スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潜れ!もっと潜れ!

DSCN2197.jpg

 また真鶴に潜りに行った。

 先日は真鶴にしてはかなりひどい濁りだったのだけれど、2~3日前から「抜けた」という情報が入ってきたので駆けつけたのだ。

 今年の夏は水に浸かってばかりで自転車も釣りもご無沙汰だが仕方ない。体は一個しかないのだ。


 さて、今日早速潜ってみると、確かに前よりは抜けているのだが、それほど感動するほどではない。
 前回油壺から真鶴に転戦して来て、「うん、確かにこっちのほうが少しは抜けてるね」と感じた程度の改善がまたあった、ぐらいだろうか。

 琴ヶ浜ダイビングセンターで「今日の透明度」が毎日出ているのだが、それによると前回は0.5~5mで、今日は10mというからかなり改善されているはずなのだが、スノーケリングだと今ひとつ実感できない。

 なんでもボンベしょってる人に聞くと、
「沖に出てちょっと潜るとかなり抜けてる」
とのことで、どうやら表層2~3mの部分だけが濁り、スノーケラーにとって良くないコンディションだったようだ。

 二度目となると慣れが出てきて、オキニの魚をじっくり見る余裕も出てくるし、「あっ!コイツは前もココにいたやつだ。同じ奴に違いない」なんて事も出てくる(タカッパ、キミの事だよ)。

 そして今回初めて遭遇できた魚も。

 ひょうきんなルックスのヨウジウオとサンゴの海ではおなじみのツノダシ。 いずれも一匹だけで所在無げに泳いでいた。あと、磯場の暴力団員といった趣のウツボもウネウネ。

 今日は前回より早め(10時前)にエントリしたのだが、昼過ぎから濁りが強くなってきたので2時前に切り上げることにした。


 今日は魚座が満員で30分以上待ちそうだったので向かいの朝漁亭(あさどれてい)で¥1,000のランチ(イナダ、マグロの刺身にアジのたたき、キンメダイの煮付けという豪華メニュー)をいただいた。 この楽しみがあるから、岩海岸や番場浦になかなか足が伸びていかないのである。

スポンサーサイト

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

tag : スノーケリング 真鶴

真鶴再び

20070825150452
 また潜ってきました。
今漁協の向かいの食堂で昼飯中(魚座が満員!)。

スノーケル買い替え

 昨日家に帰って機材を洗っていたら、スノーケルが変な感触。よく見たらマウスピースの右側部分が切れそうになっているではないか。知らないうちに力を入れて、噛み千切ってしまったようだ。

 今年中にもう2回くらいスノーケリングに行く予定だし、使用中にトラブルがあって続行できなくなるのもつまらないので早めに対処したほうがよかろう。

 ということで、早速AQU・AQU渋谷店に向かった。交換用パーツがあればそれで済ます予定だったが、

・交換パーツも結構それなりの値段がする。
・Aqua-Lungの製品をあんまし扱ってない。
・取り寄せに時間がかかる上に、ちゃんと適合パーツがあるかどうかも怪しい。


 ので、もう新しいのを買っちゃうことにした。 そうだよなー。19の時に沖縄で買ったやつだから、もう15年くらい使ってるわけで、買い換えても罰は当たらないよなー。

 マスク、フィン、スノーケル、同じブランドで統一したほうがいいのだが、さっきも言ったようにAqua-Lung製の物はあまり扱っていないので、選択肢はGULLとTUSAしかない。 使用してるマスクはGULLのMANTIS(メガネレンズを内蔵できる大ベストセラー)なのでGULLもいいかなと迷ったのであるが、結局価格の安さとアフターサポートの安心感でTUSAにしてしまった。

購入したのはインプレックス・ハイパードライ・エボリューションSP-461という大仰な名前のモデル。  メーカー希望小売価格は¥5,670だが、店頭価格は¥2,625だった。


 マスク(GULL)、フィン(Aqua-LungとReefTourer)、スノーケル(TUSA)が全部違うブランドという大変まぬけな状態になってしまったが、今後買い換えるときに少しずつ統一することにしよう。

 ついでにグローブも人差し指部分がボロボロになっているのでTUSAのサマーグローブを購入。 これでフジツボびっしりの岩場も安心である。 


 どうでもいいが今日は店員の女の子がFolder5のAKINAにそっくりのカワイコちゃんであった。

真鶴でスノーケリング

 先週の油壺に続き、今度は真鶴に行って来た。

 三浦半島では透明度が一番マシとは言え、やはり下水の普及率が悪く、なおかつ真夏の海水浴場だから、お世辞にも素晴らしいコンディションとはいえない。

 遠くてもいいからもうすこし環境のよいところで・・・と、どんどん要求が高まり、結局「漂着の浜辺から」の管理人氏オススメポイントである真鶴半島まで足を伸ばすことにしたのだ。

 真鶴のスノーケリングポイントとしては「岩海岸」「琴ヶ浜」「三つ石」「番場浦」があるが、どこへ行くかは向こうに着いてから決めればいいや・・・と、またいつも通りの行き当たりばったり方針のまま小田急に乗り込んだ。

 ところが今回はしょっぱなからトラブル発生。乗る予定の小田原行き急行が扉故障で運行停止。 次の急行も15分近く遅れ、30分近くロスしてしまった。小田原駅のJR乗り継ぎと真鶴駅でのバス発車時刻のタイミングも会わず、結局これだけで1時間近く損してしまった。

 で、真鶴駅前のバス停でアイスをかじりつつどこへ行こうかと思案していたのだが、潜った後腹が減ってるのに海の家の不味いやきそばなんてもう食いたくないんで、美味しいものが食べられる「魚座」の近くのほうが良い、という事で琴ヶ浜に決定してしまった。ここにはダイビングショップもあるくらいだから潜るにも良いとこなのであろう。

 バスを降りるとかなりの人出で、バーベキューやってる人なぞも沢山おり、なんとなく多摩川河川敷の様相を呈している。なんとなく浜外れの岩場のほうでコソコソと着替えを済ませ、岩場からエントリする。

20070814211823.jpg琴ヶ浜

なるほど、すぐ3mくらいの深さになっていてこれはやりやすい、が、残念ながら真鶴にしてはかなり濁っているのだろうか、こないだの油壺よか何ぼかマシ、といった程度(いいところで5mほど)で一部では殆ど味噌汁状態だった。

 が、コンディションの悪さを補って余りあるのが魚の多さ。 スズメダイ、ソラスズメ、ウミタナゴ、ベラ、カゴカキダイといった定番は勿論のこと、メジナ、オヤビッチャ、数は少ないがトゲチョウチョウウオなんかもちょろちょろ動き回っている。 特筆すべきはシラスの多さだろうか。ちょっと潜るとシラスに包まれて泳ぐような感じになる。

 油壺でも時折見かけたが、ボラなんかもこっちのヤツは二周りぐらい大きく、ビールの大瓶より大きく見えるヤツが悠然と泳いでいる。

 うーむうーむさすが豊潤なる海、と感心していると、なんとなんと可愛らしいイカの赤ちゃんがチョロチョロと群れをなして泳いでいるではないか。あまりの可愛さについ手を伸ばすと、

「シュッ!」


 舐めんなよとばかりにホンのちょびっとの墨を噴いて威嚇するではないか。 ああああああ。悶絶するぐらい可愛いぞ。

20070814212011.jpg浅場。こっちのほうが魚は沢山いた

 小腹が空いたので陸に上がり、カロリーメイトを齧ってから再び海に入ると、潮が満ちてきたせいか底層がやや冷たくなってきた。それでも浅く温い所がメインなので気にもしないでしばらく泳ぎ続けていると、なんだか妙な動きをする軟体さんが一匹。

 もじゃもじゃした鰓を持った紛れも無いウミウシさんであった。
真鶴はウミウシの宝庫とか聞いていたが、今日目にしたのはこれ一匹だった。 とはいえ、こないだ荒井浜で見たアオウミウシの3倍くらいのサイズで、動きも活発、色は地味だが、先カンブリア紀の突拍子も無い生き物的な形状に加え、人を食ったような前衛的な模様(黄土色のボディにクリーム色のイボイボがあり、あちこちにネオンブルーの斑点)なので、衝撃度はなかなか大きかった。 こんな変な奴にまた会えるのなら、次回はちゃんとした水中撮影のできるデジカメを用意しておいたほうがよかろう(図鑑で調べたところ、ミヤコウミウシらしい)

 結局ここで2時半までスノーケリングをし、その後遅い昼食へ。 行き先は真鶴に来た時にはココ!と固く心に決めている「魚座」である。 あまり人が多くて待たされるようだったらアジ餃子やアジ茶漬けが評判の「魚伝」に行ってもよかったのだが、それほど待たされないようだったので結局こっちに決めた。

20070814212612.jpgカメさんがお出迎え

 ところが、海水浴シーズンで普段より客が多いせいか、お気に入りの「地魚盛り定食」が品切れ。そこで今日はちょっと奮発して「アジ尽くし定食」それにビールを頂くことにした。

20070814212906.jpgアジのたたき、アジフライ、アジ骨せんべい、岩のりクラゲ、カニの味噌汁

 食べ終わるといつの間にか4時近くになっていた。 乗り遅れるとまた30分近く待つことになるので、慌ててバス停に向かう。ちょうど良いタイミングでバスがやってきた。  次回来る時には透明度がUPしていることを期待して真鶴を後にした。



ポイントマップはこちら

翌2008年のエントリはこちら

2009年のエントリはこちら

2010年のエントリはこちら

2011年のエントリはこちら

2013年のエントリはこちら

2014年のエントリはこちら

tag : スノーケリング 真鶴 琴ヶ浜

真鶴到着

20070814112031
JRの乗り換えもタイミングが悪く、バスの発車時刻にも合わず、11時過ぎにようやく発車。岩海岸と山下浜、迷った末に 「魚座に近い!」という理由で山下浜に決定。

真鶴へGO!

…と、思ったら早速トラブル。扉故障で小田原行き急行が一本運休…。

油壺水中写真

 水中用スナップキッズで撮った写真をUPします。

 まー2年前にも思ったことだが、生き物を撮ろうとする時に最近焦点距離75cmというのはどーにも使い勝手が悪い。

 スズメダイとかカエルウオとかのちっこいやつをなるべく大きく撮ろうと夢中で近づくとすぐにピンボケになってしまうのだ。やはりオリンパスμ770かSEA&SEA-DX860と併せて接写用のマクロコンバージョンレンズ買わないとだめかなぁ。

20070811013412.jpgソラスズメ


20070811013500.jpgクロホシイシモチ

20070811013548.jpgオハグロベラ


20070811013628.jpg濁ってるせいで判り難いけど、キビナゴらしき群れ(胴網海岸)


20070811013742.jpgおまけ。荒井浜の沖の小島から海水浴場を望む

油壺でスノーケリング

 カテゴリ名ですが特に泉鏡花とは関係有りません。なんとなくカッコイイのでパクリました。以降このカテゴリではスノーケリング、磯遊びその他を扱います。

 さて、6月下旬に荒井浜と胴網海岸に出かけたものの、イマイチの天気とうま煮汁のような濁りでちょっと浸かっただけであっさり逃げ出してきたのはご存知の通り(6/28のエントリ)。

 あの時に比べると、水温・日差しともより強くなってるわけで、透明度という観点から言えば余り期待できないのではあるが、今日はそれを補って余りある好天! 朝飯を食って直ぐに家を飛び出した。


 夏休み期間中とは言っても今日は平日のせいか電車・バスともそれほどレジャー客はいず空いていた。油壺行きのバスは一番後ろに高校生男子の群れがいるだけで、後はジジババが殆ど。海水浴に行きそうなのはあまりいない。 これは比較的マイナー場所だからで、三浦海岸とかこないだ中学生がどざえもんになった片瀬海岸とかは凄まじい人手なのだろう。

 東大の臨海実験所の脇を通り上から油壺湾を眺めるとなんとなく透明度も良さそう。

油壺湾(上から)

 さらに降りていくとウエットスーツを着てずぶ濡れわんこを連れた女性が向こうから歩いてきたのでコンディションを聞くと
「結構良く見えるし魚が一杯います」


荒井浜1

 よっしゃよっしゃ、とはやる気を抑えて公衆便所に入り(海の家?なんですかそれ)、海パンに履き替えて右手の磯場へ。 ここで先日釣具屋で買ったバカ安のラッシュガードを着用し、柔軟体操で体をほぐし海へ飛び込む。と、その前にもう一人から情報収集。

「透明度どうですか?」

「んー。まあ、夏なりです。」

 さっきと微妙に違うが、まあいいや。

荒井浜(右側磯場)

 飛び込んでみるとやはりこないだと大差は無いが、日差しが強い分安心感がある。 軽くジャックナイフで底へ行くと、底のほうがやや見通しがいい。

 沖の岩場に向かって進むと海藻のジャングルのまにまに地味なクロホシイシモチとウミタナゴ、あとどこにでもいるキュウセン(ベラ)等がお出迎え。あとそこかしこにルリスズメが。
 沖縄にいるのに比べて鮮やかさに欠ける気もするが、やはりあのネオンブルーを見ると心が湧き立つ。

 念の為に持ってきたギョニソーを奮発して魚を寄せ、水中用スナップキッズで撮影するが、波に動かされうまく撮れない。 多分手振れしまくってるだろう。こんなことならウェイトを持って来れば良かった。

 沖の磯場に到着するとやや流れと波が強くなるが、ある程度の泳力があればちっとも怖くないレベル(ただし油断は禁物)。ここではとってもラブリーなカエルウオが! あああ、接写のできる水中カメラがあれば・・・。そこまで行かずとも携帯用の防水パックを買っておけばよかった。

 まあ、そんなこんなで無駄にフィルムを消耗しつつあちこち回っていたら結構な数のお魚さんと遭遇することが出来た。

 クロホシイシモチ(ネンブツダイ?)
 ソラスズメ
 ウミタナゴ
 キュウセン
 キヌバリ
 カゴカキダイ
 草フグ
 トラギス
 オハグロベラ
 カエルウオ
 
 などなど。

 もうちと透明度が高いと言う事無しなのだが、そんな贅沢をたれつつも夢中で潜ってるうちに1時になってしまった。一応カロリーメイトは持ってきているのだが、それだけでは腹が納得しなさそうなので海の家で焼きそばを食う。 海の家にしてはマトモな値段だったがしっかり不味かった。

 飯のあとここで2時まで潜り、今度は前回水にも浸からず逃げ出した胴網海岸へ向かう。

続きを読む

スノーケリング中!

20070809154331
透明度はイマイチ。魚はけっこう沢山。一番目につくのはクロホシイシモチで、その次がルリスズメ。沖の根にとっても可愛いカエルウオが…。 さて、もうひと泳ぎしますか。

海神別荘

時刻表


ではちょっと海に行って来ます。

テスト

20070808104539
携帯からの書き込みテスト
プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。