風車と灯台

 やっぱ海だよねー。

 なんとなく不発気味に終わった大垂水峠越えを終えて再確認。
 どお~んと視界が広がって、潮の香りがして、お気軽且つ美味しい食べ物屋さんが一杯あって、自分は何よりそういうところを走るのが一番好きと改めて気付いた。 考えてみれば沖縄で練習してた時も登りのトレーニングは知念半島でやることが殆どだったんだ。
 
 で、今日は天気もいいし、普段より足を伸ばして、ショートカットせずにぐるり~んと三浦半島を一周することにした。 お目当ては宮川公園の発電風車。スカッと晴れたら素晴らしい写真が撮れるのだ。たぶん。
 城ヶ島なら元旦に訪れているが、剣崎周りでこっちに足を伸ばしたのはあのぎっくり腰事件の前の夏だから、かなり前になる。 その時は晴れてクソ暑かったとは言え、かなり雲というか靄がかかっており、写真を撮るにはイマイチのシチュエーションであった。

 ここをぐるっと回って江ノ島まで行って自走で帰るとなると走行距離は160kmを軽くオーバーし、時間的にもかなりキツイので朝早く起きねばならないのだが、出発予定時刻を30分回って目が覚めるという大失敗をやらかし、家を出たのは予定を1時間半以上過ぎてからだった。

 横浜~横須賀を淡々とクリアし、京急大津から134号を通って久里浜経由で野比海岸に出る。爽快に晴れているので海は真っ青。風は穏やかと最高の状況だが、予報通り意外と肌寒い。

 何時もなら三浦海岸での交差点で134号ルートを取り引橋方面へ向かうが、今日はぐるりとまわる県道215号ルート。サバで有名な松輪、剣崎、江奈、毘沙門を走破していくのだ。 ちなみに今日の最大目標は宮川公園の発電風車であり、剣崎灯台はスルーしても良いかな、と思っていたのであるが、大根畑越しに見えた灯台があんまり白く綺麗に映えていたのでつい寄り道してしまった。

剣崎灯台1

 前回訪れた時には冴えない曇り空で何の感想も湧かなかったのだが・・・、今日は・・・

わははははは。 マイルドセブンの世界



剣崎灯台2
  
剣崎灯台3
露出補正-1.0 

剣崎灯台4
同じく
 
剣崎灯台5
あんまりいい気分なんでニヤニヤしてる

写真撮ってるお兄ちゃんも「今の時間帯は影の形が凄くイイ!」と大喜びであった。

大満足で灯台を後にし、宮川へ向かう。 前は江奈を過ぎた辺りで結構登らされる迂回路を走らなければならなかったのだが、今は毘沙門トンネルがあるので楽ちんだ。
 
江奈の干潟
江奈の干潟

毘沙門トンネルを過ぎて、毘沙門高架橋を登るといよいよアレが見えてくる。
毘沙門高架橋から
 
いやもう、天気がいいとほんと素晴らしく映えるんだこれが。
前回訪れた時の不完全燃焼が完全に解消された。なんか、吉川洋一郎とか佐藤準とか梶俊男の曲が聴こえてきそうじゃな~い?

風車1

風車3

風車4

風車5

風車2
↑とりあえずみんな露出補正-1.0


宮川公園の発電風車

[広告] アクセス解析

この後は三浦西岸を北上していくのだが、長井辺りで左足に変調を感じ、騙し騙しの走りになる。おまけに秋谷を過ぎた辺りで急に雲が増えだし、何時も良い気分で走れる所で盛り下がるというなんとも尻すぼみ奈感じになってきた。 左足は疲労が限界で攣るというよりも、膝から下に血液が行き渡らないで痺れてくると言うこれまでに無い嫌な感じ。 休憩のたびに柔軟をするのだが、どうにも解消されなかった。右足はまだ何とも無いので大変胸糞が悪い。
 
