☆☆☆秋サバ爆釣祭り☆☆☆

 先週は浦賀で見切りをつけるのが遅れたせいで一尾しか上げられなかったが、今日は同じミスはしない!三崎でイナダ祭りの噂があったが、その誘惑を振り切ってじっくり横須賀に腰を据える事を決断。お昼の12時30分には三春町岸壁に降り立った。

 遠投磯竿にクロスキャストをセット。手製カゴ天秤、間に洋釣ミニクッションを挿みヤマシタ絶好調遠投カゴ9号を結びつける。以前はバクダンといえばハヤブサの飛ばしサビキを愛用していたが、前回カゴ天秤を試したところからはこちらのほうが遠投性能、絡み難さも優れているとはっきり判ったためこちらにスイッチしたのだ。

 ヤマシタのカゴ遠投仕掛けは数種類あるのだが、自分のチョイスしたものは3本針の上二本がピンクスキンで下一本がカラバリになっているというもの。 このためスキンに反応が渋いときでも下一本の付け餌に食いついてきたり、低層を這わせているときに回遊魚以外の根魚が食いついてきたりというオマケの期待もあるわけだ。

 今日は前回のオマツリ多発の反省もあって投げとの二本構えはしないためゴカイエサは購入しておらず、この下バリにつける分だけの秘密兵器エサを用意していた。その秘密兵器とは・・・・

 
 今年の夏に神津島へ行ったときのお土産、赤イカの塩辛!!

 もともとアジビシ釣りなんかでは塩〆したり食紅で染めたイカ短をつけたりするが、濃厚な旨みと香りを持った塩辛ならば更なる集魚力を発揮するであろうという期待がこもっている。カサゴやムラソイのブラクリ釣りなんかでも餌盗りに強く、集魚力に優れた特効エサとして実績があるので回遊魚でも問題ないだろう。 もう賞味期限過ぎてるから早く使い切らないと勿体無いしね。 

 竿を振ると仕掛けは元気よく飛んでいく。 以前のプラカゴに普通の胴付きサビキ仕掛けだとここまで綺麗には飛んでいかなかったし、引き上げると絡んでいるようなことも一度や二度ではなかったのだが、天秤カゴだとそういうトラブルも少ないので釣りに集中できる。 
 
 すぐ隣のエギンガーに声を掛けに行って自分の所に戻ると浮きが無い。 おまけに竿もぐいーんとお辞儀している。 よっしゃーと巻き上げると前回同様すごい重さ。 3号磯竿だと真ん中あたりから曲がってしまうため抜き上げに難儀したが、強引に持ち上げ道路側に取り込んだ。
 
 前回と同じくでっぷり太った色鮮やかな秋サバ。 間違いなく30cmを越える。 ビチビチ激しく暴れるのを押さえつけ、素早くエラを毟ってバケツの海水に漬ける。30cmを越えるサイズだとこれをやっておいたほうが後のおいしさが段違いなのだ。

 この後糸切れはあったがしばらくしてダブル掛けのヒット、天秤がまっすぐになってしまうほどの強力なヒキを見せるファイターなどが15~30分おきに絶え間なくかかり続ける。 スキンバケにもイカにも掛かってくるのでどちらが特に良いのかわからない。 気付くとバケツの回りはエラを毟ったときに飛び散った血で真っ赤になっていた。 血の多いソウダガツオが掛かった時などは顔や腕に血が飛び散ってスプラッター映画状態である。

 ソウダガツオはまるまると太っていたため「マルソウダか・・・。」(血合いが多くて食べるところが少ないので)と一瞬がっくりしたものの、よく見たら有鱗域が真ん中で極細になっており、ヒラソウダのようでもある。 捌いてマルだとしても蒸してカツヲフレークにするという最終手段があるのでとりあえずキープ。 この後も夕方まで釣れ続き、4時過ぎにコマセが無くなったので納竿とした。 最終的にごん太のサバ七尾にソウダガツオ一尾 8リットルのちんまいクーラーに氷ペットボトルを入れたらパンパンになる状態である。 さばみそと〆さばにしても美味しさ保持期間中に食いきれそうにないので、隣でカワハギ釣ってたおっさんに一尾譲って、横須賀を後にした。
 
 帰宅後捌いてみたら血合いがそれほど多くないヒラソウダだったので、軽く炙った後氷で〆て薬味たっぷりのタタキにしてみた。小学生のときに植え付けられたソウダガツオへの偏見(血抜きもしていないマルソウダだったからなー)を吹き飛ばしてくれる美味であった。 マガツオにも負けてないかも?


サバ
本日の成果


ソウダ&サバ
ソウダとサバ

〆サバ準備中
三枚におろして塩で〆る。 オイラは塩〆2時間、その後酢で洗って、半日昆布酢に漬ける。刺身に近い薄味新鮮タイプが好きな人は塩締めも酢漬けも30分~1時間ぐらいでいいみたい。


 

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

tag : 横須賀 釣り サバ

遠投磯竿、ついに大仕事

 休みのたびに悪天候に祟られるネガティブパターンが続いていたが、ようやっと降らずに済んでくれた本日、勇んで釣りに出かけた。

 前半はタコパールを使って浦賀でイイダコ狙い、後半は横須賀で爆弾サビキという二本立てだったのだが・・・。


 浦賀では2時間ほど粘ったもののイイダコはかすりもせずサビハゼ一尾の貧果。これはいかんと横須賀に移動し爆弾サビキにスイッチした。

 サバが来てますよと言う周囲の話にあせっていたのか、ヨリモドシへの結び込みが甘く最初のキャストでいきなり作ったばっかりのロケットカゴテンビンをロストしてしまった。 気を取り直し予備のカゴテンビンをキャストしてしばらくすると、ククン!と竿がお辞儀してウキが消しこんだ。 先着の人が言っていたとおりサバだろう。

  ところがこれまでに無いすさまじい重さに加え、長く柔らかい磯竿の取り回しにてこずり抜き上げに失敗。 これを二度も繰り返してしまった。二度目のバラシでは置き竿にしておいたちょい投げ仕掛けにオマツリをしてしまいサビキしかけを駄目にする始末。 もう何から何までが裏目に出てしまう。

 しかし、3度目の正直でようやくサバを抜き揚げた。 デップリと太った秋サバである。この語も追加を期待して粘ったが、日が落ちてしまいサバタイムは終了。 ちんまいはぐれアジを一尾追加するに止まった。

 今日は手返しの悪さと、浦賀での見切りを付けるのが遅れたため釣果は伸びなかったが、回遊魚は周って来てさえくれれば釣れるもんだね、やっぱし。さば(35cm)


タカミヤの掲示板にも出てるよ。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

∩( ・ω・)∩ ばんじゃーい


Piccoli様 はじめまして。タバタ 広報担当○○と申します。 この度は、弊社スノーケリングブランド”REEF TOURER” ホームページ内「みんなのスノーケリングポイント」に ご投稿いただきまして誠にありがとうございました。 「9月30日までにご投稿された方の中から抽選で10名の方に、 リーフツアラー商品の中からお好きなものを1万円分プレゼント!」 上記キャンペーンにて、Piccoli様がご当選となりました。 おめでとうございます。



 
∩( ・ω・)∩ ばんじゃーい

真鶴と神津島と油壺と全部写真付きで送ったかいがあったわw

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード