東丹沢

 5月。 釣りをするにも自転車にもいい季節。 だが、この時期が一番というものがある。

 それは山登りなんですな。3月ごろだとまだ肌寒いし、梅雨時はダメだし、夏は暑すぎるし虫も多いので敬遠したくなる。 新緑と紅葉の時期が美味しい時だけハイカーである自分の山登りシーズンなのだ。 

 ちなみに去年の春に浅間尾根をクリアしたので、今回はどっか別のとこ行こうかと、「関東周辺里山低山ハイキング」をパラパラめくって見ているうちに候補は2箇所に絞られた。

 青梅線軍畑駅からすぐ登れる高水三山(高水山、岩茸山、惣岳山)と本厚木駅からバスに乗って行く東丹沢(高取山&仏果山)周辺だ。 どちらも登戸駅からあまり乗り換えの必要がないので迷ったが、これまであまり行ったことのないほうにしてみるかということで東丹沢に決まった。 で、地図を買いに行ったのだが、「二万五千分の一・厚木」が売り切れていたので昭文社の「山と高原地図・丹沢」にした。 愛川町の商工課にもパンフレットを送ってもらったのだが、出発に間に合わなかったので地図は5万分の一だけだ。

 *   *   *
 
 登戸のコンビニでオニギリを買おうと思っていたのだが、梅干入りのがなかったので厚木で買うことにしてさっさと電車に乗り込む。 が、厚木を降りたところで丁度バスが来てしまい、慌てて飛び乗ったのでオニギリを買いそびれてしまった。 こんなこともあろうかと一応カロリーメイトとエナジーゼリー、シリアルバーを前日に薬局で買っておいたのでよかったが、コンビニを過信するのもあかんね。
 
 バスに揺られて綺麗な川沿いを行くと、目的地である撚糸組合バス停に到着。

1_20100518235155.jpg
ここから登山口を目指す。 神社の脇の小道を通っていくとホタルの養殖場が。ここは撚糸のほかにホタルも名物なのだね。
2_20100518235155.jpg


 沢沿いに進んでいくと、それぞれの登山道の入り口の分岐に差し掛かる。 まずは目指すは高取山なので物々しい車両通行止めゲートの脇を抜けて林道を行く。 ここは作業者専用道なので一般車両は立ち入り禁止なのだ。 
3_20100518235155.jpg


 舗装された林道を進んでいくと、登山口を示す案内板がひょいと立っている。 階段があるわけでなく、横の沢のほうに向かって「沢を横断して対岸へ」となっている。 舗装された林道からいきなり沢を越えて何かが出そうな森の中の道になるので微妙にびびる。 少し先へ進むと有刺鉄線の柵と金網の扉があり、扉を縛っている針金を解かないと先へ進めない。
4_20100518235155.jpg

 これは鹿の侵入を防ぐためのものなのだが、大楠山とか浅間尾根ではこんなものなかったのでなかなか緊張が走る。  そして坂を登りつつ進んでいくと、巨大なミミズ・・・と思ったら、先っちょが舌ペロペロ・・・・。
5_20100518235154.jpg
ヘビじゃねーか!

 針葉樹林帯でエサもあまり多くなさそうなのに頑張るなあと思いつつ、咬まれるのも嫌なのでできるだけ離れて通過した(比較的おとなしく、毒もないジムグリらしい)。 しばらく進むと林道に出てやや展望が開ける。ふと後ろを振り返ると・・・
6_20100518235607.jpg

wow! いい眺めだ。
入り口からここまでは薄暗い針葉樹帯だったが、明るい新緑が鮮烈な広葉樹が現れる。周囲を眺めると色の濃い針葉樹帯と明るい広葉樹帯にいくつも分かれているようだ。 この時期は広葉樹の葉の色がくっきり明るいのでコントラストが大きく、目に刺激的だ。 といっても緑なので目に優しい。 
7_20100518235607.jpg

8_20100518235833.jpg

 明るい緑の道をしばらく進むとまた鹿止めゲートがあり、そこからまた真っ暗針葉樹林帯・・・となっており、変化に富んでいて実に飽きない。
9_20100518235833.jpg

 道もわかりやすく、何度も地図をチェックする必要もないので助かる。 調子こいてずんずん進んで見晴らしがよくなってきた、と思ったら既に高取山頂上であった!じゃーん!

10_20100519000036.jpg

11.jpg


でかい蜂がいるのか羽音が煩わしいが、眺望は素晴らしい。ベンチのある側は厚木の市街地方面だが、展望台の上に登ると木の上になるので宮ヶ瀬湖や丹沢方面の眺望も楽しむことができる。
12.jpg
展望台から宮ヶ瀬湖&丹沢連山の眺望

 ここでちょっとカロリーメイトとエナジーゼリーを啜ってから次なる目標仏果山を目指す。 途中宮ヶ瀬越という尾根道を通るのだが、あからさまに急な下りなのでやや損をした気分になる。そして、そんな気分に追い討ちをかけるように恐れていた表示が。


「山ビル注意!」
13.jpg


ガイドブックにも警告されている山ビルだ。元は丹沢奥地にしかいなかったのが、鹿の生息範囲の拡大によって広がっているらしい。一応用心のために靴の中と靴下にたっぷし塩をすり込んであるのだが、ディートは使いたくないので忌避剤は用意していない。 おそるおそる進んでいくのだが、ここ数日間天気が良く、登山道に落ち葉も積もっていずにカラカラに乾燥しているため心配すること無かった様だ。 ただ、この後梅雨入りしたらどうなるか判らない。

[広告] VPS

 そしてこのあたりで不思議な鳴き声がしてきた。 キジバトとも微妙に違うようだし、フクロウかなんかだろうか?気にしているうちにすっかりヒルの事は忘れてしまった。 

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

猿島!

 横須賀で釣りをしていると、たいてい正面沖の方に猿島が見える。
 海水浴やハイキング、西部警察のロケ地としても有名な島であり、気にはなっていたのだが、今まで一度も訪れたことがなかった。真夏であればもっと海が綺麗な伊豆七島や真鶴へいってしまうし、手近で済ませるにしても油壺のほうが透明度が高そう(な気がする)なので、後回し後回しになっていた。

 ところがこのGWのど真ん中に友人の休みとうまく合ったので一緒に出かけることにしたのだ。
ちなみにこの友人は根っからの都会派、インドア派であり、これまでに何度も「払沢の滝に行こう!凍ってる!」「潜りに行こう!」と誘っても度々二日酔いで使い物にならなくなったり取りやめになったりなので、どうもこういう事にヤル気が感じられなかったのだが、どういう風の吹き回しか「癒されたい。プチ冒険したい。どっかいいとこ教えろ」などと向うから言ってきたのである。 加えて今回はもう一人同行者がいるのだが、連絡が悪く、落ち合えたのが予定を30分も回ってからだった。

 ちなみに猿島航路の船は横須賀の三笠公園の桟橋から10:30、11:30、12:30・・・・という具合に一時間おきに出ていて、メシの時間を考えるとなかなか微妙なところだった。 どぶ板通りで早めの昼食を取って(海軍カレーとかネイビーバーガーでな!)からゆっくり猿島を回るか、先に猿島を回って昼夜兼用でいくかという方針で、落ち合ったところで決めることにしていた。どちらにしてもランチタイムを外したほうが休日の大混雑を避けられるのでは・・・という計算(これは後であっさり裏切られる)が働いていたのだが、まだ全然腹へってないし、先に猿島いきましょかというところで話が決まったのだが、待ち合わせが遅れた事で11:30の船にギリギリなのだった。

 全力疾走で三笠公園へ向かい、なんとか5分前にたどり着きチケットを買ったのだが、GWの混雑時は臨時便で15分おきに運行しているのであった。同じく大慌てでチケットを買った後ろの二人組は俺の話を聞いた途端ずっこけていた。

猿島1

 さて桟橋からどんぶらこと船に揺られること10分ほど。緑に覆われたなかなか魅力的な島にたどり到着したのだが、砂浜はバーベキュー客で凄まじい人手。肉を焼く香ばしい薫りが着岸する前の船にまで漂ってくる。

猿島2

うっひゃあすげえ人出だなあ、まあGWだしなと勝手に納得しつつ、まずはトイレに向かう。 本当は三笠公園で済ませるべきなのだが、慌てて乗船したのでそんな暇がなかったのだ。 島には一箇所しかトイレがないので島内探検中に催しても立小便するしかない。 今回は一人じゃないのでそういう無茶はできないから先に済ませるべきなのだ。

 ところが、管理事務所のおっちゃんをして「ここまで凄い人出は経験したことが無い」という混雑に加え、男子トイレ、女子トイレそれぞれ一個づつ使用不能になっているところへ持ってきて、早めの海水浴をしゃれこんだ人が更衣室代わりに使ったことが重なり、100m近い行列ができて「女子トイレ30分待ち」という悲惨な状況になっていた。  早めに済ませることでコレだから、いざ催した後トイレトイレと向かったのでは大惨事になるところであった。

 そういう困難を乗り越えていざ島内探検スタート、と意気込んだのだけど、ここはもう足元はかなりきちんと整備されているのでそれほど危ないことはないのだね。 

猿島3
レンガ

猿島4
トンネル

猿島5
とかげさん ちなみに刺さないけどブランコ毛虫(マイマイガ)が一杯いるので長袖のほうがいい。


近代史とか戦跡とかに興味がある人にはたまらないレンガ積のトンネルや弾薬庫を抜けていくと、磯遊びに適した海岸(ヨネノ根)に出る。 船着場の真裏だがこちらも磯遊びの家族連れで賑わっている。
猿島6

 ここで秘密兵器をおもむろに取り出した。マリンブーツとスニーカー足袋計3人分を用意しておいたのだ。 まさかここで海に入れると思っていなかった二人は大喜びでジャボジャボと入っていく。 度々潜りに行ったり釣りに行く自分には最早おなじみといったものだが、普段あまりこういう磯場に来ない二人にとっては海綿や磯巾着、その他もろもろは珍しいものであろう。 

猿島7 イソギンチャクが凄く多い。 真鶴だとアクアリウムに入れるためイソギンチャクが乱獲されているが、これは珍しくも何とも無いせいか船で来ないといけないせいかビッシリ付いている。

猿島8
やどかりさん

ヤドカリやアメフラシをつんつんしたりしながら磯づたいにオイモノ鼻まで回る。基本磯だが、窪みに砕けた貝殻が溜まって砂地になっているところがあり、そんなところではアサリが住み着いて潮干狩りなんかもできるようだ。

オイモノ鼻から散策路に戻り、歩きやすい道を通って三本松の広場まで出る。 風が強くなってきてやや涼しくなってきた。もうここは出発地点の管理事務所の目と鼻の先。ふと気になってトイレを見ると行列は絶望的なレベルになっていた。 まだ海水浴には海が冷たいからこっちに来ているというのもあるだろうが、真夏だとガマンせずに海に垂れ流す人も少なからずいそうなので、ちょっと衛生的にどうだろうか等と考えてしまう。



時間もいい頃合なので次の船で帰ろうか。
と、その前に船の上で一杯やりたいので売店でビールを購入。 船が着くまでガマンできずに大半を空けてしまった。 三笠公園で3時から合流するもう一人のメンバーであるモリオカさんとおちあい、遅めの昼飯へ向かう。
猿島9三笠

 「横須賀は俺のシマだぜえ~」と頼りになることをおっしゃるので全面的にお任せ状態にしてしまった。

 ところが今日の人出は予想外だったようで、3時も過ぎているというのに海軍カレーの魚藍亭もネイビーバーガーのtunamiも行列状態。 俺の思い付きに任せていたら二進も三進も行かなくなるところだったが、流石は「俺のシマ」というだけのことはある。 すぐに第三候補を絞り、佐野プロデュースで有名な支那そば屋におちついた。 ダシのきいたスープに細麺がなかなかうまい。

 その後は日が暮れた観音崎で肝試しなんぞをしつつ、
猿島10真っ暗の燈台前でたむろするあやしいグループ。

帰りはモリオカさんの車で送ってもらい、溝口でゆっくり目の晩飯。なかなかに充実した休日でありました
プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード