スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラカゴ改造

 以前作ったジェットプラカゴではいまひとつ飛距離が出ないようなので、ステンレス線を使いさらに改造した。

 海悠出版の「パーフェクト・アジ」P79に登場する「黒田式自作カゴテンビン」に良く似たものだ。
 なんでも黒田隆氏はこの天秤を使用し、野島崎の磯(ナラ島)から40cm前後のテッパツ(房総半島の漁師の方言で「デカイ」の意味)アジをガンガン釣り上げているという。

 「黒田式カゴテンビン」がスナップで4号ほどのナス型錘を取り付ける形状なのに対し、オイラが自作したカゴテンビンは8号ナツメ型中通し錘をステンレス線に通している。本によれば野島崎では数人でコマセを撒いて寄せれば20mほど投げれば事足りるというが、横須賀ではそういうわけにはいかない。それなりに投げないとアジのいる場所に届かないので錘を大きめ、空気抵抗も少ないようにしたのだ。 
 こうして出来上がって見るとカゴ釣り用の仕掛けに見えなくも無い。

自作プラカゴ

右は横須賀周辺の「爆弾サビキ」で主流な市販の天秤付ステンカゴ。


ここまでくると市販品を買ったほうが早い気もするが。 同じようなの上州屋で売ってたし(・3・)
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

みごとに轟沈

久々に横須賀に釣りに行ったのだが、ものの見事にボウズだった。

爆弾サビキ、ジグとも成果なし。 新しく出来た堤防の先ではけっこう鯖が上がっていたのだが、手前の岸壁までは寄って来てくれなかった。

新しい堤防のほうにも行ったのだが、手持ちの万能竿では後ちょっとだけ飛距離が足りなかった。
ちゃんと5.3mの遠投磯竿を持って行けば何とかなったのだろうが…。
あと、手製のジェットプラカゴ&サビキ&安物ウキでは抵抗が大きすぎるようだ。 ここでの定番は金属カゴテンビン+付け餌3本針ぐらいのところ。 やはり無理しないで地元の仕掛けのほうが良さそう。

しかし今日は5時過ぎの時合いにも反応無く、コッパメバルやウミタナゴの食いも無いときた。ここまで渋いのは去年の正月以来じゃないかな。


とりあえずしゃくなので、入港した原子力空母「ジョージ・ワシントン」のせいにしておく。ムキー。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

tag : 横須賀 釣り

メタルジグ買ってみた

 サーフトローリングに挑戦すべく、メタルジグを購入しました。
購入したのはCrosswaterの岸壁専用ジグ、「BAKUGAN」の30g。

メタルジグ


 昨年からやろうやろうと思っていながらなかなか天気に恵まれなかったり、自転車やスノーケリングに時間を割いてしまって後回しになり続けているのですが、そろそろ海に入るにはつらい時期。でも回遊魚はまだまだチャンスがありそう。 てなわけで次の休みの目標はこいつでサバやイナダをゲット!

 釣りハマ掲示板では八月下旬にサバやイナダがかなり釣れていたみたいだけど、どうかな。

 店員さんによるとサフトロのメッカである大磯や国府津のような砂浜だと回遊魚が回ってくるのは明け方だけ。一方横須賀だとオイラの実感のとおり鰯がやってくるチャンスタイムは夕方なので(もちろん大量接岸のような例外もあるけど)、結局また横須賀でやることになりそう。

 ちなみに、サフトロやるならそれ一本に絞るのではなく、

1.他の釣りをメインにするぐらいのつもりで
2.数本竿を用意しておき
3.そのうちの一本をサフトロの仕掛けにして
4.とりあえずサフトロの仕掛けを付けた竿をすぐ投げられるように横に立てといて
5.群れが回ってくるまでは爆弾サビキなりトリックサビキなりちょい投げをして
6.ナブラがたったらすぐサフトロにチェンジ!

というのが普通らしい。 確かに江ノ島でも地元師は爆弾をメインに、サブでサフトロであった。

 ちなみにジグの場合は一旦フォール(沈降)させて、グイっとしゃくってからジャカジャカ巻き。それで底層から中層を狙うという。 上にナブラが立ってるようなときはスキップバニー&弓角で表層を引いたほうがヒット率が高いようだ。
 弓角とバニーは去年買ってまだ一度も使ってないので併せてデビューかな。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

一年ぶりの真鶴スノーケリング

 一年ぶりに真鶴で潜ってきました。
ホントは八月中に行きたかったんだけど、八月下旬から異常な気温低下とすさまじいゲリラ雷雨・・・。
それが休みの度に重なってついに九月に突入してしまいました。

 それでも「海水温は2ヶ月遅れ」の言い伝え通りならば問題なかろうってことであえて決行。こないだ芝崎で潜ってた女性も「10月までウェットなしでだいじょーぶですよー」と言ってたので大丈夫でしょう。 一応3mmのウェットスーツ(ロングジョンのみ)は持っていくけど。

 さて、今回は同じ真鶴でも去年潜った琴ヶ浜ではなく、新規開拓ポイントとして「番場浦」で潜る事に決めていた。 が、階段を下りたところで「ま、どうせ途中だし」と「三ツ石」でいそいそと着替え飛び込んでしまった。 岬のとっさきなので流れは強そうだが、今日は穏やかな天気だし風も大して無いので心配は無いだろう。

 さて、潜ってみると、確かに濁りはあるし浮遊物もあるのだが、去年の琴ヶ浜よりもややいい感じである。 所によって良いところと悪いところがあるのだが、透明度の数値にしたら3~8mだろうか。
それより何より素晴らしいのはとにかく魚が多いこと。 特にソラスズメとオヤビッチャ、メジナはうなるほど群れており、近寄っても逃げないのでじっくり見ることができる。 

ソラスズメ

 
ソラスズメ動画



オヤビッチャ


オヤビッチャ動画
 

 もちろんこの2種だけでなく、ウツボ、トウゴロウ、ボラ、ナミノハナ、カサゴ、ベラ、ヨソギと種類も多彩である。

 とりあえずサワリは味わったので番場浦に移動したのだが、それほど離れてないのにこっちは味噌汁状態なのですぐ撤収して三ツ石に戻ってしまった。

 やはりオヤビッチャとソラスズメが別格ともいえる存在感を放っているのだが、ふと岩の下を覗き込んだら

こんなやつ

ハコフグ

がいて大笑い。 体が浮いてしまうので漬物石のような石を抱いて撮ったのだが、シリアスな状況なのにこの顔は笑えるねえやっぱり。


 1:30頃になると急に水温が下がってきた。 それにそろそろ小腹もすいてきたのでこの辺で切り上げてメシにするか! 素早く着替えを済ませ、バスに乗り込み真鶴漁協の前にある朝漁亭に向かったのだが、魚座が定休日だったため流れ込んだ客が大量にいたらしく、2時前だというのにとなりの食堂ともども材料の魚を切らしてしまい、メシにありつけなくなってしまった。 周りの磯料理屋は値段的に一段高いのと、味もどうかわからない。あとは二の足を踏んでしまうような割烹料理屋と寿司屋ばかりなので、結局昼飯抜きで帰ってしまった。ガ――――ン! 

続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : スノーケリング 真鶴 ソラスズメ オヤビッチャ ハコフグ

プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。