フードプロセッサ

半年前に会社のクーラーを買い換えた。
支払い、手続きそのものは全部おいらがやったので、電気店のポイント、エコポイントその他もろもろは全部自分でガメてしまったのだが、エコポイントは結局UCギフトカードに交換した。

2万円分だから結構な買い物ができるのであるが、今早急に欲しい家電があるわけではないので(ホントは仕事用のPC買い換えたいんだけどね)、ちったあ親孝行するかってことでフードプロセッサを購入することにした。 実際にはオヤジが釣って来るイシモチの始末を何とかしたいとこだったのである(カラアゲ、タタキ、ムニエルしかレパートリーが無いので、さつま揚げかツミレを作るためにフードプロセッサが欲しかったのだ)。

カタログや尼レビューを見ると、


これと    これと     これ  


の評価が高い。他にもイワタニとかツインバードとかティファールとかいろいろあるのだが、は実際目で見たほうがいいのでまたビックカメラに行ってみた。 

 なんでもクイジナートのは値段は高いけどアメリカ製らしくモーターが非常にパワフルで、材料が熱を持つ前にあっという間に攪拌できるのでうどん粉やハンバーグを練るときに強いとか、パナソニックはボトル部分がガラスなのでプラスチック製のテスコムに比べると傷・汚れが目立たなくていいとか、テスコムはコンパクトだからキッチンに出しっぱなしにしやすく、良く使うのに最適とかどれも魅力的なのである。

 さんざ迷ったのであるが、クイジナートは店頭在庫が無いのと、バラしてみた結果一番ボトル部分が洗い易く清潔に保てそうなのと、オマケに辻調のレシピブックが付いているのでパナソニックのMK-80に決定した。ただ、一つ気になったのが、2月1日に後継機の新製品MK-81される点である。 それじゃあ、もうちょっとオマケしてもらってもイイよなぁ、というわけで店員さんに交渉したら、2000円ほどお安くなったのでその場で即決した。

デジカメでもなんでもそうだけど、やはりこの手の家電購入は新製品発売直後が一番オイシイ、と思う。
旧製品は安くなるし、ニューモデルは見れるし・・・。


あ、そうそう、新製品のほうはこちら→
スポンサーサイト

使ってみたのです

 クリームシチューを作ったのでフードコンテナを早速使ってみました。

今日はメシ時に自分を訪ねてくるお客さんがいたので席をはずすわけにはいかず、弁当が必要だったので丁度良かった。
シチュー

 この写真だとちょっとアレな感じですが、中はアツアツ! よそったのは朝9:30頃、食べたのは12:30ごろですが、しっかり熱さを保っています。

 気になるところはといえばやはり上蓋の蒸気抜きボタンですかね。ここに脂汚れが着くと落としにくいんじゃないかなというのと、今回のように脂っこいものをよそった場合は洗剤を使ってしっかり洗うと思うのですが、シリコンパッキン部分に洗剤を含んだ水が溜まるんじゃないかなということ。 一旦全部外して洗ったほうがいいような気もしますが、そうするとシリコンパッキンの耐久性が気になるところです。
買うときは蓋部分がシンプルな製品を選んだほうがメンテが楽そうです。

 ともあれ、アツアツのシチュー・スープ類を出先でも食べたいという場合にはこれは凄く使えるのではないでしょうか。 付け加えると、これに限らずフードコンテナによそる場合、普通のレードル(おたま)よりも、片側がとがったタイプの「横口レードル」を使用したほうが溢さずに注ぎやすいでしょう。


走った~

三浦半島を手抜き一周 

天気は良く、風は思いの外吹いてなかったので気分良く走れた。

miura.jpg

miura2.jpg


冬の風物詩。三浦の大根干し。 子供の頃ガイドブックで見た光景が今目の前に!



ubugoe.jpg
初声町三戸あたりの畑から富士山を望む。 雄大!

tateisiFuji.jpg
 
tateisifuji2.jpg
秋谷の立石と富士山

mineyama.jpg
峯山のあたり

真名瀬
真名瀬漁港
 
P1071578.jpg
稲村ケ崎公園より江ノ島と富士山

が、今日もいなしょくが臨時休業で昼飯食い損ねて力尽きた。
帰りは江ノ島から輪行。

来ましたよ

思いの外早く5日に届いた。 


フードコンテナ比較
フードコンテナ。 いつも使ってる湯のみと比較してみた。これだとあまりかさばらない。
内容量的には大ぶりの汁椀にたっぷり一杯ちょうどという感じ。 大食いの人ならもう1サイズ上(16~17オンス)のを狙ってもいいかも。

フードコンテナ開
開けたところ。
中央のボタンは開封しやすいようにする蒸気抜きのボタン。 ただ、洗いにくくならないかな?

下のエントリ入れた後すぐメールが来てな


Bell products can ship to addresses in the United States, Canada or Mexico only. Bell has requested this because of the international distributor network they provide worldwide.

If you have an alternate address where we can ship this item, we will be happy to do this for you.

Please see the link below for more information and a complete list of restricted brands:

http://www.rei.com/shared/help/intl_order.html?storeId=8000

Please reply by January 4, 2011, if you have another shipping address. If we do not hear from you the Bell item will be removed and the Kelty Sleeping Bag will be shipped via FedEx.

We apologize for this inconvenience and look forward to hearing from you soon.

Best regards,



「Bellのヘルメットはメーカーが代理店通して世界に供給してるから、北米大陸以外のとこには配送しないように言われてるんだわ。その他にも配送制限かかってるメーカーがあるから詳しくは下のリンク見てね。
もし米国内の他の住所(個人輸入代行業者かなんか)に送り先変更するつもりなら1月4日までに返事くれ。返事が無い場合Bellのヘルメットの注文はリムられてKeltyの寝袋だけフェデックスで送るからよろしく。手間かけさせて悪いけど返事待ってるよ。 敬具」

Nooo!
寝袋だけだと送料がモッタイナスなので、他にちょっと欲しかったものを追加注文することにした。

これね。
innate.jpg
Innate Shiru 真空フードコンテナ
12液量オンス(355cc)入りでお値段は18ドル(1500円弱)

Innate

Stanley
上二つのメーカーが知られているようだ。外人は大食漢なのか、この手の真空フードコンテナのラインナップは日本よりやや大きめで、この355cc以外だと17~8液量オンス(500~530cc)、24液量オンス(710cc)とかなり大きめのサイズになる。

 目下国内ではサーモスの真空断熱フードコンテナが大人気で、自分もAmazonで注文しようとカートに入れておいたら品切れになっちゃってどうしようかと思案していたのだ。 丁度いいからこの機会にREIで似たものを発注してしまえ!というわけで、こいつをBellのヘルメットの代わりにしてもらえないかとメールしたところ、Reiの担当者も快諾してくれました。

ちなみにわざわざREIで買わなくてもStanleyのはAmazon.jpで買えるし、ちょっと待てばサーモスの真空断熱ホットコンテナも手に入るでしょう。 似たようなものとしてプリムスのランチジャグもあるのでそれを購入してもかまわないと思います。


 

 




サーモスのフードコンテナのサイズはやや小さめで270CCと380CC、プリムスは350CCと500CCになります。詳しくは下リンクからどうぞ。

サーモスのお弁当箱
プリムス ランチジャグ


なお、とあるプリムスユーザーの方はかなり製品の完成度に不満があるものの、「お弁当革命!」とまで行っているので、なかなかに面白いも製品だと思います。

フードコンテナーで弁当革命です-コトリコ-
 
プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード