浅間嶺に行って来たっス

 悪天候や寝坊で延び延びになっていた浅間嶺アタック(大げさ)、本日ついに観光敢行しました。

 昨日(というか今朝)も寝るのが遅くなってしまったのだけど、気合で6時20分に起床。ささっとめし食ってママチャリ漕いで登戸へ。コンビニでおにぎりとチョコを購入して7時42分の立川行きへ乗りこんだ。 が、この時期は新人研修と朝の猛ラッシュが重なって電車が遅れてしまい、立川駅到着は概ね8時11~12分。 乗り換えの青梅線武蔵五日市行きは8時15分発なので階段を駆け下り間一髪であった。

  慌てて飛び乗ったのと、客が少なかったので、女性専用車に乗っている事に気づいたのは武蔵引田を過ぎてからだった。そそくさと前の車両に移動する。

 青梅線はスムーズと言うか時間通り8時50分に武蔵五日市に到着。 数馬行きバスは9時50分発なのだが、これを待つのもアホらしいので、すぐにやってきた8時54分発藤倉行き(払沢の滝を通過する)に乗り、払沢の滝から登り始める事にした。 

 平日だから空いてるだろうと思いきや、熟年ハイカーと禁猟明けを狙った渓流釣り師で超満員であった。まさか登山道はこうではないだろうが・・・・。

 払沢の滝の登山口に入ったのは9時30分。
いきなりこんな看板があって思い切りやる気を削がれてしまう。

 
   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● | クマ注意!!
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)
クマ注意!


 途中何度か車道に出ながら、作業道のような歩き易いシングルトラックを行く。 このあたりはまだ人の生活圏にあるのかところどころ枝垂桜や八重桜が植えられており、ちょうど満開なので中々気分がいい。枝垂桜


 しばらく進むと「峠の茶屋」が現われるのだが、ここでチョコチョコ現われていた細い車道は完全に終了し完全な尾根道となる。当然のことながらまだ営業してなかったがここで水を補給できるのでガブガブ飲んじゃう人は補給するのも良いだろう。ここは展望もいい。
茶屋からの眺望


 峠の茶屋からさらに10分ぐらい行くと、沢と登山道が近づいているところがあり、ここは足場がいいので水も汲める。「飲料水」と掲示板まで貼ってあるので、手持ちの水を全部ぶちまけ沢の水を汲み直した。 ひとくち飲んでみるとキリリと冷えてうまい! ウイスキーフラスコかなんか持っていたら水割りを作るのも良さそうだ(オイラはウイスキー嫌いだけど)。
マル秘源流水

 
 太陽が出てるのにパラパラと雨が降ってきたりするが、どうせずぶ濡れになるような雨でなし、そのままずんずん進むと樹相が変わってくる。 バスから遠目に見るとその辺の山々が濃い深緑と明るい黄緑のダンダラ模様になっているのが判るが、濃い深緑は常緑の針葉樹、明るい黄緑は落葉の広葉樹の新芽なのであった! 登山道や尾根を境目にピシっと切り替わってるところもあれば、腐って倒れた針葉樹のところに新しい低木が割り込んできたりいろいろである。 

 黄緑の部分はまだ葉が完全に生い茂っていないぶん陽も良く差し込むのと、虫や鳥も多いので、こっちの気も沸き立つ。 針葉樹の静かで落ち着いた雰囲気も悪くは無いんだけど。

 さて、途中で展望ルートとノーマルルートに分かれてるところがあったが、地味にノーマルルートを進み、しばらく行くと休憩所にたどり着いた。 立派な屋根つきの避難小屋とトイレ、広場みたいなスペースもあり、完全装備で行けばここでテントも張れそうである。 とりあえずトイレを済まし、ふとみると↑浅間嶺 展望台 とあるので登ったが、何のことは無いさっきの展望ルートと繋がっていたのでした。 展望ルートで登ったほうがムダが無いでしょう!この展望台がとりあえずの目標 浅間嶺 標高903mである。パチパチ。高尾山より300mも高いのでナメたらいけないのである。
浅間嶺


 軽く柔軟をしてさらに進むと、小学校の野外活動なのか遠足か、大量の子供の群れと遭遇してしまった。 教育が行き届いている上に、今日びの子供には珍しい元気さで(山出しのせいだろうか)「こんちわぁ!」と毎回挨拶されるので、これまでの一日の挨拶記録をあっという間に更新してしまった。

 12時ごろ、そろそろ休憩しようかと言う時にちょうどベンチがあった。まるでオイラを待っていましたとでもいわんばかりのタイミングである。ここでオニギリを一個だけ食べ、5分ほど休憩。

サル石

サル石。何がなんだか全然わかりません

 一本松(930m)を過ぎてしばらく行くと、数馬分岐につきあたり、↑風張峠←浅間尾根登山口バス停という表示にぶちあたってしまうのだが、ここでバス停に下りてしまうともうおしまい。 しかしまだまだ体力は余裕綽々なのでもうちょっと歩きたいなぁ、と言う気分であり、よっしゃ風待峠行こうじゃないの!と安易に風張ルートをとってしまった。 ここの案内標識の横に「思いつきのルート変更は事故の元!」と注意書きがあったのだが・・・。
藤原峠そばの分岐


 ちゃんと地図を確認してなかったのだが(←最悪)、風張峠ってのはとんでもなく遠くにあり、その日の気分で攻められるような場所じゃなかったのだが、進んでいった先には舗装路があり、そんなに危なそうには見えなかった。さらに行くと←温泉センター↑風張峠・御林山という分岐があり、ここで数馬分岐で道を間違えたおばさん達が食事をしていた。 これだけ親切な表示があちこちにある山でルートを間違えると言うのもどうかと思うが、確かに「風張峠」という名には何か「こっちがいいんじゃないか?」と思わせてしまう何かがある。大体俺だって深く考えずにこっちに来ちゃったのだし。

 とりあえずおちついてオイラもここで地図を広げると、ここでようやく

・風張峠はとんでもなく遠くにあり(現在地からさらに1時間)
・着いた所でバスが通ってないんで最寄のバス停までさらに1時間半くらい歩く事になる
・万が一4時41分のバスに乗り遅れると2時間待つハメになる

 ことに気づき、慌てて予定を修正。 手前の御林山を攻めて、そこまで行ってすぐに戻ってこようと修正した。考えてみたらさっきのおばさん達が休憩してた分岐点で温泉に降りて風呂浸かって帰るというのが一番最初の予定だから、これなら大した変更ではない。

 で、もそもそと針葉樹林帯を歩き、めでたく御林山(1078m)をクリア。頂上付近にも杉・ヒノキ類が植わっているため展望は大した事無いが、途中ちょっとだけ開けて眺めの良い所があるので気にならない。そもそも初めての1000m越えではないか!この後高水三山なんかを攻めて、その後ようやっと1000m級・・・と考えていたのだが、思いもかけずにちょいと足を伸ばしてクリアしてしまった。 
御林山頂上


 なんとなくニヤニヤしながら下っていったらさっきのおばさん達は分岐のところでまだ休憩していた。はよ出ないと日が暮れちゃいまっせ。

 で、ここからの下りがが意外なクセモノだった。 ちょっと下ると道が判らない位荒れていたり、判ってても危なっかしい道なのである。 具体的に言えば所謂ガレ場というのか、風化したボロボロの岩道で、乱暴に踏めば石が崩れ、浮いてる石が転がり、何てこと無さそうなとこですぐに足がとられるのである。 

 かと思うと広葉樹の落ち葉が分厚く敷き詰められたようになっている。 これ自体はクッションが効いて中々快適ではあるのだけど、雨が降ったら間違いなくツルッツルのトラップになるだろう。 

 ところどころ目印テープを巻いてくれているので道に迷う事はないと思うが、これまでの誰がどうやっても迷いっこない至れり尽くせりの快適シングルトラックからすると突然牙をむいたように感じられ中々手ごわい。体力の無い人や、疲労や病気で変調を来たした人、雨天の時はここから下るのは避けたほうが無難だろう。
 
 急に意地悪になった道を下っていくとなんとなくゆったりした陽だまりがあったのでここで2度目のオニギリ休憩(1時30分)。そそくさと下っていくとまた凄まじいガレ場が出てくるが、これまで殆ど聞こえていなかった生活音というかエンジン音がくっきり聞こえてくるようになってきた。いよいよこの登山道も終わりらしい。

 2時ちょうど。 蛇の湯温泉前(仲の平バス停)の登山口に到着。 なかなか歩き応えのあるハイキングは終了した。
仲の平側登山口



 この辺枝垂桜が満開なのでまるで歓待されたかのように浮つきながら車道を下っていく。もう一つの楽しみである「数馬温泉センター」が待っているのだ。予定では3時前後に到着して3~40分浸かって・・・という目論見だったが、この分だとたっぷり1時間使えるな・・・とワクワクしながら建物に近づいていった。

 コンクリート打ちっぱなしでなんとなく殺伐としているが・・・・まあいいや、とそのまま玄関口に近づいていたのだが、漂っていた殺伐感は建物のせいだけではなかった。


 「定休日」 
定休日


慌ててガイドブックを開くとしっかり書かれていた。「定休日は月曜」

がっくりとその場にくずおれたオイラは蛇の湯温泉に戻る気力も無くし、2時32分のバスに力なく乗り込んだのでありました。

 おまけに帰りのバスではライダーが事故って七転八倒しているのを見てしまった。いったいどうなっておるのだ。

続きを読む

スポンサーサイト

なかなか・・・。

 さて、本日は待ちに待った浅間嶺アタックの日だったのだが、あっさり中止になった。

 何のことはない、昨日うっかり夜更かしして寝坊してしまったのである。 とはいえいい天気なのに家でグダグダしてるのは勿体無いので自転車で檜原村でも行こうか、と全面的に日和見な方針でフラフラと家を出た。

 実は家のドアを開けた時点では「江ノ島にしよっかな~、またCome Va?のスコーン食べたいし・・・」というような気持だったのだが、フト上を見たらなんとなくこないだと同じ、空にもや~んと霞が掛かったような状況なので海に行く気が削がれてしまったのだ。 太陽が出ていても、こういう天気の時は海が灰色になってしまっていまひとつ盛り上がらないのよね。

 で、タマサイを遡上してとりあえず福生へ。途中、以前の台風と先日の大雨でざっくりえぐられた部分があり、やや難渋。
 睦橋を渡ってあきる野市に入ったのだが、手元にある地図とは違い、広く快適な一本道(睦橋通り)が通っている。考えてみれば今持ってるユニオン東京区分地図(マジ使い易い)は1997年発行!10年以上昔! 改測はそのさらに数年前だろうから全然違っていてもおかしくない。 六本木ヒルズも載ってないし、いい加減買い換えないといつかとんでもない事になりそうだ。

 さて、この睦橋通りは道幅もそこそこ広く、車もそれほどなく、走り易いっちゃ走り易いのだが、いかんせんまだ放置された空き地&できたばっかりの新興住宅&郊外型ディスカウントストアばかりの「典型的つまんない日本の郊外」な景色なんで走ってて退屈な事おびただしい。 特に飲食店は外壁にでかでかと

「ラーメン&中華&餃子」

と書いているようなゲンナリするような外観の店も少なくないので三浦湘南を走っている時に比べテンションは3割ぐらいていかしてしまう。

 それでもさらに進むと、あからさまな新興住宅から「庄屋」「代官」「村長(むらおさ)」テイストが溢れる落ち着いた日本家屋が増えてきてそこはかとなく気分も良くなる。 このテの大邸宅だと、でっかい石と松、あとなんかの庭木を配置した「センスのない典型的小金持ちの家」が少なくないのだが、他人を楽しませようという心のゆとりがあるのかどうか、綺麗な花を咲かせる木を植えているおうちも多く、なんとなく「よっしゃよっしゃ褒めてつかわす」という気分になる。イヤ俺は別に殿様じゃないけど。


 何か良くわからないけど虎柄テープと大量の警官によって封鎖され、TV局の車が列を成している家を横目に見ながらさらに進むと、ミニストップが見えてきたのでここで小休止。プリンパフェをかっこみ、再スタートを切る。


大きな地図で見る

 ここは武蔵増戸と武蔵五日市の中間ぐらいで、家を出るのはちょっと遅かったけど、この調子で頑張れば1時半ぐらいには檜原村につけるかな?という見込みが出てきた。 行きに3時間かけて、一時になったら引き返し、4時に家に着く・・・という見通しを立てていたのだが、卯の花ドーナツやゆずみそコンニャクをまた買いたいし、日のあるうちに帰れりゃオッケーなので頑張って桧原まで行こうか!と気合を入れなおしてペダルを踏み込んだその時だった。


 ガックン!


やっちゃった・・・。

側溝の蓋の隙間に前輪を突っ込んでしまった。
車が少ないのだからもうちょっとゆとりを持って道路真ん中目に寄ったほうがよかったのだが、ついいつもの通勤ルートの感覚でデコボコ危険地帯を行ってしまったのだ。

 が、さすが25mmタイヤ。前輪はプシューという音を立てず、平常運行。あーよかった。ま、後で来るかもしれないけどとりあえず先へ、と思ったら世の中そうは甘くなかった。カクンカクンと嫌な振動と、プシッ、プシッ、というエア抜け音。

 後輪がやられてるよ・・・・(T T)。

エアがあるうちにUターンし、歩道でチューブ交換。手持ちのSILCAフレームポンプは年代モノなんで高圧が入らず、下手にスピードを出して小石でも踏もうものなら何時パンクするか判らないぐらいの気圧までしか上げられない。 輪行袋があるならともかく、スペアチューブが残ってないこの状態で先に進むのは自殺行為なので、ここで切り上げる事にした。

 気圧が少ないとタイヤの転がり抵抗も大きく、いつも羽村(阿蘇神社)へ向かってからの帰りよりも辛く感じる。それでも3時前に和泉多摩川に到着してしまったので、プールに寄って上半身をじっくりほぐす事ができた。


 家に帰りパンク修理&ブログにカキカキしてふと
「そういやあの立ち入り禁止の立派な家なにがあったんだろ」とアサヒコムをサクサクと見ていたら、


東京・姉弟不明 口座から数百万円引き出し
2008年04月15日16時52分

 東京都あきる野市の50代の姉弟が行方不明になっている事件で、連絡がとれなくなった今月10日以降、姉弟の複数の口座から現金計数百万円が引き出されていたことが警視庁の調べでわかった。同庁は、事件に巻き込まれた可能性が高いとみて調べている。

 捜査1課などの調べでは、姉弟の親類が警視庁に届け出た12日の前後、複数回にわたり、複数の金融機関口座から現金が引き出されていた。都内の現金自動出入機(ATM)で引き出されており、同庁は防犯カメラの映像の分析を進めている。

 姉が勤務する調布市立図書館の幹部によると、10日午前8時ごろ、弟を名乗る男性が「姉は体調が悪いので今日は休む」と、同市役所の代表に電話をしてきたという。図書館職員が同日午後1時ごろに姉弟宅に電話したところ誰も出ず、その後連絡がとれなくなった。姉はそれまでは、休む際自分で直接職場に電話してきていたという。
http://www.asahi.com/national/update/0415/TKY200804150224.html
http://s03.megalodon.jp/2008-0415-1856-04/www.asahi.com/national/update/0415/TKY200804150224.html(ぎょたく)




((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル


そうそう、写真は撮るの忘れた。

三浦湘南をぐるりと

 本日は浅間尾根に行く予定であった。
 しかし、一つの懸念があった。

 「この時期の奥多摩とか檜原って花粉凄いんじゃね??」

 自分は今のところ花粉症は患っていないのだが、無思慮にクンカクンカと花粉排ガスその他を吸収していたらそのうち発症してきそうである。一度こういうネガティブイメージが浮かぶともう駄目で、行く気が失せてしまった。

 あまりに花粉の飛散量が凄まじそうな山はもうちょっと後回しでいいだろう、こっちより植物の動きは1~2週間遅れる山間部の事、どうせまだ新緑の芽も吹いてないだろうし・・・・ってことで、いつもと同じく海へ向かう事にした。

 本日のコースは以前ギョサンを買いにいこうとして失敗した(ぼんやりしてコースアウトしてしまった)三浦ショートカット周回コースである。

 横浜→金沢八景→田浦→横須賀→横須賀中央-(県道26号)→衣笠→武山→秋谷→葉山→逗子→鎌倉・江ノ島・・・

というやつ。
今日は前回の失敗を繰り返さぬよう、分岐のちょっと手前の汐入で地図確認をしたのでミスることなく正しいコースを行く事ができた。

が、この県道26号はのどかな田園風景の三浦市とは違い、いまひとつ冴えない景色が続いており、正直面白くない。自転車乗りとしては三浦西岸の「オイシイトコロ」(秋谷~葉山)に手っ取り早く向かうためだけのショートカットルート以上の意味は見出せない。


 さて、家を出るときから気づいていたのだが、今日は晴れといっても花粉なのか黄砂なのか薄ぼんやりした幕が掛かっているかのような空模様で、いまひとつ「スカッ」としていない。もうちょっと空が抜けていれば気分は最高なのだけどやや不完全燃焼といった趣。

 それでもやはり海の展望が開ける秋谷あたりまで来ると気分が沸き立つ。
先日山に登った際に食糧を買い込んだコンビニでジャムパンとプリンとバナナミルクという糖分過多の補給食を摂取したのち、再び北上。


長者ヶ崎周辺

 土曜日にしては比較的ましではあったが、やはり逗子より先からは渋滞がひどい。

真名瀬漁港
何時来てもステキな真名瀬漁港



 いつものルートを快調に飛ばし、江ノ島白灯堤防に向かう。材木座海岸では凧と鯉幟の競演。
材木座の鯉幟

今日は天気が良い事もあってさすがに満員だったが、釣果のほうは悲惨だったようだ。

 帰りがけにCome Va?でお土産のパンを購入したのち家へと向かう。

 今日は家を出た直後には死亡事故現場を見てしまうし(遺族らしい人が花を手向けていた)、途中の横浜ではド派手な追突事故を目撃、江ノ島大橋のまん前にある江ノ島ビュータワー前ではまさに他のサイクリストが事故って取調べ中・・・と災難を大量に目撃したので何時に無くビビリが入りながら帰宅したのでした。安全第一!



本日の走行距離 131.71km

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード