スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八丈島旅行(その4) ~海亀と遊ぼっ!~

 さあ、今日はいよいよ一日動ける最終日。 いよいよ、評判は高いものの遊泳禁止の危険が高い乙千代ヶ浜にチャレンジしてみることにした。 地図を見ても乙女千代ヶ浜はバス停から遠く(中田商店から藍ヶ江と同じ位)、もし海況が悪ければ午前を棒に振る事になるが・・・。
 
 朝一番のバスで向かったが、バスを降りると陽は当然のごとく凄まじく、坂を下りていく間にすっかり体が火照ってしまった。 早く海に飛び込んで体を冷ましたい。
 occho1.jpg

 降り立った乙千代ヶ浜はユニークなところだった。 左は小さな入り江、中央に人工タイドプール、右は階段で降りられるがゴツゴツと荒々しい岩場・・・そしてその岩場の端に船付きスロープがあり、上にはなぜか学童用の25×5mプールがある。 
 コンクリ製の立派なつくりだが、何故か入り口はスダレという更衣室の前には立派なシャワーがしつらえられており、人里離れた海岸のワイルドさと、それにそぐわぬ手の込んだ設備が同居しているのであった。
occho2.jpg

 遊泳禁止の掲示は出ていないが、そもそもまだ誰もいないので実際はどうかわからないが、普通に見たところでは危ない感じはしないのでまあ大丈夫だろう。 とはいえ初めての場所は怖いので、評判のいい「乙千代右」の岩場で囲まれてあまり流れの来ない内側で恐る恐る潜りを繰り返す。

 透明度は高い。そして、岩に囲まれた中でも定番のスズメダイ、オヤビッチャ、ニザダイが泳ぎまわり、珊瑚が根付いている。

occho3.jpg

occho4.jpg

ふと、ボンベ背負ったダイバーが沖へ泳いでいくのが見えた。
・・・。
この内側だけじゃ凄さは判らないし、ちょっと岩場の外出てみよっか・・・。



 波に煽られながら、ごろごろとした巨岩で浅くなっているところをそっと越えた。
 息を深く吸い、潜る。
 
occho5.jpg

occho8.jpg

occho6.jpg

occho7.jpg

 そこは、チョウチョウウオとユウゼンの楽園だった。
 ユウゼンは八丈から小笠原にかけて生息しているが、それ以外の海では見られず、アクアリストにとっては高価で垂涎の的の魚だという。 そのユウゼンが当たり前のようにそのあたりを泳ぎ回り、珊瑚の間にいる餌を探し回っている。

 もちろんそれ以外にもオヤビッチャ、ブダイ、ニザダイ、トゲチョウなどがワラワラと泳ぎ回っている。ニザダイは他のスポットよりサイズが二周りぐらい大きい。
  
 船着きスロープの近くなどは水温が違う層があるのか、水の中に靄が掛かっているようになっていて視界が効かないところもあったのだが、それを除けば珊瑚も魚も多く、此処がNo.1スノーケリングスポットであるのは間違いなさそうだ。 他の場所を回っていた最初の二日は遊泳禁止だったが、ここに来る時にはコンディションが回復しているというのは、なんかギャンブルに買った気分だ。 すっかり上機嫌になった自分は気も大きくなり、白く泡立つ岩場のほうへ向かった。 

 と、そのときだった。
十何年か前、スキューバダイビングをしたときに一度だけ味わった奇妙な感覚に包まれた。
「???」
 なんだろう。人間ではない、魚でもない、何か大きい生き物がそこにいて、敵意があるわけでも無くこちらを見ているという不思議な感覚。その視線の元のほうへ目を向けると・・・・

いた。以前その視線をこちらに向けた生き物が、ここにも。
打ち寄せられた海藻かクラゲでも探していたか、「なあんだ・・・ニンゲンか」と興味を失ったとばかりに踵を返して去っていった。
occho9.jpg

occho10.jpg

[広告] VPS


慌ててカメラを向けて追うが、ゆったりとした泳ぎ方なのにどんどん引き離されてゆく。

僅か2~3分のことだったろうか。

 それでも普段めったなことが無ければ生きている上でですれ違うことが無い、生活圏が全く違う、何十年と生きる野性の生き物との邂逅は強烈なインパクトとなって自分の中に残った。 こちらから海に入っていったのだからある意味会いに行ったと言うべきなのかもしれないが、ドルフィンスイムやホエールウォッチのように、沢山いる場所を確認した上で「ウミガメウォッチング」とか意識して行ったわけではない、ホント偶然の産物でこうやって出会うというのは本当に嬉しい。
 
 ダイビングもそんなにボンベの本数こなしたわけではないし、スノーケリングとて夏休みの間に数回やるだけなのにこうやって2度も会えるのは「カメ運」みたいのがあるのだろうか。 山に登る時には全然哺乳動物に遇う事がなくて釈然としないものがあるのだが(まあ熊や猪に襲われるよかいいけどね)、この辺で帳尻があっているのだろう。
 
 ではそろそろ上がろうか、と戻る途中今度は岩の間をごん太のアオヤガラがうねうねと横を追い抜いていった。全くここはなんというキャパの大きさか!

 とにかく凄い「乙千代右」を先に存分味わってしまったのであるが、リーフツアラーに送るレポのために左ポイントも潜っておく。 こちらは神津島の赤崎のように外洋との境目が狭く、大部分が岩に囲われているので波も流れも少ない。 スペース自体も小さく、「ミニミニ赤崎」といったところ。 魚は右ポイントより小粒だが、強い流れを避けてのことかキビナゴの群れがいついていた。

occho11.jpg

そして、右ポイントではアオヤガラだったが、こちらも長くてニョロニョロしたものが見送ってくれた。

occho12.jpg
おい、早く撮れ、と言わんばかりにゆっくりと体をくねらせるウツボ。

いつの間にか2時間近くたっていたのか、家族連れが大勢やってきている。 大部分がタイドプールや比較的安全な左ポイントなので、ちょっとばかりゴーマンな気分になる。

「ふふん、俺は右ポイント帰りよ・・・。」


 手早く着替えてから防水ハウジングを開けて、カメラの電池を交換。上がる直前になるとレンズが曇ってきたので、乾燥剤も炎天下に晒して乾かす。 ついでにフヤケた足を日干しにしていると、朝早くに沖へ出て行ったダイバーがシャワーでカメラの塩抜きを始めたので話を聞くと、やはりここは油断のならないポイントだと言うことを改めて思い知らされた。

 「朝早いうち(自分が潜り始めたあたり)は大丈夫だったけど、今は強烈な潮流がだんだん近くになって来てる。ほら、そこ見てみてよ。左から右にすんごいスピードで流れてるでしょ。あの漁船、流れに逆らって最高速でスクリュー回してるけど、全然スピード上がんないでしょ。船であれだから人間だとあっという間に・・・ね。流されたら多分十中八九助からないんじゃないかなあ。 僕は底のほうを這って進んで、あとは岩伝いに掴まってきたんだよ。」

 と、恐ろしいことを言う。そして
 「え?ウミガメ?クラゲ食いにくるから結構寄って来るんだよね。いやでも、スノーケリングで遇うって言うのは珍しいよ。すごいラッキーなんじゃない?」

 バディもつけずにソロで潜るツワモノダイバーにここまで言われると喜びも大きい。 

 No.1ポイントを十二分に堪能した喜びを胸にバス停に戻ったが、暑さと日光の凄まじいこと!日陰を探してフラフラとジグザグに歩くので余計に消耗してしまった。 バス停近くのスーパー「伊勢崎富次郎商店」でまずはアイスでも・・・と思ったが、朝飯はいい加減だったし、タイミングが悪いと昼飯も食い損ねそうだったのでアイスはやめてサンドイッチと紅茶で早めの昼食にした。 軽くとは言えちゃんと食って置けば次にすぐ動くことができる。 伊勢崎富次郎商店は旧店舗跡が無料休憩所になっており、持ち込みの飲食物をたべたり、近くのうどん屋から出前を取り寄せたりできるのだ!

食後は休憩所でおばちゃんと話したりしながらバスを待つ。 しかしこの休憩所がなかったら炎天下でえらい事になっていた。ありがたやありがたや。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

八丈島旅行 (その3)~洞輪沢・中之郷~

 外人サンたちの深夜の演奏は終わったがクソ暑いことは変わりない。 風が強くテントが煽られててひしゃげ、体にインナーシェルの布地がへばりつくこともあるのだが、それでもちっとも涼しくないのだからかなり暑いのだろう。 出発前の予報では内地より2~3度涼しいはずだが、むしろこっちのほうが暑いような・・・。

 暑苦しさで何度も目が覚め、朝は強烈な日差しで朝早いうちに起こされる。なんとも寝不足ではあるが寝てもいられないのでもそもそと起き上がり、簡単な朝食を済ませる。

 さて、朝食を済ませたら前回訪れなかった洞輪沢へおでかけである。この洞輪沢へは末吉の町からずっと坂を下って行くのだが、中之郷方面への抜け道がないため、中之郷や樫立方面へ向かうにはもう一度キツイ坂を登って末吉へ戻らねばならない。 末吉の町に行くには底土からだと登龍(のぼりょう)峠という結構な登りをクリアせねばならず、これは自転車乗りにとって大いに闘志を掻き立てられるものなのであるが、今回出かける前・・・というか、7月に真鶴でスノーケリングをした直後から変な気管支炎になってしまい、咳と痰が止まらずずっとトレーニングやチャリ通をお休みしていたこともあって体重は急上昇、足も重く、肝心の体調も完治に程遠い状態ではかなり厳しい。
 おまけに昨日植物園の帰りに観光協会に立ち寄ったところ、末吉の町にあった食料品店が廃業してしまい、水の補給が難しくなった事が判明したのである。 前回は5月にもかかわらず登龍峠を越えたあたりで水を殆ど飲み干してしまったのだが、前回と比べ物にならないくらい暑い上に体力の落ちた状態では大いに不安である。

 それに加えてもう一つの問題があった。 それはBU・S・PAという、「末吉見晴らしの湯」「中之郷安らぎの湯」「樫立ふれあいの湯」に加えて町営バスが二日間入り放題乗り放題でなんとたったの1000円!というたいへんお得なフリーパスで、スノーケリング+温泉をメインに据えてる今回の旅では大いに活用すべきものを観光協会で目にしてしまったのである。

 一旦自転車に跨って底土のキャンプ場を出たものの、最初のバスにはまだ10分あるし、キャンプ場にいたもう一人のおっさんもバスで洞輪沢温泉に行くとの事だったので、悪魔の囁きに負けてあっさりバス行に変更してしまった。 

 ちなみにバスは過疎地らしく客はもう一人のキャンパーのおっさんとシルバーパスの老婆一人で、完全な赤字運行だった。 北部循環路線(大賀郷や大越鼻を回るルート)が、廃止されてしまったのも止むを得ない事か。 ちなみに普段は何便かあるうちの1~2本は洞輪沢まで行っているのだが、夏季は底土に停まる分洞輪沢へは停まらなくなってしまうという、なんとも辛い仕様になっているのであった。

 末吉のバス停からは徒歩だが、まだ8時を少し回ったところだというのに早くも凄まじい陽射しと暑さですっかり参ってしまった。 自転車だったら登龍峠でダウンしてしまったかもしれない。それにしても前回入り損ねた温泉のために洞輪沢に行くのであるが、温泉に浸かってもまた末吉に戻る頃にはヘロヘロの汗びっちょりになっているのはまず間違いのなさそうなところ。 とは言え「八丈島で一番効く」との温泉に入らないのは温泉好きの自分としては八丈富士に登らないより許せないこと。じっと我慢しつつ汗を拭き拭き坂を下る。

 ボトルを置いてきてしまったので水が心配なところだが、途中湧き水が道路わきの崖からドバドバ流れ出している所があったので、いざとなったらコレを飲めばいいだろう。 陽射し、暑さとも凄まじいとは言え、先週はずっと悪天候だったし、三原山の頂上は今でも雲を被っているので山頂付近は雨が降っていてもおかしくない。この湧き水もそのおかげなのかもなと思いつつ、ようやく洞輪沢の集落にたどり着いた。
 
 ここはかつてはホテルもあった漁港なのだが、寂れ方はハンパではない。 漁船がみんな出て行ってしまったせいもあるのだろうが、人気も殆どない。民宿が数軒あるが、営業してるのかしてないのか判らないくらい人気がない。 そんな集落を抜けていくと、漁港の脇にコンクリート打ちっぱなし、外壁にペンキをテキトーに塗っただけという感じの温泉が現れる。洞輪沢温泉

 自販機があったので水に関してはとりあえず一安心。 ちょっと先まで足を伸ばすことにして温泉は後回し。この先「汐間温泉」といって、海岸ほじくったらそこから湯が湧き出て温泉だぜハッピー!というのがあるらしいので見て行きたかったのだが、ずっと行った先には歩道(というか堤防のケーソン)が崩れて先へ進むのは相当厳しそうだった。おまけに滝ができている。
滝

 おとなしく戻り温泉に浸かる。 地元の漁師さんやサーファーがメインユーザーの無料共同浴場だから物凄く無骨である。 パイプからごっぽごっぽと威勢よく湯が噴出しているのは景気がいい感じでよろしい。
洞輪沢温泉2

 なかなかいい感じの湯ではあるのだが、外がクソ暑いので、上がってちょっと涼んでもう一回、てなわけにいかないのがいつもと違うところ。 基本物凄く長風呂なのだが、今回に限ってはカラスの行水であった。

 湯から上がったら港のほうへぶらつく。 椎名誠の本ではこの港でもスノーケリングをしたようだが、流石に船着きスロープから入るのは一寸躊躇われる。 そこで暇そうにしていた爺さんに聞いたところ、公衆便所の脇の階段から降りたところなら泳いでも大丈夫らしい。あとは今はなき南国温泉ホテル下のタイドプールらしいが、まずはここで潜ってみよう。 以前末吉のばあさまに聞いた話ではこの港にも海亀がフラフラ入り込んでくるという事だし・・・。
洞輪沢港1
そういや手すりと階段があるね


階段を下りて潜ってみると、水は綺麗なのだが生き物の気配が殆ど無い。底の方にナマコとウニが数個転がって、あとははぐれスズメダイが数尾いるだけだ。 これはちょっと勇気を出して岩礁帯の外側出てみないと行かんかな。 というわけで、おそるおそる岩場の外側に出てみようか。 テトラが切れて浅い岩礁帯のところは波が砕けて体をかき回されるのでちょっと怖い。 さっき小学生ぐらいの子を連れた親子連れがあっさり出て行ったが、自分はここは初めてなのでどうしても恐怖が先にたってしまう。 それでもなんとか岩礁帯の外側に出ると、港内側よりは幾分魚が豊かだ。

洞輪沢港2
定番さん

洞輪沢港3
ミヤコキセンスズメ!?

洞輪沢港4
彼らがいるとぐっと和む

とりあえず上がって一息ついていると、親子連れも上がってきた。 親子連れによるとやっぱり一番凄いのは「乙千代ヶ浜(おっちょがはま)」らしいのだが、強風の昨日はもちろん、今日の朝行ったところ遊泳禁止だったらしい。 昨日底土港で話をを聞いた地元のあんちゃんも「おっちょが一番綺麗ですよ・・・・怖いですけど」と言っていたが、やはり風や潮流によって凄まじいことになってしまうのだろう。 とはいえ、昨日の底土やココぐらいでは式根や神津島の楽しさに遠く及ばない。もうちょっと存分に、且つ安全にお魚さんと戯れたいところなのだが…。 ココは早めに切り上げて藍ヶ江に賭けたほうがいいのかもしれない。
  

 末吉へ戻る途中、南国温泉ホテルしたのタイドプールにも寄ってみたのだが、風と潮でゴミが寄せられてしまったらしく、あまりそそられないのでパス。椎名誠の息子、岳君は洞輪沢のタイドプールで水族館もかくやと思われる魚の群れにあったようだが、残念ながら自分はこことの相性はいまひとつだったよう。 ポイントが少しずれていたのかもしれないが、これ以上は地元の詳しい人にガイドしてもらわない事には判らない。

 
 炎天下の中を喘ぎつつ末吉温泉まで戻る。 さっき洞輪沢の温泉に浸かったばかりだが、もう汗ぐっしょりになってるし、何よりフリーパスを使わないと勿体無いのでさっそく温泉に浸かる。 見晴らしのよい温泉だが、露天のほうは陽光のせいで凄まじい暑さ&熱湯になってるので内風呂でじっくり浸かった。
さっぱりしたところで八丈牛乳で一服し、バスを待つ間パチパチと灯台の写真を撮る。 前回は薄く雲が張っていてイマイチな写真だったが、今日は晴天でいい感じ。

末吉灯台
もうちょっと近寄りたいとこだけど、バスだとそういうわけにはいかないのだった。

 
 ちなみにこのバス時間帯によって末吉温泉前には停まらないので気をつけるべし。
時刻表

↑の時刻表は観光協会やバスでもらえるのでよく確認しよう。



 

続きを読む

tag : 八丈島 スノーケリング

八丈島旅行(その2)

 三宅島着の船内放送でたたき起こされた。 八丈島でも神津島でもそうなのだが、手前の島に停まるときの放送は本当に辛い。 特に三宅は明け方五時でまだ眠い時間なのでもうちょっと何とかしてもらえないかなぁ、と不機嫌になってしまう。おまけにちょっとうねっていたのか、知らず知らずのうちに船酔いしていたようで吐き気がしてきた。一旦汚物流しの前に立ったものの、アゲるものもないのでベルトを緩め噯気だけして寝台に戻る。 しばらくうとうとしたものの、すぐに御蔵着のアナウンスでたたき起こされてしまう。 肝心の御蔵島は潮流が強かったせいで接岸できず、八丈島に着いた後、引き返しの際に接岸できるかが勝負になりそうだ。

 寝台にいて寝っ転がっていると吐き気がしてくるのだが、デッキでうねっている海を眺めていると少し楽になるのが不思議だった。が、Bデッキにいると飛沫を被ってしまうというので船内に戻るが、すると今度は重油臭さが鼻について吐き気・・・というドツボループに嵌っていたのでした。

 ようやっと八丈に到着してフラフラ船を出ると、地元の観光協会が勇壮な八丈太鼓でお出迎えしてくれる。
2_20100823223517.jpg

おかげでなんとなくシャキっとすることができた。手荷物受け渡し所で自転車を受け取ると、まず底土キャンプ場へ向かい、テントを設営。 流石に8月だけあって朝日の直撃を防げる東寄りの「一等地」はすべて占領されていた。仕方なく一番港よりの端っこ、洗濯物を干しやすそうなところに住居を定めた。お隣さんもサイクリストで、驚いたことに自分と同じくビアンキに乗っているのでありました。

 お隣さんは颯爽と走り出していったが、自分はまずは潜りだ潜り!てなわけでラッシュガード代わりのシャツと海パンに着替え、3点持ってキャンプ場前の海に飛び込む。 

 ・・・黒潮直撃中なだけあってぬるい!そして透明度も高い! が、残念なことにやや曇りがちで太陽が隠れてることもあって今ひとつ気分が乗らない。 キャンプ場前は海底が砂地ではなく比較的ごつごつした玄武岩質のゴロタやスコリア粒なので暗めに見えるのと、何より思いの外魚もサンゴも少ない。 「いらっしゃ~い!」とばかりに熱帯魚が乱舞しているを想像していた自分にとって、申し訳程度のカゴカキダイとキュウセンがもそもそ泳いでるだけ、というのはちょっと納得できないものであった。 こういう海の常として真っ黒いナマコが大量にのたくってるのも一段と気を沈ませる。ちょっと沖目の岩礁帯で黄色のブダイ(ヒブダイ?)と上がり間際に結構でかいカワハギに遭えたのが唯一の収穫であった。 おっかしいな、底土は結構魚が多いって話だったのだが・・・。

3_20100823230646.jpg

4_20100823230612.jpg

とりあえずそろそろ昼飯時だし、朝飯食ってないからこの辺で切り上げてまずは飯食いにいくか・・・。

 昼飯は前回の旅でも検討したけど結局食いに行かなかった「合月」に決定。ここはあしたばうどんが名物なのだ。 つゆに山葵でなく青赤唐辛子をいれるのがここ八丈島風らしい。何も考えずに入れたら激辛で咽てしまったがなかなか美味い。 明日葉の天麩羅もサクサクでなかなかよろしい。 式根島の弁当食った時も感じたが、自分は意外と明日葉の天麩羅が好きらしい。

5_20100823231521.jpg

 飯の後は前回訪れなかった熱帯植物園へ。
植物園

 特に何かというわけじゃないが一応「八丈島のきょん!」を見ておかねばと思ったのだ。 暑さのせいかキョンは皆覇気がなく、モグモグと反芻しているだけだった。角突き合わせて喧嘩したのか判らないが、そろいも揃って右の腰辺りに怪我をしていて痛々しい。
kyon.jpg

 園内はいかにも亜熱帯的な根っこ垂れ下がり系の植物や椰子が豊富でなかなか風情がある。この時期だと夜8:00から光るキノコの観察会が行われているのだが、昼間でもビジターセンターの暗室に行けば見られるので、夜行くのマンドクセ、という人はちょっと時間が開いた時に行っておくといいだろう。
kinoko.jpg
よくわかんないかもしれないけど発光キノコ。

この後ビニールハウスで綺麗な花を堪能し、キャンプ場への帰りがけに前回もお土産を購入したリキュールショップで芋焼酎を大量にゲット。さっさと内地にゆうパックで送ってしまい、気分も軽やかに帰ろうと思ったのだが、自分の自転車を見てふと気になった。 またもキャリアがずり下がっているのである。 前回の八丈行きでも、神津島に行く直前でも同じトラブルがあり、そういうのが嫌なので出掛けにガッチガチに締めておいたはずだが、耐荷重をオーバーしていたのかどうも頼りなくなっている。 そこでリキュールショップ向かいのガソリンスタンドでメガネレンチを借りてキャリアを取り付けなおし、改めて増し締めしたのだが、普段使ってるのより2倍近く長いレンチで力加減を完全に間違ってしまい勢い余って遂にやってしまった。

「パッチーン」

ボルトがポッキリ折れてしまったのである・・・・・。

続きを読む

tag : 八丈島 スノーケリング

八丈島旅行(その1)

 3年ぶりの八丈島旅行である。
 以前訪れたのは5月で、海水温が低くとても海に入れなかったが、ワイルドな自然が溢れており夏に来たら滅茶苦茶楽しめるだろうな、というのはそのときに十分予想できた。 しかしその後、伊豆諸島の他の島を回ることを優先したりなんだりで夏の八丈島は後回しになってしまっていた。 そして今年も船の予約が取れず、2度目の神津島になることが決定し、一旦チケットまで押さえてしまったのだが・・・
東海汽船は電話予約の枠とインターネット予約の枠が別個であり、片方が満員でももう片方で取れる可能性があることが発覚。
ネットで空きを確認したところ(いつもは電話予約)、間一髪で特二等席の確保に成功、電話窓口のおねえさんに頼み込んでキャンセル料無しで切り替えてもらい、急遽八丈島へ行く事になったのであった。 これがなんと出発6日前のことである。

 何で毎回こんなギリギリかというと、キャンプ&サイクリング&スノーケリングという自分のスタイルではできるだけ雨を避ける必要があって、ウェザーニュースの週間天気予報を確認してから予約に出るというやり方をしているからなのである。 ゴールデンウィークを外した5~6月とかならそれでもいいのだが、トップシーズンの8月でそれをやるのはかなり危なっかしいのでグループ旅行の人は席無し乗船券(デッキに寝っ転がるのに値段は二等と同じという恐怖の乗船券)の覚悟がない限りやめといたほうが無難である。
 とは言え今回、二週目は八丈島もずっと天気が悪くキャンプしても不愉快な思いをしたであろうから、このやり方に助けられたわけで、今後もやり方を変えるつもりはないのだ。
  

 さて、毎度のように出航二時間以上前に港に着いてしまい、あらかじめコンビニで買った弁当とビールで無聊を慰めていたりしたわけだが、今回ちょっと気になったのが桟橋内のレストランがかなりリーズナブルなお値段で弁当を提供していた事。今度からケチケチしないでこっちでメシ食おうかなぁなどと今後の方針を変えるに値する発見であった。 あと、今年のクソ暑さのせいか、自分らが乗る前に東京湾を2時間ほどめぐって来る納涼船の旅客が凄く多いことに気付いた。右を見ても左を見ても船から降りて談笑してる浴衣ギャル(浴衣だと1000円安い)である。

1_20100823210716.jpg

 あたりを華やかにしていた浴衣ギャルがいなくなると、いよいよ我らの出番。今回搭乗するのはかめりあ丸だが、デッキの構造が乗りなれているさるびあ丸と違いちょっと戸惑う。 席も今ひとつ判り難い。 構造のせいか重油臭い排ガス臭が客席からデッキまで満遍なく回ってきてしまって今ひとつ盛り上がりにかけるのであった。 いつもならビールを飲んだりして12時くらいまで起きているのだが、同室になった旅行者の田中さんと少し談笑してすぐに寝てしまった。
プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。