スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枯れてるぞ

 ほぼ2ヶ月ぶりに多摩川CRを走った。ここ最近雨が多くて走ってなかったのと、走っても三浦湘南ばっか行ってたからね。

 で驚いた事がひとつ。
 多摩川CRが途切れる国立市のちょっと手前、府中市の四谷5丁目のあたりに、 「四谷の五本松」(ただし実際は4本)つーのがあるんだけど、

そのうちの一本が見事に枯死しちゃってました。
gohonnmatsu.jpg

市の銘木一〇〇選にも選ばれてるほどの歴史ある木なのに。


ちなみに文化財やら何やらの保護の対象にはなってないとの事。しかしどーすんだろ、こんなになっちゃって。五本松なのにもう残り3本しかないぞ。
gohonnmatsu2.jpg

スポンサーサイト

奥田英朗 「ララピポ」

おもろうて やがて悲しき 下半身 



 映画化・TVドラマ化、マンガ化(ヤングチャンピオン連載「神経科医Dr.イラブ」)・・・と大ヒットした奥田英朗氏の小説「イン・ザ・プール」「空中ブランコ」。 間に「サウスバウンド」をはさみ、今回発表されたのが「ララピポ」だ(書下ろしではなく不定期連載されたものをまとめた物)。

 これはオイラ的には大ヒットなのだがどうもアマゾンのレビューなんかを読むと評判が悪い。

 乱暴な分析だが、この評価の低さは「ハッピーエンドじゃないから」「オゲレトゥだから」だというのが大半だろう。 バッドエンドが嫌われるハリウッド映画を有り難がるメンタリティが日本のここそこにも現れた・・・つったら挑発的に過ぎるか。

 書店でブックカバーを外して見てほしい。黒いカバーを外すといきなり春画である。俺はコレだけで笑っちゃうんだけど、こういうの嫌いな人も多いんだなー。

 内容書くとネタバレになってしまうからちょっと控えるが、登場するのは出世作「最悪」「邪魔」から、大ヒットの「イン・ザ・プール」「空中ブランコ」に至るまで共通している、「ちょっと病んだ人達」だ。 「病んだ人達」というのは完全に病気というより、理不尽なストレスや何やらの積み重なりでキレたり、冷静且つ合理的、常識的な判断ができなくなった人達のことであるが、奥田氏はこういう現代の「病んだ人」を描くのが抜群に巧い。

 出てくる人が悉くちょっと壊れているという点ではDr.イラブ登場の2作品に通じているともいえるが、決定的に異なるのは前2作に登場してくる患者達は一名を除き皆それなりの社会的地位をもち(※1)、より上を目指したり、地位を守ろうとしたがゆえにストレスがかかり、精神的にコムラ返りを起こしてしまった、当事者でなければ滑稽なものである(本人としては災難なのだが)のに対し、こちらの「壊れる」理由は本人の気の弱さや社会的地位の低さから来る理不尽且つ不可避のストレスであるという点だ。 これはちょっと救いが無い。


 また前2作は「病院行けば?」と心配したり助言してくれる友人や同僚、部下や家族がいるのに対し、本作の登場人物は揃いも揃って「金無し立場無し友人無し」(※2)の三重苦に喘いでいる事だろう(一人は金は有っても職業に誇りを持てない)。これまた救いが無い。

 それゆえ精神神経科に通うという解決策も見出せず、人の悩みを食って生きる珍獣・伊良部一郎に癒してもらえないのだから、解放感がざっくりと無くなってしまうわけだ。 前2作に惹かれた人に受け入れられないのはこの為だろう。

 どっちかといえば(俺も含めて)前2作のようにそれなりの地位を持ってる人より、今回の「ララピポ」に登場する負け組どものほうに近い立場の人のほうが多いと思うんだが、人間というのはどうも現実から目を逸らしたがるのであろうか。

 さて、さんざん「ララピポ」が大ブレイクの前2作に比べ評判の悪い理由をつらつらと書いてしまったが、本作の面白さのキモは

「上半身が壊れてしまったにもかかわらず下半身だけは本能に忠実に動こうとしている」
人間の滑稽さであろう。登場人物の殆どは解消不能のストレスのマグマが下半身に集中した為か、性欲をもてあまし、暴走している。 こういう人間が隣にいたら災難だが、又聞きに聞くぐらいだったら爆笑モノだ。余り登場人物に感情移入せず、そのぐらいの意地悪さで読むのが正解と言う事でしょう。



※1 患者さんの地位と病状は以下の通り
イン・ザ・プール

雑誌編集者(水泳中毒)
商事会社の主任クラス(陰茎剛直症)
美人コンパニオン(ストーカー被害妄想)
高校生(携帯中毒)
有能ルポライター(強迫神経症)


空中ブランコ

サーカス団のエース(坊主の雑巾がけ)
ヤクザの若頭(先端恐怖症)
将来を嘱望される大学医学部の教官(不謹慎なことがしたくなる強迫神経症)
プロ野球のベテラン三塁手(イップス)
恋愛小説家(心因性嘔吐症) 


※2
一方、ララピポの登場人物の職業

フリーライター(百貫デブで対人恐怖症。仕事も少なく生活が破綻気味)

風俗のスカウトマン

主婦で企画モノの熟女AV女優(家庭は完全に崩壊)

カラオケボックスのバイト店員(マルチや押し売りを断れない並はずれた弱気) 

官能小説の作家(援交狂い )

テープリライター(デブ女 逆ナンパして連れ込んだ男との性交渉を裏DVDにして売っている)

tag : 奥田英朗 ララピポ

2005・10・21 釣りデータ

場所:横須賀市浦賀港 陸軍桟橋

実釣時間 AM8:00~AM11:00
潮汐:中潮

満潮 AM7:10 PM17:53
干潮 AM12:20 PM12:25

使用竿 TARGET 美浦15-300 
      Daiwa サーフパワー25-420

リール alphatackle メガフィッシャー4000 
     Daiwa ファインサーフ30

道糸 SZM トップキャッチ 4号
    サンライン・テーパーヤーン 4~12号 

仕掛け スズミ万能投げ仕掛け10号(コレが殆ど)
     毛ばりカレイ仕掛け12号(殆ど不発)
  
天秤  遊動ジェット天秤25号
     BBニューフロート天秤15号
     ミニジェット天秤10号

エサ  アオイソメのみ

釣果 マハゼ2尾 イトヒキハゼ1尾


============================================


場所:横須賀市長沢海岸
実釣時間 PM12:30~PM4:00
潮汐:中潮

満潮 AM6:43 PM17:25
干潮 AM11:57
(最寄の金田湾を参考にしました)

釣果:マハゼ5尾 シロギス2尾 コトヒキ2尾

使用竿などは浦賀と同じです

tag : 長沢海岸 釣り

新調竿の呪い再び

 以前、釣り竿を新調すると駄目になるジンクスをエントリーの中で書いた。  何を馬鹿なことを、とお思いの方もいるだろうが、そのジンクスは今回も生きていた。もはや呪いといっても良いかもしれない。


  カレイ狙いの投げ釣りの主戦力として、ダイワ・サーフパワー25-420&ファインサーフ30の本格投げ竿&リールコンビを今回デビューさせたのだが、なんと一緒に持ちこんだお手軽万能竿、TARGET・美浦15-300&アルファタックル・メガフィッシャー4000の合わせて7000円コンビの後塵を拝してしまったのである。


  カレイ釣りのスポットとして定評のある浦賀港陸軍桟橋であるが、今日は不発。 3時間粘ってマハゼ2尾とおなじみラブリーメイクのイトヒキハゼを1尾という貧果であった。 3本竿で朝5時から粘っているおっさんがやっとこさカレイ一尾。それ以下の俺では太刀打ちできまい、とココでさっさと見切りをつけ、11時に撤収。京急に乗って長沢海岸に移動した。


  長沢海岸では先に入釣してた釣り師が顔をしかめて「ダメ。カレイは早過ぎるのかも」と先制パンチをくれた。  で、新調竿は12号針仕掛けのままだったが、万能竿のほうに小さめ(針9号)の仕掛けを採用したせいか、こっちにばかりアタリがあり、キス2尾(いずれもピンギス)、ハゼ5尾ほどがココで上がった。

 長沢海岸がこれまでと決定的に違うのは、本格的な砂浜であるということ。、浦賀や久里浜等の堤防からの投げと違い、抜き上げる特に砂浜を引きずってバレ易い。勿体無いことにキス2尾とハゼ2尾をそれぞれバラしてしまった。


  外道としては金魚サイズのコトヒキのおこちゃま。2尾釣れたが一尾は余りにちっちゃいので当然リリース。一尾は撮影の為お持ち帰り(後で食うよ)。


コトヒキ
コトヒキ


  ま、釣果はそんなこんなであるが、新調竿の呪いは凄かった。 まあ、この物干し竿のような長モノでのキャスティングに慣れていないせいもあるのだが、仕掛けがどういうわけか度々明後日のほうへ行ってしまい、2度ほど消波ブロックを直撃。結局コレで買ったばかりの天秤とテーパーラインをパァにしてしまった。


 凄まじい重さを感じて引き上げてみたら海星とホンダワラが天秤に引っ掛かっていたりする。 

「コレが本当の海藻天秤だね! 」


「ちがうだろ!」


  気になるのは飛距離が思いの他伸びない事。25号遊動ジェット天秤(遊動海藻とジェット天秤のアイノコのような優れもの)を使ったにも関わらず、10号ジェット天秤や15号BBフロート天秤を使用した万能竿と余り差が出ないのだ。 ま、まだ遠慮してホンキのキャスティングができてないせいだと思うが・・・。普通オモリの重さ×4mぐらい飛ばせるよなぁ・・・。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

tag : 釣り 長沢海岸

K・G・Bキターッ

なんと。

我が家の

玄関先に

コウガイビルが

kougaibiru.jpg



 去年はバス停脇の側溝に群れているのをしばしば目にしていたのだが、今年はあまり目にすることが無かった。

 久々に出会ったと思ったら、まさか我が家の玄関先とは。

 コウガイビルは主にカタツムリの体液なぞを吸って生きてるんだが、どうやらナメクジを襲ったりもするとか、しないとか。 ナメクジを殲滅してくれるのだったら心のそこから応援するぞ~。応援だけだけど。

 ちなみにこいつはパンクを修理するために移動した自転車のスタンドに貼りついていたのですが、除けようとしたら案の定ブッツリ千切れ、頭と胴体が別々の方向へ歩いていきました。


 コウガイビルの詳しい情報はこちら

横領

愛人17人の交際費、組合員はスポンサー (日刊スポーツ.com)

 総額19億に上る着服を15年にわたってやっていたらしいが、その間のスリルはいかばかりであったろうか。

 アニータのときもそうだが、こういうニュースを聞くと、オイラは何時も被害者より加害者の感情に思いを馳せてしまう。

 破綻が約束された未来に突っ走る中年オヤシ・・・・・・想像するだになかなかロマンチックである。バーコード禿だとビジュアル的にちょっと興醒めだろうが。

 しかしねえ、オイラ、実際のところこの事件に関しては、被害者よりも容疑者のこのオヤジと同じような精神状態に置かれる人間の方が多いんじゃないかと思うのよ。 この人の場合は着服の発覚だけど、借金だったらどうだろうか。 本来自分の物では無い金ってことでは一緒でしょ?カードローンも満タン、クレカで買った新幹線のチケットを金券ショップで換金して何とか息を継いでいたり、システム金融にまで手を出して追い詰められてる人間・・・・

睡魔 (幻冬舎文庫)睡魔 (幻冬舎文庫)
(2002/12)
梁 石日

商品詳細を見る


族譜の果て (幻冬舎文庫)族譜の果て (幻冬舎文庫)
(1999/12)
梁 石日

商品詳細を見る



 そういう借金漬けの連中の中でも、梁 石日さんの小説に出てくるような 「本来は自分のものではないカネでも、財布に入れたとたん気が大きくなって散財しちゃう」人間(作者本人&悪友がモデル)はワリとありふれていると思う。

 19億という一見ブットンだ金額まで膨らんだのは、彼の職場が恵まれていたからで(サラ金も職によってはたっぷり貸す)、そう言う視点で見るとかの着服旦那(ハゲと読む)とパンピーの間には薄皮一枚程度の差しかないのではないかと思えてくる。

 それにしても この17人のうち2人が二億円近く受け取っていた(マンションの家賃とかだろな)そうだから、まずこの辺は世間一般で言う「愛人」といって差し支えないと思うが、その2人以外のうち何人かの女の子は
「愛人?ちげーよ。あのオヤジは財布。財布」(@桐野夏生)
なんつってるのではなかろーか。だとしたら、その分は差っ引いて、正確な数字を出して報道していただきたい(なーんてね)

みなぞう急死

minazou.jpg

みなぞう君が急死してしまった。


なんてこった・・・。
4ヶ月前にはあんなに元気そうだったのに


さようなら。君のことは忘れない。安らかに眠ってくれ。


「みなぞう」でググって来る方の為に
未発表写真を2~3つほど。

minazou2.jpg
みなぞう。お昼寝中。

minazou3.jpg
あかんべ準備中

minazou4.jpg
お食事中。



初めての釣りで買うもの2

Q.他に必要なものは?

A.
ハサミ・・・爪切りでもOK。道糸を歯で切ろうと思わないこと。

クーラーボックス・・・7㍑くらいのもので充分。発泡スチロール箱でも構わない。 無いと釣った魚を全部パーにしちゃうぞ。特にアジサバ等の青物は痛みやすいので絶対必要。 なお、氷はペットボトルの水を凍らせるのがグー。


メゴチバサミ・・・毒トゲのある魚を掴むのに必要。
メゴチバサミ




オモリ・・・サビキ仕掛けのオマケに付いているのもあるが、3号くらいの物が殆どなのでちょっと頼りない。水深1mにつき1号として、ちょっと深かったり流れが速いともう少し大きいのが欲しくなる。 5号と10号があればちょい投げやウキサビキでの遠投にも使えるので便利。

天秤・・・チョイ投げで使う。キス用の弓形天秤(片天秤)や10号程度のミニジェット天秤などが汎用性があって良い。10号くらいのヤツならばテーパーラインの必要も無いので使いやすい。 ハゼ専用の三徳天秤というのもあるが、キス天秤でも代用できるし、発光パール天秤(遊動式)のほうがアタリが派手に出るので楽しい。


ジェット天秤
ジェット天秤


仕掛け・・・自作しても良いが市販のを買っちゃった方が早い。

 サビキ仕掛けは糸ヨレが来たら食いが悪くなるが、引きの強いサバが頻繁に来るとすぐにダメにされる。 よって交換用のスペアは充分用意しよう。
 針が小さいほうが掛かりは良いが、小さい針のものは細いハリスを使っている為、デカイ鯖やボラが来るとハリスを切られてしまう。 とりあえず4,6,8号を用意して、状況を見て選ぶ。 最初のうちは6本針くらいが使いやすい。 サビキのバケ(擬餌)はいろんな種類があるが、とりあえずピンク色のアミエビに似せたやつが無難。 ウキサビキの場合は通常の仕掛けを半分に切っても良いが、専用の3本針になっている物の方が手返しが早くなって良い。


 投げ仕掛けは7~10号の2本針のものが無難。 ケン(針の真ん中へんに付いてるトゲ)付き針だと餌が外れにくくて良い。


餌・・・サビキ釣ならコマセアミを1ブロック(500g) チョイ投げならアオイソメが50gあればたっぷり遊べる

初めての釣りで買うもの

 さて、6月から毎月2回ほどのペースで釣りをこなしたわけだが、興味を持った方はいるだろうか。オイラのように堤防でのお気楽フィッシングを始めたい!という方の為にオイラなりのアドバイスを。


Q.初めて買う竿はどんなのがいい?

A.錘負荷10~20号、3mほどの万能竿や短めの投げ竿がサビキ、チョイ投げの両方に使え、汎用性が高くてGoodでしょう。
 180cm前後のコンパクトロッドも持ち運びに便利で悪く無いが、あまり短いとサビキ釣りの際に堤防のヘチ際まで魚が寄ってきてくれない時にやや不利なのと、ウキサビキで投げる際に投げづらくてちょっと不便。 
 余り長い竿だとスペースの狭い海釣り公園等で振り切れないことがあるが、投げたりしないで、一日中竿を手に持ったままのサビキ釣りだけならば4~5mの磯竿が持ち重りがしなくて良い。

コンパクト系
ダイワ・HSミニパック
シマノ・ホリデーパック
SZM・キャリーパック
WIZZ・マイティ残波

万能・投げ系
シマノ・ホリデーメイト
ダイワ・ショートスイング
TARGET・美浦
WIZZ・小継波堤

磯竿系
ダイワ・リバティISO
シマノ・アリヴィオ、ホリデー磯
WIZZ・クラスター磯、The防波堤
SZM・シーロード磯
GUANGWEI・マスター磯


ニッシン・RVクラブライトボート
等など


Q.リールは?

A.2000~3000番台(3~4号のナイロン糸が100mくらい巻ける)のスピニングリールが良い。あまり小さいものは巻きグセがつきやすいのと、ライントラブルが起きやすい(気がする)。風がある時は糸が横に流され余分に出るので、チョイ投げ程度でも50m巻き程度だと糸が出切ってしまう。 3000番台のリールなら引きの強いサバが来ても上げられる。 

初心者用の竿にセットで付いているようなリールはあまり信用しない方が良い。単品で買うことをお勧めする。国内メーカー品なら安心。できればワンタッチでハンドルを折りたためるものを。

ダイワ・スプリンター、ラクセル
シマノ・アコルト、アリビオ、エアノス
リョービ・エクシマ
アルファタックル・ショットガン
SZM(スズミ)・レインボー

tag : 釣り 釣竿

クリハマー!番外編

 エサも大量に余ってしまったことだし、場所がえして横須賀うみかぜ公園で再アタックすることにしたのだが、

立錐の余地も無ぇ。

 まるで槍衾のような竿の林立。 みんなでウキサビキやってるもんだからオマツリしそうで危なっかしくてしょうがない。 

 そんな中で先程と同じような強力なバトルの末、上げることが出来たのがソウダガツオ(マルソウダ)。 
でもこれ食えないんだよな

 血合いが多く痛みやすいのと、血に弱毒があり生で食うと食中毒の危険がある(寄生虫アニサキスも多い)。 試しに血抜きしたらスプラッター映画のように鮮血が噴出し、バケツが真っ赤になってしまった。
 厳密に言うと宗太節(なまり節)にして食えるのだが、ちょっと面倒なので庭にやってくる野良猫にあげる事にして、本日はこれまで。 回遊魚とのバトルと言う事ではこれまでで一番楽しい釣りであった。

 なお、久里浜はのニチロ久里浜工場岸壁(現在工事中で入れない)の方が水深もあり回遊魚の回りが良いらしいので今度はこっちに期待したい。


今回から資料として
釣行データも書きます

場所:横須賀市久里浜港 平作川河口堤防

潮汐:中潮

満潮 AM3:29 PM4:21
干潮 AM9:58 PM10:22

使用竿 TARGET 美浦15-300 
      180cmコンパクトロッド

リール alphatackle メガフィッシャー4000 
     Daiwa スプリンターST-700

道糸 SZM トップキャッチ 4号
    DUEL MX500 3号 

仕掛け DRAGON(MARUSHIN) 絶好釣 6号ピンクラメ
     ハヤブサ 飛ばしサビキ(オーロラ・夜光ビーズつき)6号
     ささめ針 ボウズ逃れ5号
     美咲 サビキちゃん スーパーサビキ万能5目 4号
     チョイ投げでは発光パール天秤に袖針、マス針を直結

エサ  コマセアミ&アオイソメ

釣果 サバ1尾
    シロギス1尾
    ハゼ6尾
    ウミタナゴ4尾
    マルソウダ(横須賀うみかぜ公園)

エサ盗りに草フグ多数。
ソウダガツオ

tag : 釣り 横須賀

クリハマー!

 再び新規開拓釣り場だ!

場所は久里浜。 最寄の釣具店、「黒船釣具店」によると、

「サビキ仕掛にクロダイが掛かったりしますよフフフ」

 などと景気の良い事を言う。釣り師(本物も、別の意味のも)の言う事を真に受けてはいけないが、雑誌や釣り場ガイドにも星三つ付いている場所なので江ノ島より落ちることはあるまい。 AM4:45に家を出て到着したのは7時ごろ。起きた時には寒かったが、日が昇るとかなり暖かい。

 平作川の河口に掛かる開国橋のフェンスを乗り越えて堤防に降りると、ルアーマンがヒュンヒュン音を立てロッドを降っている。

「シーバスいますか?」
「釣れますよーフフフフフ」

これまでどこの釣り場でも見たことのない怪しい微笑であった。弥が上にも期待が高まる。

 満潮時に潮を被るので滑りやすい堤防でお約束通りに一回転倒して、まずはトリックサビキで落として見る。 上から魚の群れが見えるのだが(イワシかサッパかイナッコか判別不能)、活性が低いのかアミエビを撒いても無視するのである。 寄ってくるのはヘチ際についてるウミタナゴばっかしだ。 
 もうちょっと底を狙った方が良いかなと落としてみたら、


カラ針にハゼが掛かってやんの


 全くお前は間抜けな奴だなぁ、と同情しつつとりあえず1尾目をキープし、こんなにハゼの魚影が濃いなら、とコンパクトロッドに持ち替え、秘密兵器、(有)三彗製作所の「発光パール天秤」を使った遊動チョイ投げ仕掛を使い、小物狙いすることにした。

 この天秤は本来アナゴ&ウナギ釣りに使うものだが、しなやかなビニルパイプに道糸を通す遊動機構の為、ハゼのアタリがイシモチ並にでかく出るというなかなかの優れものなのだ。 普通、10月にもなるとハゼのアタリは夏に比べ弱くなり、若干釣りづらくなるはずなのだが、そんな弱いはずのアタリが驚くほど強く感じる。
 
 サビキをほったらかしにチョイ投げに専念していると20cmほどの塩焼きサイズのジャンボギスも来た。 針にシロギスが来たときの嬉しさはまたちょっと別格である。


 調子よくハゼを上げていたのだが、11時過ぎごろから急にハゼの寄りが減り、根がかりもしてないのに何故か頻繁にハリスを切られるようになってきた。何事かと思って、あたりがなくても引っ張ってきたときに正体がわかった。

 
キング・オブ・嫌われ者 草フグ登場

 口をあけて見れば判るが、彼奴めらの歯はプラニッパーか爪切りのようである。ハリスなんてひとたまりも無い。 酷い時は1投ごとにハリスを切られ、マス針(←余ってたので使った)と袖針合わせて一パック分があっという消耗してしまった。 もちろん釣り上がった時には彼らにも相応の痛い目にあってもらったがそれで皆いなくなる訳ではない。

 しょうがネエな切り上げるか、と落ち込んでいたところ、半そで短パンビーサンという、「おっさん季節はもう10月だぜ!」と忠告したくなるようなスタイルの釣り師がサビキ釣りをはじめ、いきなり大サバを上げてしまった。

 慌ててこちらもサビキに再スイッチ。 しばらくするとギュギャギギャギャーンというこれまで体験したことの無い衝撃的な引き。

わっ!わっ!わわわーと慌てているうちに、堤防から足を滑らせ落っこちそうになったぞマジで。

突然引きが無くなり、上げてみたら、なんとハリス(1.5号)ではなく幹糸(4号)が真ん中からブッツリ引き千切られていた。 水面下の見えない敵は10号の錘をぶら下げたまま仕掛ごと持っていってしまったのである。 柔らかい磯竿だったら大丈夫なのだろうが、10~20号負荷の万能竿では硬すぎたのかも知れない。

・・・・・・・・・・。

凄まじい引きの満足感と、逃げられた敗北感がない交ぜになったが、ボーゼンとばかりしていられない。 竿を変えるのは無理なんだから、仕掛を工夫するしかない。まさか使うことはあるまいと思っていたのだが、YOZURIのミニクッションを挟んで再度アタック。

 
 15分ほどあたりが無かったが、しばらくしてギャギャーンと元気の良い引き。 クッションゴムのおかげか危なげなく30cmほどのサバを上げる事が出来た。

 6月に釣りを再開してから最大にして最美味の獲物である。ようやく心の底から満足感を得ることが出来た。

 このまま続けていればもう何尾か上げられたのだろうが、潮が満ちてきて足場が浸るようになってきてしまいあえなくお開き。クー。もうちょっとここで釣りたかった・・・。


tag : 釣り 久里浜

プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。