トレイルミックスバーを作ってみた!

 トレイルミックスをご存知だろうか。 

ナッツ類や各種ドライフルーツがミックスされた食品で、その名の通りアウトドアの行動食としてはもちろん、お酒のおつまみとしても知名度が上がってきている。 輸入食材で有名なカルディ珈琲なんかで購入できる。 



行動食としてこれをそのままポリポリやってもかまわないのだが、ちょっと一手間加えて、棒状に加工し自家製のトレイルミックスバーにしてみようと思い立って家にある製菓材料やカルディで買ってきた菓子、ナッツ類で作ってみることにした。


参考にしたのはここ
カリフォルニアレーズンでトレイルミックスバーを作る


で、材料は概ねこの通り(グラノーラは食べ残しのフルグラ、ナッツ類はミックスナッツ、レーズンはラム漬けのやつと、製菓用のミックスドライフルーツを使用)でやってみたのだが、ここでひとつ問題があった。 上のサイトは分量を重量じゃなくて「カップ」で表示してあるのである。 この1カップは通常200gで計算すべきなのだが、自宅にある計量カップは250ccなので、それでそのまま計ってしまったためか相対的にバターが2割方少なくなってしまうのである。 一応つまんでみた感じはなかなか美味しいのであるが、バターが足りないのかパサついた部分が残り綺麗に固まってくれない。 これだと持ち運びに不便なわけで、今度の登山の時にどうやって持っていくかちょっと思案中である・・・。

一応自分が使った材料を書いておきます

クェーカー・プレーンオートミール
八社会(日清シスコ)・フルーツ&ナッツグラノーラ
東洋ナッツ・スナッキーミックスナッツ
カルディ珈琲・ファーマーズプレートプラス ドライフルーツミックス
バナナチップ
物置においてあったレーズンのラム酒漬け
はちみつ
三温糖


スナッキーミックスナッツはスナック菓子みたいなものも混ざっているので、くるみ、カシューナッツ、アーモンド、ピーナッツ、ガルバンゾー、ブラジルナッツだけを取り出して使いました。 しかしこんなめんどくさい事しなくても、八社会のナッツ入りフルグラを4カップ使えばよかっただけのような・・・。






ちなみに棒状の奴もちゃんと売ってる。 結構いいお値段っすね。




そしてこれが翌日、冷蔵庫から取り出して切り出したもの。
バターが足りないと思ったが、ちゃんと固まってる!
味もかなりイケる! 香ばしくて癖になりそうだ。

自家製トレイルミックスバー

これから作る人にアドバイスしておくと、カシューナッツ、アーモンド、くるみなどはオーブンで焼きを入れる前にあらかじめ布巾などで包んでから砕いておき、レーズンも適度にみじん切りしておくこと。そうするとばらけにくくなる。

スポンサーサイト

くらんぽーん!

金欠なのに、冬の奥多摩・丹沢行の用意として軽アイゼンを購入してしまった。


実はこないだ三浦海岸に行った日も当初は鍋割山に行く予定だったのだが、直前に降雪がありアイゼンが必要な状況になってしまい、アイゼンを持っていないので取りやめてサイクリングに切り替えていたのだった。

まだ一度も雪山の経験は無いのだが、初めて氷結した払沢の滝を見に行った時は二日前が大雪で、バス停から滝までの歩道が10cm以上の積雪と氷でつるっつるになっていて難渋した事を思い出す。 尿意を催し足の運びが雑になったとき盛大に滑って転んだのであった。

自分の前を軽やかに進むオバサン二人組が歩道を降り切った辺りでなにやらしゃがみこみ、足から何かを取り外したのを見て初めて「軽アイゼン」というものの存在を知ったのであった。

とはいえそれ以降雪のあるときに山に登るわけでもないし、ハイキングでも春秋限定の為しばらく買わずにいたのだが、奥多摩とか丹沢を冬場に突っ込んでみるとなるとどうしても必要になってくる。そんなわけで今回購入に踏み切ったのであるが、おばさん達が使っていたような4本歯の軽アイゼンは土踏まず部分だけがスパイクが飛び出しているので歩きづらく、「雪が有るか無いか判らない、万一降ったときのために持っていこう」ぐらいのもので、あまり性能的に期待してもいけないらしい。 最初っから雪があると判っているなら最低でも6本歯+スノープレートがついているぐらいのものがいいのだが、これとてそれ程歩き易い物でなく、靴のアッパーやソールが柔らかかったりするとちゃんと性能を発揮できないんだとか。

そんなわけで、トレランシューズや安物トレッキングシューズで突っ込んでしまう自分向けのものは・・・と思ったら、そういうものがちゃんとあるのだね

モンベル チェーンスパイク




 これまでチェーンだけの製品は海外でもあったらしいが、そこにアイゼンのような爪がついたアイデア製品。ソールやアッパーが柔らかい靴(極端な話ゴム長とか)でもオッケーな優れものだ。おまけに4~6本歯の軽アイゼンのように爪が土踏まず周辺に集中していないので歩行に違和感を感じたり、爪が短いためアイゼン装着時特有の蟹股歩き(爪をズボンの裾に引っ掛けない為)をする必要が無いのだ。
 ただし通常のアイゼンに比べて爪が短い分急斜面や深い積雪地帯ではさすがに限界があるらしい。 とはいえ自分は八ヶ岳だとか槍ヶ岳とか責めるわけじゃないからこれで十分。

 今冬に予定している鍋割山~冬の大岳山でも威力を発揮してくれる事だろう。





三浦海岸に行って来た

 先月からしつっこい気管支炎が続き運動できていなかったので久しぶりに自転車で遠出。
本当は早起きする予定だったのだが、昨日夜更かししてしまったので出発が予定より二時間遅れてしまった。今日は横浜~鎌倉コースではなく国道134号を三浦海岸回りで行くためこの分だと自走での帰宅は難しくなってしまうが(無理すれば何とかなるんだけど冬場は陽が落ちてからあまり走りたくない)、まあ行けるところまで行ってみよう。

 今日は気温が最低1度、最高9度の予報だったので冬用ジャージにウィンドブレーカー+レッグウォーマーの標準冬装備に加え、こないだのバーゲンで購入したユニクロのマイクロフリースを持っていった。足にはレッドキックホットを塗り、靴下にはいつもと違い登山用のウールソックスという完全装備だ。 加えて補給食としてインスタントしることお湯を作るクッキングストーブ(今回は途中で荷物がさらに増えるのでガス)も持参した。

 気管支炎に加えて11月下旬から天気が悪い日が多かったこともあって自転車通勤もできず鈍っていたのだが、前半は思いの外足がよく回る。陽射しが強い上に風があまり無いので体が冷えず強張らないでいられるのが助かった。11時過ぎくらいからはウィンドブレーカーを脱いで進む。

 1時半には三浦海岸に到着。 11月の下旬から冬恒例の大根の天日干しをやっているようで、今日は好転もあって最盛期だった。
 
大根1
 
大根2
 
大根3
 
自宅用と姉貴用に3本たくあんを購入。足にそろそろ疲労が溜まってくるところに重量が増え、さらに若干の登りとなるが頑張って進む。引橋の交差点を折り返して坂を下りていくあたりで富士山の眺望がいい場所があるのだが、残念ながら富士山の周りだけ雲が掛かっていた。勿体無い・・・。

 海岸沿いの道を飛ばし、鎌倉方面を目指す。 秋谷~逗子間は走っていると気分はいいのだが、トレーニング不足が覿面に足に来ているようで次々に抜かされていく。今日は土曜日でサイクリストも多いのだ。 当初、力が余っているようだったら江ノ島まで行かず鎌倉からそのまま自走で帰宅しようと思ったが、太腿は既にパンパンに張っているし、背中のたくあんがズッシリと重いので、江ノ島から輪行することに決める。 そんじゃ稲村ケ崎のあたりでおしるこでも作ろうか、と思っていたのだが、ライダーやサイクリスト、3脚抱えたアマチュアカメラマンでベンチが満員状態のためそのまま江ノ島へ向かわざるを得なかった。 

結局湘南港近くのベンチで湯を沸かし(風のせいかなかなか沸かなかった)、おしるこを啜ったのだが・・・・

味はまあまあなんだけど、ぜんぜん足りねえええええええ。

物足りない気分のまま自転車を分解し、電車に乗る。 節電のためか車内の蛍光灯がいくつか取り外されており、暖房も弱い。登戸駅から出ると昼間の暖かさは完全に無くなっており、厚手の手袋越しに寒さが伝わってくるほど。 電車に乗るために膝下でジップオフしたウィンドブレーカーパンツを履いていたのだが、コレ無しで走るのはちょっと辛い。露出した(とは言ってもレッグウォーマーは着用している)脛に冷気が突き刺さる。

無理して自走して帰っていたら多分横浜を過ぎた辺りでえらい事になっていただろう。もっと早く出ていればよかったのだろうが、今日は無理しないでよかった。

tag : 江ノ島 ツーリング 三浦海岸

クッソ寒いので

昨日から急激に気温が下がったのでこの間ホムセンで買った厚手の起毛肌着を使ってみました。 

モッコモコのフリーススウェットみたいなものなので、この上にコーデュロイのシャツとかネルシャツとか着るのはちょっとキツキツで体の動きがスポイルされる感じ。上に着るのはゆったり目のフリースとかにしておいたほうがよさそう。
しかし暖かさはさすが。
プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード