードレールをくぐってそのまま斜面の下のほうに逃げていってしまった。

ああ・・・奥多摩で鹿とカモシカ以外に野生動物に遭うのって初めてなのに・・・としょんぼりしながら走行再開した。
ところが10分ほど降りると、今度はがけ崩れ防止フェンスの上から音がする。何かと思って見上げると、サルが真っ赤なケツをふりふり列を成してフェンスの上を歩いているではないか。
見張りのサル、先行偵察役、あっちゃこっちゃ行ったり来たりする子ザルに親ザルとその数7~8頭だろうか。今度は余裕を持って写真に収めることが出来た。

saru1.jpg
親子

saru2.jpg
先行偵察隊のケツ

saru3.jpg
見張り


今回はトレーニングのつもりであったが、なかなかオマケの多い楽しい自転車行であった。
プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。