スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅するザック~国内メーカーのは無いワケ?~

 海外ではまだフレームザックは健在なのはわかったが、国内ではどうなのだろう? どこか陰に隠れて細々と作っているのではないか? しつこく探してみたら、在るには在った。


ビータックルオリジナルバックパックオリジナルFP


 しかし。

 ちょっとイモい。
 それと下の部分が折り畳みというのは収納には良いのだが、この折り畳み部分が一番過重や衝撃弱く、故障などのトラブルの原因になりがちなのだ。なので、すぐ飛びつくわけには行かぬ。


 さて、旅行用という枠を取っ払ってしまえばこんなものがあるのだが・・・・


ダイワ精工 プロバイザーバックパック
プロバイザーBP 




 本来険しい磯場や川の源流部で釣り座を構えるための物なので、バッグ部分の容量はそれほど大きくない。その分空いた下の大きなスペースはクーラーボックスやバッカン(バケツとバッグの中間のような入れ物)を固定する為のものだろう。

 雨の多いときや沢をつめるようなシチュエーションならありだろうが、4~5泊の旅行にはどうだろうか。

 そうすっとやはりこれしかない。


 タトンカ・ショイコパック(Packsack Lastenkraxe)
タトンカ ショイコパック




 この辺は最後の手段に取っておいて、あくまで本場物のフレームザックを入手したい。

 まず、メーカーの日本代理店に無理してお願いするという手を使って、それが駄目となるとやはり個人輸入か。

 と言ってもオイラはクレジットカードを作るのが絶対に嫌なので、もう人に頼るしかあるまい。 というわけで、万策尽きたらハワイで仕事してる叔父さんに頼んで買ってきてもらうことにした。 無事入手できるかどうかは楽しみに見ていてほしい。
スポンサーサイト

旅するザック~そうだ、フレームザックを買おう~

 先日のエントリで書いたフレームザックの話の続き。


  フレームザック(エクスターナル・フレームパック)は重心が高くなり肩ではなく腰に荷重がかかる為、それまで主流だったキスリングザックに比べ圧倒的に背負い心地がよく、長期旅行者に人気の出たザックである。


 オイラの学生の頃にはまだアウトドア専門店以外に、DIYストアでも手に入ったのだが、最近では全くといって良いほど見なくなってしまった。  何故か。日本で使うには弱点があるからである。


  金属フレームが体より外に迫り出し、出し入れに便利なポケット部分も左右に飛び出している為に現在主流のインターナルフレームザックなんかに比べて横幅が広くなっている。  広大な野原を放浪するようなスタイルならば別に問題は無いのだが、狭い日本では邪魔になることが多いのだ。 登山道は岩が迫り出していたり、ヤブ道だったりすることが多くて引っかかるし、そこに至るまでの街なかもアメリカに比べると混雑が酷いときている。


  それに加え、外国製のフレームザックは概ね巨漢向けに出来ていることが多く(レギュラーサイズで170cm以上)、なんか合わねえな、という方も多かったのであろう。  そんなわけで日本ではフレームザックは淘汰された。


  何でそんなフレームザックに拘るのか?と聞かれると答えに窮してしまうが、まず村上宣寛氏 (野宿完全マニュアル)の呪縛から離れられないのがひとつ(本人はもうソフトパックを使ってるが)。


 そしてもうひとつはフレームザックが漂わせる「遊び」「旅」の雰囲気が堪らない、というのが理由だろうか。  ぶっちゃけ今主流のソフトパックって「登山」「学術探検」のような、一種求道士的なイメージが強くなってしまい、ゆとりと言うか面白みに欠ける感じがしてしまうのである。  フレームザックのほうが「旅」「放浪」のイメージが濃厚で、基本的にテーゲーなオイラとしてはこっちが似合いである。大体、学生時代とは違ってせいぜい3~4日しか休みが取れないんだから、そういうときぐらい放浪者の気分に浸りたいではないか。


  さて、バックパッキングの元祖アメリカではどうかというと、これまた現在ではソフトパックが主流になっている。 が、さすが本場、というか環境が恵まれているせいもあるが、今でもしっかりフレームザックは根付いているのである。 通販やアウトドアブランドの海外サイトを検索したらこのとおり。


ケルティ
ジャンスポーツ
コールマン
アウトドアプロダクツ
フィールドライン
マッドドッグギア
マウンテンスミス
ウェンガー


  マッドドッグギアとかフィールドラインのような日本でもずっとマイナーなメーカーはともかくとして、コールマン、ジャンスポーツなど日本法人がしっかりと根付いてるメーカーでもフレームザック(だけではなく大型のバックパックが全部であるが)が供給されていないのは不満である。
 LLビーン、REIなどで個人輸入するしかしかないのだろう。  ちなみに日本国内で通販以外でフレームザックを買うならばこんなのもあるが









アメリカ陸軍制式LC-2アリスパック


アリスパック


 


 巨漢の米兵じゃないと使えないだろ・・・。
チビの俺としては見送り。

欲しい!

 もう作ってないだろと諦めながらネット探していたら


ありました!

ケルティ・フレームザック


フレームザックな~。
なんとなく憧れてたんだよなぁ。
キスリングは論外として、アタックザックもしっくり来なかった俺。
最後の望みがこれだった。

タトンカのショイコも悪くないが、こっちのほうがずっと正統派っぽい。
でもどこもちゃんと扱ってないんだよな。
どっか安定供給してケロ。 ケルティ フレームザック

tag : KELTY フレームザック

プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。