スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホリエモンとテロリスト

 既に話題としては旬を落してしまったかもしれないが、書いておかねばなるまい。ライブドアの堀江社長について。

 いろいろと「言った」「そんな事言っていない」と話題になるホリエモン発言であるが、伝え聞く彼の言葉の中に思わず反応してしまうのがあった。

「どんな人も金で動く」
「人が金で落ちる瞬間が面白い」

 いいかげんな記憶(しかも他のマスコミ経由)なので正しい文知ってる方がいたらコメント欄で指摘してくれ。

 で、この発言に反発される方は結構多いのだろうが(「金じゃ買えないものがある」とかってね)、ワタシはこの発言聞いた時全く見当違いの方向で嬉しくなってしまった。

 「あっあっあ~っ!!小説の登場人物と同じ事言ってるぅ!」

テロリストのパラソル (講談社文庫)テロリストのパラソル (講談社文庫)
(1998/07)
藤原 伊織

商品詳細を見る


 藤原伊織の名作「テロリストのパラソル」のラスト、主人公がかつての親友(爆弾事件を起こし、外国を逃亡してるうちに南米の麻薬組織のボスになってしまった)と対決するシーンで、かつての友人はこう言い放つ。

 「例えば任意の誰でもいい、現金を見せたとする。君の年収程度じゃこの国では誰も驚かないだろうが、それをもし10倍、一千万に引き上げたらどうなる?その現金を前にした人間は心が動くかもしれないし動かないかもしれない。動かなければそれでいい。なら今度は、さらに10倍、一億を積んでみようじゃないか。現金で一億。 それを目の前に置いてみよう。そんな時たいがい、人間の理性は欲望に敗北するのさ、つまり人間が変わる。水が100度で気体に変化するようにね。もちろん、それでも足りない時はあるさ。しかし、もっと金を積み上げていけば、どんな人間にもいつか沸点はやってくる。それがこの20年あまりで僕の学んだ確かな法則なんだ」


 ホリエモンがこの小説を読んだかどうか知らない。しかし、オイラと1つしか年の変わらない、今まで自分の好きなように生きてきたであろう社長サンが、

 爆弾事件で人殺し→外国で逮捕・拷問→脱走→麻薬組織の大幹部に・・・

とキツイ人生を送り、 「クソを再生産するこのクズのような国に復讐してやる」 という強烈な意思を持つこの登場人物とほぼ同じ事を言うのは何とも不思議である。 彼らの間を繋ぐ共通項が金だけであるとしたら、


金ってすげえ。 てか 恐い。

 お前はそんなふうに沸点が来て狂わされるほど現金積まれたり、金が手に入る事なんざねえだろ!

 と突っ込みが来そうであるが、そういうあんたは甘い。 「金」っていうのはプラスであるだけとは限らない。 マイナスであってもちゃんと沸点(氷点と言うべきか)は来ますから。  で、こういう氷点って、ゼロからの距離でいえば沸点より絶対近いところにある! しかも、命まで持って行かれたりするから! オイラの場合はこっちのほうが切実。
スポンサーサイト

オーストリッチS-2(どのくらい入るかな)

 サドルバッグのメリットといえば何かと言えば、
「重心に近いので自転車の操作性に影響を与えない」こと。

 大型のサイドバッグやパニアバッグを使えば後輪を振られ、フロントバッグならハンドル周りが鬱陶しくなり(最近はアタッチメント金具で改善されてるけど)、フロントサイドバッグはどうかすると、歩道との段差で擦って急にハンドルを取られたりする。

 サドルバッグはこの辺のストレスからほぼ無縁。 あとは、この限られたスペースに何を入れるか、でしょう。 逆にいえば、何を削っていったり、宅配、郵便などを使ったデポのシステムを活用するか、ですね。 このへんはバックパッキングの旅に通じるものがあるかもしれません。

 10日に吉野梅郷に行った帰り、多摩川サイクリングロードで出会ったおじさんは、レイダック(ブリジストンの昔のスポーツ車ブランド、今のアンカーみたいなもん)に宮田(!)の綺麗なサイドバッグを搭載していました。 オーストリッチ・DLXに比べかなり小ぶりとは言え、帆布製のしっかりしたバッグでなかなか良い感じだったので思わず声をかけたところ、


「泊りがけで遠くまで行くわけじゃないけど、眺めの良いところでコーヒー沸かして飲みたいからね。コレをいつも付けてる」とのこと。 なかなか風流人ですね。

 オイラもコーヒー好きなんでそれやってみようかな。てな訳で実際にコーヒーに必要なもの入るかやってみました。

コーヒーセット

コールマン・ウルトラライトギア・クッキングストーブ
ユニフレーム・コーヒーバネット(折り畳み式ドリッパ-)
トランギア・ミニケトル
サーモス・ステンレスマグ
豆、ペーパーフィルターなどなど・・・。
 豆はこんな瓶じゃなくてフィルムケースかなんかに入れて小分けにしても良いし、フィルターはその日飲む分だけ持ってけば良いのでもっと小型化できる。ブラック党ならばミルク・砂糖も削れますね。 もっと言えば、ストーブは小型ガスバーナー使えばもっと小型化できるでしょう。
 まだまだ、省スペース化する余地があるけど、まずはコレが入るかどうかというと・・・。

入るかな

 綺麗に入りましたね。
コーヒーじゃなくて、コッヘルを持っていってラーメンやインスタント味噌汁作るのもアリですね。水は水道のある公園へ行くか、コンビニでミネラルウォーターを買うか、はたまた、ツーリング先でを名水・湧水を探すもよし。なかなか楽しめそうです。

 
 さて、もう一個考えたのが、耐久ランなんかで1日中無理無理に突っ走って、ステーションビバークかなんかやる場合。 沖縄に住んでた時、バス停で野宿しましたけどね、本州でも夏ならば嵩張るシュラフを削ってインナーシーツかシュラフカバーだけ(もしくはこの2つの併用)で凌ぐという手もあります。 とりあえず、モンベルのゴア・シュラフカバーを入れた所、

シュラフカバー

丁度半分ぐらい占有。 
ゴール地点に必要なものをデポできるのならば、コレ一個でなんとかなるんじゃないでしょうか。

青梅・吉野梅郷(おまけ)

inabake1.jpg

 帰りに、青梅市内にある文化財「稲葉家住宅」を覗いてみた。
国道沿いにある立派なお蔵のような建物。
 青梅が江戸城の築城や、江戸の町づくりで大量の木材が必要になったとき、奥多摩から切り出した木を運ぶ際の中継地や、甲州への裏街道の宿場町として栄えた時代を今に残すものだそうだ。 この稲葉家は青梅でも最大級の材木商、青梅縞の仲買人として、城下町にも支店を持っていたと。 家の裏手には立派な醸造所の煙突が立っている。 裏手まで見せてもらうのがお勧め。


inabake2.jpg

吉野梅郷ふたたび

本日また、吉野梅郷へ行ってきた(もち、自転車で)。
開花状況は、今が満開!今日は文章は少なめ、写真メインで。

吉野梅郷

園内は

吉野梅郷

ふんわり

吉野梅郷

良い香り

吉野梅郷

でした!

お土産は奥多摩名産山葵のわさび漬け

吉野梅郷
 

tag : 吉野梅郷 ツーリング

オーストリッチ S-2サドルバッグ

 さて、先日購入したオーストリッチの大型サドルバッグ、S-2のインプレ記事です。

まず最初にいえるのは、ちょっとした手間を味わいと感じられない人は買わない方が良い ですよ。機能性追求派は前にも書いたようにSP731でしょう。 S-2の持っているデメリットが改良されているので、めんどくさいのがイヤならそっちにすべきです。

 でも、ちょっとした手間も含め、レトロなスタイルが良い派ならば、文句無くこれですね。あと、 「オレってイギリス派サイクリストなんだよね」とか薀蓄たれたい人(イギリスでは長距離サイクリングにはサドルバッグが、フランスではフロントバッグ+パニアバッグが主流)。 価格も同様の海外製品(リーベンデールキャラダイス等)に比べ、3割ほど割安です。長谷川商会でオーダーできるジル・ベルトゥーなんか、3万近くするですよ。

 取り付けに際しての注意ですが、S-2を始めとしたレトロサドルバッグは、サドルのレールではなく、尾部の環を固定に使うことが前提になっていて、それに合わせたベルト形状(前後方向にループ)になっています。そのため、現在一般的なレーシングサドルのレールに取り付けられないことは無いですが、無理やりベルトを捻るので
サドルバッグ、ベルト部分
ヒジョーに取り外しがしにくくなるし、多分、ベルトも痛めます。 ついでに、サドルも垂れるし、太腿に接触するしで良いことはありません。

 サドルバッグを使う為の環がついたサドルとしてはBrooksの製品が有名ですが、この会社のサドルはモノホンの皮革製品で、オイルでお手入れが必要、濡らしたらちゃんとケアしないとダメなど面倒な事も多いし、新たにサドルを買うのもどうかと思う人も多いでしょう。
 そういう人の為に、サドルのレールに後付けするViva バックループ
Vivaバックループ
という製品があります(東京サンエス取り扱い)。これを使うことでかなり改善できますが、まだ問題があります。

続きを読む

tag : サドルバッグ オーストリッチ

メジロさんこんにちは

 ちょっと前にメジロさんいらっしゃいという記事を書いたが、今日はその続き。 メジロさん達はいつも朝9:30~10:30に我が家の庭にお食事に来るようだ(それ以降はでっぷりと太ったヒヨドリがやってくる)。

 サルスベリの枝に刺したハッサクを2~3日してみてみたら見事に食いつくされていた。子供がスプーンでグレープフルーツを食べてもああは行かない。この写真は新たに餌をとっかえた翌日に撮ったもの。
Dscn0766.jpg

 そして先日(14日)ついにメジロさんのお食事シーンの撮影に成功。 もっとズームにしたかったが、三脚の用意がなく、手ブレの心配があるのでこれが限界。 ま、本格的なバードウォッチャーでなく、飯の片手間に撮ったのでこれでよしとするか。
メジロ

tag : メジロ

青梅・吉野梅郷

 i じゃぱんガイドブック「奥多摩・秩父」を読んでいたら、青梅市に「吉野梅郷」なるところが存在するのを発見した。 なんでもそこ周辺で二万本以上の梅が植えられているとのことなのである。 そして開花期の3月中旬には梅祭りも開催されているという。我が家の梅の木も咲いている事だし、今日は青梅まで走って梅祭りを訪れてみることにした。

 朝10時に自宅を出ようとしたのだが、空気圧を高めにしてからインフレーターの口金を抜く時、なんとたてつづけにバルブごとズッコ抜けてしまい、チューブを2個パーにしてしまった。 予備チューブ無しで走り始めるハメになったわけだが、まあいいや、府中のY’sかなんかで補給できるだろ・・・・。

 オイラの休みのときにピンポイントで悪天候になるのだが、この日も前日からやや気温が下がり、幕を張ったように雲がかかっていた。おまけにY’sはまだ開店していなかった。 途中でパンクしたらどうしよう。

 未舗装部分などは冷や冷やしながらであったがなんのトラブルも無く羽村の取水堰を通過して、奥多摩街道へと抜ける事が出来た。が、ここで早くもガス欠! 基本的に我慢できない人間なので「腹減った-腹減った-」と謳いながら走っていたらますます腹が減ってしまった。馬鹿みてえ。

 
 奥多摩街道の途中でコンビニ(ヤマザキYショップ)を発見したので、すぐに補給食を買いに駆け込んだ。 メロンパンと板チョコを購入しその後ちょっと店内を見回したら、やっぱりここはもう「田舎のコンビニ」なのであった。 というか、もともと酒屋さんか雑貨屋だったのが「なんとなく時代の流れでコンビニにしてみました」という感じなのだろう、異常にローカル色が強い。 何が凄いかって、味噌や漬物の量り売りとか、バーベキュー用の炭や薪まで売ってるんだもの。 川井キャンプ場の近くのセブンイレブンはオートキャンパーやドライバーが主なターゲットらしく、薪は売っていたが味噌の量り売りはしていなかったもんね。

青梅の市街地に入る前に吉野街道への分岐があるのでそっちへ行けば早いのだが、あえて直進し、旧青梅街道・・・青梅市街地、住江商店街を通過するルートを取る。

 吉野梅郷へ行く前に、知ってる人は知っている、住江商店街のレトロ胡散くさワールドを満喫するためである。 ここをはじめて訪れたのは3年前、友人とドライブ(石和温泉だ。文句あるか)へ出かけた時なのだが、突如現れた多数の1950~60年代の映画看板に圧倒されてしまったのだ。  


img20050313.jpg


 なんだなんだここは?ここだけ時間の流れが止まっているのか? それとも妙なパラレルワールドへ嵌り込んでしまったのか?

img20050313_1.jpg
 
 なんの事は無い、町おこしの一環でこういうことをやってるわけなのだが、あまりの違和感に脳天に衝撃を食らい、そのままちょっとしたお気に入りスポットになってしまったわけ。 経緯としては以前書いた江ノ島の州鼻通りと似ているが、刺激の強さはこっちのほうが数段上。  個人的に師匠と崇めている泉麻人氏がアド街ック天国の特番で「青梅はヘンテコで面白いですよ~」と発言していたが、このヘンテコワールドを見て何も感じないようならちょっと好奇心感度の鈍さを心配したほうが良いだろう。 そんぐらい、「ヘン」な魅力の通りである。

詳しい情報はこちら をみてくれい。

 
 青梅の市街地を抜けると一気に「田舎へ来た!」って感じになる。
距離だけで言えば我が家から江ノ島と青梅は殆ど同じなのであるが、感覚で言うと青梅のほうが遠くへ来たように錯覚する。 足の疲労とかそういう事ではなく、視覚的な効果と、心に及ぼす影響だ。 具体的にいうと、江ノ島だと「う~ん、海に来たなぁ~!」と、全面的に明るく楽しいサイクリング、前向きかつ楽天的なものであるが、青梅・奥多摩だと、

 「とんでもないところまで来てしまった・・・。」

と、若干の後悔というか、恐れと不安のようなのが混じってくるのである。芥川龍之介の「トロッコ」に出てくる、トロッコ押してとんでもないところまでいっちゃった子供の恐怖感というか。

 湘南海岸だとアプローチの街道沿いにはずっと商業地が続いてるし、国道134号沿いなら車も途切れない。 いざとなったら駆け込む家もいくらでもあるし、我が家の最寄の駅まで乗り換え無しで来れる。 おまけに逗子まで行けばプロショップもあるという安心感があるのだが、奥多摩は一気に「過疎の村」みたいになってしまうのでヒジョーに不安なのである。 大体が住江商店街にしてから、国道に面した自転車店がやってんだかやってないんだかわかんない見栄えだし・・・。

 なにより、国道沿いに数軒家が並んでいて、その5~6軒むこうからいきなり「こっから山です」「ここより森ですのでよろしく」となってしまうので心の準備が出来ない。 ちょっと田んぼか畑のクッション置いてくれればここまで強烈な僻地感を感じる事も無いと思うのだが。

 しかし、東京都内において、自転車でわずか2時間ちょっと走った程度でここまで僻地感を味わえるというのもある意味貴重である。 青梅線の向うに見える山は若干の敬意を持って「青梅山塊」とでも呼びたい気分だ。

続きを読む

メジロさんいらっしゃい

 家の前のゴミ捨て場の脇に柑橘(八朔かなんかだと思う)の樹が植わっている。 この実の酸っぱさがまたキョーレツで、レモンなんて目じゃない。 一つ食べてみたら喉がヒリヒリしてきてしまった。 ひょっとしたらこの酸味は柑橘類に含まれるクエン酸じゃなくて塩酸や硫酸のたぐいなんじゃないだろうな?とまで思ってしまうほどなのである。試した事は無いが、絞り汁に石灰岩かなんかを落としたらあぶくが出てきそうだ。

 そういうわけで、せっかくたわわに実ってもとても全部食べられたもんじゃないのであるが、そのまま腐らすのもあまりにもったいないので鳥の餌になるかどうか試してみることにした。 餌台をわざわざこしらえるのは面倒なので二つに割って、サルスベリの枝の切り口に差しただけである。

                img20050309.jpg

 庭には梅の木があって、毎年開花期にはメジロが花をついばみに来るが、このキョーレツに酸っぱい柑橘に口をつけてくれるだろうか・・・・?  

 ちょいと心配だったが、朝飯を食いながらふと庭を見たらさっそく1羽、果肉をむしって飲みこんでいるのが見えた。 慌ててデジカメを取りにいったら戻ってきた時には飛び去った後であった。残念。 後で確認したら、結構食った痕跡があるのでちょっと満足。 あとは暴れん坊のヒヨドリがメジロを蹴散らさないように祈るだけだ。
 
 また明日来てくれるかな? 
 

ロミ・ユニ コンフィチュール &Come Va?

 ここんとこ毎週のように鎌倉を訪れているが、今日も鎌倉参りである。
ただし今日はトレーニングではなくお買い物なのだ。

 一件目はハンドメイド・ジャムのお店 Romi-Unie Confiture
romi-unie.jpg

 去年の夏から姉貴のお使いなどで何度か訪れているのだが、とにかくこのお店はジャムの種類がいーっぱい!! イチゴジャムだけでもリキュールを入れたのや、オレンジとあわせたのやらで何種類もある。 イチゴ、バナナ、オレンジ、キウィ、マロン、ミルクと色もカラフルで宝石箱のようだ。 青山でも買えるらしいが、毎週月曜に一回入荷するだけなので手に入るとは限らない。

 SPURを愛読していそうなおねえさま方が客の主流であるからして、汗臭いレーサージャージにビンディングシューズをカパカパいわせて店内をうろつき回るオイラはどう考えても異分子である。

 でも今日はレーパンでもないし、だっさいスポルディングのイモジャーでもないからいつものように肩身の狭い思いはしなくて良いの。うふ♪(←キモイよ)

jam.jpg

 この季節甘味が強くお勧めのイチゴベースのやつと、バナナ、キウィなど四点購入。うち二つを贈答用の化粧箱に入れてもらい(誰にあげるか知りたい?ふっふっふ)、ついでに自分用にスコーンセット(ミルクジャム付き)を購入。このスコーンセットは週末しか販売していない上、おやつどきには大抵売り切れてしまい、自転車で来たときには何度か悲しい思いをしているのだが、今日ようやく入手できた。あとでミルクティでも淹れて食べよ~っと。
suko-nn.jpg

続きを読む

Earthworks  Underground

 3月は気になっているミュージシャンのアルバムが出る。


ビル・ブラフォード率いるアースワークスのビッグバンドバージョン。

アースワークス・アンダーグラウンド・オーケストラアースワークス・アンダーグラウンド・オーケストラ
(2006/03/24)
ビル・ブラッフォード&ティム・ガーランド

商品詳細を見る

 


 ビルさんは子供の頃からスイングジャズに親しんでいるし、バディ・リッチビッグバンドとの競演もあるが、自らビッグバンドを率いることになるとは思わなかった。

 「スイングしない」「グルーヴしない」カチカチ正確系の彼が率いるビッグバンドとはどんなものになるだろうか。楽しみで仕方がない。

 しかしアースワークスのジャケは何時見てもカッコイイ。 いつもはデイヴ・マッキーンだが、今回はなんとなく雰囲気が違う感じ。誰だろう。
プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
02 | 2005/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。