ホムセン・ワーキングユニフォーム的アンダーウェアを試す

 アウトドア一流メーカーのトレイルorマンテニアリングパンツなんかは高いので、自分が山に登る時は作業服屋で購入した化繊100%のカーゴパンツを使用していることは以前に書いた。

 で、上半身はどうかというと、暑い時期はウィックロン100%のTシャツ、春・秋はそこに混紡のワーキングシャツを重ねる(ウィックロンのシャツがブレスサーモになることもある)わけだが、もうちょっと寒くなってからはまだ決まっていない。 一応冬用のアンダーとしては自転車に乗る際にパールイズミのヒートテックセンサー

を使っており、これがかなり暖かいので問題は無いのだが、発熱・発汗とも多いスポーツ向けゆえ、初日の出を待つだとか氷結した滝を眺めるだとか、あまり動かない時用にワンランク厚手の奴が欲しいところ。

  アウトドア専用メーカーだとモンベルのジオラインEXP、ミズノ・ブレスサーモの厚手、ゴールドウィンの光電子あたりということになる。海外の物だとREIのアウトレットでMTS(もいすちゃーとらんすぽーとしすてむ)の極厚アンダーをバーゲンで売っており、これはこれで大変そそられるものがあるのだけど、これ以外にも作業服的なものでいいものは無いだろうか? なにも山野井泰史さんが指を落とすような氷壁に挑むわけでないし、雪の中をラッセルするわけでもないからちょっとぐらい機能は下がってもよいのだ。

 んで、買い物ついでにプラプラとビバホームを冷やかしたところ、使えそうなものがあったので速攻で購入してみた。

アンダー

黒いのがANDARE SCHIETTIという作業ユニフォームメーカーが出している、ポリエステル100%の裏起毛ハイネックシャツ。青いほうはビバホームオリジナルの「働く男のDRY長袖ハイネック」。 黒いほうは一瞬「スウェット!?」と見まごうばかりの極厚。値段が値段(1,000円しなかった)なので性能については何があっても文句をつけるべきではないと思うのだが、まずはいっぺん寒いときに着て試してみたいところ。 

 ちなみに働く男のDRY長袖ハイネックは自転車用のアンダーとして既に使用済みなのだが、これがなかなかどうしていい感じなので困ってしまった。 以前使っていたパールイズミのロビロンアンダーと比べたら流石に落ちるのだが、アームウォーマー使うほどじゃない、でも半袖は寒いぐらいの時期に半袖ジャージと重ね着するとなかなか快適なのだ。 特に、昼と夜の寒暖差が大きいこの時期、「長袖ジャージ着るほどじゃないけど、夜冷え込んだらヤダなぁ・・・」なんていうツーキニストにいい感じである。高機能アンダーは結構高いので、ちょっとぐらい機能落としても安く上げたい人にとってはなかなか面白い製品だと思いマス。お値段も798円とユニ○ロやAO○Iのアンダーよりお徳だし、綿が混ざってないので発汗の多いシーンで信頼できます。 

 この後スポーツアルペンも冷やかしたのだが、アルペンのオリジナルブランド“IGNIO”からもI-HEATという機能性アンダーが出ており、そのうちジップアップシャツがなかなか使えそうであった。




見た感じ通気性が高そうなので春~秋の登山用にいいかもしれない。でもこれ、下に機能性アンダーを着るのか、これをアンダーとして使うのか判然としない。 ま、いいや。今度店員さんに聞いてみよ。
スポンサーサイト

ひっさしぶりの釣りなのです。

 去年のテナガエビ以来、海では坊主に終わった2009年9月以来久しぶりの釣りです。

 釣具のポイントの情報で「京急大津でアジサバ好調」と聞きつけソワソワしていたものの、三頭山への山登りとか、雨天で休みが潰れたりとかが重なって延び延びになってしまい、天候都合万難廃してようやく本日行ける事になった。 ただ、午前中オカンに頼まれていたタマネギ2キロを飴色になるまで炒めるという作業に手間取って出発は11時過ぎになってしまった。

 三春町岸壁にたどり着いたのは午後1時前。 天気は良いものの、昨日と同じく少し冷たい風が吹いていて波っ気が強いのに加え、海の色がなんとなく茶色く濁っている。 岸壁沿いには少し赤い縞々が・・・・この季節に赤潮かよ!

 気を取り直して自家製の秘密兵器、遠投カゴ天秤にコマセを詰め、下バリにはイソメを刺して渾身のキャスト!・・・・だったのだが、2年のブランクは大きく、仕掛けは想像していたよりはるか手前にポチャンと落ちたのであった。

 落ち着いて周りを見ると、好調のはずなのに岸壁には思いのほか人が少ない。 自分が釣り座を構えたのはドンキの向かいにあるパチ屋の裏だが、ここは本当に好調な時には平日の真昼間でも地元のじっさまが群れを成しているのだ。 それが無いという事は、渋いという事なのだな。 先に竿を出していた人に聞いても「上旬は良かったけどここ数日は駄目」とかであるし、漁港前の突堤も見た感じ釣れてる雰囲気の人はいない。
 
 しょうがないのでもう1本持ってきた磯竿にトリック仕掛けを結びつけて、真下を通るかもしれないイワシを狙ってみた。すぐにピョコピョコツンツンという元気のいい魚信があるが、これは見なくても判るウミタナゴ。 不味くは無いがさりとて特別うまいものでもないし、第一小さすぎてて食うところも殆ど無いので何度か海にお帰りいただく。

 この後もピコピコとウミタナゴは掛かるのだけど、肝心のアジサバイワシのおかず御三家は全く掛からない。 ここ横須賀に何度か来ていての経験なのだけど、こういう波っ気がある時は大抵坊主同然の絶望的な貧果だった。 今日も時折白い飛沫が上がる茶色い海を見ていると、とても釣れそうに無くて心が折れそうになる。 

 寒い上に腹が減ってるから弱気になるのだ! これではいかん!と背負子バッグからコールマンのストーブと鍋を取り出した。 秋以降の釣りではこれが無いと始まらない。 ジャガイモの皮をむいてサイコロ切りに、たまねぎをくし切りにして煮込み、そこにラーメンと玉子を落としてジャガタマタマみそラーメンを作った。 お湯を沸かしてカップめんでもいいのだが、基本みそラーメン好きなのと、コールマンの鍋(シェラストーブのオマケについてる鍋と殆ど同じ)で作ると美味しさが一段と違うので荷物が重くなってもこれに限るのだ。
 ずぞぞぞぞとラーメンを啜ってお腹の中に熱が入ったら少しだけ元気が出てきたので釣りを続行。 そしてそこに追い風を加えるようにカモメとトンビが低空飛行して自分の上を旋回し始めた。 ・・・これは、魚が回ってきた証拠ではないか?根拠のない予感だが、この際何でも前向きに考えたほうがいい。
 
 そのうちトリック仕掛けに見慣れぬ縞々の魚が掛かった。猪の子供に似た黄色と褐色の縞々、まさにウリンボの愛称があるイサキの稚魚である。 おっきく育ったらそれは美味しくてうれしいお土産なのだけれど、金魚サイズでは話にならない。これも海にお帰り・・・とふと左を見たら、置き竿にしている遠投磯竿の竿尻がぴょんぴょん跳ねている。  

 YABEEEEEEEEEEEEEEEEEE海に落っこちる!!! 
 
 イサキがついたままの磯竿を放り出し、遠投磯竿をはっしと掴む。 リールを巻く手に感じる明らかな手ごたえ。 横に突っ走る元気のいい引き。 これはサバだな! 遠投とはいえ3号の柔らかい磯竿はサバの重さにぐんにゃりと曲がり、取り込みには苦労させられた。 抜きあがったのは良く太った30cmほどのマサバ。 とりあえずおかず御三家が来てくれたので一安心。 これがゼロか1尾いるかで満足度はぜんぜん違う。 ブチブチとえらを毟りバケツに突っ込み、血が抜けたところで腸を抜いてクーラーに収納した。

 ただ、小さい群れだったのかはぐれ一尾だったのか、これ以降サバは掛からず岸壁沿いには丸太やら木の枝やらゴミが吹き寄せられ、遠投、トリックとも仕掛けを駄目にしたので5時前に早めの納竿とした。 いつもなら余ったコマセはジップロックに詰めて持ち帰るのだが、今日はジップロックを忘れてしまったため、余ったコマセとイソメは周りの釣り人へあげてしまった。 
 帰りがけにカワハギ狙いの釣り人に聞いたら、好調だったのは大津港から出ていたボート組だったようである。そうか、考えてみればそれも「京急大津」なんだったわなぁ・・・・。