 とりあえず葉山のコロッケ屋でコロッケを購入しすぐ食おうと思ったのだが、お店の人に今日はトンビに襲撃されて三人も怪我をしてると止められてしまった。なんだか後半に入りグダグダになってきた。 結局江ノ島のオリンピック記念公園で食べるのだが、ビンディングシューズが滑った拍子に開けたばっかのコーラをひっくり返すわ、やっぱり低空飛行でトンビが近寄ってくるわで散々だった。

 ダメ押しに只の曇りではなく、伊豆半島のほうではどう見ても雨が降ってるような感じになってきた。今の左足の状況を考えるとあと50kmの自走はかなりきつい。そこに降られたら洒落にならない事になりそうなので慌てて自転車を分解、片瀬江ノ島から逃げるように輪行で登戸へ帰還するのでした。
輪行





走行距離113.67km
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : 江ノ島 剣崎 灯台 風車 三浦半島 宮川公園

大垂水峠越え

 こないだ時坂峠をクリアしたんで、もういっちょ峠越えやっとくか、てなわけで今回目指したのは東京都の自転車乗りならもだれもが聞いたことがあるであろう大垂水峠である。正確に言うと大垂水峠を越えて相模湖へ行くルートね。

 自分は長年自転車乗りをやってるくせに、今まで大垂水峠越えをやった事はなかった。それというのも

・三浦湘南のほうがどうしたって足が向いてしまう
・そもそも人造湖の類って行ってもあんまし楽しくない
・人通りの少ない山奥で機材の故障して進退窮まるのはカンベン

などの要素があってこれまで足が向かなかったのだ。しかし、こないだ時坂峠をクリアして、この勢いを借りれば二つ三つ行けんじゃね?と持ち前のお調子者加減を発揮して、一路大垂水峠へ向かったのである。

 コースは多摩川CRを日野橋のところまで行って、そこから甲州街道(国道20号)をまっすぐ、と実にわかり易い道。八王子の辺りは道も広いし走りやすい。
西八王子
 

西八王子を過ぎればその先はもうすぐ高尾。このあたりまでくるともう町というより里という感じになってくる。そして高尾山口を過ぎるときっちり上りが始まるのだが、いきなり工事で片側相互通行になってたりして気勢がそがれてしまう。
 
高尾周辺

 
 道自体すぐ横に流れてる川に不法投棄のブツが目立っていたりするのでイマイチ気分が乗ってこない。少しずつギアを軽いものにして上っていくのだが、初めての道だし頂上が見えないのでどのくらいのペースで行けばいいのかも判然としない。 標高392m、ラスト2kmの平均勾配が6%というから結構な登りなのだが、ガンガン必死に登るのではなく、騙し騙しに高度を稼いでいるうちにいつの間にか頂上へ着いてしまった。

大垂水峠

一応足にはキテいるのだが、正直なところ

「え?もう終わり」

という感じで、やや拍子抜け。頂上をクリアするところを動画で撮りたかったので一旦Uターンし、カメラをセットして再登坂。カメラをセットしてる途中に抜いていったライダーに追いつき二言三言挨拶するが、ネジの緩みを直したりしているうちに置いていかれてしまった。やはりハンドルの前にカメラがあるとちょっと走りに集中しづらい。
 

大垂水峠越え

[広告] アクセス解析

雑音うるさいです

 峠を下ると相模湖に到着。 まあ、なんていうかやっぱり人造湖なんだよね。多摩湖なんかもそうだけど、自分はこの人造湖の雰囲気がどうにも苦手なのでアリバイ的に数枚写真を撮ったらさっさと撤収して走り出してしまった。
相模湖1
 
相模湖2

 この後は国道412~413号を通って津久井湖、京王線の橋本駅近くで国道16号に入り、淵野辺から町田街道を経て登戸というルートを取った。
津久井湖


 この辺りって人造湖&人がこなくなっちゃった昔の観光地の寂れっぷり&にわかに伸してきた郊外新興住宅街っていうオイラが苦手な雰囲気のものが全部揃ってるんでイマイチ意気が上がらなかった。よって特に書くべきこともないのでした。

走行距離99.2km

(多摩川CRにポイントが乗らないので日野橋からになってます)

 やっぱり海がいーや。

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : 相模湖 大垂水峠

アメーバ保管庫にて

サブ保管庫として使ってるアメーバにて

相澤仁美のペタ


相澤仁美ちゃんが来た。クイズに正解したご褒美らしい。

テーマ : グラビアアイドル
ジャンル : アイドル・芸能

御蔵島情報収集中

今年の島旅・初夏編は御蔵島にほぼ決定した。
御蔵島はキャンプ禁止なので村営宿舎、民宿、村営バンガローのどれかになる。

例によって一人旅なのだが、このスタイルだと民宿が高くついてしまうのだよね。かといって村営宿舎は宿泊希望日の3ヶ月前の月末5日間に抽選→それ以降一般受付というわけわからん方式だし。結局のところ低価格のバンガローになるのかな。
  
ちょっと心配な点はといえば自分の予約スタイルで大丈夫かってこと。これまでの伊豆七島島旅では週間天気予報を確認して、晴れが確実ならば3日ぐらい前に東海汽船の予約(行って雨だとつまらんからね)という方式をとっていたが、これで間に合うのかどうか。キャンプだとそんなこと考えないでいいんだけどね。

ちなみに伊豆七島マガジン IZUSHICHI@のバンガロー評 は


▲バンガローは総数5棟。広さは6畳ほど。外から見ると快適そうだが、中はベッドも何もない。寝袋や炊事道具など、ほぼキャンプと同じ道具があるのが望ましい。2005年からは銀マットなど幾つかのレンタル用具ができたので、夏なら銀マットを借り、バスタオルを布団代わりにして、夕食は菓子パンですます、というような覚悟があれば用具がなくても何とかなる。風呂はないが、別棟に共同シャワー室あり。ホットシャワー150秒100円と激高だが、夏なら水シャワーで十分なので問題ない。


※値段的に決して安くはないので、キャンプが好きでなければ民宿に泊まる方がいいだろう。何度も訪れるならともかく一度きりなら島の人の話がきけたり、観光客同士で情報交換のできる民宿の方がきっと思い出に残るはずだからだ。


との事。 

う~ん、屋根があるとはいえ3000円で結局キャンプと同じというのも何だかなぁという気がしないでもないね。
荷物的にはテントが減らせるだけか・・・。今回はフィン、スノーケル、マスク、ブーツに加えてウェットスーツも持ってかなきゃいけないから、民宿にしたほうがいいのか・・・・。書きながら迷ってしまう。
もういい年なんだから宿代くらい鷹揚になれれば良いのだけど。

今回はドルフィンスイムを体験する予定なので、お金は余計にかかるんだよね・・・。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

おーまいがー

 
GTのチームジャージを注文したらもう取り扱うというか製造するつもりもないようだ。
 
 
一昨年のうちに買っとくべきだった。
 
 
しっかしねえ、ライトウェイさん勘弁してくださいよ。
 
 
書かなかったけど去年サイズ違いの寄越してきてそれっきりじゃないですか。入荷さえすればグチグチ言うつもりはなかったけど、そのフォローもなしって酷すぎやしませんか。

火炎狐

ファイアーフォックスをインスコしてみた。

アドオンでオートリロードできるのは良いんだけど、それ以外のところがなかなか慣れないなあ。
とりあえず特定サイトに繋ぐ時だけファイアーフォックスで、それ以外の時はIEかな。
アドオンで自分好みに強化すれば無敵になるらしいけど・・・。

自転車用車載カメラ

さすがにこないだみたいに片手でカメラ持って・・・というのは無茶なので、ハンドルに固定するアダプターを取り付けました。

元ネタはこちら

陽風を感じて ハンドルにカメラ取り付け

のむさん素晴らしいアイデアありがとうございます。

 
使ったブツは基本的には上と同じです。
 
P4151269.jpg
箕浦 QB-90ボトルケージアタッチメント
  
P4151266.jpg
SLIK デジカメ用コンパクト自由雲台 SBH-60
 
P4151267.jpg
エツミ 止めねじ(長) E-522
 
P4151268.jpg
ステンレス フラットジョイント

エラストマーゴム(厚さ1mm)
 
 エツミの止めねじは短いものと長いものがありますが、衝撃を抑えるためにゴムを挟む関係上長いものの方が良いでしょう。耐久性を重視するなら金属製のほうが良いかもですね。
 今回はハンズで購入しましたが、エラストマーゴムなんかは買わなくても、自転車乗りならパンクしたチューブをカットして使えばいいんじゃないでしょうか。
 

 箕浦のボトルケージアタッチメントは最初についているボトルケージ用の金具を外し、ステンレスのジョイント金具を取り付けます。これの固定には最初からついている固定ボルトを使用します。ジョイント金具に雲台を取り付けるのにはエツミの止めねじを使用します。 雲台のネジ径は1/4インチなので・・・。
P4151270.jpg
組みあがり状態
 
ジョイント金具と雲台の間、雲台とカメラの間にそれぞれ皮ポンチで穴を開け、台座の大きさにカットしたエラストマーゴムを挟み込みます。効果はわかりませんが、ある程度の衝撃は吸収してくれるのではないでしょうか。

 
P4161264.jpg
取り付け状態。 サイクルコンピューターはハンドルではなくステムに取り付けることが必要になります。




ちなみにかかったお金は・・・

箕浦のボトルケージアタッチメント・・・926円(Y's Road渋谷店)

SLIK 雲台・・・1980円(ビックカメラ)

エツミ 止めネジ・・・189円(同上)

ジョイント金具・・・270円(東急ハンズ)

エラストマーゴム・・・136円(同上)



3500円ちょっとでデジカメ&ビデオを車載化できるのでやってみる価値はあるかと思います。

最近のデジカメは結構長時間動画撮れますから、景色のいいところ等紹介したい道のさわりを撮るには十分だと思います。 それ以上のものを求めるならSANYOのXactiかなんか欲しいかな。

テーマ : カメラ
ジャンル : 趣味・実用

フリンジド・アイリス Part2

庭のシャガが満開になって、写真も溜まってきたので放出。
 
 iris1.jpg
 
iris3.jpg
 
iris2.jpg


テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

払沢の滝~時坂峠 うどんと源流水と豆乳パラダイス

「三浦湘南ばっかで芸がないんじゃないか?」

心の中の自分が突っ込みを入れる。
そうだよねえ、殆ど三浦湘南だもんねえ。たまには違う所行かないとねえ。

 そんなわけで今回は山側。以前鬼切でUターンしたが、その先の払沢の滝まで行くことにした。
払沢の滝と言えば、3年前去年は氷結したのを撮影しに行っているが、今年は結氷率が上がらなかったので訪れる機会を逸していた。 代わりといっては何だが、新緑の滝を見に行くのもいいじゃない。 水も綺麗で美味しいから汲んできてお土産にするのもいいし。そこでコーヒータイムと洒落込むのも悪くない。

 9時前に家を出て多摩川CRを遡上し、睦橋から武蔵五日市に向かうルートだ。 多摩川CRは土曜日だけあって混み合っているが、いったん途切れる国立のあたりでかなり減る。みんな昔の俺同様ここが終点だと思っているのだろう。
 
 ちょっと嬉しかったのが、昭島市のあたりまで来るとまだ結構桜が残っていたこと。 もちろんもう盛りは過ぎているのだが、まだ6~7割残っている木や「やーわりいわりい、咲くの遅れちゃった」とばかりに今が満開の株なんかもあったりして、目を和ませてくれた。
昭島
 
 さて、快調に飛ばし、睦橋から五日市街道に入ったのだがここで異変が起こった。
4日前の湘南花見ライドの疲労が抜けきっていなかったか、

 (=゚ω゚)ノいよう

とばかりに乳酸のかたまりが顔を出し、足が急に重くなってきてしまったのだ。俗に言う「売り切れ」の状態である。 ここまで35~6kmぐらいしか走ってない、通勤での往復ぐらいの距離なのに・・・・。物凄く弱くなってしまったんだな俺。

 後ろからやってきた3人組のローディーの尻に付かせてもらうが、あっという間にちぎられ、信号待ちのたびにようやく追いつくというみっともない状況。この3人組が下山田(武蔵増戸のあたり)のセブンイレブンで買い物に行ったため先に行く形になったが、そう遠くないうちに抜き返されるだろう。

 さて、3人が買い物に行ったことで思い出したが、俺も補給食を持ってない。ちょっと先にミニストップがあるのでそこで補給食と飲み物を買い込んだ。 豆乳は面白そうなので爽香(さわやか)杏仁というのを購入したが、思いのほか美味しかった。
 
 再び走り出し、武蔵五日市の駅前の分岐を左に曲がるといよいよ桧原街道だ。 林の中なので日当たりも少なく、川沿いなので急に気温も下がる。 体感温度にして3~4度違うんじゃないだろうか。今日の天気で長袖は暑過ぎるかと思ったが、ここまで来るとちょうど良い。

桧原街道を行く

[広告] アクセス解析
 
 おなじみの50km地点、鬼切を過ぎると・・・。
onigiri.jpg


すぐに村役場
yakuba.jpg

足は売り切れのはずなのに意外と良い感じで登れている。 ひょっとして単なるハンガーノックだったんだろうか。
ここでフラットバーロードのおじさんに話を聞くと、払沢の滝の脇の小さい舗装路を登っていった突き当りの峠(時坂峠)に茶店があり、そこが思いのほかうどんが美味いのだという。うどん大好き人間の俺としては行かない法はない。ちゃんとしたご飯も食べたいし。 おじさんに礼を言い、再び走り出すとすぐに払沢の滝入り口にたどり着いた。 鬼切からは思いのほか近い。普段のトレでももうちょっとこっちに足を伸ばすのもいいかもしれない。

 さて、滝の入り口の脇の小道を上がっていくと・・・あれ?見覚えがあるぞこの道。




浅間尾根に行ったときの道じゃん!熊注意の看板もあるし!
そういえば歩いても結構アレな坂だった記憶があるが、果たして売り切れの足ではいかんともしがたい道だった。
 
gero.jpg
無理して笑っているけど酸欠ゲロ10分前


iriguti.jpg
覚えている方はいるだろうか?去年の4月に浅間尾根に行ったとき、枝垂桜キレーイなどと暢気に喜んでいた場所である

 ツールやジロの山岳ステージを髣髴とさせる九十九折の坂道で、元来こういう坂は大好きなはずなのだが、いかんせん足が売り切れではどうしようもない。

saka.jpg
休んでるんじゃない!撮影してるんだっ!

 酸欠ゲロ5分前状態のまま、途中で押したり、また乗ったりグズグズしながら高度を稼ぎようやっと峠の分岐に到着。

 bunki.jpg

とりあえずここまでのAlpsLab

ここでのたのたしていたら、別のフラットバーロードのおじさんに追いつかれたので連れ立って峠の茶屋を目指す。

到着したらああ、アレだよやっぱり!前登った時は閉まってて、写真だけ撮ったあの峠の茶屋

おんなじ景色でしょ?
chayamae.jpg

時間的には12時過ぎてメシにはちょうど良い頃合なのでうどんを頼む。 綺麗な水、手打ち、よい景色なので当然合格点。 ツユはやや辛めで、わさびでなくゆず七味でいただく。

udon.jpg
撮る前にかき回してしまったので汚い。スマン
 
 

続きを読む

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

滝
払沢の滝で休憩中

三浦湘南桜めぐり

桜満開+快晴 んでもって今日はオフ。

そうなったらやることはひとつ! 自転車で桜名所に行く!

とはいっても体力の関係上、行くところは絞られる。 衣笠山公園と鎌倉の段葛だ。
この二箇所だと普段のコースを殆ど変えずに美味しい桜スポットに行けるのだね。 塚山公園も魅力的ではあるが、いっぺん行ったことあるしまあいいや。

 今日は乗り降りも多いし、乗ったまま写真を撮ることも考えてひさびさにMTBの出番。チェーンに埃がたまっていたので灯油で湿したウエスで拭き、ルーブを拭きかけ準備。 予定より遅く9:45ごろ家を出た。

 横浜の桜木町あたりでフラットバーロードの兄ちゃんに抜かれ、そのままケツに付くがすぐに抜き返す。信号待ちで話を聞くと八景まで行くというのでええカッコしいの俺は八景まで28~30km/hのペースで引きまくった。 後ろに付かれているとサボれずになぜかスピードが上がる。

 八景で別れた後はマイペースで横須賀へ。 横須賀中央で県道26号へ曲がり、武山方面へルートを取る。 途中佐野のコンビニで豆乳をごっくん。相澤仁美ちゃんが毎朝豆乳を飲んでるというのをブログで見て、思わず影響を受けたのだが、これがなかなか良い感じ。 500ccのジュースとかだと夏以外はおなかがタポタポになってしまうが、200ccちょっとの豆乳は腹に優しく、オマケにタンパク質の補給にもなる。 以前はブルガリアヨーグルト一気食いのようなマネもしていたが、こっちのほうが手を汚す心配もないしお手軽だ。

 豆乳でエネルギーを軽く補給後、第一花見スポットの衣笠山公園へ。
自転車だとここのちっこい角を右へ曲がる。


View Larger Map

激坂を登っていくと桜の並木が現れてきた。

kinugasa1.jpg


そのままずいずい行くと衣笠神社へ。
kinugasa2.jpg

kinugasa3.jpg

kinugasa4.jpg

kinugasa5.jpg
山頂は花見客で大賑わい。

kinugasa6.jpg

kinugasa7.jpg

kinugasa8.jpg
 

 

続きを読む

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : 鎌倉 衣笠山公園

夜桜

yozakura1.jpg

会社の帰り、遠回りして夜桜見物。

yozakura2.jpg

昔は提灯が灯っていたのだけど、花見客が夜中までうるさかったり、投棄される大量のゴミに地元の人が耐えかね、提灯ライトアップは取りやめになった。それでもカンテラを持ち込み夜桜で一杯やる人はいる。


yozakura3.jpg

注文してきたぞ。

去年のエントリで

「そこまでやるのもねぇ・・・・」

などと言っていたのだが、その後の神津島、真鶴で何度かスノーケリングを経ているうちに心変わりして欲しくなってしまい、ついさっき注文してきてしまった。

水中クローズアップレンズ
ユーエヌ 水中クローズアップレンズ



これでちっこいうみうしちゃんもビッグに撮影できる、だろう、多分。

とはいえ、5月の島旅予定は御蔵島か三宅島で、潜るにしてもドルフィンスイムだからクローズアップレンズは使わないのよね。

テーマ : カメラ
ジャンル : 趣味・実用

tag : スノーケリング

フリンジド・アイリス

旧館で書いていた頃(その記事はここに移植しました)、世界で一番キレイな花、と個人的に勝手に認定している

 シャガ

という花を紹介しました。
 開花シーズンになるとわざわざ近所の森林公園に見に行っていたのですが、向かいの家の庭に生えていたのでで株を分けてもらい、ウチの庭に移植したのが去年の5月頃。

 もともと非常に繁殖力の強い草なので、1年足らずで最初の苗から10倍くらいに増殖。そしてこの春期待通りに素敵な花を咲かせてくれました。パチパチ。

Flinged Iris

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

tag : シャガ

プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード