スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花見

img20060407.jpg

 砧公園で友人と花見。

dscn1313.jpg

 平日なのになんであんなに人が(←自分は?)
スポンサーサイト

旅するザック~薀蓄~

 さて、フレームザックが欲しいなあと思って動き始めてからもうすぐ2ヶ月。

 人間何かが欲しいと思って動き回ると不思議と情報が集まってくるもので(いままで身近にあっても関心が無いから見落としてるだけという気もするが)、雑誌「山と渓谷」の今月号で「進化する道具」特集でワリと大きくフレームザックが取り上げられていたので要約してちょっと紹介したい。


 フレームザックの原型は、木枠に帆布をかぶせたような構造の「パックボード」とされている。1920年にロイド・ネルソンがアラスカ原野行の経験を下に開発した「トラッパー・ネルソン」が有名で、「トラッパー・ネルソン」とこれに良く似た「ユーコンパックボード」で市場のシェアのほとんどを占めていたという。主に使われたのはボーイスカウトの現場のようだ。

トラッパーネルソン
トラッパーネルソン


ユーコン・パックボード
ユーコン・パックボード




commando.jpg
ユーコンパックボードを使う兵隊。入っているのはロケット砲?




 重量のある木枠と帆布のパックボードを軽量なアルミパイプとナイロンで改良したのがディック・ケルティで、登場した「ケルティA4」は重量はそれまでのパックボードの半分、背負える荷物の重量は倍に増えたという。  

 フレームザックが一気にブレイクするのが、ベトナム戦争後のヒッピームーブメントで、生きていくのに最低限必要な生活用具一式をすべて背負い、歩くというバックパッカーのスタイルとマッチして支持されたようだ。

 全盛期には現在カジュアル・ファッションとしても人気のあるノースフェイスや、「ザックのロールスロイス」の異名をとるグレゴリーの前身であるサンバードもフレームザックを作っていたようだが、グレゴリーが開発した「カシン」を初めとするインターナルフレーム(ザック内に背中に合わせて加工できる薄い鋼板が内蔵されている)の隆盛とともに製作するメーカーは減少しているようだ。

 山と渓谷の記事で興味深かったのが、山岳用リュックサックのトップメーカー、ミレー(MILLET)草創期の製品。

 8000メートル峰(アンナプルナ)の頂上に人類初めて到達したルイ・ラシュナルの為に作ったリュックは、ぱっと見はフツーのキスリングなのだが、その背面部分はスチール製の細いパイプフレームに蒸れ防止のバンドが装備されており、これこそがフレームザックの原型なのでは?と思わせるつくりなのだ。

  ミレーは高峰アタック用のザックとして進化していったため現在のフレームザックのような進化はしていかなかったが(フレームザックを作ってはいたが、現在はラインナップから外れている)、こちらのほうに進化して行ったらどうなっていたのだろうか?

 記事中では最新システム、マウンテンハードウェア・エクソダス(日本未入荷)のヒントになったのではと指摘されているが・・・。

 
 さて、現在フレームザックを購入するとすると、オイラがやったようにREI、LLBeanなどの国際通販を利用するか、アメリカ国内限定のアウトドア通販サイトの商品を個人輸入代行業者を経由して入手することになる。

 アメリカ国内限定サイトで見てもやはり入手しやすいのは草創のケルティと、D3,D5で大ブレイクしたジャンスポーツのフレームザック2大巨頭のようだ。 これにランタンで有名なコールマン、アウトドアプロダクツなどが続く。 他にはTexsports等大手スポーツ用品店のオリジナル物もあるようだ。
 
 アメリカ国外のものだとナイフで有名なスイスのウェンガー、南極点一番乗りで名高いロアルド・アムンゼンも使用したノルウェーのベルガンスなどがあるが、高価な上にオークション以外での入手は難しいようだ。


ウェンガー・マッターホルン
ウェンガー・マッターホルン
独特の色合い。

ベルガンス・フィンマルク
ベルガンス・2800フィンマルク
制式軍用品なのかアーミーテイストが強い

旅するザック~買ってしまいました~

 たった今

REI(レクレーショナル・エキップメント・インク)アウトレットのオンライン通販で、ケルティのフレームザックを買ってしまいました!!

買ったのは2005年モデルのシェラ・クレスト(実は女性用)、現行モデルではトレッカー3900ST(ショートトルソー)が一番近いでしょうか。

kelty1.jpgkelty2.jpg


 3900キュービックインチ(64リットル)、適正トルソー(胴長)サイズが13~21インチなので17.7インチのオイラにはピッタリでしょう。

通常125ドルのところ 32%引きで84.93ドル、送料が32ドルなので合計概ね117ドル。
117×117=13689円。
 モ○ベルの65リットルザックの希望小売価格が19950円だから・・・。うひひひひ。お得だな。


 しかし初のクレジットカード決済。だいじょぶだろうか?

tag : KELTY フレームザック

坊主三度目 いよいよ和尚か?

 ボウズが常態化してきました。
 さすがに2連続となる堪えるなぁ・・・。

 この日は友人と誘い合わせて(オイラだけ先に入釣)横浜うみかぜ公園へ。

 前日の天気予報、「穏やかな晴れ」を信用して行ったのだが、到着するとイガグリカットしたオイラの頭を苛めるかのような寒風が吹き荒び、会場は白波。おいおいおい、風強いじゃん!

 ・・・あれ?というか、前もこんなことあったような・・・。

 右端の石積みブロック帯で秘密兵器「風神玉」を使ってメバルでも狙おうかと思ったのだが、風に押し返されるは流されるわでまるで釣りにならない。

 仕方なくブラーや遊動パイプ天秤を使って真下を攻めてみたのだが、砂糖に群がる蟻のごとく押し寄せるコッパタナゴやキュウセンの気配もしない。どうなってんだ。

 投げようにも底荒れしているのか飛距離が伸びないせいか、周囲は一投ごとに根がかりする状況。オイラも一発で遊動フロート天秤とテーパーラインをパァにしやる気をそがれる。

 そんなところにフラフラと友人が現れたので一服することにした。コンロでラーメンを作り、猿島を眺めつつ啜り上げ、「ココは駄目だから場所変えね」


 さて三崎口駅を降りてから、油壺か三崎か城ヶ島、一番先に来たバスの行き先に任せるというとんでもなく行き当たりばったりな姿勢で臨んでいたのだが、やって来たバスは油壺行き。

 油壺に到着すると、まあ、雑誌で警告されてはいたのだが、かなり困った状況だった。

 春先の海藻(ヒジキ、カジメ、アラメ、オオバモク、イソモクetc、何が何やらワケワカメ)大発生でポイントが極端に狭くなっているのである。こういうときは精密なピンポイントキャスティングが求められるのだが、どこに飛んでくかわからんオイラのキャスティングでは望むべくもなし。

  海藻帯をなんとか越えたと思ったらアマモ場につっこんじゃったりで二進も三進も行かなくなってしまった。なんか重さを感じてあげてみたら毎度おなじみのお星様。
またかよ・・・
 おまけに安物を使っていたせいか、サブの竿を投げた拍子に4号ラインが破断。遊動パイプ天秤がどっかへ飛んでいってしまった。

 結局この日は10号ジェット、15号フロート、遊動パイプの天秤3つとブラー一個をロストし釣果ゼロ、という過去最悪の結果になってしまった。ああ、お魚さんはどこへ・・・・。

tag : 釣り 横須賀 油壺

二度目の坊主

 本日通算2度目の坊主をやってしまいました。それも期待度の高い久里浜と城ヶ島のダブルヘッダ-で。

 どうも駄目だな。お魚さんたちはいるんだろうか。

 寒風に祟られた去年の大晦日でも何とか2尾あげたんだから今日は何とかなるかと踏んだのだが。

 まあ、現場でちょっとやな予感してたんだけどね。

 いつもは防波堤に行けばコッパメジナやらチンピラタナゴやらトウゴロウやら草フグやらボラが上から見てもわかるくらいチョロチョロしてるのに、今日はお魚さんの気配がまったくなかった。
 
 久里浜の平作川河口堤は古くて表面がモロモロなだけあって着生生物も多く(フジツボや貽貝)、魚の居着きも良いのだが、そんなところでも駄目なのだからさっさと打ち切るべきだったのかもしれない。

 考えられる敗因としては前日の雨で淡水が大量に流れ込んだというものだが、もうひとつ、地元の釣り師の爺さんのがかなり衝撃的な指摘をした。

 現在工事中で入れない「ニチロ岸壁」の護岸を新しく造成する過程で流し込んでいるコンクリートから滲出する化学物質のせいで魚が逃げているのではないかというのである。 

 コンクリート自体も石灰やらスラグやらいろいろ混ぜるものだし、凝固促進のためにいろいろ添加剤を加えるからそういうこともあるかも知れないが・・・

 半信半疑のオイラに爺さん、すげェ事を言った。

 「だってさぁ、海水舐めたらよ、塩辛いんじゃなくて酸っぱいんだもの・・・。」

 う~む。

 そうすっと化学物質の滲出が止まり、岸壁の表面に着生生物が居着くくらいに馴染むまで諦めたほうが良いのかしらん・・・。

 天秤を使った普通の投げに加えて新兵器ブラーも試したのだが、何故かアオイソが途中からぶっちぎれるだけ(フグだったのだろうか?)で目立った反応なく、例によって満ち潮で足場が狭くなったので、バーナーでジャガタマベーコンラーメンをこしらえて腹ごなしすると、撤収とあいなった。


 久里浜を撤収しやってきた城ヶ島ではさらに悲惨なことになった。

 新調したロッドケース(リールを着けたままで収納できる)を開けると、なんとパワーサーフの先端がガイド部分からポッキリ折れているのである。 仕方なくコンパクトロッドとブラーで始めたのだが、周りはクロダイ師ばかり・・・つまり水に濁りが入っている状況。 たまにボラがチョロチョロ泳いでいるが、魚影が薄いことには変わりない。

 三浦漁連の冷凍工場がらは魚のカスが排水から流れてるので寄りはいいはずなのだが・・・。

 思いっきり投げたいので白秋碑前に移動したのだが、ココの前は既にアマモがびっしり生えているらしく、海草掛かりが頻発。最初は無理やり引き千切っていたのだが、最後には本物の根がかりでパイプ天秤ごと持っていかれてしまった。

 結局買った餌のうちアオイソもアサリも半分も使わず終了。 もったいない。

 パックを開けたアオイソは砂浜に逃がし、未開封のパックは自宅で塩漬けにすることにして持ち帰った。



 あ~あ。次回は釣れるかな。

tag : 釣り 城ヶ島 久里浜

旅するザック~起死回生~

 英語力の欠如ゆえ、海外通販が駄目、手続き面倒、と考えていたわけだが、さすがに高度資本主義社会ニッポン。そういう面倒な事を代わりにしてくれる商売ってあるのだね。

 ヤフーの海外サイトから何故か国内サイトに飛ばされ、行き着いたのがショップ・ドットコム。他にも何か無いべか、と「個人輸入」でぐぐってみたらおあつらえ向きのがありました。


 プライベートインポート


 海外の通販業者からオレゴン州にある在米サービスセンター宛てに送り、そこからUSポスタルでこっちに送ってもらう・・・ということになるわけだ。この手で海外配送サービスを行っていない業者の商品も日本に取り寄せることができる。

 業者によっては米国内送料がタダだし、国内消費税無料のところもあるから、うまく組み合わせれば2万円以下であげることができる。ヤマト国際便は容積重量制だから大型のフレームパックだと商品価格以上(120㌦)の送料がかかってしまうようだが、USポスタルなら40㌦前後になりそうだ。

 あとは海外アウトドア通販会社から掘り出し物が出るのを待つ・・・ということだな。

 この際もうクレジットカードは嫌などは言っていられまい。 
 とりあえずヴィサかマスター1枚作って、この買い物済ませたら解約しちまえばいいのだ。

プロレスラーと遭遇

昨日(28日深夜)、 帰宅途中にNOAHの本多多聞さんと遭遇しました。

 やっぱデカイね。 

 なぜ釣りカテゴリーかと疑問の方は月刊「磯・投げ情報」を読みましょう

旅するザック~轟沈~

 とりあえず報告

コールマン日本法人のサイトの問い合わせフォームで聞いてみたところ、

「カタログ記載の国内取扱商品以外の製品については現在個別の取り寄せは行っておりません」


とのことでした。ま、当然だわな。そんなわがまま聞いてられんだろ。

でもさぁ、ジャンスポーツもケルティも駄目な状況なんだから、コールマンがやれば一人勝ちだよ?
(一人負けの可能性もあるか。ははは)

安定供給とまでいかなくても、ボズマンパック限定100個とかで、どうかなぁ?

日本に変わり者、100人くらいいるでしょ!
プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。