 手を洗いに海釣り公園に寄ったところ、ここの釣り座は風が真正面から吹きつけ波飛沫を被るひどい状況だった。 一昨年坊主を食らった時は岸壁のほうは駄目でもこっちにはガンガン回っていて悔しい思いをしたものだが、今日はどちらにしても大差なかったわけで、何とか一尾上げられただけでもよかったのかな、と。


本日の釣果
サバ(30cm)・・・1
ウミタナゴ・・・10(殆どリリース)
ウリンボ(イサキの幼魚)・・・3(全部リリース)
キュウセン・・・1

さば

続きを読む

奥多摩三山Part2 三頭山

 本当は8~9月中に丹沢の塔ノ岳あたりを攻める予定だったんですが、クソ暑くて延期&スノーケリングを優先してるうちに時機を逸してしまいました。 ヤビツから一ノ塔、二ノ塔~新大日と表尾根を縦走していくと、日の短くなってきた今時分だと自分の足では間違いなくやばい事になるので、今年は塔ノ岳はパス。 代わりにちょいとお手軽な奥多摩の三頭山に行ってきました。

三頭山チョイスの理由は

1.奥多摩三山を制覇したい(5月に天狗滝~大岳山~海沢を踏破したしね)
2.頂上~槇寄山の眺望がよろしい(フジサンクッキリ)
3.下山口である仲の平のまん前は公営温泉!

などなどの理由ですが、三連休で月曜が休日だったため月曜定休の数馬温泉センターは振り替え休業。 そんなわけで下山口は仲の平にするか、また都民の森に降りてくるか決めずにまずはしゅっぱ~ツ!

 8:38武蔵五日市発のバスに乗り都民の森へ。 今日は中高年登山者に加えて再来週に開かれるハセツネカップ(奥多摩三山を2日で駆け抜ける山岳レース)の練習をするトレイルランナーでごった返し満員状態。 早めに来たので席を確保できてよかった。 昨日帰宅が遅くなり4時間しか眠っていないのでバスの中でウトウトできるのはありがたい。

都民の森

 都民の森に到着すると、貸し切りバスが何台も停まっていて、7~80人近い子供たちの群れが座っている。どうも5月の大岳山に続き今回も遠足に当たってしまったらしい。 しかし高尾山が6年生の遠足になる世田谷の小学校に比べて、多摩以西の子供たちは大岳山とか三頭山とはたくましいなぁ。 

 柔軟・トイレを済ませていたら先に出発していったので後を追う形になったが、鞘口(さいぐち)峠の手前で休憩していたところを追い抜く。 しかし、この都民の森から鞘口峠まではかなり急峻できつい。 大岳山の天狗尾根に比べれば手入れが良く足場が安定しているのだが、段差も大きいのでしばらく登っていると太腿がピリッとしてきた。 登山口のある都民の森入り口の駐車場が標高990m前後なのだが、標識に書いてある標高があっという間に1200、1300mと上がっていくのでその急峻さが判ろうというもの。 1300mまで30分少々である。
 
 
見晴し小屋

 さらに進むと立派な小屋が現れたのでちょっと入ってみる。 「見晴し小屋」という名だが、まだ葉が落ちていないので視界はあまり効かない。 ここで時間を潰すことはないので先へ進む。 一旦下るので少し心配になるが、すぐにまた登り始める。 見晴し小屋から30分ほどく行ったところに展望台があったのでそっちに寄ると、御前山と大岳山が見えた。 以前登った山と、これから登ろうと思っている山がクッキリ見えるのはなかなか味わい深いものだ。 

展望台からの大岳山
  
 
 展望台を後にしてちょっと行くと茶色い丸太棒が突き立っていて・・・アレ!?

東峰山頂

 三頭山 (東峰) 1527m とある。 1時間20分ほどで山頂に着いてしまった。 三角点もあるので間違いなさそう。 とはいえ見晴らしも利かないし、頂上は三つあるはずなのでさらに進む。 すぐ先に 三頭山(中央峰)1531m の標識とベンチがあったのだが、ここでは水を一口飲んでチョコを一かけだけ齧って残る西峰へ進む。

中央峰山頂

 
 いったん下がって御堂峠の分岐を過ぎ11時半に西峰へ到着。 

ごきげん

ここは富士山と雲取山方面の眺望がよろしく、曇り気味だったのだがしっかりと見えた。 冬になれば空も澄んで真っ白く冠雪した富士が美しく見えることだろう。 ここでメシにしようと思ったのだが、後方からさっき追い抜いた小学生の声がガヤガヤと聞こえてきたのでもうちょっと先でなんか食う事にして休憩もそこそこに撤収した。 また悪い癖が出て地図を見ないで鶴峠方面へ行きそうになったが、写真を撮っていたオジサンに注意され避難小屋方面へ正しい道を行くことができた。

西峰から富士山を望む
富士山

雲取山、鷹巣山方面
雲取山~鷹ノ巣山方面
 
 ミニようかんをかじりながら下っていくと、15分ほどでムシカリ峠の分岐に到着。 ここで賑やかなおっさん三人組と話したところ、都民の森から帰るなら1時丁度にバスが出るので、ここから三頭大滝を見て帰って丁度いいくらいの頃合との事だった。   ここから避難小屋方面へ進み、尾根道を通って槇寄山を経由して仲の平に降りるのが当初の計画だったが、数馬の温泉センターは休みなのでそのプランの魅力は薄い。 加えて都民の森ルートなら三頭大滝も見れるので、槇寄山ルートは次の機会にして、今日は三頭大滝ルートで降りる事にした。

 道は多少ガレている程度で大岳山の海沢ルートほど荒れておらず比較的歩きやすい。 しばらく下っていくとサラサラという沢音がして気分がよろしい。おまけに沢の水のおかげか気温も周りより数度低く心地よい。 途中水が出ていたところでガマンできなくなり沢の水を飲んでしまった。  今日はハイドレーションをはじめて導入したのだが、チューブとマウスピースのシリコン臭さが鼻についてどうも気になってあまり飲まずにきていたのだ。  ゴクゴク・・・  !!!キンキンに冷えててうんまーい!! この森も熊や鹿がいるので寄生虫の心配はあるのだが、まあいま地上に出たばっかりの伏流水だし大丈夫だろう。

沢

しずく
 
 
気分の良い沢道だったが、綺麗な花が咲いてたり、キノコが生えていたり、倒木にびっしりコケが生えているのを撮影しているうちに時間がとられだんだん押せ押せになってきた。

ぶっといミズナラ
すごい存在感のミズナラ

華
綺麗な花その1(カメバヒキオコシ)

華2
綺麗な花その2(ヤマトリカブト)

きのこ
きのこ(ナラタケorナラタケモドキ?)

三頭大滝
三頭大滝



三頭大滝も立派なのでもうちょっとここでゆっくり休憩していきたかったのだが、1時のバスが気になっていたためそこそこに切り上げ最後はダッシュで下山。 滝から下はウッドチップが敷いてあるため無理がきき、結構無茶に走ってしまった。 で、バス停に着いたのは1時2分で今まさに武蔵五日市行き急行バスがドアを閉め走り出すところ。 発車したところで乗せてもらうのは7月の大山のときとまるっきり同じで思わず苦笑してしまった。

 急行バスでなければ途中の十里木バス停で降りて瀬音の湯という手もあったのだが、このバスは途中のバス停を大量にスルーしてしまうので今回は瀬音の湯もおあずけ。 次回攻めるのは御前山だと思うがその時はゆっくり温泉に浸かりたいところ。

続きを読む

神戸ラーメンならず・・・

タイトルの読み方は「こうべラーメン」ではなく「かのとラーメン」である。 
今日は神戸岩まで走って、神戸岩の渓流水を汲んでお湯を沸かしてラーメン作って食うつもりだったのだ。

ところが途中からどんどん空模様が怪しくなり、五日市ファーマーズセンターの前に来たところで遂に雨が降ってきた。あわててUターンし、多摩サイに戻った当たりで雨は上がったので事なきを得たが、そのまま山へ突っ込んでいたらどうなっていたか。

しっかし前々回も神戸岩でラーメン作って食べようとバーナーと鍋持って行ったら鬼切で雨が降ってきて撤収したんじゃなかったっけ。どうもうまく行かない・・・・。
プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード