式根島へ・・・その3

 昨日よりさらに浅い眠りで目を覚ましたのが朝8時。 夜10時には眠りに落ちているはずなので10時間近くぐっすり眠っているはずなのだが、何故かスッキリしない。 そういえば夜中にやっぱり暑さで目が覚めてたんで1回全裸になったり(湯冷めで風邪引いたらイヤなんで、ウィックロンシャツの上に長袖シャツを着ていた)、酔い覚めで喉が乾いたのにテントを出るのがめんどくさいんで無理して寝ようとしたんだった。 

 で、もそもそとテントを這い出して洗顔&歯磨き。
 その後当然朝飯。昨日はパンが無かったけど今日は買ってあるもんね~♪とパンを入れてあるビニール袋をザックから取り出そうとしたのだが・・・・


無い


 なぜ? 何処へ行った? パンとお茶セット(ティーバッグ、ドリップコーヒー、スティックシュガー、パウダークリームを入れてあるタッパー)とギョニソーを一緒にしてビニール袋に入れておいたはずなのに! あのお茶セットにはビクトリノクスも入れてあるのに!!

 何度リュックやテントの中を見直しても見つからない。 仕方なくテント内に残っていたハーベストセサミクラッカー(船の中でつまむつもりだった)とカップスープという、最初の朝と変わらぬ貧しい朝食で済ませざるを得なかった。 晩飯も二日続けてラーメンだし、今回の旅は食糧難であるなぁ、とがっくりしながらパリパリとクラッカーを齧る。
 
 しかし、クラッカーにはやっぱりお茶だよなぁ。それにしてもビクトリノクスは使い勝手が悪いとは言え無くしたのは痛いなぁ・・・と考えてるうちに、この狭いキャンプ場内でそんなに忽然と消滅するはずは無い!そう遠くないところにあるはず!と確信めいた物が生まれたので、スープを飲み干したらそれとなくその辺のヤブにバキバキと踏み込んでみた。


・・・あった。

 鋭く切り裂かれたビニール袋に食い散らかされたパン。そしてコーヒーセット。無傷のギョニソー。
野良猫か何かがちゃんと蓋をしていなかったリュックから引っ張り出して荒らしたと見て間違いあるまい。

パンは1/3程度しか残っていない上に蟻がたかっていてどうしようもなかったが、無事なギョニソーを炙って齧り、ついでに紅茶も飲む事にした。

 ちょうどそこへ初日の夜から酔ってきたあの人懐っこいネコが寄ってきたので一切れギョニソーを投げてやったのだが、「フンフン」と匂いをかいだだけで口にすることは無かった。

パンをたらふく食ったからギョニソーはもう食わないのか?
そもそもギョニソーに食指が動かないって事はおまえが下手人と同じだからではないか?


などなど疑惑は汲めども尽きぬほど湧いてくるのであるが、証拠は何も無い。釈然としないまま耳の後ろなどを掻いてやるのであった。 お茶セットとビクトリノクスも無事に帰って来た事だしまあいいか。

 さて、貧しい朝食の後は朝風呂である。こっち来てから温泉ばっか入っている様だが、式根にきたら温泉の誘惑はでかいのである。 とりあえずシュラフを干してから水着とタオルを持って松が下温泉へ向かった。

 が、お手軽な松が下温泉は清掃中だったので、足附温泉へ。 まあぬるいのでもいっか・・・と、期待しないで行ったのだが、俺は足附温泉の真の実力を侮っていた。 俺が行った朝10時ごろはこの日の干潮直後で、もっとも熱い湯が出てくる時間だったのである。
 ぬるいお湯だし、と油断して勢い良く足を突っ込んだら銭湯並みの暑さだったので驚いてしまった。
肌に馴染めば良い湯加減ではあるのだが、しゃがんでいるとそこからジワジワと熱水が湧き出してくるので足の裏がじんじんと熱い。 ためしに満潮時、一番ぬるい時間帯でもなんとか許せるぐらいの暖かさを持っている湯壷に手を突っ込んだらとても我慢できないぐらいの熱さであった。
 
 この熱さだったらヘタな黴菌は死んでしまう事であろう、なるほどこれこそが「外科の湯」の本領発であるのだなぁ、としみじみ納得。 そんじゃあ〆に地鉈温泉へ、と朝風呂ツアーは続く。

 地鉈温泉は朝イチと言う事で良い頃合の湯壷は前二日とはちがい、かなり広範囲に広がっていた。かなり波打ち際に近いところが良い塩梅だったり、意外と奥のほうの大きい湯壷も大丈夫だったり。 そのくせその中間の湯壷は熱くて入れなかったりで、とにかく岩の隙間とお湯の流れと潮の干満が織り成す神秘はこちらの想像を絶しているのである。

 じっくりと湯を堪能したところでキャンプ場に戻りキャンプ場を撤収。ジェット船が出るのが2時過ぎなので最終日も昼ぐらいまでのんびりしていられるのが式根島のよいところ。真夏ならあらかじめ帰り支度を済ませておけば12時ぐらいまで海であそんでいられるのではないだろうか。

 その恩恵を味わうべく、キャンプ場脇の売店でビールを購入し、石白川海岸で海を眺めながらプハー。 まったく飯はいい加減なのに酒だけは普段より増えている。
 ちょっと一杯


 お土産屋で神津島の島焼酎「盛若」を購入し、帰りの港へぶらぶら。 港にほど近い売店で昼食用の弁当とたたき揚げとビール(!)を購入。東海汽船事務所で切符の購入を済ませた後、弁当とたたき揚げをつまみにビールをちびちび。 それほど大酒飲みでは無いのだが、温泉で汗を掻くせいかこの島にいるとワケも無くビールが飲みたくなってしまう。それにしたって朝っぱらからビールというのは異例である。何か不思議な力が働いているのではないか。 

 ホワっと良い心持ちになったところで事務所2階の展望室へ向かう。新島をぼんやり眺めていたら、パタパタとイソヒヨドリが飛び込んできた。 

イソヒヨドリ


この島にいると良く目にする鳥だが、青い羽に赤いおなかのキレイな鳥だ。展望台や海岸の案内板の上でポーズをとっていたりするなかなか芸達者なやつだったが、式根島からオイラにメッセージだろうか?  なかなか外に出られないので他の窓を開け放してやると、海に向かってようやく出て行った。

「また来るよ。じゃあね」


スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

式根島へ・・・その2

 夜中に蒸し暑さで目が覚めた。 八丈島でもそうだったが、思ったより夜の気温が下がらず、なおかつテントがしっかりと風を防いでくれているので持ってきたシュラフはオーバースペックになっているようだ。 10年落ちのモンベル・スーパーバロウバッグ#3(現在はスーパーストレッチ・バロウバッグ)は長年の酷使でへたれているといってもしっかりと頑張っているのであった。可能限度がマイナス3度というのは大袈裟にしても、 快適使用温度域が10度前後だと夜でも20度近いこの時期の伊豆七島には必要以上に暖かすぎるのかもしれない。 夜は冷えると思って足元のベンチレーターをしっかり閉じていたが、開けておいたほうが良さそうだ。


 そんなこんなで朝6時に目が覚めたのだが、なんとなくスッキリしないので7時までぐずぐずしてからテントからはいずり出る。 昨日パンを買い損ねたのでカップスープと紅茶という貧しい朝食をすませたのち、また雅の湯へ向かい頭をすっきりさせる。 天気がいいので気持がいい。
雅の湯
ご満悦

その後、折りたたみの小さいリュックに水筒とガイドブック、お茶セットを詰めて出発。とはいっても昨日のうちに野伏港から反時計回りにここまで回ってしまったので残りは南東部分だけである。
 まずは昨日気になっていたキャンプ場すぐそばの塩釜様。 昔製塩を行っていたころの名残の祠。木々の奥なので小さいくせに妙に荘厳。
塩釜様


 その後ぐんじ山展望台へ向かうが、商店街を通ってから回ったので小の口公園にぶちあたった。
広々として気持のいい公園。、昨日回った神引山や唐人津城とはまたちがい、人の手できっちり開かれた公園だ。 ちょっとした遊具やくじらのオブジェなど、子供・連れ向けといったところか。

 ぐんじ山展望台はさすがにいい眺めだが、昨日回ったところと同じく、数人登ったらすぐ一杯になってしまう物見櫓といったあんばい。
ぐんじ山展望台からの眺望



 そのまま海岸沿いを北上し、、小浜港、高森観音と回る。 特に衝撃が大きいのは高森観音であった。これはその昔に山の上に燈台を一人で作り上げたばあさんを称えたものなのだが、75歳のばあさんがフツーの人間でもうんざりするような急坂を切り開き足場を作り、5年間この山に住み込んで燈台を作り上げてしまったというのだから驚きである。 しかも完成後は自ら燈台守として明かりを見守り、90歳で大往生したという。 式根のばあさまはエネルギッシュなのである。

燈台跡


 海岸伝いに進むと現われるシマアジ養殖場を過ぎると本通りに出たのでチョコピーとコーラを購入。ポリポリかじりながら野伏港へ。 ここでちょっと東海汽船の事務所へ向かい、帰りの便の確認をする。 片道切符しか購入していないので、帰りの便の切符は押さえていないのだ。空きを確認すると残り30席。念の為今のうちに予約しておく。帰れなくなったらえらい事だもんね。

 フラフラと漁協に足を伸ばし、最高の式根島土産である「たたき」を購入してチルド便で自宅に送る。 たたきといっても細かく叩いたあと重曹を入れて擂ったもので、どちらかといえばすり身に近い。そのまま食べるのではなく熱を通して使うものだ。 そのまま明日葉と一緒に味噌汁に入れてよし、つみれ汁にしてよし、揚げてよし、ハンバーグ風(サンガ焼き)にしてよしの優れものなのだ。 いろいろある式根島の土産の多くが実際には神津島や新島で作った物が多いのだが(焼酎「しきね」の中身は神津島の「盛若」である)、 この「たたき」は漁協婦人部の手作りによる純然たる式根島製なのだ。

 さて、島を概ね回ってお土産も購入した後でというのも変な話だが、港にある観光案内所に向かいパンフを貰う。 ちなみにパンフはキレイに印刷されたパンフが4種類、手書きのコピー見たいのも一つあり、どれもこれも行き届いていて見やすく大変よく出来ている。 伊豆諸島のガイドブックでは式根島は新島のおまけみたいな扱いで詳細な地図が無い事が多いので、来島したらここでちゃんと貰っておくいいだろう。


 ここに来る前に噂に聞いていた素晴らしい場所があるのだが、行き方が分からないので尋ねてみた。 それは石原裕次郎が気に入っていたという、関東のヨットマンにとっても憧れのマトである「吹之江」という入り江だ。彼が亡くなる前に病床で「もう一度あそこへ行きたかった・・・」と呟いたとかいないとか、とにかくそれくらい美しいところであるらしいのだが、昨日最寄の道路から行こうとしたらヘリポートがあり立ち入り禁止。 もうひとつそれと思しい方向への道を行ったらゴミ集積場へ来てしまい、どうやって行けばいいのかまるっきりわからなかったのだ。

 で、観光案内所の人によると、「上から行くのは難しい」という。 直接吹之江に行く道は無く、釣り場として人気のある「犬の首」という磯場から磯伝いに巻いて行くか、泊から泳いでいくかしかないらしいのだが、どっちにしても険しい磯場だしずぶ濡れになるしで危険らしい。
「犬の首から吹之江を眺めるのは出来ても辿り着くのは無理じゃないですかね」
 吹之江に行く人は皆ヨット、ボート、カヌーなどを使うというのだ。そういえば裕次郎もよく知られたヨットマンであった。

 では、と妥協して犬の首から吹之江を眺める事にしようか、とその行き方はまさにあのゴミ集積場を突っ切っていくのだという。 と、その前にそろそろ小腹が減る時間なのでスーパーで弁当を購入。地元の味覚に一番近いものを、と明日葉天、たたき揚げの入った岩海苔弁当を購入。

 なんかここでまた八丈島のことを思い出した。 あのときも初日は昼飯のタイミングが変な事になってしまい(抜かなかったけど)、二日目の弁当でようやっと地元の味覚の一片に触れたのであった。

 式根本通を外れ、小鳥の小道などという素敵な道に迷い込んだりしつつ、小鳥の小道


 せっかくだから眺めのいいところで昼食にしようと中の浦へ向かう。  なんと海岸の手前でこんな立派なヘビがお出迎えしてくれた。 シマヘビ?
しまへび?


 中の浦には石でできた円卓と椅子が2セットほどあるので海を眺めつつそこでお食事。 そして自分撮り。
P5220350.jpg

続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 式根島 キャンプ

式根島へ・・・・その1

 早く寝なければならないのに眠りについたのは夜中の1時。 起きたのは明け方の5時だから正味4時間しか寝ていない。うう・・・きつい。もそもそとトーストを齧ってコーヒーを飲み、朝6時に自宅を出た。高速船が出るのは8:20で手続きは30分前には済ませなければいけないので、ゆとりを持っていくならばこの時間に出なければならないのだ。
 
 昨年の八丈島行きでは自転車で行ってしまったので判らなかったが、浜松町から竹芝桟橋までちょっと歩かねばならない。が、あさっての方角側(南口)から出てしまったので、無駄に歩き回ってしまった。

 乗船は2度目なので余裕で手続きを済ませたが、高速船は夜行客船と違い貧乏旅行テイストの若者は少ない・・・てか、俺しかいない。 後はみんな釣り師と中高年旅行者だ。台風で数日出船しなかった事もあって高速船は中々の混み具合だ。 
セブンアイランド夢

 今回初めて水中翼船に乗ったのだが、デッキに出られないので40ノットを超える高速といってもいま一つ実感できない。ガキのころ乗った大島行のシーガル(双胴艇)のほうがデッキに出て風をj感じられる分速さを実感できたんじゃなかろーか。 途中、大型動物(くじら?)との接触多発区域というのがあって、そこを通過する時にはスピードを落とすし、大島を出てしばらくしたらうねりが出て急減速したりでなかなかスムーズにはいかないのだ。 寝不足の時は酔い易くなる物で、新島到着の20分ぐらい前にはすっかり気分が悪くなってしまい、揺れない水中翼船でゲロったらみっともないなぁ、などと考えていたのだが、パンツのベルトを緩め数回ゲップをして何とかやり過ごした。危ないとこだった。

 そんなこんなで新島から10分ほどで式根島着。地面に足を付けたらこっちのもんだ。スタスタ歩き出し、坂を上る。 当初の予定ではまず釜の下で荷物を下ろし、そっから軽装で島を回るという予定だったのだが、いい天気だし近場の泊海岸くらい回ってもいいだろう、とノコノコ歩いていく。

泊浦

泊浦2
泊浦 とってもキレイ

 で、この後キャンプ場へ向かえばいいものを、「大浦海岸もそんな遠くじゃないし、じゃあついでにそっちも・・・・。」とまたフル装備を担いだまま歩いていってしまった。

 大浦海岸はキャンプ場も併設。綺麗なシャワーとトイレ、30人近くが一度に使用できるバーベキュー場もあるご機嫌な海岸だ。 ゴールデンウィークと7~8月はこちらが指定キャンプ地になる。海に向かって左側は中々迫力のある断崖になっている。
大浦海岸1

大浦海岸2


お馬さん
海蝕奇岩「お馬さん」

 いいかげんこっからおとなしくキャンプ場へ向かえばいいものを、中の浦を経由して神引山展望台へ続くハイキングコースを発見し、フラフラと吸い寄せられるように入っていってしまう。 そろそろ食事の時間だが、船酔いの後遺症で腹が減っておらず、島の中心街で食糧をゲットしなければという切実さがなかったのでどんどん海岸沿いへ行ってしまったのだ。 まあこっちのほうにも店の一軒くらいあるだろと甘い考えを持っていたのも事実なのだが(実際には一軒もない)。

 ハイキングコースといっても軟派な遊歩道ではなく伸びた草や枝が脛を引っかき、時には毛虫が上からコンニチワとばかりにぶら下がっている中々ワイルドな道を行き、たどり着いた中の浦は非常に美しい海岸だった。砂浜と磯のバランスがよく、真夏に来たらさぞかし楽しめることだろう。ここで自分撮りに熱中し、何度も重い荷物を背負ったまダッシュを繰り返して無駄に消耗してしまった。 
中の浦海岸

 
 ここからさらに神引山展望台へ・・・この頃には完全に引き返し時を失っていた。

続きを読む

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : キャンプ 式根島

んふふふふ

ちょっと式根島行ってくるわ。

すげええええええ。

Google フレームザックの検索結果

おいらのエントリが上から二番目に!!

ええ、来週使う予定ですKELTY君。 キャンプというか、バックパッキングで使うのはほんとに初めてなんだよなぁ・・・。一昨年使ったのは車&ホテル泊だし。 頼りにしてまっせ。

 ちなみにシェルパ斉藤のやり方を真似て、フレームの下にバイク用のラバーネット(スパイダーネットって言うの?)を取り付け、これでテントを押さえつけるようなパッキング。カスケードのマットはバンドで天蓋にくくりつけ、あとカラビナでギョサンをぶら下げるというわざとらしい方式。迷惑のかからない範囲でバックパッカーですよと見せ付けるのがフレームザックにはふさわしいと思う。 なんだかよくわからないけど、ラバーネットが凄く良い味出してます。

ミッション・ブルーダイヤ

「ねえ、近々葉山行くことある?」
「へ?」

 GW明けに式根島行きの予定だったが、いま一つ冴えない天気が続き延期になっていた。 15~16日と好天の予報だったが、最低三日前までには用意と調整をしておかないといけないので「晴れたから仕事すっぽかして行ってきます!」というわけにはいかぬ。
 で、今日の休みは何時いい天気が回ってきてもいいように、昼まではプールでトレーニング、昼過ぎからは庭の手入れとキャンプ装備の最終準備の予定だった。

 が、一昨日の昼の事。冒頭のように姉貴が唐突な質問をしてきた。何かと言うとサンダルが欲しいと言う。

 サンダルならば耐久性、滑りにくさとも超一級品のギョサンにすればいいじゃんかよう、前は葉山釣具センターで買ったけど、ODBOXだって売ってるんだし、と言ったら

「ブルーダイヤのが欲しいのっ!」

と言ってきかない。サンダル言うたら葉山のげんべいだよなぁ、と思ったのだが、ギョサン同様こいつも葉山釣具センターのほうが揃っているとの事。で、

茶色地に黒い鼻緒
ピンク地に白い鼻緒
グリーン地にピンクの鼻緒

と、なんだかマーブルチョコのような色&サイズ指定メモを寄越して送り出された。

 葉山に行くとなったら前回ついに成功した横須賀中央から衣笠を経由して武山に出る三浦半島横断コースである。あのコースを取るとなったらちょっと早めに出るべきなのだが、布団に陽を当てたい欲求に負けて、家を出たのは10時半を過ぎてしまった。

 ここ数日天気が悪くチャリ通をサボっているので体重もやや増加、足も鈍っておりペースが上がらないだろうと思ったのだが、信号がタイミングよく青になったり、追浜を過ぎたあたりから中年ロードマンに35km/hでガンガン引いてもらったので(先頭交代しないですみません。オイラはタイヤ幅が太いんです)思いのほか距離を稼ぐ事ができた。
 1:30には大楠山ハイキングコースの取り付きである芦名口に到着、ここで蒸しパンとバナナミルクを購入し、再び走り出す。

 今日は快晴の予報だったが、白絵の具で描いた後の筆を洗った筆洗バケツの水をぶち撒いたような薄雲が空全体に掛かっており、太陽は出ているのにいま一つ海の色が美しく映えない。そのためホントは秋谷の立石公園で軽く補給食休憩の予定だったのだが、そのまま走り続け、一番景色のいい秋谷~長者ヶ崎の間はあっさりと通過してしまった。
 そのまま御用邸~柴崎も過ぎ、森戸まで来てしまった。ここは例の美麗便所(なんだそりゃ)とバス停があるところだが、その便所の裏にベンチがあるのでさっきの蒸しパンとバナナミルクで一服した。 トイレの裏で一服と言うのはどうかと思うかもしれないが、景色がいいし、建物も綺麗なので全然気にならない。
森戸で休憩


 さて、森戸からちょっと先に例の葉山釣具センターがある。 見るとおお、店先にギョサンと一緒にブルーダイヤが大量にぶら下がっている。

葉山釣具センター


 メモを片手にサイズと色を確認していると
『店内に各種類あります』
ほうほうそれじゃ入ってみましょうか、とドアを開けて仰天した。ドア右側は全てサンダル。ここ、釣具屋だったよね?
大量のサンダルの山から目当ての色とサイズをゲットして精算すると、店の人が何と1個持ってきておまけしてくれた!むひょー!感謝感謝。自分の分は買わないつもりだったけど、自分用が手に入ってしまった。しかも一番好きなブルーで!

 ご機嫌でお店を出たが、さすがに4足は多く、サドルバッグがパンパンになってしまった。

 この後いつもの通り逗子海岸から材木座海岸へ抜ける。前から「あれ?何時の間に通り過ぎたんだっけ?」とちょっと気になっていたのでわざわざ確認したのだが、残念な事に材木座海岸の湘南ブルーポイントがなくなって、インド料理屋になっていた。 
ブルーポイント跡


 ここはタコライスやナシゴレンといったエスニック料理が好評で、いつかは行きたいと思っていたのだが、こうやって延ばし延ばしにしているうちに取り返しのつかない事になってしまうのである。今まで何度も前を通っているのに気づかなかったとは実にマヌケな事だが、去年の3月には閉店していたらしい。眺めもいいのに勿体ねーなー。店長は新加瀬大周こと坂本一生氏だったらしいんだけど今どうしてるんだろう。

 行こうと思っててもまだほったらかしになってる店がいくつかあるので、早めに体験しといたほうが良さそうだ。客の入りがよくても営業が続くかどうかは別なのだから。そういやサブマリンドッグも一度も食わないまま逝ってしまわれたし。 「モアナマカイ珊瑚礁」「サンディッシュ」(旧MAIN)「ペーター」「ロンディーノ」「腸詰屋」「湘海亭」ぬぬぬぬ・・・いっぱいあるじゃないか。


 なんとなく切ない気持を引きずったまま江ノ島へ。

燈台とトンビ
やたら堂々としてるトンビ。

白灯堤防で釣り人を冷やかした(どっこい今日はイワシのプチ群れがやってきていた)後、腰越のブルーシールでアイスを頬張り、タカラヤでお土産のパンを購入した後、帰宅の途についた。

本日の走行距離131kmなのだが・・・

 式根島行で使うブツでまだ揃えていないものがあったので、家の前をスルーしてホームセンターへ。ここで買い物をして帰ったら走行距離は136.97kmになったのでした。チャンチャン♪

宮前高津デジカメ便り

 某所からパクったタイトルですが、近所で取った写真の在庫処分です。

まずは東高根森林公園の枝垂桜。去年はスカでしたが今年はベリグー。

東高根森林公園1


東高根森林公園2


東高根森林公園3




すぐ近所だったんだけど、実は訪れるのは初めて。近所でつつじ寺の誉れ高い等覚院。
品種が全部違うので開花時期が微妙にズレ、一斉に満開とはいかないのが惜しいところ。


等覚院1


等覚院2


等覚院3


等覚院4


次は6月の紫陽花シーズンかな?
プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード