久々のロングライド

 久々に湘南海岸まで走った。 ここんとこ休日は多摩サイ&プールが定番になっていたので、本当に久しぶりだ。ここまで間があいちゃうと、道を忘れてたりする。 国道16号を直進すれば鎌倉街道に出るのに、何故か左へ曲がって黄金町へでちゃったり。

 しかし横浜はホントに走りやすい。道幅が広いし、路駐も少なくて快適だ。ただ、国道脇に「巨乳専科ふじこちゃん」とかが並んでるのはどうかと思うけどな。


 こないだ取り付けたフロントキャリアが目に付くせいか、自転車に
「そんなに急いでどこへいく」
「まあ、そう慌てずゆっくりいけ」
と言われてるような気がしてなかなかペースが上がらない。 いつもよか10数分余計にかかって鎌倉到着。 さっそく「ComeVa?」にパンを買いに行くが休みでやんの。 仕方なくそのまま国道134号へ出て江ノ島へ。さすがに天気がよくて海がきれいに映える! 島内の自販機でアイスココアを買いちょい休憩。 平日なのに結構な人出。 今日は島内を歩き回らずさっさと鎌倉へUターン。
 途中コンビニでパンとミルクを買い、稲村ガ崎で休憩。 ベンチでミルクを啜っていると、海からウェットスーツを着たおっさんが登場! なんでもタコとかトコブシが取れるらしい。

 鎌倉街道へ戻ると、Timeのバイクにクイックステップ&ブイグテレコムのジャージでキメた兄ちゃん二人組が追い抜いていったので遠慮なくケツにつかせていただく。 おかげで速度かなりUP。 

このままずっと横浜市街まで引いてくれればよかったのだが、高速二人組は公田でさっさと曲がっていってしまった。  仕方なく自力でコギコギ、横浜へ。

 
  
 唐突だが、俺は不謹慎な事が大好きだ

 身に危険さえなければ北の将軍様(別にポルポトでもピノチェトでも構わんが、誰も知らんだろ?)の顔をプリントしたTシャツを着て渋谷を練り歩いて周囲の反応を確かめてみたりしたいと思っている。 ま、カエルのケツの穴に爆竹突っ込んだらどうなるかな、レベルのゲスな好奇心だという事は重々承知しているが、自由の国に育った人間としてはこのゲスな好奇心を大事にしたい。

 で、その困った好奇心人間が帰りに何処へ寄ったかといえば


「横浜中華街」

 
「リーベングイ(日本鬼)!」とか言われちゃうのかなぁ、いやいや観光地だからんなわけネエなぁ、と思いつつ、自転車を押していったが。


何もない。平和だ。よかった。

 ただ、横浜中華学院は厳重に警備されてたけどな。 正門裏門にガードマン。 周囲を巡回の警官がぐ~るぐる。 なんか、事件の現場に触れた気分がして、若干の緊張と満足感。

↑  ↑  ↑
こういうのを野次馬根性といいます。
 


 しかし、中華街って楽しいね。なんつーか、あの独特のアジアごった煮的胡散臭ワールド。「世界中華料理チャンピオンの肉まん店!」の隣に「中華街で一番美味しい肉まん店」があったり(笑)  栗を売ってる美少女(やる気なさげな表情がまたよし)も、中国人なんだか、日本人なんだか。

 呼び込みに負けてチャーシューマン(200円)購入。ジューシーで美味!なんだけど何故か騙された気分(笑) この後も表通り裏通りあちこちうろつきまわり、ゴマダンゴをお土産に中華街を後にした。




本日の走行距離 106km
スポンサーサイト

20年がたつわけだが

欲望の破綻―サラ金の中の日本人 (1984年)欲望の破綻―サラ金の中の日本人 (1984年)
(1984/09)
江波戸 哲夫

商品詳細を見る


 この本が出てから21年(文庫版は19年)が経つ。僕が小学生の頃、サラ金問題というのが凄まじい社会問題化していて、TVのワイドショーでも「杉山会長」という名物サラ金オーナーが札束を記者に投げつけて怪気炎を上げていた。

 サラ金規制2法が成立する前で、利息制限法すら全く無視されていた時代のルポなので凄絶さは現在の比ではない。 しかし、そこに登場する人間はやはりどこかしら現在の「破綻者」と通じるものがある。
 実例がいくつもルポされているが、破滅に至る最大にして最悪の素質は 見栄っ張り だ。

 金が無いくせに高価なものをローンで買う、既に借金漬けになっているのに連れ合いにも事実を隠し一人だけで解決しようとする等々・・・。

 そしてもう一つ重要なのが、 「借金がそのまま人格になっていく」

 サラ金を描いた作品は小説・漫画多々あるが、リアリズムが生まれるかどうかはこの辺をちゃんと描けるかだろう。青木雄二の「ナニワ金融道」、梁 石日の「族譜の果て」、桐野夏生「OUT」はこの辺のポイントが非常に高い。 
 既に絶版になっているので入手は難しいが、これらの作品を読まれるかたはには是非併読をおすすめしたい。

 破綻する人間だけではなく、悪辣と思われていながら、思いの他のんびりした紹介屋(何処からも相手にされない多重債務者がたむろして酒を飲んでたりする)や、「脅したって殴ったって無いとこから取れっこないですよ。相手の暮らしが立つような方法考えてやらないと」と悪質業者をせせら笑う優秀な取立てマンへの密着など、読み応え満点である。

盗人にも三分の理

清水一行氏の小説は実在の会社を・人物をモデルにした経済小説と推理小説、そのほかに実際の事件をモデルにした犯罪小説がある。

 中でも犯人の生い立ちから掘り下げ、犯人の目線で描かれた作品は、残虐な事件であっても思わず犯人の側に感情移入してしまい、「もうちょっと経済的に上手く行ってたらこんな事件を起こさずにすんだのに」「変な男に引っかからなきゃこの人もこんな事件を起こさなかったろうに」と考えてしまう。

 粗暴な婦女暴行とか通り魔とかは擁護のしようが無いが、経済的に行き詰まっての犯罪は身につまされる。

迷路 (徳間文庫)迷路 (徳間文庫)
(1998/04)
清水 一行

商品詳細を見る

 「迷路」 は1980年に発生した「女子高生・OL連続誘拐殺人事件」の宮崎知子がモデルの小説。 犯行に至るまでの彼女の生活とバッググラウンドに焦点を当てた作品だ。

 タカリ虫というかジゴロというか、女に貢がせて当然のような態度をとる男に何度も引っかかり、無計画な男が浪費し、借金が嵩んだ末に凶行に及んだという見方をしている。

 この小説の中で描かれる二人の男(最初のダンナと二人目の愛人)はホントにどうしようもないエゴイストでイライラしてしまうし、そんな男でも自分から離れて欲しくないばかりに献身的に仕える主人公には哀れを催してしまう。 

 この小説ではプロローグとエピローグに判決言い渡しと、共犯と目された二人目の男の供述シーンがあるものの、陰惨な犯行のシーンが全く無いのと、主人公が病弱と金欠で苦しんだ描写が緻密なせいで余計に主人公への同情が高まってしまう。

 江波戸哲夫氏の「ドキュメントサラ金~欲望の破綻~」(ちくま文庫)に「男たちの不幸は男が自らの手で引き寄せる。それに引き換え、女の不幸は一緒に暮らしている男が運んでくることがしばしばである」という一節があるが、この事件はその究極形といえる。
 
 実際の犯人は逮捕後、「赤いフェアレディZの女」として毒カレー事件の林容疑者並みの叩かれ方をした事もあり、「生まれついての人でなし」のように見られてしまったらしいが、この小説は「状況さえ整えば誰がおこしてもおかしくない、フツーの女の同情すべき事件」という、新たな視点を開いたという点で特筆に価する。


惨劇―石油王血族 (徳間文庫)惨劇―石油王血族 (徳間文庫)
(1997/08)
清水 一行

商品詳細を見る

 「惨劇~石油王血族~」は1983年の「昭和石油(旧新津石油)取締役一家惨殺事件」の今井義人がモデルの小説。

 借金を断られ逆上した男が資産家の叔父一家を皆殺しにしてしまうという凄まじい事件だが、清水氏は単なる「逆恨み」と捉えず、事件の遠因を資産に物を言わせ強権的に振るまい、主人公の人生に常に圧力として存在し、恨まれるきっかけを作った被害者の過去の行動に求めている。

 主人公は大人になってからもバイトの延長でしか仕事をしないために生活力が無く(そのくせ3人も子供を作っちゃう)、不景気の波が押し寄せると同時に借金まみれになり、犯行に追い詰められてしまうのだが、このへんはどうも自分のことを書かれているようでケツがむずむずする。

 当初、主人公の母親が、「いつか遺産の分け前をもらえる」「実家は資産家だから援助してもらえる」と口癖のように言い続けていたのに対し、主人公が「叔父さんはケチだからなんの助けもしてくれない」と反発していたのに、大人になったらいつのまにか母親と同じく親戚の資産を当てにしているあたりが恐ろしい。

 犯行後あっさり逮捕されてしまう展開が、「迷路」と並び意外性がある。取調室や留置場で過去の自分の記憶が行ったり来たりするところに主人公の混乱振りが現れていて秀逸。ラストシーンも鬼気迫るものがある。

 それにしてもこの事件はふたつとも1980年代前半。今とは比べ物にならないレベルでサラ金が猖厥を極めていた背景を認識しておくとよりリアリティが増す。

裏金担当部長が泊まったホテルを探せ!

裏金 (角川文庫)裏金 (角川文庫)
(1995/04)
清水 一行

商品詳細を見る


清水一行の作品の中に「裏金」という傑作がある。
 国税の査察を受けたゼネコンの裏金管理・運搬係の部長が、重役への捜査が及ぶ前に行方をくらます事を要請されるのだが、逃亡中に肝心の重役が逮捕され、洗いざらいゲロってしまったために進退窮まる・・・というストーリーだ。

  各地の出張所の人間と顔を合わせたりしないように気を使ったり、いつ自分に逮捕状が出るか、会社の中での自分の立場はどうなるのか・・・という社員の心の不安が見事に描き出されている。

そこに連絡係を務めてくれる関連会社の女子社員との不倫ロマンスとか、口封じの為に命を付け狙う殺し屋の恐怖などが絡み一級のサスペンスに仕上がっている。

 この小説で、裏金担当社員が逃亡初日に泊まるのが「渋谷のビジネスホテル」なのである。 逃亡といっても最初は勝手がわからず、自宅が大森、会社が新宿なのに渋谷界隈をうろうろし、結局「宮下公園近くのホテル」に泊まってしまうのだ。 もっと遠くへ逃げればいいのにマヌケだなぁ、と思うが、意外と人間てこんなもんかもしれん。 

 で、このホテルであるが、思い当たるのは二つしかない。 宮下公園の隣にある「渋谷東急イン」と野村証券の裏手にある「渋谷ビジネスホテル」だ。

 小説の中では「宿泊費がやたら高い」「天井が低く、日も当らず息苦しい」「地下に中華料理店とバーがある」とのことなのだが、地下にバーがあり、料金も高めなのは東急イン(レストランは欧風料理)だ。
 
 一方、日当たりが余り良くなくて中華料理店があるのは渋谷ビジネスホテルのほう(ここの中華料理店は近所でも評判の美味かつ安値なので実はしょっちゅう昼飯を食いに行っている)である。

 おそらく清水さんはこの二つをかけ合わせて小説に登場させたのではないだろうか。



注:渋谷ビジネスホテルは2008年に取り壊されました

tag : 清水一行

一番美しい花

img20050416.jpg

・・・とワタクシが勝手に認定している花がこれである。
思い起こせば小学校三年の頃、帰り道の途中にあるマンションの植え込みで見た花がコレであった。 日陰の植え込みでひっそりと咲くその花の美しさに衝撃を受け、家に帰るや慌てて学研の植物図鑑を引っ張り出したことを思い出す。 アヤメ、カキツバタなどの横にこう書かれていた。


シャガ


 なんかイマイチな名前だが・・・。 ちなみに漢字では「射干」。 中国原産だが、日本に繁殖するものは3倍体で有性生殖能力が無く、栄養生殖によってたくましく増加する。花言葉は「反抗」。
img20050416b.jpg

 近所の東高根森林公園の湿生植物園にも群落があるので、毎年開花期が待ち遠しくて仕方が無いのだ。 勝手に5~6月頃だと思い込んでいたのだが、4月中~下旬には咲き始める。 庭に植えたいなあ。

img20050416c.jpg




tag : シャガ

日東フロントキャリア M-18

 注文していたキャリアが届いたので、早速取り付けることにした。
ヘッドパーツにもガタつきが出ていたので、駒沢の「サイクルセンターエノモト」でぜーんぶやってもらうことにした。

 取り付けを見ていたところ、今使っているロードレーサーのフォークはブレーキの台座の穴がヘッドパーツ下部と距離が近いため、キャリアの取り付け金具と干渉してしまうようだ。そのためブレーキ固定ボルトにスペーサーを一個噛まして取り付けることになった。

 まだフロントバッグをつけていないのでわからないが、中空クロモリパイプ製でかなりがっちりした作りのようだ。 スーパーダルメッキ仕上げで、見た感じの高級感も高い。 ロードレーサーをツーリング車化する際にはR-15と並び、必須のパーツと言えましょう。

 試しては無いけど、ひょっとしたらリアにもつけられるかも?

Nitto M-18

 しかし、こうなるともはやロードレーサーとは言いがたいフォルムだ。泥除けはついてないけど、スポルティフに近いもんがあるね。

枝垂桜はいかがですか?

 近所にいくつかでっかい緑地公園がある。
そのうち、「東高根森林公園」は思いの他でっかく(向ヶ丘遊園地よりちょっと広い)、植物が多彩でなかなか素晴らしいのである。 ソメイヨシノが散り始めるころ、枝垂桜が満開となるので通勤の途中にチト立ち寄ってきた。
img20050416_20090406205923.jpg

img20050416b_20090406205926.jpg

img20050416c_20090406205929.jpg

キレイでしょ?

tag : 東高根森林公園 枝垂桜

Dr.イラブの悪戯・・・金玉神社前の歩道橋は何処だ?

 暇を持て余していた就職浪人の時、小説に出てくる場所を訪れるのをしばしばやっていた、と書いたが、実は今でもたまーにやっている。職場の近くだったり、休日に走りに行く先の近くだったりすると、誘惑に勝てないのだ。つい先日もやってしまった。だって、あまりにも職場の近くだったから。

 訪れたのは、奥田英朗の大ヒット作短編集「空中ブランコ」のなかでも最大の破壊力を誇る「義父のヅラ」の一場面に現れる場所だ。
 主人公の精神科医・伊良部イチローの大学時代の同級生で、現在同じく精神科医をしている池山達郎は上司(大学の医学部長)で義父のあまりにもあからさまなカツラを知らないフリしつづけるストレスから、「人前で不謹慎な事がしたくて我慢できなくなる強迫神経症」にかかってしまう。 伊良部のアドバイスで、コドモ時代にやり残したイタズラを思い出し、やってみるという代償治療を始めるシーンがあるのだ。

「そうそう。その並木橋の交差点を過ぎて坂を上った先に歩道橋があって、その横っ腹に『金王神社前』とかいてあるわけ。バスでその下を通るたびに、クラスメートたちと、ああ、あの『王』の字に点をつけて、『金玉神社前』にしてえなぁって・・・。」


 池山先生が通っていたと思われる「渋谷の公立高校」は恐らく広尾高校だろう。バスで通ったのは明治通り~八幡坂と思われるが、残念ながら八幡坂には歩道橋が無く、信号機の標識に「金王神社前」と書かれているのみだ。
konnou.jpg


 歩道橋は明治通りの中央労金と八幡橋の前にあり、ここに書いてある文字は残念ながら「渋谷3丁目」である。 
konnou2.jpg

 ただ、ここから少し離れたところ、国道246号線、クロスタワーのすぐ前に金王坂という坂があり、ここに架かっている歩道橋には立派な字でに「金王坂」と書かれている(尾崎豊が夕陽を見た歩道橋だとか、そうじゃないとか)。そのため、このお話の通りのイタズラをするとなればここになるだろう。
konnou3.jpg


空中ブランコ空中ブランコ
(2004/04/24)
奥田 英朗

商品詳細を見る

さくらトンネル

通勤の途中、余りに桜が綺麗なので思わず花見してしもうた。

sakura1.jpg

sakura2.jpg
世田谷通り(喜多見のあたり)は桜トンネルのようになっている。
sakura3.jpg
 
 
sakura4.jpg
通勤ルートから外れるが、東京農大前と世田谷代田~淡島間の遊歩道は圧巻。
千鳥が淵行くよりこっちのほうがお手軽だよな。


美女

 なんでも、2時間ドラマの撮影リハとかで、3人ほど女優さんがうちのスタジオに見えた。

最初に誰が来るとか聞いてなかったので、ハナクソほじりながら待っていたら、サングラスをかけ、なんかダークなオーラを漂わせたイイ女が一人。ああ、コレが女優さんか、と挨拶したら、後でオカンが一言。

 
「ねぇ、あれ、菊川怜じゃない?」



  工エェエ工!  はっきり言ってTVやグラビア、美津濃のカタログで見る彼女はそれほどイケテルとは思ってなかったので、目の前にいるイイ女が菊川怜だとは判らなかった。よく見たら確かに菊川怜だった。 思ったよか背がちっさい。

 その後オカンが昼食に出て、一人店番していると、


さとう珠緒登場


声もしぐさも「んもーっ!プンプン!」のキャラそのまんまであった。 確か俺と同い年だが、そうは思えないほど可愛い。

 そして15分後 

黒坂真美登場


本人が意識していない濃厚な桃色の霧(ふぇろもん)が漂っています。

 
 5時間ほどヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの練習をしていかれました。
30毒男には非常に刺激の強い5時間でした。

 

しかし、「会社帰りのビジネスマンがジャズをやってるようなしっぶいスタジオ」(畠山美由紀評)だったはずだよな?ウチって。

 読書ネタ行こうと思う。
 先日、ホリエモンについて「小説の登場人物のような事を言っていて嬉しくなってしまった」と書いたが、読書していてこのように
「小説の台詞のような事を言う奴が実際にいたとき」
「小説の舞台を実際に訪れたり、実は近所にあった時」
の嬉しさは格別である。 暇を持て余していた就職浪人の頃は実際に推理小説の殺人現場に行ったりしていた。最近ではそんな事は少なくなったが、別の楽しみもある。

 全く違う作家が、全く違う話で、年齢も性別も違うキャラクターを描いているのに、行動パターンや正確が酷似していることがあるのだ。 パクったとかそういうんではなく、人間の心の奥底を炙り出したら、図らずもそうなった、のだろう。

 具体的にいうと、清水一行の代表作「虚業集団」の主人公、上条健策と、馳星周の代表作「不夜城」のヒロイン、小蓮こと呉富蓮(ウー・フーリェン)だ。

虚業集団 (1977年) (集英社文庫)虚業集団 (1977年) (集英社文庫)
(1977/06)
清水 一行

商品詳細を見る


不夜城 (角川文庫)不夜城 (角川文庫)
(1998/04)
馳 星周

商品詳細を見る


 上条健策は実在の大物総会屋にして乗っ取り屋「芳賀龍臥」がモデルで、金融の担保とし預かった株券をパクって株主総会に乗り込んだり、手形やら何やらを駆使して会社を乗っ取り、むしゃぶりつくす極悪人なのだが、この主人公が物語の後半、愛人の娘(またこの子を手篭めしてたりする)に土地の権利書を持ち出され、トンズラされてしまうのだ。

 パクリ、乗っ取り、会社泥棒を生業にしていた人間はここで凄まじい金への執着を見せ、怒り狂い、居場所を掴むとこの女性のアパートに乗り込み、凄まじい暴力を振るう。もともとは他人を騙し、嵌め、奪い取った金や土地であるにもかかわらず。


 一方、呉富蓮は、チンピラで殺し屋の兄が賭場荒らしでかっぱらった3千万円を持ち逃げするのだが、兄のかつての相棒(主人公)とデキてしまい、それを兄に咎められると(実は近親相姦関係だった)、ピストルで撃ち殺してしまうのである。

 主人公の目からすると、3000万円を取り戻されるのが許せなくて(といってもマンションの頭金として既に全部使っちゃってる)殺したようにしか見えないのだが、そこを描写した会心の表現がこれだ。

 

富春を撃った時の小蓮の目。燃えていた。自分さえ燃やし尽くしてしまいそうな憎悪の炎で。おれは何度もあんな目を見てきた。欲の深い人間が、自分の物をかっぱらいに来た相手に見せる目だ。小蓮は富春を憎んでいたわけじゃなかった。小蓮にとって富春はただのゴミ屑だ。憎む対象にすらならない。だが、すでに小蓮のものになったものを取り返しにきたとなれば話は別だ。小蓮はありったけの憎悪をこめた目で富春を睨み付けるだろう。





 会社乗っ取りを生業にした犯罪集団と、中国ヤクザの間で翻弄される半々(中国人と日本人の2世の事)のコチンピラを描いた小説で、同じメンタリティをもった人間が現れるのだから面白い。 作家が削り出し、蒸留し、抽出したキャラクター、行きつくところは一緒というところか。

フロントキャリア&バッグ付けようか?

 イギリス派サイクリストを気取ってサドルバッグ使ってるけど、取り外した後肩掛け鞄に変身させられるフロントバッグも悪くないかなぁ・・・と考えてます。 って、以前GTテクエスタに乗ってたときはオストリッチのフロントバッグ(今のF702)を使ってて結構重宝してたんだよね。 古本屋で大量に買った推理小説なんかポンポン放り込んだり、トップパネルに地図を差したり。

 ただ、今のS-2とコーディネートしようとすると必然的にF104かF106になる。 コレはサポートフックが使えないんでフロントキャリアが無いと使えない。 今考え中なのはクロスバイク用のフォークに交換して、日東の小型フロントキャリアをつける方法だが、当然ヘッドセットも交換・・・・。う~ん。


と、悩みに悩んでいたところ、日東のホームページが出来たとの広告

 チェックしてみたら。

あるじゃん!サイドプルブレーキ用のフロントキャリアが!! 強調文

M18carrier.gif 

 

フロントキャリア

 FRONT-M18

 サイドプル ブレーキのロードレーサーに
  取り付けられる フロントキャリアです
  (バンド固定式)

 クロモリチューブ製
 カラー シルバー
     (スパーダルめっき)

 重量 365g
  標準価格 9,000円         

 カーボンホークには使用できません
  写真は、前ホークに取付けたところ

ムキー!3箇所回ってどこも知らないって言われたのだが・・・日東さんは営業もっと力入れれば良いのに。ブルベとかセンチュリーランとか流行りだしてるんだから。 まあ、最近はリクセンカウルとかトピークのワンタッチバックル式のフロントバッグが主流だから売れ行き伸びないかもしれないけど。
 しかし、コレがありゃレトロスタイルのフロントバッグもばっちりですな。 早速電話。

レスプロレーシング・アンチポリューションマスク

 花粉症の季節ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
ワタクシは耳鼻科の先生に「部屋をコマメに掃除しろ!」と怒られたハウスダスト(よーするにダニ)アレルギー持ちですが、花粉はぜんぜん反応しません。 そういうわけで花粉症の皆様の辛さはあまり良くわかりませんが、「コレは花粉症の皆様にも役立つだろう!」というグッズを紹介しようと思います。

 サイクリングロードを走ってると、ベストセラーの呼び声高い「ユニチャーム・立体裁断マスク」を装着してトレーニングをしてる方がいますが、それよりもコレですよ!コレ!

  レスプロレーシング・アンチポリューションマスク
レスプロ:シティマスク/DACC 特殊炭素繊維 フィルター/ウイルス、花粉対策レスプロ:シティマスク/DACC 特殊炭素繊維 フィルター/ウイルス、花粉対策
()
不明

商品詳細を見る


 ぱっと見は過激だけど、これ装着してるとディーゼル車の排ガスも気にならないくらい。いろんな微粒子もカット。花粉症持ちはもちろん、自転車&バイク乗りなら絶対買っとけって感じです。

 スポーツ、シティ、エアロ、バンディットスカーフと4種類あって、交換フィルターも4種類、バルブも3種類、いろいろ組み合わせて使えます。ワタシはシティーマスク+スポーツバルブ+DACCシティフィルターの組み合わせ。

 冬場の乾燥した時など、呼気の湿気をある程度フィルターが保持しているので、喉をいためない気がします。その分、熱いラーメンを食べている時のようにハナ水が出るような気もしますが・・・。
プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
03 | 2005/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード