スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

油壺スノーケリング 再び

 一年ぶりのスノーケリングです。
 去年は9月上旬までやるつもりだったのに、台風で琴ヶ浜が荒れてしまい早めのオフ入りとなってやや不完全燃焼気味だったのですが、今年はどうでしょうか。

 去年は防水の使い捨てカメラを使用したものの、接写で全く役に立たなかったので、デジカメ買い替えを機に秘密兵器の防水カメラ&ハウジングを購入。7cm接写の威力を存分に発揮させる目論見なのである。

 さてやってきたのは油壺は荒井浜。ホントは真鶴のほうがいいんだけど、起きたのが遅かったので近場にしたのだ。

 夏休み初日の土曜日なのだが、電車・バスともそれほど混んでないのはマイナー海水浴場のおかげであろうか。それでも市営駐車場は満車だし、海水浴場はそこそこの賑わいを見せていた。


 さっそく潜ってみると去年より透明度はいいのだが、ちょっと魚が少ない。去年はソラスズメがそこそこ多かったのだが、目にするのはネンブツダイ(クロホシイシモチ?)やベラ、ウミタナゴといったおなじみの外道魚ばっかし。

 こんなの撮っても面白くないので沖の小島に向かい、以前可愛さ爆発で悶絶させてくれたカエルウオを探す。

 ところがカエルウオよか先にウミウシが見つかり、まずはこっちを撮る。が、潮が満ちてきて流れが強くなってきたのと、磯場で微妙に巻き上がる流れのせいでなかなか上手く撮れない。
悪戦苦闘の末、やっとものにしたのがこれ↓
うみうし
オトメウミウシ・・・・多分。

 
その後、コケギンポとかコケギンポ

トラギスとか
トラギス

全面的に動きの鈍いやつをターゲットに撮影。てか、鈍いヤツじゃないとフレームに収まってくれない。

 初めて水中撮影に挑戦して何が驚いたかって、10枚撮ってマトモに見れるのが1枚有るか無いかって打率の低さ。あと、水中マクロだけではダメで、魚をある程度の大きさで撮ろうと思えばスーパーマクロにしないと役に立たない。これをいちいち水中で切り替えるのが大変面倒。マクロコンバージョンレンズを買えばいいんだろうけど、そこまでやるのも、ねぇ・・・・。
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 油壺 スノーケリング

パニアバッグ新調

 8月の神津島行きに備え、ツーリング用のパニアバッグを新調した。 ブツはOstrich P-115
                img55372616.jpg

 
 以前使用していたBS製のヤツは長谷川商会でボロボロの中古のヤツを1500円ぐらいで購入したような記憶があるのだが、これがまあ古いだけあって大変使い勝手がよろしくない。 4箇所の固定ベルトが全て革製の上、自転車に付けているNittoのキャリアのサイズとイマイチ適合していず、左右のどっちかにずれたような形でしか固定できないのだ。
 おまけにバックルの構造が実にいい加減に出来ており、ママチャリに移植して使ってるうちに外れてどっかへ行ってしまったのだが、替えパーツも無いので実質ツーリング用としては使い物にならなくなってしまったのだ。
 東海汽船の往路便ではけっこう荷物にうるさく、鞄を外してと言われて往生したのだが(必死に頼み込んで御目溢ししてもらったが)、またあんな思いをするのもイヤなので、どっちにしてもまた同じ物を使うことは無かったとは思うが。

 サドルバッグ、フロントバッグ、パニアバッグと一通りレトロモノを使っての実感として
 「きっちり不便のおまけが付いてくる」
ということ。その不便も「趣」として捉えられる余裕がある状態でないと煩わしいだけなのである。

 で、新しいパニアバッグなのだが、取り付けは確かに簡単。固定ベルトがやや長すぎなのが気になるが、これはいざというときにはちょん切るなり結んでしまえばいいだろう。 バックルはハンズで売ってるやつと同じっぽいし、レトロバッグに採用されてる編み上げ紐(荷物の多寡によってサイズを調整できるのだが、解けてホイールに絡んだりするのがまた厄介)も省略されてるのでトラブルは少なそうだ。

 一時はレトロシリーズ(F-104フロントバッグ、S-2 サドルバッグ、DLXサイドバッグ)でコーディネイトしようと考えたのだが、もう金を出して苦労を買うような年でもないので、レトロで揃える事も無いんじゃなかろかと思う。 サドルバッグも相当ヤバげな感じになってきたが、買い換えるとしたらSP-731になるんじゃないかな。 大体DLXは注文ロットがある程度揃わないと製造しないみたいなので、頼んでもなかなか来ないし。

 
 さて、これで補充しなければいけない機材は概ね揃ったのだが、大学卒業時に買った特大パニアが未だに物置に転がっているんだよなぁ。これはどうした物か・・・・。

予約

 そろそろ予約しておかないと席を取れなくなるおそれがあるので押さえておいた。

東海汽船の神津島行き夜行便。 8月3、4日のどちらか2等船室が取れればよかったのだが、どちらももう満席!当日のキャンセル待ちだとか、恐怖の「席なし乗船券」(よーするに通路で雑魚寝しろってこと)という手もあるが、さすがにそれを期待してぶっつけ本番というのも無茶なので、ここはワンランク上の席で妥協することにした。

 一等和室より快適との噂もあり、プライスフォーバリューでは一番優れている特二等船室に空きがあったので3日の夜を予約。帰りは7日だが、こっちは二等和室が空いていたのでそれを予約。 どうせ昼間はデッキでビール飲んでるはずだからね。

 あと問題なのはお天気だけだな!

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

7/2釣りデータ

場所:横須賀市 三春町岸壁
 実釣時間 13:30~19:00
 潮汐:大潮
 満潮 2:40 17:31
 干潮 10:13 22:33

爆弾
 竿: SZM シーロード磯Ⅱ遠投3-53     
 リール:シマノ エアノスXT4000       
 道糸: DUEL MX500 4号
 仕掛け:自作ジェットプラカゴ+ハヤブサ飛ばしサビキ7号ピンクスキン  
 エサ: アミコマセ  

ちょい投げ
 竿:TARGET 美浦15-300
 リール:Daiwa スプリンターマックスST-700
 道糸:ヤマトヨテグス サーフファイターPE遠投1.5号
 仕掛け:15号フロート天秤+SZM投大将8号
 エサ:アオイソメ 

トリック
 竿:TARGET 美浦15-300
 リール:シマノ エアノスXT4000
 仕掛け:まるふじトリック仕掛5号

 釣果: アジ13尾    
      メゴチ8尾
      シロギス4尾
      ヒラメ1尾

      メジナ3尾(全部リリース)
      ウミタナゴ4尾(同上)

ヒ  ラ  メ  !

 釣りに出かけた。
 去年の6月28日以来だから実に1年ぶりである。 実は先月の28日も休みだったので釣りに行こうと思っていたのだが、なんか天気は怪しいというか冴えないし、潮はよくない(長潮)しで気が乗らないでゴロゴロしてるうちに自転車屋から注文したブツが届いたという連絡があったのでそっちにいってしまった。
 去年の6月28日の釣行といえば驚きのアジ大爆釣に恵まれた記念すべき日であり、縁起もよかったのだが・・・。

 で、一年ぶりの釣行では当初の予定では万能竿とコンパクトロッドでお気楽にやる予定だったのだが、ふと思い立ってまだ一度も使っていない5.3mの遠投磯竿を持っていくことにした。 一昨年の10月に弓角サフトロ&爆弾専用として購入したのだが、祖母の入院とかいろいろあって8月以降釣りを控えているうちにシーズンを過ぎてしまい埃を被っていたものだ。

 相棒となるリールは本来ならダイワのクロスキャストなのだが、今回は爆弾サビキでもそう大した大物は来ないだろと考えていたので、万能竿用のリールとして買い換えたシマノのエアノスXTを組み合わせ、万能竿用には普段コンパクトロッドやサビキ用の磯竿に組み合わせているスプリンターマックスを持っていくことにした。 スプリンターマックスのほうには投げ釣り専用リールに巻いて50mほど余ったPEラインを巻いているので、これが活躍してくれるんではないかなと淡い期待。

 さて、一年振りの釣りは冴えない幕開けであった。 三春町岸壁に向かうには浦賀行き路線の「京急大津」で降りるのが近いのだが、半分寝ぼけていたせいか三崎口行き路線の「新大津」で降りてしまい、駅前風景を完全に忘れていた上に地図を持っていなかったおいらはいい年こいて迷子になってしまったのだ。

 うろうろと住宅街をさまよった挙句、電車を降りて40分ほどしてようやく見覚えのある京急大津に辿り着き、竿を伸ばしたのは1時半を廻ってからだった。

 竿を伸ばしてからも行動はちぐはぐで、爆弾サビキを投げてからウキを取り付けるのを忘れていることを思い出したり、ちょい投げで使うつもりだった10号のジェット天秤を忘れていたりと(前の日にチェックしたはずなんだけどなぁ)、一年ぶりでいろんな勘が鈍りまくってるようだった。

 巻いてあるPEラインは1.5号でナイロン換算だと4号前後。テーパーラインなしで投げるにはちょっと不安だが、遊動パイプ天秤にうまく入ってくれないので15号の遊動フロート天秤に通すことにした。 2年ぐらい前、ワゴンセールで購入した4号糸に力糸無しで使用したときには何度も破断してロスした苦い思い出がある。まああれは元来安物の上に売れ残りで劣化していたからであろうが、やはりちょっと不安。

 ウキをつけた爆弾を投げなおし、万能竿のちょい投げも2色ほどのところに落とすと魚信があるまではやることも無いので周りの人に声掛け捲ってみたのだが、かなり巧いシロギス師を除けば皆冴えない様子。 春以来頻繁に赤潮に見舞われてるとか夜中に来るとピカピカ光ってた(夜光虫)とか碌な話が聞けなかった。 こないだ取りやめた28日なんかうみかぜ公園のほうで悲惨な状況だったとか。ああ、行かんでよかったんだ。

 しばらくして竿に戻るとプルプルとした魚信。 上げると10cmちょっとのメゴチ。 こいつはどんなに渋いときでも必ず一尾くらいは掛かってくる律儀なやつだが、今回もしっかり掛かってくれて坊主は脱出。 ヌルヌルを取ってしまえば捌くのもちょろいのでジップロックに入れてキープ。

 その後もポツポツとブルブルした魚信がありメゴチがチョコチョコやってきたが、今日は渋いだけあって飲み込んだやつはゼロ。 皆揃って針を外し易い唇部分に引っかかっていた。 シロギスもとりあえず来てくれて、数は少ないけどまあ本命は来たし、来て良かったと思えるようになった。 天気もスカッと雲が消えて爽やかになってきたし。

キス


 で、落ち着いたところで大事なことを思い出した。 オイラには「新調竿の呪い」ってのがあったのである。竿やリールを買っておろしたての、最初の釣行では必ず碌でもない釣果に終わるってやつで、去年のアジ爆釣で大活躍したコンパクトロッドも、投げ竿を差し置いてアイナメやカレイを上げているこの万能竿も、なかなか結果を出さない投げ竿も、どいつもこいつも購入後の釣行一回目は碌でもない結果に終わっているのだ。一緒に持っていった古めの竿のほうはちゃんと結果を出しているのでこれはもう「新調竿の呪い」としか言いようが無いではないか。

 で、本日デビューの遠投磯竿はというとうんともすんとも言わない。棚がずれているという可能性もあるが、周りで爆弾に挑戦してる人間もいないので回遊魚の気配自体薄そうなのだ。アジやイワシが襲来してくるのは大体夕方だが、サバなんかは真昼間から突っ込んできたりするので群れが廻っていれば釣る人の活気でなんとなく判るのである。
 
 やっぱりだめだなぁ、投げサビキで結果を出すのは次回以降かなぁと万能竿のほうにばかりかまっているとなんとも形容しがたい感触に襲われた。
 
 アイナメの必死の首振りダンスでもない、カレイの重たい引きでもない。

「テメーそんなやわな竿とリールで俺様を抜き上げられるとでも思ってんのか?ああん?」


と言わんばかりの挑発的かつ攻撃的、それでいて余裕すら感じるずっしりと重い引き。ビニール袋だってこんなに重くない。 必死でリールを巻いてやっとこさ寄せて抜き上げるとビチビチと菱形の巨大な魚影が姿を現した。 ここの堤防は高いから向こう側が見づらいのである。


 「うおおおーっ!」


思わず絶叫。30cmはあるカレイだ。渋い反応の中で目立っていたか、早速野次馬が寄ってきて
「おお・・・ヒラメか!」
いや、カレイでしょ、と針をはずそうとすると

クワッ!

牙?

何で君牙があるの? きみはカレイじゃないの? 良く見ると目玉は左側。



ヒラメ

どうみてもヒラメです、本当にありがとうございました・・・・。


シロギスなりハゼなりを生餌に泳がせて釣る、フィッシュイーターとしてマゴチと双璧の高級食材というイメージがあったのだが、このくらいのサイズだと虫エサにも突っ込んでくるのであった。

 エラにナイフを入れ、ささっと血を抜いてからクーラーに仕舞ったのだが、予想外にこれくらいのが来ると「もう今日は後釣れなくてもお土産はキープできたからいーや」となる。 このおかげで結果を出さない遠投磯竿の爆弾サビキは見切りをつける決心がついた。ウキと自作のジェットプラカゴを外し、スキンサビキに軽くコマセをなすりつけるスキンとトリックのハーフ&ハーフ釣法に切り替えた。それでも新調竿の呪いはがっちりと付きまとっており、まるっと反応が無いまま5時を廻ってしまった。

一方大金星のヒラメを上げた万能竿はその後もポツポツと結果を出し、最後のエサとなった段階では千切れかけのイソメでメゴチ1&シロギス2の3連発をかますという大健闘を見せた。 と、いうか、今日はサイズのちっさいやつばっかだし、あんまり飲み込まないのでイソメを小さめに切った方が良かったのかもしれない。渋いときはたっぷり大きくつけて食い気を誘うのがセオリーではあるけれど。

 で、エサ切れのあとは遠投磯竿から外したリールを万能竿に装着し、イワシ&アジかかって来いや!のトリックサビキの一本勝負。 群れが来ると2本出してる余裕なぞ無いのである。

続きを読む

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。