スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湘南ライド

 またまた湘南ライドである。たまには奥多摩方面でも行けば良いのにと自分でも思うのだが、気付くと綱島街道を南へ下っている。相模湾には何か強力な磁石でも沈んでいるのだろうか。

 この日は予報では好天のはずだったが今にも降りそうな厚い雲が立ち込めていた。このような天気だと気分も低下するのだが、数日前からの雨続きで自転車に乗っていなかったせいか、良い感じで足の疲労が抜け、なかなか良く回転している。

 鎌倉に到着し、いつもの「タカラヤ」で黒蜜パンとクロワッサンを購入し、材木座海岸に出る。 と、いつもはめったにいない釣り人が波打ち際で竿を振るっているのでまたまたちょっと話を聞いてみた。

 なんでも土日祭日はサーファーをはじめとして人も多くとても竿を触れる状況じゃないが、そのおかげで場荒れもなくなかなか魚影も濃く良いところなのだという。 滑川の水が流れ込んでいる影響か、クロダイ、セイゴ、ボラなど汽水域の魚のほかイシモチが主流だとか。

 クーラーボックスを覗かせてもらったところ、ミニサイズのかわいいセイゴとイシモチがたっぷり入っていた。

 「遠くに飛ばしても海草に引っかかるだけだからね。2色(50m)ほどでいいの。ホント」

 本格投げ竿じゃなくてもよさそうなので今度やってみようか。

 

 今後につながる情報を得て良い気分で走っていると、今度は珍しく稲村ガ崎で釣り人が。この人は「これまでウマヅラハギをフグと勘違いして捨てていた」という猛者であったが、ぶっ飛んでいることに、なんとエサも定番のイソメ類ではなく、近所で掘ったミミズを使っているという。
 「食うよ!ミミズも。」
 河口域のうなぎ釣りならわかるが、ハギ釣りでミミズとは驚いた。

 HOW TO本の通りにしか出来ない小心ぶりをチョイ反省。

 

 稲村ガ崎で江ノ島を眺めながらクロワッサンで軽い昼食。
 冬にはまだ工事してたSun Dish(旧MAIN)は既に開業しており、なかなかの繁盛ぶり。きっと美味いんだろう。 三浦半島から海岸沿いを回ると失敗して廃墟になったような飲食店が国道沿いにも多くあり暗い気持ちになるが、健闘している店を見ると安心する。

 江ノ電と競争しながら134号を突っ走り、江ノ島へ。

全く駄目なのを確認する為白燈台堤防へ行くと、平日の昼間だってのにかなりの釣り人が。

「ダメですか?」
「ダメだ・・・・・。小メジナばっかり・・・・。」

 こないだオイラが大磯行った時と全く同じ状況じゃないか。

 さようなら江ノ島。もうココに釣りに来ることはないだろう。

 ここでUターンし再び鎌倉へ。 鎌倉街道を戻り横浜を通るのもいつものパターンだが、ちょっと小腹が空いたので中華街へ行き豚まんを食うことにした。

 特に紹介されたわけでもないのだが、何故か何時も行ってしまうのが耀盛號(ようせいごう)。 ここで豚まんをつまみに燕京ビールをいただく。店頭でもしゃもしゃやるのもどうかと思うが、美味そうに食ってると店の宣伝にもなるし良いか。

 もう一杯いきたい所だが、マジ飲酒運転になってしまうのでココで切り上げ、帰宅の途についた。

スポンサーサイト

初の横須賀うみかぜ公園

 9・11のリサーチを受けてやってきましたうみかぜ公園。


 が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 天気予報が外れ、どんより立ち込める暗雲。

 風が強く、海面は白波。
 良いロケーション。雰囲気最高!と思っていたのだが、全体的に灰色というか、ドス黒く、ものすごく狂暴で恐ろしい雰囲気になってしまった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 
俺、なんか悪いことやったかぁ?


 周りを見ても釣り師は一人しかいないし(江ノ島の白灯を考えれば平日というのは理由にならない)、どうにもこうにも釣れなさそうな予感がひしひしするのだが、そのまま尻尾を巻くのもムカつくので、とりあえず3mの万能竿、TARGET・美浦300-15にバクダン仕掛けを結び投入。
 
 が、やっぱりなーんもこない。ぴくりともこない。 7時半にスタートして11時までなんの反応も無し。

 波が荒くコマセがすぐに流されてしまい、効果が余り見られないと判断し、バクダンを諦めトリックサビキで波止め直下の小物狙いに切り替えた。
 すぐにクンクンと可愛い引きでウミタナゴが。 とりあえずボウズは逃れたのだが、何か易きに流された気分。 

 トリックにはウミタナゴとベラがぴょこぴょやってくるのだが、、バクダンを諦めてチョイ投げに切り替えた方には相変わらず何も掛からず。 重みを感じて抜き上げたりするとでっかいヒトデが掛かってたリして沈んだ気分を更に暗くさせてくれる。
嫌がらせにハオコゼの一荷がきたりしてさらに気分を逆撫で。

 3時を回ると仕事が終わったのか人も増えたが、釣果が上がってる様子も無い。 というか、日和ってウミタナゴに絞った俺が一番コンスタントに上げている。



 しぶとくバクダンで粘ってる人には超巨大なボラが掛かってたりするが、あまりこれは羨ましくも無いな。 鱗がシジミぐらい巨大で、体の質感もなんとなく淡水魚(というか爬虫類)チックで気持ち悪い。 釣り上げた人を見てると、すぐに首を落として腸と血を抜いていた。 やっぱりそうやらないと美味くないんだな。なんでも洗いにして酢味噌で和えるとグーなんだそうです(←こないだの事があるので信用してない)。


 結局午後5時まで粘ってウミタナゴ23尾(リリース3~4尾)、ベラ2尾、ハゼだかトラギスだかわかんない変なルックスの奴(おそらくコウライトラギス)が1尾。なんだかこないだの大磯と同じような結果になってしまったな。今回のほうがまだ美味い魚な分救いがあるが。

 鯵も鯖も鰯も 魚制(←サッパと読みます。文字が無いのでこれで勘弁) も鰈も遠いのでした。チャンチャン。

 9/16の釣果
 ↑ちなみに度重なる失敗に耐えかねオカンが協力してくれなかったので今回は自分で捌きました。グスン

tag : 釣り 横須賀

横須賀まで

 今日は自転車!と決めた日に限って悪天候になったりなんだりでロングライドがストップしていたが、久々に走りに出かけた。 
 神奈川県内の釣りスポット開拓の為、釣り場になりそうなところに走りに行って、地元の釣り氏達にリサーチ、という事ににしたが、良く考えてみると


いつものコースとぜんぜん変わらない


 綱島街道→横浜→湘南or三浦海岸・・・・。

が、今日はちょっと寄り道して横浜みなとみらい臨港パークに足を伸ばしてみた。 週刊釣りニュースに、ちっちゃい水路にハゼがわんさか!それを活き餌にスズキ(フッコ)がウハウハ!という記事が紹介され、ちょいと興味を持ったのである。

 そこは確かに凄かった。不思議なのが、より海に近く、水深もあり、新鮮な水が補給されていそうな部分より、子供がパチャパチャ入っていける水深わずか30cmぐらいのところの方がハゼが沢山いる事だ。しかし、この広さではあっという間に釣り尽くされてしまいそうな気がするが・・・。 水路の外の横浜港に面した岸壁ではチョイ投げ(オーバースロー&ルアー禁止らしぃ)でやってるようで、オイラの見てる前でブサイクなギンポを上げていた。
 みんなが熱望するスズキは先週までは上がっていたそうだが、もうどっかへいっちゃったらしい。

 
 楽しそうだけどちょっとここではなぁ、と臨港パークを後にし、金沢八景にルートを取る。途中、掘割川というプレジャーボートや遊漁船が繋留されてる河を覗くとやってるやってる。 あとで雑誌を読んだらここは知る人ぞ知るハゼ釣りスポットらしいが、釣り座を構えるにふさわしい場所が殆ど無いので今までなかなか目にすることは無かった。 冷静に考えてみると何時も平日に通過してるから見なかっただけなのだが。
 ここの釣り師はみな一本針、中通し錘にシモリウキをつけただのシンプルしかけ。が、、仕掛けを入れるたびにぽんぽん上げている。

 「釣れますか」
 「釣れるよ。去年より大分少ないけど」

 この会話の間に3~4尾。

水も汚くなく、食味も良いようなので、ハゼの天麩羅を食べたい方はいかが?
もっともバス停のベンチで乗客にじろじろ見られながら釣りをする覚悟のある方という条件付だが・・・。
 
 
 掘割川を通過し、金沢八景へ。 駅のそばの平潟湾がハゼ釣りによさそうと目星をつけていたのだが、気付かぬうちに通過してしまった。

 Uターンするのもかったるいので横須賀まで行ってしまい、「うみかぜ公園」へ。 横須賀には「海釣り公園」もあるのだが、ここはコマセ&投げ釣り禁止と制約が多いのでうみかぜ公園のほうが人気がありそうと判断。 予想通り日曜日の今日は老若男女スゴイ人出。
 みんながコマセをバンバン撒いてるせいか、捨石のおかげが、魚の居着きも良い様で、見てる前で小学生の女の子がウミタナゴをぽんぽん上げている。 年配のおじさんのクーラーを見せてもらったら、丸太ん棒の様にぶっといゴマサバが。  ここでの人気は通称「バクダン」と呼ばれる、籠釣りとサビキをミックスした釣法(ウキサビキとか投げサビキというのが正確かな)。

 向かいには猿島が見えて雰囲気も良いし、駅もコンビニも近い。トイレもキレイだし、次回の釣り場はここに決まり!。

 うみかぜ公園を出てコンビニでお握りを頬張ると、雲行きが怪しくなってきた。 とりあえず帰ることにするが、一応確認の為平潟湾へ。
 平潟湾に浮かぶ琵琶島へ渡り(橋でつながっている)、上から覗きこむと、岸壁にはカニがワラワラ。 カニというのは指標動物として大事な奴で、こいつがいるところには魚もいる。こいつがいないと魚もいない。 水面を見ると草フグの子供が。 そして時折ボラがぽんぽん刎ねている。 砂泥底だし、恐らくハゼにとっても居心地が良いところだろう。
 根拠無く満足し、帰途へついた。


  この後土砂降りにあったのだがムカつくのでもう書かない。

オエェェ。だめだこりゃ

 5月に真鶴に行った事を覚えておられる暇な方もいるかと思う。
 あの時だったか、去年の9月だったか、地魚刺し盛り合わせで食ったメジナが結構うまかったので期待していたのだが、ちょっと甘かった。

 メジナを美味しく食べるには、

1.季節は冬
2.おっきく育った奴を
3.釣ったらすぐに締めて血抜きをし、ワタもとる


というプロセスが必要なのでした。 メジナってのはそもそもそーとー磯臭い魚でして、

空揚げにして南蛮漬けにすりゃあ
大体の魚は食える


という、いい加減な姿勢では簡単に撃退されてしまうのですね。


 ぶっちゃけどうしたかといいますと。


8尾食った時点でギブアップしますた。


一緒に掛かったボラも同様。

変な味がする・・。 「寒ボラはいける」というのは「夏のボラは食えたもんじゃない」の裏返しなんじゃなかろうか。


 皆に人気の魚(アジ、サバ、シロギス)はやっぱり美味いんだな。と再確認。結局庭の肥料になっちゃいました。ごめんなさい。 今度から全部リリースします。。。

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

購入~ダイワ・サーフパワー~

 かねてより予告しておりました本格的投げ竿、購入決定しました。
 ぶっちゃけ、コンパクトロッドや万能竿に100m巻きの小型スピニングリール、10号の天秤じゃあちょっと無理があるんですわ。
 これまで何とか仕留めることができたのはピンギスとハゼ、メゴチ。 イシモチ&カレイを狙うとなると(特に場荒れの酷い神奈川の釣り場では)こんくらいのモノが欲しくなるんですわ。


ダイワ・サーフパワー25-420R
ダイワ・サーフパワー




 ちょうどウチの近くの上州屋(溝の口店)で35%引きの特売をやっていたので。
ネット通販で同商品を見ますと9000円台後半が多いですから、6600円くらいってのはまあまあお買い得でしょう。7月末に買ったリール、ファインサーフ(まだ使ってねぇ・・・)と合わせて一万円チョイ。ややぜーたくな気もしますが、リールと竿を最高級のトーナメントサーフで揃えると軽やかに十万円を超えてしまうので、それを考えればそれほど無茶な出費でもないかな、と。 大体、安物のギャングウェイのセットを3000円くらいで買って一回使ってぶっ壊れることを考えりゃあ、それなりのもんを買ったほうが良いわけだしね。


 上州屋はどういう訳か、どこの店舗もダイワの投げ竿の低価格帯の奴が置いてない(生産自体少なく、ダイワ精工が在庫を余り持たないかららしい)ので、バーゲン品の入手できたこと自体ラッキーですね。 


商品引渡しは来週11日。ま、自分への誕生日プレゼントみたいなもんかな(←淋しい奴だな)。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

tag : 釣竿 釣り

大磯港へれっつご~(その2)

 メジナの猛攻撃を潜り抜け、たまに寄ってくるのはボラ。 レアアイテムとしてサンバソウ(イシダイのおこちゃま)


サンバソウ




 

がやってくるが、幼稚園児の手乗りサイズでは塩焼きにもしようにも小さすぎる。やはり将来イシダイになってから釣れて欲しいので写真だけとってリリース。このときのオイラは丸大ハンバーグのCMの巨人のおじさん気分。

「はいりはいりふれはいりほーはいりはりふれほっほ~。 大きくなれよ」

 で、4時くらいまでにキープしたメジナ25尾。リリースしちゃったの15尾くらい。メジナもボラも体の大きさワリに引きが強いので、試しに買った極小トリック仕掛けは糸ヨレが来てついに駄目になってしまった。

 尤も、釣り場の整理がいいかげんで、バケツのロープや靴紐にしょっちゅう針を引っ掛けてしまうせいもあるのだけど。  活躍した地場物の仕掛けを放棄し、上州屋で購入した孫針つき4号針トリックにしたら、なんと全く釣れなくなった。チビボラやメジナには針がでかすぎる上、枝スが短すぎ、不自然に見えるのだろう。

 横でやってる人もメジナの食いが悪くなったみたいなのでここでちょっと一息入れ、投げ仕掛けでシロギスを狙うことにしたのだが、

 ジャリメ軟弱過ぎ

一投で必ず胴が切れ、しょっちゅう交換しないと駄目。クーラーに入れてなかったので茹っちゃったのかと思ったがそうでもないらしい、。これで青イソメの倍くらいの値段なんだから勘弁して欲しいよ。  結局この日のチョイ投げの成果はピンギス一尾。 とはいえ横でカゴ釣りやってる人は高価なオキアミ使って一日粘ってシロギス一尾(&ヒイラギがチョイチョイ)だというから、決してオイラだけが駄目だという事でも無さそうだ。


  そんなこんなでいよいよ5時過ぎ。回遊魚のベストタイム「夕マヅメ」だが、 どうやら今日はぜんぜん寄ってこないらしい。  隣で釣れてるのはボラばっかし。さっきからまるで掛からないオイラの4号サビキに来たのも、ちょっと育ったボラの子供。籠釣りで狙ってる人もついに6時半になると片付け始めた。オイラもここでギブアップ。 今回もアジ&サバの空揚げ、ママカリ南蛮漬け、いわし丸干しはお預けになってしまった。


   ハラワタ抜てかれて空揚げになるのを待つお魚さん達↓ 釣果




オカン「このちっさいの(シロギス)が一番美味しそうねぇ」オイラ「・・・・・・・・・。」   いい加減アジとイワシとママカリ釣りたいんですけど。 次は早川(小田原)漁港か、久里浜のニチロ岸壁か。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

tag : 釣り 大磯

大磯港へれっつご~(その1)

 あんまり酷い釣果だったので書かなかったが、先月上旬にまた浦賀港に釣りに行っていたのだ。 ハゼやらシロギスやら14尾ほど釣って帰ろうとしたところ、横のおじさんが2尾も鰈を上げたのでこっちも多いに刺激されたことは前に書いた。

 「よっしゃ俺も座布団鰈ゲットだぜ!それには飛距離倍増!」と、2本あった安物竿のうち、生き残っていた1本のリール台座が駄目になったのを期に新調し、そのときデビューさせたのだが、

どうやらオイラは道具を新調すると駄目になるジンクスがあるらしい。


 コンパクトロッドを新調し、喜び勇んで浮島釣り公園にいったときボウズだったように、潮通しの良さが看板の浦賀港で

たった三尾
(ハゼ一尾、メバルの稚魚一尾、痩せたサバ一尾)

という悲惨な釣果に終わってしまった。 毒クラゲ(&草フグ)が大挙して釣り場に押し寄せたところまで共通してるんだから何か恐ろしい闇の力の存在すら感じてしまう。

 が、まあこの釣行で厄は落とせたんだろうか。チョイ汚しの入った新調竿で新たな釣り場を開拓すべく、大磯港へ向かった。

 ・・・と言うとカッコイイが、あんまり酷い釣果だったんで、しばらく浦賀には行きたくないってのがホントのところなのよ。どうもサビキにも向かないみたいだし。

  江ノ島行き以来、めったやたらと早起きして釣りに行くことばかりだったが、今回からちょっとゆっくり出発することにした。
 
 サビキ釣りのメインターゲットであるアジは薄明・薄暮に食いが活性化し、日中は絶食状態であるので(ま、アジに限らず魚は概ね朝早くと夕方がメシどきなんだけどね)、早朝に家に出て昼過ぎに釣りを切り上げると実質1時間前後しかチャンスタイムが無く、頑張って早起きして得られるリターンが少ない事に気付いたのだ。
 
 オイラの家からはどこの釣り場に行くにも電車の乗換えやら何やらで一時間半近くかかってしまうので、早朝狙いは効率が悪い。 むしろ普段通りの起床時間にして、のんびりメシくって出発し、昼過ぎに釣り場に到着すれば夕マヅメのチャンスをたっぷり堪能できるのだ。


 で、12時半ごろ大磯駅に到着。 地元経済に貢献する為 「すずき釣具店」にてアミコマセと、相模湾なのでジャリメを購入。 昼間は小さい魚が多いので小さめの釣針が良いとアドバイスされ、試しに針2.5号、ハリス0.3号という超小型トリック仕掛けも購入した。


 さっそくそのサビキ仕掛けを取り出そうとしたら、モトスも細いので引っ張り出す途中に真ん中でプッツリ切れてしまった。仕方なく切れたとこにスナップサルカン結び付け、アミエビを擦り付け、投擲。

 すぐにビビビビと強い引き。サバではないし、アジでもない。これは鰯かママカリか・・・・と、引き上げてみたら、6~7cmのメジナ。 磯釣りで30cm級のだったら嬉しいけど、サビキだぞこれはオイ!しばらくサバのようにぐいぐい引っ張る攻撃が続いたが、そもそもメジナって関東ではそんなに好かれる魚ではない。 それにこんなガキの頃沢山釣っちゃうのもどうかと思うので、ちっさいのはチョイチョイ海にリリース。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

tag : 釣り 大磯

プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。