スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

でたよ~。

トレーニングで多摩サイ行きがてら国立のコンビニで買って来ちゃった♪」
朝日新聞1/31多摩版
スポンサーサイト

朝日新聞に

 オイラが26日に撮影した払沢の滝の写真が明日の朝日新聞の地方面・多摩版に出るらしいです。
さっき青梅駐在所の人から電話がありました。多摩地区の人は見てみてね(^^)

テーマ : 報告
ジャンル : 日記

払沢の滝リターンズ

 ここ数日の急激な冷え込みで、かなり氷結しそうな予感がしたんで行って来ました。東京は檜原村、払沢の滝。

昨年は暖冬でかなり悲惨な状況だったけれど、一昨日の夜からの急激な冷え込みは
「これはひょっとしたらひょっとすんじゃないの・・・・?」
と期待させてくれる物で、昨日ライブカメラを確認したら3割方氷結、このまま行けば5割は堅いな・・・・と予想していた。

が、昨日うっかり夜更かししちゃって家を出るのが遅くなり、向こうに着いたのは12時近く。 

武蔵五日市の駅を出ると(日当たりが良い所為もあるけど)ポカポカと暖かく、
「いかん!早く行かないと融けてしまう!」
と気ばかりあせってしまう。 この日は電車とバスのタイミングが良かったからいいようなものの、払沢の滝行きのバスは2時間に一本のようなペースなのでうっかり乗り過ごすとえらいことになってしまうのだ。

 バスを降り若干雪の残る山道を駆けていくと…。
氷爆1


半分以上凍ってるじゃないの!!!

何でも後で聞いたら朝方の結氷率は60%ぐらいだったそうで、一昨年見に行った時と同じくらい行ってた訳だ。

昼には気温が2度くらいまで上がってしまった事もあってジワジワ融け出してしまったのだけど(30分おきぐらいに大きい音を立てて氷の崩落があった)、結氷率が5割を超えていれば氷瀑としての存在感は充分である。

 100%までいくと水の動きがなくなってしまい、ただの巨大なツララになってしまうのでちょっとぐらい水が有ってもいいという人もいるのだ。


一昨年よりは暖かいとは言えやはりじっとしてるとクソ寒く、暖かいものが欲しくなる。今日はコンパクトストーブは持ってこなかったので魔法瓶に入れたホットコーヒーで一杯。くぅ~。美味い。

滝つぼ直下から見上げると又凄い迫力。


氷瀑2


空になった魔法瓶に水を詰めてお土産にして滝を後にした。
滝の入り口には有名な豆腐屋さんがあって、ここでおからドーナツと檜原名物のコンニャクを購入。なかなか美味しいのでオススメでありんす。

払沢の滝

20080126120310
寒い~~。

新年初走り

 忘年会と正月のご馳走ですっかりデヴデヴになってしまった。 あまり増えっぱなしだと後のダイエットもきついので今日はきっちり走って絞ろう!と言う事で本日は遠乗り。 予告どおりいつもの海岸沿いではなくて奥多摩方面へ向かった。
  

朝はクソ寒かったのだが、多摩川CRは日当たりも良くを走ってるうちに体が温まってきたのでウィンドブレーカーを脱いで走る事ができた。 ただ、28日ごろから天気も悪くずっと走ってなかった上、ここ数日の暴食で体重が増加してしまったので走りが鈍い。

多摩川CRより富士山を望む

羽村の取水堰まできっちり2時間掛かってしまった上、青梅を通過してからもイマイチスピードが上がらない。

大した登りでもないはずなのにきっちり体力が削られているような感触。12時までに奥多摩駅に着きたかったのだが、怪しくなってきた。

 記憶もいい加減で、御嶽の次がすぐ奥多摩だと思っていたのだが御嶽の次に川井、古里、鳩ノ巣、白丸と来てその後ようやく奥多摩なのであった。 ついでに順番の記憶も滅茶苦茶で、日向和田の後が川井でその次に御嶽だと思い込んでいた。何でこんな出鱈目な覚え方してたんだろう。

 ただ、奥多摩のド田舎っぷりは健在というかターボが掛かっていて、正月休みしちゃってるコンビニはあるし、食堂の類いも悉く閉まっていた。 この寂しさに加えて日が傾いて暗くなると走りの気合も著しく衰えてしまうので、頑張ってダッシュ。

12時ちょうどに鳩ノ巣を通過し、15分くらいに奥多摩ビジターセンターに到着。ここで持ってきた魔法瓶入りの熱々コーヒーと菓子パンで休憩(バーナーとドリッパーセット持ってくる気力が無かった)。 

奥多摩ビジターセンター前

 本当のキツイ登りはここからなのだが、奥多摩湖まで足を伸ばすと日のあるうちに帰れなくなるかもしれないし、なによりこういう寒い時に腰に負担をかけてギックリ腰を発症したりするとイヤなのでここで引き返す事にした。

 奥多摩湖まで足を伸ばしてUターンしてきたと思しきサイクリストに鳩ノ巣のあたりで追い付かれ、軍畑のあたりまでずっと引いてもらう。 登りはオイラが引くのだがいいペースメーカーになってもらったおかげで青梅市街に戻ってきても足はまだ残っていた。

 日向和田のあたりでもう一人合流し、この人はずっとオイラのケツについているのだが、青梅市外の分かれ道で別々になってしまった。ところが多摩川CRに入ったところで再び合流。立川から府中のあたりまでずっと引いてもらい、楽ちんの帰り道であった。

 本日の走行距離は136.27km。

奥多摩へ

20080103162903


プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。