釣りでも行くか

 物置の掃除をしていて出てくるものの大半は、
「何でこんなもんわざわざ梱包して取っといたんだっけ?」
という不要物であるが、たまに実用的なものが出てくる。

 その実用的なものとは20年前に購入した小物釣り用のリールと竿だ。趣味のほとんどが自転車に傾斜して以降10年以上ご無沙汰しているが、捨てるにも惜しいし、せっかくだから使ってやろう→釣りに行こう。
 船釣りだと4:30起きが必須だし、船酔いもイヤなのでお手軽に防波堤釣りという選択肢になるのだが、我が家からの交通の便を考えると江ノ島と言う事になる。 直線距離なら川崎や横浜の釣り公園でもいいのだろうが、電車を二つ乗り換えだの、駅から降りた後バスに乗換えだのを考えると食指が動かないし、防波堤に入るのに何で入場料を払わにゃならんのという気もするのでパス。

 さて、防波堤でとなると王道はサビキ釣りであるが、実はやったことが無い。五目(シロギス、マコガレイ、イシモチ、カサゴ、アイナメ)、アジサバ、はいずれも船釣りだったし、初めてこの竿を振ったのは京浜運河でのハゼのチョイ投げだった。 親父は釣り大好き人間だが、船釣りしかやらないので余った仕掛けなぞも無く、仕掛けは新たに購入することにした。

 んなわけで渋谷の上州屋3F、サビキ仕掛けを物色。


安っ!


 6本針仕掛け「絶好釣」・・・99円
 コマセ籠3個セット・・・136円
 アミコマセパック・・・318円

特価竿990円なんてのもあり、こいつは使い古し20年モノのくたびれたやつに比べ圧倒的に軽くコンパクトで思わず食指が動いてしまった。
 

んで、今日。

 休みなので釣りに行こうと思ってたんだが。


雨かい!


 昼前に止んでももうなんもやる気起きないな。 次回に期待するとして、不備が無いか省みるのも良いカモ。


 そうだ、20年も前の糸で大丈夫なんか?


 釣り入門書なんかには「釣りの後はスプールをリールから外し、スプールごと水に浸けるか、カマボコ板に糸を巻いて水に浸して塩抜きをし、陰干しした後リールに巻きなおす」と書いてあるが、


そんな殊勝なこと一度もやったこと無い(・_・;



 それでいきなり糸切れたらばかばかしいもんなぁ。 上州屋でやってくれるって言うし、交換しとこ。
スポンサーサイト

いたち鼬イタチ

 世間一般ではカワイイとして扱われているものでも、よく見ると意外とカワイクねえなあと常々思っているものにコアラがある。 無愛想だし神経質だし、顔のつくりもどうかと思う。 
 その一方で思いのほかカワイイのがヤモリだ。目がつぶらで、口元がいつも笑っているようでなかなか愛らしい。目玉をペロペロ舐めるしぐさなんかたまらない。

 こういう怪しげな嗜好を持っているオイラであるが、直球ストライクでカワイイに分類してしまうのがイタチ科の動物だ。 高校の頃「朝日週刊百科・動物たちの地球」かなんかの表紙になった冬毛のオコジョにノックアウトされて以来だ。

 とはいえ、あんまりペットとしてメジャーな動物ではないので(沖縄にいた頃は野生化したマングースと遭遇したこともあるけれど)、触れ合う機会もなかったが、なんと親戚がフェレットを5匹も飼っていることが発覚したので、自宅から1時間自転車を飛ばして見せてもらうことにした。
 
 家におじゃますると、さっそくギャンギャンと敵意剥き出しのトイプードルが襲い掛かってきた。 そうだそうだ、フェレットのほかにイヌネコ1匹ずつ飼ってるっていったっけ。しかもバリ良いしつけされたのが。 何でもトイレ終わった後わざわざ知らせにくるとか。 その割には初対面の人にずいぶん無礼じゃないか・・・・と思ったら、お客さんが嬉しくてコーフンしているだけだった。眼がらんらんと燃えてるのでてっきり怒ってんのかと思ったじゃないか。

 そしてもう一匹ものすごく頭のよさそうな、縞模様の美しいアメリカンショートヘアーが登場。猫のくせに「お手」をする変わり者。なんと名前が「シュワ」(シュワルツェネッガーの意味)

shuwa.jpg
 う~む。 躾の良いのは違うな。



そしていよいよ、フェレット君登場


 昼ご飯の後はいつもハンモックで昼寝してるらしいが、ちょっと起きてオイラに付き合ってもらった。
 一匹はガンと副腎の病気でずっと寝たきりのため元気な4匹に登場願う。

まずは 一番イタチっぽい顔つきの「ミーシャ」
misha.jpg

お次は人懐っこく、抱き寄せると顔をペロペロ舐めてくる「プーチ」
poochi.jpg

そして、いたずら好きの「モカ」
moca.jpg

 

ホントは「マーブル」なんだけど、オデブなので通称「ブータ」などなど。
marble.jpg
タヌキそっくりだなw

爪があるのにちっとも痛くない。噛み付くこともない。すべすべの肌に人懐こい性格。
どうかしたら嵌ってしまいそう。

tag : フェレット

 絶賛されてたので、使ってみた。 というより、長年使ってたパナレーサーのポンプ口金が駄目になったからってのもあるんだけど。


HIRAMEポンプヘッド。


 いや、い~よ、これ。 自転車乗りならデフォルトで装備したほうがいいカモ。
 パナレーサー等のレバーのない仏式専用口金だと、長期間使用してるとゴムの密着が甘くなり、空気が漏れ易くなる。それをカバーするために奥まで差し込むと、高圧をかけた場合、バルブからヘッドが抜けにくくなり、どうかするとバルブもろともチューブから抜けてしまう危険があるのだ。

 このポンプヘッドを使うと、取り外しの際に無理な力をかけることなく、スムースになり、こういったバルブ破損の心配が無くなる。 小売価格で4000円近くというのはちょっとビビリが入る金額ではあるが、 それまで使っていたポンプの口金が劣化したとき等、これに交換してみるのもアリだろう。 それまで使っていたホースの先っちょをペンチで切ってこいつを差し込むのである。

 なお、これだけでは使用できず、ホースバンドでしっかり締める必要がある。 純正品が手に入らなければ、ホームセンターかなんかで入手しよう。オイラはハンズで購入した新潟精機のコンプレッサー用ホースバンドを使用している。

真鶴

 友人2人とドライブへ出かけた。

 朝7時出発の約束だったので6時に起床、メシクソその他済ませて7時前に確認のTELしたのだが、

 
ごめ~ん。今起きたぁ


 ハゲしくずっこけてしまった。結局、出発が1時間半遅れて8:30になってしもうた。当初の予定では9時前に江ノ島着。水族館を見学し、その後真鶴へ。 漁協直営の磯料理屋「魚座」でメシくって、帰りにもう一回江ノ島寄ってえのすぱで入浴、モアナマカイ珊瑚礁で晩飯・・・とか考えていたのだが、  早くも暗雲。

 案の定藤沢の手前で大渋滞に捕まり、江ノ島についたのは10時半を大きく回ったところであった。 おまけに周辺の駐車場は何処も満車、水族館入り口もどえりゃ~行列ときたもんだ。 どうも江ノ島水族館に来る人で渋滞が発生している模様。 よって素早く方向転換することにした。「真鶴に直行」。 ところが国道134号の大渋滞で進退窮まり、西湘バイパスはスムースだったものの、早川インターのあたりで再び大渋滞に捕まり、結局真鶴到着は2時半! 去年の9月に自転車で来たときと同じくらいかかっちゃってるやん!。 
 
 そういや江ノ島からこっち、多くの自転車乗りと遭遇したが こっちよりずっと快適そう。

 「魚座」の駐車場待ちも凄まじいので、「中川一政記念館」だったかどっかでアロエアイス食って時間をつぶし、3時過ぎに再び「魚座」へ。 予約待ち数十グループだったが、諦めて帰ってしまった方も多いようで、思いの他またずに席へ案内された。 

 オイラは待ち時間中に漁協直営店にて 鯵、カマス、イボダイの一夜干を購入。
 
 朝飯もロクに食わない友人二人は我慢の限界で、ここを推薦した俺に「不味かったらただじゃおかねえぞ!」と恫喝。  まあまあとなだめつつ、いわしの丸干し、地魚盛りなどを注文。
ichiyaboshi.jpg

 固形燃料でちりちりと炙られるいわしの丸干しは、生でも食えるんでは?と思われるくらいの鮮度。 脂が乗ってて美味い。 そしてお待ちかねの地魚盛り&ご飯セットがやってきた。 口にした途端、2人とも

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(モグモグ)」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ワシワシ)」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(モグモグ)」
sakanaza1.jpg

 カニを食う時のように喋るのを止めてしまった。 いやぁ、あまり美味いものを食べると人間て会話がなくなるのね。 
 スズキ、イサキ、キンメ、ワラサ、クロダイ等(季節によってメジナになったりサヨリになったりいろいろ)、地元で採れる鮮度の高い魚はどれもぷりぷりの歯応えでビール(約1名はノンアルコールビール)にもぴったり。 量もたっぷりなので朝メシ抜きの2人にも満足できたようだ。


  

 イサキさんとチュー
sakanaza2.jpg


 真鶴漁協直営の「魚座」 は 新鮮な魚を良心的な値段でたっぷり食えるのはもちろん、水族館もかくやというような巨大水槽があってなかなか楽しめる。

その水槽でとれた写真をいくつか。

nekozame.jpg
ねこざめ
houbou.jpg
ほうぼうブラザーズ
hugu.jpg
ふぐ

続きを読む

プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
04 | 2005/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード