川苔山(1363m) 

 数度の寝坊による延期を経て、いよいよ川苔山への登山決行と相成った。

 前日早めに寝て朝五時起床し、いつものフルグラとバナナにホットミルクの朝食を済ませて出発。万全の装備を二日前にパッキングしておいたので忘れ物も無いはずだ。 早朝に加えてここ数日かなり冷え込んでいるが、1月の鍋割山でも活躍したパールイズミのアンダーにマイクロフリース、ウィンドブレーカーの組み合わせは非常に優秀で、露出している顔と耳だけが辛いもののそれほど寒さを感じない。 登るときはウィンドブレーカーも脱いでいいだろうと予想しつつ電車に乗り込んだ。 青梅線に乗り換え待ち中になんとなく話したおじさんの話が面白く奥多摩駅まではあっという間に過ぎてしまった。

 奥多摩駅到着からバス発車までの時間が10分程度しかなく、登山届を出したりトイレに入る余裕も無かった。バスに乗る時点で既に催していたのだが、登山道入り口へ向かう林道の始点となる川乗橋バス停付近にもトイレは無かったので、しかたなくここでストレッチを済ませ、ウェストベルトのポケットに行動食を移し、GPSの電源を入れて歩き始めた。 もっともここでストレッチや準備なんてする人は少ないようで、皆バスを降りるとさっさと歩き出してしまい、同じバスに乗った人で自分は最後から2番目の出発。

 川乗橋バス停
登山道入り口

 予想はしていたが、山間部に加え沢沿いなのでいっそう冷え込んでいる。尿意を我慢しながらではペースも上がらず、後から来た人にもたちまち抜かされあっという間にドンケツになってしまった。 後から来る人が居ないとわかると安心して出せるのでここでようやく小雉を撃つ。 

 スッキリしたので安心してスピードを上げると、昔何かのプレートが取り付けられていたような痕跡(四角い凹)のある岩に出くわした。 後でググったところによると、1986年に上智大の探検部の学生さんが聖滝の鍾乳洞にある地底湖探検中に行方不明になった遭難の慰霊レリーフであり、去年25年ぶりに白骨遺体が発見されたというなんとも背筋の凍る話であった。 なんか剣呑な雰囲気を漂わせていると思ったが・・・・。しかしなんでそのレリーフが外されてしまったのであろうか。
 
 そんな疑問も歩いていくうちに忘れてしまい、谷間で薄暗かった道にも日が差してきた。竜王橋を渡ったあたりで進行方向のほうに見事な景色が現れた。 晩秋~初冬の濃い青空に切り立った岩壁の上部だけ紅葉が張り付いて見事なコントラストだ。笙ノ岩山の肩の部分であろうか。 とにかく今日は天気が恐ろしく良くて、空気も澄んでいるので何もかもが色鮮やかだ。 森の木々は紅葉より黄色の葉が多いのだけど、その分現れる紅葉はいっそう鮮烈だ。 また途中には小さな滝や落ち込みがいくつもあって目を引く。
PB163245.jpg
笙ノ岩山方面
 
 細倉橋のトイレが設置されているところからいよいよ登山道が始まる。ちなみにここのトイレは小規模水力発電(水車)の電気が通ったバイオトイレであり、匂いが全く無い優れものだ。 ただ、一つしかないので土日にはかなりの行列が出来るだろう。 ここにはベンチもあるので小休止をとる人も多く、自分も自家製エナジーバーを一口かじって一服入れる。 さっき小雉を撃ったばかりだが、寒くて近くなっているので念のため小用も済ましておく。 軽いストレッチをもう一回やって体も温まったところでウィンドブレーカーを脱いでザックに押し込み、いよいよ「真・登山道」に入る。

細倉橋
細倉橋の登山道入り口

 わざわざ括弧つきで書いたのは、(川乗橋バス停のところにゲートがあるとはいえ)ここまでは林業や警察消防の救助隊の車は来れる道だからで、ここからは一気に道幅も狭くなり、滑りやすい木道や悪い足場、渡渉なんかが出てくるからだ。 奥多摩消防署山岳サーチ&レスキューのサイトを見てもらえればわかるのだが、ここ川苔山は奥多摩でもトップクラスの遭難多発地帯なのである。前出の洞窟探検中に遭難した学生があの世からオイデオイデしているわけではないだろうが・・・。

 標高が大した事なさそう(御前山や三頭山より低い)に見える、山頂の眺望に定評がある、途中「百尋の滝」という人気スポットがある、交通の便もそれなりと色んな要素が重なってタダでさえ登山者が多いからというのもあるのだが、その手軽さに反して登山道が狭い上、沢沿いの為常に湿っており秋は濡れ落ち葉で転倒しやすい、足場の悪いガレ石の上を通ったり渡渉を繰り返すため疲労しやすくこれがまた転倒を招く、いったんコケると切り立った急斜面の為止まれず数十mあっというまに滑落してしまうのが大きな理由だ。 実際歩いているとそれがよく判る。

 2度ほど登った丹沢の大倉尾根は斜面はキツく足にダメージは来るものの、侵食防止の為に登山道を外れないよう両脇にロープが張られていたりするため、道を踏み外して遥か下に滑落といった恐怖を感じることはほとんど無いのだが、ここは傾斜のきつさとは別に転倒・滑落のリスクが大きい山なのだ。 今は歩き出して間もない登りの途中だから体力的にも余裕があるが、高齢の登山者がこちらを下山ルートで取った場合などは危険度も急上昇するだろう。 ブログを見ると天候の運もあるが初登頂までに数回敗退してる人もいるようで、体力が無い人には油断のならない山かもしれない。


・・・と、脅かすような事を書いてしまったが、この登山道は非常に楽しい。 なんというか変化が大きくて飽きが来ないのだ。 針葉樹と広葉樹の樹相の変化も大きく、時折必要な渡渉、木道、狭く緊張感のある道、ガレ場、ごつごつした岩場、小刻みなアップダウンと様々な状況が現れるし、見える景色の変化も大きい。先ほども書いたように小さな滝や落ち込みが頻繁に現れ、時に手で掬って飲めるような湧水もいくつかある。 今日は秋で紅葉、黄葉が美しいが、春なら新緑、夏は生い茂った豊かな緑が目に優しそうだ。 今日は肌寒いので有り難味が感じられないが、脇を流れる川は夏には天然のクーラーとなってくれるだろう。 ここまでなら勾配も比較的緩やかなので、体力に自信の無い人は百尋の滝まで行って帰ってくるだけでも十分楽しめるだろう。

渓流

渓流2

紅葉

 変化に飛んだ道を楽しく登っていくと突然ザックリと切り立った大岩壁が前方に現れ、梯子の様に急な階段を降りていく道と急激な登りの道の分岐となる。 急階段は百尋の滝へ向かうのでまずはこちらへ進む。自分は気になるほどではないが体力の無い人にはきついのだろう、結びコブを作った補助ロープも設置されている。 先行していた青年が階段から上がってくるなりニコニコ顔で『すばらしいですよお!』と絶賛するので期待は一層高まる

 丹沢が多かった今年の山行で川苔山、しかもこのルートを選んだ目的の一つはここ百尋の滝だったのだが、本当にこのルートを取るだけの価値はあった。 落差は40mだというから海沢大滝よりもスケールはでかい。 払沢の滝は60mだが、アレは何段かに分かれている一番下の部分だから一発の落差で言えばこちらの方が迫力がある。 が、それでいて繊細というのか女性的というのか、なにか柔らかさも感じるのだ。

百尋の滝

百尋の滝2



 ガレた岩場を慎重に歩いていけば滝壺近くまで寄れるのだが、そこから見上げると一層雄大だ。 しかしここまで近づいてしまうと飛沫というか水煙も飛んできてタダでさえ低い気温が一層寒く感じる。 今日はいつもの防水コンデジに加えて父親のカメラを借りてきたのだが、こちらは防水ではないので取り扱いは慎重にしなければならない。あまりここで粘っていると水煙でじっとり濡れてしまいそうなので肉薄したところではあまり長居をしなかった。 水面に枯葉が厚く浮いているので地面と誤認して靴を濡らしそうになりながら対岸側に渡って撮影しているうちに体がすっかり冷えてしまった。歩いている途中は感じないのだが、なんだかんだ言ってやはりまだ気温が低いのである。細倉橋で出したばっかりなのにまた催してしまい、二人の壮年登山者と入れ違いに滝壺を離れて岩陰でこっそり本日3度目の小雉を撃った。
 
 
続きを読むをクリック!
↓ 

続きを読む

スポンサーサイト

神戸岩

本当は川苔山に行きたかったんだけど、昨日夜遅くて早起きするのがキツかったんで自転車で神戸岩に変更。

檜原村はもうかなり冷えており足がこわばりそう。重いものを背負うのが億劫でバーナーとラーメンは持っていかなかったのだが、頑張って持っていくべきであった・・・。下りではついにこの秋初のレッグウォーマーとウィンドブレーカーを使用。

神戸岩1

神戸岩2

神戸岩3

帰りに道路脇の茶店兼お土産屋で天然ナメコ(やっと手に入れた!あのでっかいやつ)を、ファーマーズセンターでバカ安の青梗菜とほうれん草を購入。 ん~結局リュックがパンパンになってしまった

道中ずっと不調だったのだが、なぜか70kmを過ぎてから足がよく回りだした。どういうことやねん。


多摩川河川敷
ススキの金色じゅうたん
プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード