スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また買っちゃった

 上州屋は30日が「さおの日」で竿購入時のポイントが2倍になるのでおもわず買ってしまった。

遠投磯竿スズミ釣具・SeaLord 磯Ⅱ 遠投 (3号 5.3m)

 横須賀で爆弾(浮きサビキ)やる時に使う予定。 今使ってるTARGET 美浦(3m)だとちょっと短くて、投げサビキ専用の仕掛け(ハヤブサ 飛ばしサビキなど)じゃないと使いにくいので購入を決心。空いてる釣り場では普段のサビキでも使いたい(こっちのほうが沖目に出せるからね)。

 ほんとはイナダでも釣れるといいんだけど・・・。 


スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

tag : 釣竿

最近お気に入りのスイーツ

 釣りに行く時、釣れないとなんとなく手持ち無沙汰になるので夏以外は大体甘いものを持っていくのだが、最近はいわゆるしみこみチョコ系がお気に入りである。
 
 きっかけは「CAとお呼びっ!」の2巻で登場したブルボンのチョトスだったのだが(主人公のCA山田紗英がライバル社のCAと99円ショップで残り一個のチョトスを取り合って喧嘩する)、その後近所の100円ローソンでリスカの「サクサクしっとりチョコ」を発見しこっちに転向(だってチョトスって55gで126円なのにこっちは90gで105円だぜ)。

 今日は片瀬江ノ島駅前のサンクスでそっくりの(味も歯ごたえも殆ど同じ)でん六「ショコラコーン」を発見し、購入した。でん六のものは形状が星型でなかなかラブリー。 
 
 コンビニによってラインナップが違うようだから、チェックしておこう。
 
 

旅するザック~先輩たち・番外編~


 旧ブログから必要な記事を移植したのでようやくこのエントリーを書くことができる。ほんとは先週のうちUPしたかったのだが。

 今ではマイナーになってしまったフレームザックであるが、かつては大いに席巻したことは以前に書いたとおりだ。

 そして日本のアウトドア界でも著名な方が使用していたシーンが登場する本なども紹介したのだが、先日いろいろとバカネタの蒐集をしていたら、現在30代の方なら日本の誰もが知っている、思いもかけない人がフレームザックを使用していることが明らかになったので報告したい。

 それは誰か・・・?




















川口浩隊長
 
隊長ぉ~!

tag : 川口浩

本日も江ノ島で轟沈

ほんとーは明日の予定だったんだけど、明日は雨の予報だったので急に今日にスライド。

 昨日は遅くまで仕事だったためあまり早起きして遠くへ行く気も起きないし、アオイソメの用意もないので結局江ノ島へ・・・。

白灯堤防周辺

 トリックサビキとアミコマセ、1.8mのコンパクトロッドだけの用意なので最初っから釣果は期待してなかったが、「こういうときに限って意外といいんだよね」などと虫のいいことを考えないでもなかった。

 白灯堤防に行く前に「ダメ釣り場」のイメージの強い噴水公園前に行ってみると、なんという事か「舌平目が結構来ましたね。ほんの4~5mのとこですよ」ですと。今日は魚の活性がヒジョーに高いらしい。弥が上にも期待が高まる。

 白灯に着くと何時も通り混雑なのだが、運よく特等席の先っちょが一人分空いており、いれてもらう。 が、よく見ると下に魚が捨ててあって、よく見ると

キタマクラ

 隣のおじさんが上げた魚を見たら

これまたキタマクラ

 さっきの期待感があっという間に萎む。
 気を取り直してトリック開始。 しばらくするとびょ~んとバネをはじいたような独特の魚信。

 ちっともおいしくないトウゴロウである

上から見てもくっきり判るぐらいに大量のトウゴロウが湧いているのだが、事件はこの後に起こる。 トウゴロウを喰いにソウダガツオの群れが大量接岸し、堤防先端は大パニックになった。

 常連オヤジたちが一斉にマウスと弓角を振り、カツオ祭りに突入である。  ソウダガツオというのは横に突っ走る魚であるからオマツリしないように強引に抜き上げなきゃいけないのだが、そこは限られた白灯先端部に大量のオヤジである。混乱しないわけがない。 

「おら!抜き上げるぞ!後ろ!どけ!」「絡む絡む!どいてどいて!」「投げるのは左から順番!」「あ~っ!ばらした!」

などなど、いいトシしたオッサンが浅ましく勇ましくカツオと対決していくのであった。 見たことはないが、恐らくゴールドラッシュのころの豪州や北海道はこんな光景であったのだろう。 弓ヅノを持っていない人間から見るとヤバイくらいに皆殺気立っていた。

 一方オイラはといえば針3号ハリス0.4号のつましいワカサギ仕掛けであるから手の打ちようがない。

 おこぼれに預かるどころか、トウゴロウも必死の逃亡をしているため目の前のコマセにも反応しない有様。

 こういう状況の時は釣り以外の楽しみを追求するに限るので、カツオ祭りを横目に持ってきたコールマンのバーナーでアツアツのカップめんを作り、コーヒーを沸かし、ティータイムをしゃれ込む。潮風で口の中がしょっぱくなってるので甘いものがうまい。
ちょっと一服

 4時を過ぎるといかにも怪しい雲がどよどよと迫ってきたのでコマセ切れと同時に納竿とした。  

 せっかくなので白灯の反対側から釜の口に入り込む。 磯釣り道場として名高い釣り場であるが、俺が前のオッサンに声をかけようとしたまさにその瞬間、20cmほどのメジナを釣り上げた。 そのオッサン俺をまじまじと見て「・・・いる?」

 このサイズだとまだ美味しくないので丁重にお断りして横を見ると、隣のオッサンのバッカンには40cm程の綺麗な黄色いシッポの魚体が。

 イナダだーっ!


 思わず声を上げてしまったが、そのオッサン恥ずかしかったのか、
「いやいや、一匹だけ。まぐれまぐれ」
と、何処までも謙虚なのである。 

 うーむ。ホンモノの釣り師というのは謙虚なものなのだなぁ。 認識を新たに帰宅の徒についた。


 本日の釣果 トウゴロウ9尾 コッパメジナ1尾


 この後江ノ島の猫にトウゴロウをくれてやったのだが、そっぽ向きやがった。舐めてんのかコラ。

猫またぎ 

はじめてのPE

 トレーニングのため祖師谷のプールに行ったついでに上州屋環八世田谷店でお買い物をした。

 購入したのは投げ釣り用のPEライン。 これまでずっとナイロンラインを使っていたのだが、久里浜であった中学生の坊主の熱い勧めもあって、ついに決断したのだ。 ナイロンより小さい号数(つまり軽く細い)で同じ強度を保て長持ちもするということだったが、値段も5倍位するし、その軽さが仇になる(水に浮くためモーターボートなどに切られ易い)というデメリットもあるので二の足を踏んでいたのだ。
 
 いつも行く渋谷店や溝の口店で売ってるサンラインやゴーセンのものだったら買わなかっただろうが(メーカー小売価格7500円で、実売5500円くらいする)、世田谷店には「ヤマトヨテグス」という聞いたことのないメーカーのものが3500円(メーカー希望6000円)で販売しており、ついに「俺内財務省」のゴーサインが出た。
 
 ここでは「サーフファイターPE遠投」のほか、メガネにクリップで取り付ける偏光グラスと木の柄がついたカトラリーもついでに購入。去年見事に惨敗した冬の投げ釣りシーンのリベンジ体制は整った。

久々に購入

MTBにつけていたペダルをロードに移植してしまったので、MTBのクランクにペダルがついていないままだったが、新しいMTB用のペダルをようやく購入した。

 購入したのはシマノのPD-M540。 最上級モデルのPD-M959の概ね半額で性能は遜色ないとの事だから、コストパフォーマンスを追及する自分にとってはぴったりである。
 
 CHARICのレビューでも殆どが絶賛と呼べるほどの好評なので使用感が非常に楽しみなところ。13日のツーリングの際にはMTBを使用する予定なので、おおまかな印象はつかめるだろう。
プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。