鎌倉ハイキングコース歩きたおし


 払沢の滝でたっぷしマイナスイオンを吸収した2日後、鎌倉ハイクに出かけた。 おまい一体何時仕事しとるんじゃという疑問はさておき、オバQ線は江ノ島へと走る。

 今日はヘヴィに江ノ電を使わず長谷まで歩き、その後大仏ハイキングコースと天園ハイキングコースをいっぺんに歩き通そうという腹積もりなのだ。

 天気は悪くないのだが、空気はやや霞み気味。富士山が雪を被っているのは嬉しいのだが、前回に比べチト見通しが悪いのは残念。

enosima.jpg

 鎌倉海浜公園のあたりから高徳院方面へ向かい大仏ハイキングコースへ。かなり暖かくなったので雪はほとんど溶けているが、ぬかるみのせいで滑りやすい。

 大仏ハイキングコースはやたらとリスが多く、この日も木の枝づたいにそこら中を走り回っていた。意外にも鳴き声がデカイ。

 ドライフルーツをかじりながら1時間ちょっとで走破し、一気に天園ハイキングコースに入るとこちらは日陰のせいかワリと雪が残っている。今日でこれだけ残っているのだから、まだ気温の上がっていなかった2日前に来たらもっと大変なことになっていただろう。 滝見物と今日のスケジュールを逆にしていたらどっちも駄目になるところだった。

tenen.jpg

 いつもは鎌倉宮方面から入るのだがコースが逆なので何か勝手が違う。せっかく持ってきたコールマンのストーブをどこで使おっかな等と考えている内、ハイライトの天台山に着いてしまった。 ここでお茶でも飲んだら良いのだろうが、雪はまだ結構残ってるし、ベンチもないのでもうちょっと先へ進む。
tendaisan.jpg


 んじゃあもうちょっと先の天園茶屋の見晴らし岩のあたりで茶でも沸かすか、と考えていたのだが、同じ事考えてる人に先を越された。 3人がココを占領しオシルコを頬張っていたのである。しかたなく先へ進んだのだが・・・

 この先はこれまで以上に日当たりが悪く、雪が残っているかドロドロにぬかるんでいるかなので地べたに座って茶を沸かすなんて事がちょっと考えられない。それどころか笹ヤブが雪の重みでデローンと垂れ下がっているところまであり、なかなかスリリングなコースになってしまっていた。

tenen2.jpg


 結局ハイキングコースで富士山を眺めながらお茶を飲むという目的は達せられなかったが、まあいいか。滅多にない雪のハイキングができたのだから。

 さてこの後いつもどおりタカラヤでパンを購入し、横須賀へ移動。
軍放出品ストアでGIストーブ(こんなやつ)でも買おうかと思っていたのだが(←オプチマスやコールマンも碌に使って無い癖にこの上さらに買おうとしてる馬鹿)、売ってるのは軍モノというより時代遅れのツッパリ(ヤンキーと書かずに敢えてこう書く)が愛用してそうなイタイスカジャンばっかし。

 GIストーブとかザックとか無いのお?と尋ねたら、店主のおっさんは不機嫌な表情を隠すでもなく、

「イラク戦争以降、作業服みたいなの以外に放出品が全然出ないんだよ。 テントとか寝袋とか、ストーブとか、ハードウェア関係は全部駄目。ま、イラク戦争終わるまでどうしようもないね」

とのこと。

 がっくりと肩を落としドブ板通りを後にした。

 せっかく横須賀まで来たのに無駄足で帰るのもアホらしいのでヴェルニー公園に向かい、ここでお茶することにした。 しかし公園で煮炊きしてるとホームレスみたいだな。着てるのは穴開きジャージだし。

 正面に見えるのは富士山じゃなくてブキミな潜水艦。
submarine.jpg

日の暮れる港町で一服・・・こう書くといい感じだがなんだか落ち着かない。 なんだかケツの座りの悪い違和感を覚えたまま横須賀を後にした。 それにしても横須賀線は川崎まで直通じゃないのね。ちょと不便。
スポンサーサイト

tag : 鎌倉 ハイキング

東京の氷瀑・払沢の滝

 以前登場した美白の美女(仮称:まみタソ)とちーと話していた時の事。

「海もいいですけど・・里山もいいですよ。高尾山とか。ふふっ」

 そんなわけで(どんなわけだ!)いつも鎌倉ばっかいってるオイラ、山方面へ行くことにした。

 行き先は高尾山よりもっと奥。桧原村は払沢(ほっさわ)の滝。

 美しく氷結する姿が新聞の東京面に登場するのを見た方もいると思う。ずいぶん前から気になっていたのだが、延び延びになっていた。それが美女の一言ですぐ腰が上がるのだからオイラもお調子者だな。

 さて、なぜそう後回しになっていたかというと、がっくりするほどの便の悪さが理由だ。

 JR中央線→青梅線→五日市線 と乗り継ぎ、終点の武蔵五日市駅からさらにバス。このバスが過疎地の大赤字路線だからしておっそろしく便数が少なく、ヘタに乗り損じるとえらい事になってしまうのだ。詳しくはこちら

 時刻表を入手し、観光協会で大事な情報も確認。こういう事は滅多にしないのだが、もう学生の頃みたいに時間を持て余してる訳ではないので極力徒労は避けたいのだ。

「凍ってますかね」

「昨日で17%今日までで45%くらいね」


よし。今夜も冷え込むみたいだしかなりいい線いけるだろう・・・。

 さて、がんばって早起きして友人(←仕事をやめたんで付き合ってくれている)と待ち合わせ、JR南武線に乗り込み「エビちゃんのどこがいいのか」などと語り合いつつ西へ向かったのだが、分倍河原のあたりで青い顔をして

「昨日3時まで飲んでたんで二日酔いで気持ち悪い。帰る」

 さっさと帰ってしまった。
 こういうときは背中をさすって一緒に電車を降りてやるのが正しい友人のあるべき姿なのであろうが、どちらかというとあまり正しくない人間なので、見捨てて一人だけで行くことにする。

 乗り換えもスムーズに行きバス出発の20分前くらいに到着するくタイミングのよさもあり、観光協会でパンフレットをもらうなどの用を済ませた上で、払沢の滝入り口には予想以上にスムースに到着ことができた。

 が、予想外の困難が。 そう。3日前に積もった雪が山間部の寒さできっちり保存されているのである。 キスキスと音をたて登っていくなぞとは思わなかった。 あわよくば浅間尾根を縦走して・・・などと
考えていたのだが、それなりの装備がないととてもじゃないが無理だろう。

 さて、歩道を10分ほど登ってそこに現れた景色。


うわあぁぁぁああああーー

taki1.jpg

すっげえぇえぇえー


 馬鹿な小学生みたいだがほんとにこんな声を出してしまった。

 オイラはいつも南・海方面ばっか行ってるため、こういう冷気がもたらす自然の造形美に免疫がほとんど無いのだ。

taki2.jpg


taki3.jpg
谷間のため光の差込みも弱くそれがまた凄まじく幻想的な雰囲気をかもし出している。

taki4.jpg
滝つぼ全体がツララになっていて冷たさ倍増。

taki5.jpg

歯をカチカチ鳴らしながら滝つぼに降りて水を汲み、口に含んでみる。

キリリと冷たさが口に刺さる

「・・・美味しい!」

山の源流しかも雪解け。うまくないわけがない。飲兵衛ならばウィスキーに注ぐとこだろうが、とりあえずオイラは持ってきたコールマンのストーブで湯を沸かし、紅茶を入れる。 ってか、やっと役に立ったな、コンパクトストーブ。
taki6.jpg




続きを読む

8R再び

 大晦日に言う事をきかず恐らくオイラの体調悪化にちょっとだけ貢献したであろうガソリンストーブ、「8Rハンター」

 このまま駄目な状態で放っておくのもいかんので、とりあえずいろいろ手を尽くしてみることにした。この前みたいにクソ寒い中、空腹でブルブル震えているのもたまんないからね。


ま、持ってる工具で出来る範囲でしかないのだが

○ノズル部分をキャブレタークリーナーで掃除し

○グラファイトパッキンを交換し

○冬用アシストポンプを導入

の3点である。

optimus1.jpg
なかなか凛々しい8R


で、その結果。

点火は問題無くバッチリになった。
大量に予熱用の燃料使ってもプスプスと情けなく消えたのが嘘のよう。

スポイトでガソリン垂らしてプレヒートの火が消えないうちにバルブ開放という懐かしいやり方で点火してくれたのだ。



            が。
optimus2.jpg

 今度は消えなくなった・・・。


壊しちまったんだろうか???


 一方、どんなシチュエーションでもちゃんと作動するため為、「家庭用ガスコンロと変わんないよこれじゃー」って逆にないがしろにされちゃいがちなコールマン。 ウィンドスクリーンを買ったので装着してみました。
colleman1.jpg

薬缶を載せてみる
colleman2.jpg
どうだいあっという間に沸騰だぜ



 愛着が湧くのは間違いなく8Rなのだろうが、コールマンの安定性はエライ!次回の釣りやハイキングでは多分こいつの出番だろう。



危険なアネキ(&犬)

 グーグルで検索して伊東美咲目当てでクリックした方ごめんなさい。犬のうんちを踏んだと思って諦めてください。ははは。

 去年の正月のエントリーでアネキとバカ犬を紹介したが、あろうことか本の表紙を飾ることになってしまった。

岡野栄子のおいしいキルト―自分らしいキルトを作りたい方へ岡野栄子のおいしいキルト―自分らしいキルトを作りたい方へ
(2005/12)
岡野 栄子

商品詳細を見る

プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード