スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎌倉はいいぞ!その3

えのでんオールド車両

うれしいことに、またもオールド車両であった。

民家の間をすり抜ける様に走り、腰越へ出る。
腰越駅から小動岬へ足を伸ばし、いつもスルーしてしまう小動神社を見る(参拝ではない)のだ。

小動神社

ここは以前

 太宰治が心中未遂事件を起こした 

ところ。 だからと言うわけではないが、なんか陰鬱な気分になる。日が暮れていて誰もいないことに加え、周囲が岩と木で囲まれているので薄っ暗く、圧迫感があるのだ。 自殺しようとしている人を追い込みこそすれ、止める力にはならないだろうな。


 風はますます強くなり、カメラを構えるのも辛いが、なんとか展望台によじ登り、夕陽の沈む江ノ島を撮影する。

夕陽の江ノ島

 このまま江ノ電で藤沢まで行きゃあいいのだが、江ノ電江ノ島駅から小田急片瀬江ノ島駅を結ぶ「州鼻通り」のレトロ胡散臭さ(未だに射的やスマートボールがあるんだよ)が気に入ってるのでわざわざ江ノ島駅で降りていく。
 が、真冬の月曜、午後5時では人通りも無く、軒並みシャッターが下りていた。 誰も客のいないゲームコーナーの明かりだけが空しく照らしているが余計寒々しい。
 いつも思うのだが、このあたりの商売をしてる人たちは、冬場どうやってしのいでいるのだろう・・・・。

スポンサーサイト

鎌倉はいいぞ!その3

  源氏山公園を抜けてしばらくは舗装路だがそのうちまた狂暴な木の根っこ露出コースになり、ケワシイ段差が続出。 しばらく行くとカップルが騒いでるので何かと思って見上げると、リスがカリカリ木の皮をむしって齧っていた。

ふ~ん、こんなとこにもリスがねえ。

  そのまま走りつづけると、いよいよ。切り通しへ出て、ハイキングコース終了。最後の階段は土嚢を適当に並べただけでとてつもなく危なっかしいものだったが、ある意味首尾一貫していてなかなか気分がよろしい。

 合流した県道をそのまま進むと高徳院へ。  


懐かしや、鎌倉の大仏様である。


金を払って(200円)参拝するのは中坊の時以来じゃないか。 久々に見るが、この大仏さん、いい表情してるよなぁ。

高徳院の大仏

 ちーと気になったのが、この高徳院、やたらと野良リスがいることだ。 
餌やるなとそこら中張り紙がしてあるのだが、まるで効果ないらしく、かなり増えてしまっている。さっきハイキングコースで遭った奴もそうなんだろうが、ペットとして飼われた奴(タイワンリス?)が逃げて増えちまったらしく、まるで物怖じせず人に近づいてくる。 しぐさは可愛いが、どうかしたら伝染病でも媒介しかねないんだからもちっと気をつけないとダメだろう。  

タイワンリス

続きを読む

鎌倉はいいぞ!その2

MAINが無くなってる!

稲村ガ崎公園の前にはMAINというレストランがあり、眺望は最高、味もなかなか、と評判で、いつか行ってみたいと思っていたのだが、工事車両が走りまわり、建物の中は瓦礫とも資材ともつかないものが山積みになっていた。近づいてみると、「ただいま改装中」の文字が。

メイン(改装中)

う~ん。モアナマカイ珊瑚礁といい、この店といい、どうも湘南のレストランとは縁が無いようだ。 大体女の子と一緒じゃなきゃこんなとこ行くこと無いだろうしナー。

 飲食店の変動の激しさに戸惑いつつ、江ノ電へ。
なんと、旧車両(緑と黄色の奴)で思わず嬉しくなってしまう。
終点の鎌倉でJRに乗り換え、北鎌倉へ。
ここから浄智寺の参道へ向かい、そこから続くハイキングコースへと足を伸ばすのだ。

 このハイキングコース、「ハイキングでしょ?」と甘く見るとエライ目にあう。
いきなり「ナメンナヨ」とばかり急峻な階段があったかと思うと、やっと一人通れるくらいの幅しか無くなってしまい、そのうち階段が無くなり、木の根っこを階段代わりに登るようにしなくてはいけないのだ。 段差は一定していないし、ちょっとしたアドベンチャー気分である。 てか、実際雨の後なんか危ないんではなかろうか?

続きを読む

鎌倉はいいぞ!

 久々に湘南へ行った。
 といっても自転車ではなく、電車で、だ。
 糞寒い上に疲労が溜まると集中力が切れ(普段から散漫だけどね)事故を起こしやすいので、この時期はサイクリングロード以外あまり走る気がしないのだ。気分の良いトレーニング・・・となると、電車で海岸まで行き、砂浜をジョギング(ウォーキング)することになる。 

 去年の今頃も足の手術後のリハビリで毎週砂浜歩きをやったのだが、この季節は夏に比べゴミや車や人など鬱陶しい物が格段に少ないので、思いの他快適だということが判明したのだ。むしろ、夏に訪れた時に「きったねえなぁ・・・・。」と思ったところが、思いの他味わい深かったりする。

 田園都市線で中央林間まで行き、そこで「江ノ島鎌倉フリーパス」を購入し、小田急に乗りかえる。 今日は砂浜ジョギング以外にも江ノ電あちこち寄り道計画があるのでお得なフリーキップを購入したのだ。

フリー切符
江ノ島に着くと、爽やかな快晴! 嬉しい。

続きを読む

プール

 午前中チョコチョコと買い物を済ませ、いつもの休みと同じくプールに行くことにした。
いつもはロードレーサーで多摩川CRを走り、そのままプール直行なのだが、今日はママチャリである(路面が濡れてるのが判ってる時はMTBやロードは使いたくないのだ)。

 例のあっちこっち弄り回したママチャリであるが、今までのに加えて、100円で購入した徳用グリップとGrungeのブレーキアウターワイヤーに交換した。 Grungeのアウターワイヤーは色が選べる程度の認識で買ったのだが、これがなかなかどうして良い感じである。 ホームセンターで売ってるママチャリ用アウターインナーセットで400円!みたいな奴より明らかに引きが軽い。ま、買ってから一度もブレーキワイヤー交換してなかったから当たり前と言ったら当たり前なんだけど。

 ペダルもハーフクリップがついてるので砧ぐらいまでだったらお茶の子さいさいである。 ちょっと寄り道して岡本民家園へ。  萱葺き屋根の家とか、手動脱穀機とか唐箕とかが展示してある、とくに管理してる人が見当たるわけで無く、たいへんゆるいというか、ゆったりとした空間である。ホタル園とホタル物知り館も覗いてみたが 誰もいねぇ。

 ま、真冬のホタルなんか光らないしいつまで見ててもしょうがないので、総合運動公園へ。
 
 おもしろいのがプールによって利用者層が違うことである。
ここ1年で利用するプールが拡大したのでわかったのだが。

 太子堂プールは小中学生と肥満気味のおばさんが多い。もともと太子堂中学の施設を決まった期間だけ一般解放してるのでこうなるのだろう。近くには代沢小もある。で、意外と交通の便が悪い(駅から遠い)ってことになると来るのは必然的に近所のおばさんである。
 
 一方、祖師谷総合運動公園は年齢問わず気合の入った健康マニア&マジスイマーが多い。やたら泳ぐのが速いし、デブも少ない。最新の競泳水着を来てるのも多い。 これは50mプール(25mもあるんだけど)のせいではなかろうか? そんなに泳げない人はこんなデカイプール怖いだけだろうし。

 で、この対極にあるのが渋谷の東健康プラザである。
ここは、信楽焼の狸みたいなデヴが多い。
男女の例外無く、だ。 泳ぐのは遅いしフォームもメタメタ、なんかカバがのた打ち回ってるんじゃ?と感じることもしばしばである。
 渋谷と恵比寿の中間という場所柄、忙しい仕事の合間を縫ってくる人が多いんじゃなかろうか。普段は運動不足、で、お医者さんから血圧と肝臓の数値をうるさく言われてる・・・と。
ま、勝手な推測だが。


 ま、どのプールにも共通してることがある。 山田優みたいな綺麗なねーちゃんはいない。
そういうのは高級フィットネスクラブへ行くのでした。チャンチャン。

SORA

 昨日は夜遅く(ってか、今日の明け方)までネットしてたんで寝起きは最悪の気分。追い討ちをかけるように雨! 何故か最近オイラの休みはピンポイントで悪天候。晴れたらオバQ(小田急)に乗って江ノ島まで出て、湘南海岸をジョギングするつもりだったのに、2回連続でパーだ。

 寒さに弱いのと、日が落ちてから乗るのがイヤなので、元からあまり遠乗りする気は起きないが、デュアルコントロールレバーが不調になったのでロードレーサーはご無沙汰になりつつある。 完全にぶっ壊れてしまえば諦めもつくのだが、5回に2回くらいの割合で正常に作動するので余計にわずらわしい。 サイクルコンピューターが電池切れやセンサーの取り付け不良などで表示がいいかげんになったとき、
「そんなんだったら最初っから使わないほうが良いんじゃ-!」
という気分になるが、なんとなくアレに似ている。
 しかし、20の時に買ったからもう11年か。
さすがにじゅみょーのようなのでなるしまに電話しSORAのダブルレバーを手配した。現在8段対応のコンポは最下級モデルのSORAしかないのだが、このデュアルコントロールレバーは握りにくい、カッコ悪い、引きが重い等々、CHARICで酷評されてるし、ホントはもうフレームごと買い換えたいので後半年ほどの繋ぎのつもりでダブルレバーにしたのだ。

偽札騒動

 いや~。大ブームですね、偽札。 って不謹慎か。

あっちゃこっちゃでパニックになってるけど、おいらも巻き込まれましたよ。偽札騒動。

って、おいらが勝手に騒いだだけなんですけどね。


 皆さん、お手元に旧一万円札お持ちでしたら、お札の左上と右上、「10000」の下あたりを
見てみてください。 老眼か遠視でなければUの字型の部分にもんの凄くちっさく NIPPONGINKO と書かれているのがわかるでしょう。

 これ、偽札対策の「マイクロプリント」ってやつなんだけど、真保裕一の小説、「奪取」を読むまではあることすら知らなかったし、気にもしてなかった。 大抵いつも5000円以上持たないし、必要になるたびチョコチョコ郵便局で下ろしてたからね。

 読んだ後もそんなに気にすることもなかったのだが、最近やたら偽札騒動があるし、お客さんも冗談めかして言うしで、ちょっと神経質になってたんだな。

 ここ数日、お札をしげしげ見るようになったんだ。ま、営業時間終わってからだけどさ。

んで、今日ふと見たレジの一万円札の中の一枚、

マイクロプリント無いじゃん

manken_20090404184648.jpg


 すっかりパニックになったオイラ、慌てて渋谷警察署に電話した。

そのとき浮かんできたのは10数年前の悪夢であった。 うちの店が入居しているビルでは、以前殺人事件が発生し、顧客名簿を警察に提出させられたことがある。 警察はうすうす犯人の目星は着いていたようだが(限り無く真っ黒に近い灰色の893がいたらしいが、どうしても証拠がつかめなかったそうだ)、念の為うちの顧客にローラーがかかったのである。

 今回もお客様に迷惑をかけるのだろうか?頭を抱えつつ事情を話すと、

「えーと、じゃ、担当に変わります」

そして電話に出てきたのが、知能犯係のデカ。

この人はさすがに知能犯のプロで冷静だった。
新札でなく旧札だったのに一瞬神経を尖らすのを感じたが、透かしがあることを伝えると、

「平成5年以前の一万円札はマイクロプリントが無いんですよ。 この間も同じ持ち込みがありましたが、透かしがあるのなら多分大丈夫だと思います。でも、心配でしょうから、ブラックライトを当ててみたほうがいいですね。無い? じゃ、銀行の窓口に持っていって、鑑定してもらってください。ATMはダメです。 もし偽札だったらすぐに連絡お願いします。」


 ATMは大抵、磁性インクを読み取るものなのでそれさえすり抜けてしまえば偽札でもお手上げというのは小説で読んでいたので、納得である。 しかし、平成5年以前のはマイクロプリント無しというのは知らなかった。 ていうか、小説の一番最初のところ、もう忘れているだろっ!!
 
 例を言いつつ電話を切って、へたり込んでしまった。
偽札ではない可能性が高くなったわけだが、やはりあまり気分のいいものではない。

が、マイクロプリントが無いことに気づいて渋谷署に駆け込んだ人がもう一人いたので、少し救われた気分である。慌てものは俺一人では無いのだ。

 が、ちょっと気になったのは「平成5年以前発行の・・・」・というやつである。お札の寿命を考えたら、そんな古いのが入ってくるのだろうか? 気になったんで調べたよ。 そうしたら、お札の寿命は一万円札なら平均で3~4年、千円、五千円札で1~2年だそうだ。

 まあ、バブル真っ盛りの時にガンガン刷られた札であるからして、何枚か生き残ってるのがあっても不思議は無いかも知れないが、平均寿命の数倍の年月を経てもまだ流通してるというのは相当珍しいのだろう。 俺とは別の慌て者が渋谷署に駆け込んだのも無理無いではないか。

 とはいえ、まだ手元にあるこの万札、12年も経ってる割には妙に綺麗なのがちょっと気になる。 月曜日に一応銀行に持っていくことにしよう。

スーパーサイズ ミー

 久々に映画館に行った。 前回見た映画が自転車アニメ、「茄子 -アンダルシアの風-」 その前が「猟奇的彼女」だから、オイラが映画館に行くというのは本当に珍しいことだ。

で、見たよ見たよ「スーパーサイズ ミー」

マクドナルドは余り人間の食いもんじゃないっと思ってるから、
食いすぎて肥満になったじゃねえかどうしてくれる裁判とか冷ややかな目で見ていたが、

俺の認識が甘かった。


 アメリカは日本の公立小学校のように給食は無く、あっても給食業者がチルドのジャンクフード、親も子供の頃からジャンクフードを食わせているという状況では、「食わなきゃいいじゃん」などというのは的外れな批判だろう。 
 
 オイラの子供の頃を省みると、外食なんて年に数えるほど、東邦生命ビルにある東天紅へ・・・ってのしか覚えてない。 
 オイラのファストフード嫌いはこのおかげなんだね、お父さんお母さんありがとう。
 

 早い話、冷静な判断力がつく前に北京ダックかフォアグラのアヒル、不穏当な表現をすれば「シャブ中」にされているのと同じ(実際中毒作用も指摘されているようだ)なのだ。

 健全な体を作るべき小学校の給食でも外食産業が猖蕨を極めている(中には栄養士が起した会社のような良心的な部分があるが)のは恐ろしいとしか言いようが無い。
 
 日本でも自由化だの、効率化だのといって効率の小中学校の給食を廃止とか、完全民営化とか言い出したら要注意だな。

カレー

 今日のトレーニングは気分を変えて多摩川を下流(羽田方面)に走ることにした。

自転車ではなくニコタマ~登戸か湘南海岸をジョギングというのも考えたんだが、太陽が出ているとやっぱり自転車で走りたくなるんだよな。

 が、ガス橋を過ぎたあたりでまたもや帯状の雲が


どんよりどよどよ


なんで走り出すと曇るんだろうか。しかも雲の境目あたりから冷気の塊が押し寄せたように冷たくなってきた。 久しぶりに走った大田区区間は、一部舗装が改装されやや快適になったが、橋の下をくぐる部分が駐車スペースとこんがらがっていたりで、やはり府中~国立の快適さに劣る。
 
 それと丸子~ニコタマ区間は大田区側はCRが途切れているし、神奈川県側は舗装が荒い。 大田区の休憩スペースは良いものがあるんだが・・・・。 

 特色のある町工場の看板(特に桂川製螺)や、正面に見える川沿いの高層ビルはSFチックでビジュアル的には面白いのだが、もうちょっと快適性UPできないもんだろか?

 羽田手前の終点近くの公園でトイレに行ってすぐUターン。
今日も総合運動公園で一泳ぎ。 今後の為にスイミング用の高性能タオル(ゴムのような質感のやつ)を購入した。


 帰宅後、昨日気合を入れて作ったカレー最後の仕上げ。 昨日の夜はまだ味が落ち着いていないで各スパイスが大暴れ状態だったが、赤ワインを足したら一気にまろやかで纏まりのある味になった。 
 最後にしめじとこれまではにんじんその他と一緒に煮込んでいたジャガイモを炒め煮にして投入。 

風呂上り後、食う。

(゚Д゚)ウマー 

本日の教訓・ジャガイモは煮込まず、炒め煮にしたほうがいい!

イトーカズエ

 せっかくの休日というのにまた天気が悪い。 おい、今日は天気じゃなかったのかよ~。 しかもサッムー  こういう日はトレーニングが辛い。 普通の人と違い、平日に休んでいるとなんとなく後ろめたさがあるのだが、おまけにこういう天気ではホント気合が入らない。
 しかし正月3が日の運動不足&美食で4kgも太ってしまったのでサボるわけには行かぬ。  レッグウォーマー、ウィンドブレーカーなどの防寒具を着込んでしゅっぱーつ!
 
 今日は秘密兵器として、初めてパールのウィンドブレーク・シューズカバーを着用した。これまで使ったことが無く、冬場のトレーニング・ツーリングでは足先をかじかませていたのだが、ようやく購入を決意したのだ。 なるしまフレンドの兄ちゃん曰く、 「エアロシューズカバーは冬場の寒さには役に立ちません。ウィンドブレークを買ったほうが良いです」 との事。 確かに時速30kmで、おまけに寒風吹きっ晒しではこれじゃないと役に立つまい。しかし、よく今までこれ無しで我慢してたもんだ。

  足許は少しは改善したものの、気温は低いまんまなので風のある川沿いに出るとやっぱくそ寒い。冷気がレッグウォーマーやウィンドブレーカーを突抜けてくる。 いつまでたっても体温が上がらず、足が回らない。ある程度の気温が無いとやはりパフォーマンスは急激に落ちる・・・・ってこう書くと トカゲみてぇだな。


 平日の昼間なので当然CRには人気が無い。この時間帯遊んでられるのは無色かビル持ちかのどっちかだろ~な~。  狛江を抜けたあたりでいいペースで走ってるライダーがいたので追跡してぴったりケツにつかせてもらう。

 国立でちぎられ(結局オイラは一度も引かなかった)たあとはチンタラマイペースで走り、CRが途切れたところでさっさとUターンしたのだが・・・・ 降ってきやがった 慌ててスピードアップ。 と、CR沿いにいた何かのロケ隊が本番中のよう。
「通って良いですよ」とのことなので、あの長い棒マイクの下を走っていく。 大勢のスタッフから離れたところに一人女性がいたのでチラと目をやったら おっ!

イトーカズエじゃん!


 いままで多摩川CRではいろいろロケや撮影(どう見てもブルセラorエロ本だろってのもあり)やってるのを見てきたが、タレントさんの顔をはっきり見たのはこれが初めてなのでした。 ちょっとだけ得した気分。


 そのまま帰ろうかと思ったけど、気合を入れなおして世田谷区立大蔵総合運動公園プールまで足を伸ばし、上半身をシェイプアップ。 温水でこわばった体をほぐし、いい気分で晩飯を食おうかと思ったら、 本格的に降ってきやがんの ジャグジーで暖めた体も自宅に着く頃にはしっかり冷え切り強張ってしまったのでした。がっかり。

飲み会を安く上げようぜ。

 友人と年明けそうそう飲み会をすることにした。メンバーの時間の調整がつかず、忘年会で集まれなかったので、全員集まるのは夏以来なのだ。

 不景気でもあるし、めいめい食い物飲み物を持ち寄ってつましく部屋で飲もうではないか、という事になり、オイラはこないだ福生の石川酒造で買った地ビールを持ち込んだ。

 酒の追加とつまみは集合場所である小林君ちの近所のスーパーで買うことになったのだが、そのスーパー(パワーラークス)は凄かった! 一般食材と酒&乾き物のつまみの売り場が別々で、それぞれが普通のスーパーぐらいの広さなのだ。 まあ、チトフナの紀ノ国屋みたいに2階建てにすれば珍しいものでもないのだろうが、駐車場の広さといい贅沢な土地の使い方に面食らっちまったよ私は。
 
 まあ、当然売り物のバラエティも富んでいて、



オーストラリア産蜂の巣 


なんかも売っていたりする(何に使うんだろう・・・)

 オイラは乾き物のつまみだけでは耐えられなさそうなので、小林君宅のキッチンを借りて炒め物を作ることにしていた。
 玉葱一玉、キャベツ半玉、もやし一袋、シメジ一パック、キムチ一瓶、豚モモ200gを購入、何種類か炒め物を作って、出来たそばからワシワシ食っていくのだ。

 酒売り場に移動すると、これまたすごい。うちの近所の酒ディスカウントでは見当たらない「ハートランド」もあるので早速購入。その他焼酎、ポッカ梅、コンビーフ、KIRIのクリームチーズなどなどを買い込んだ。 最終的に使った金はひとり頭2500円。 居酒屋を2~3軒はしごすると大体一万近く飛んでいくから、やはり部屋で飲んだほうが安上がりなのだね。


 ちなみにオイラが作ったのは。

○もやしとしめじと玉葱とコンビーフのバター風味炒め
○キャベツと玉葱ともやしと豚モモと白菜キムチ炒め
○キャベツと玉葱と豚モモのかつをぶし風味炒め
○ツナキャベツ炒め
○クリームチーズやっこ

玉葱とキャベツがあれば味を変えるだけでいろいろな炒め物つまみが出来るのだ。
まあ、学生時代によく作った節約おかずなわけだが、飲み会を安く上げるにも役に立つのだね。 「銀座のカラス」をはじめとした椎名誠の若い頃を描いたエッセイにもよく登場するよ。

安く新年会

 友人と年明けそうそう飲み会をすることにした。メンバーの時間の調整がつかず、忘年会で集まれなかったので、全員集まるのは夏以来なのだ。

 不景気でもあるし、めいめい食い物飲み物を持ち寄ってつましく部屋で飲もうではないか、という事になり、オイラはこないだ福生の石川酒造で買った地ビールを持ち込んだ。

 酒の追加とつまみは集合場所である小林君ちの近所のスーパーで買うことになったのだが、そのスーパー(パワーラークス)は凄かった! 一般食材と酒&乾き物のつまみの売り場が別々で、それぞれが普通のスーパーぐらいの広さなのだ。 まあ、チトフナの紀ノ国屋みたいに2階建てにすれば珍しいものでもないのだろうが、駐車場の広さといい贅沢な土地の使い方に面食らっちまったよ私は。
 
 まあ、当然売り物のバラエティも富んでいて、



オーストラリア産蜂の巣 


なんかも売っていたりする(何に使うんだろう・・・)

 オイラは乾き物のつまみだけでは耐えられなさそうなので、小林君宅のキッチンを借りて炒め物を作ることにしていた。
 玉葱一玉、キャベツ半玉、もやし一袋、シメジ一パック、キムチ一瓶、豚モモ200gを購入、何種類か炒め物を作って、出来たそばからワシワシ食っていくのだ。

 酒売り場に移動すると、これまたすごい。うちの近所の酒ディスカウントでは見当たらない「ハートランド」もあるので早速購入。その他焼酎、ポッカ梅、コンビーフ、KIRIのクリームチーズなどなどを買い込んだ。 最終的に使った金はひとり頭2500円。 居酒屋を2~3軒はしごすると大体一万近く飛んでいくから、やはり部屋で飲んだほうが安上がりなのだね。


 ちなみにオイラが作ったのは。

○もやしとしめじと玉葱とコンビーフのバター風味炒め
○キャベツと玉葱ともやしと豚モモと白菜キムチ炒め
○キャベツと玉葱と豚モモのかつをぶし風味炒め
○ツナキャベツ炒め
○クリームチーズやっこ

玉葱とキャベツがあれば味を変えるだけでいろいろな炒め物つまみが出来るのだ。
まあ、学生時代によく作った節約おかずなわけだが、飲み会を安く上げるにも役に立つのだね。 「銀座のカラス」をはじめとした椎名誠の若い頃を描いたエッセイにもよく登場するよ。

チワワ

 毎年大晦日に一人暮しをしている姉貴が飼い犬を連れてやってくる。この犬は幼犬の頃から甘やかされ、全く躾られていないのでものすごくはた迷惑な行動をとるのだ。 部屋の中でオシッコするし、なれない所に行くとコーフンして夜中に吼えたり、明け方人が寝てる布団に突っ込んで大暴れしたりするのだ。 イライラするのは人だけはないようで、一緒にしていたら従姉妹が飼っている犬も神経性の下痢をおこしてしまった。
 
 まーそんなわけでこいつのせいで毎年正月は大変寝不足であるのだが、今年はちっと驚いたことがあった。 毎度のごとく夜中にキャンキャン吠え出したのでペチペチと折檻して、また布団に入ったのだが、一度夜中に変なふうに目が醒めるとなかなか眠りに入れず悶々としていた。
 半寝惚け状態で1~2時間経っただろうか?まあたこのバカイヌがキャンキャン吠え出したので外につまみ出してやろうとしたら、
なんと地震が発生。

 躾ができてない、時には道路に飛び出し轢かれそうになるずぼら犬でも地震予知のような能力だけは備わっているのだろうか?? まあ、しょぼい震度2程度の地震ではなく、やはり震度5以上のデカイ奴を予知してくれないとあまり意味無いのだが・・・。
ora1.jpg

プロフィール

piccoli

Author:piccoli
 自転車、釣り、スノーケリングにハイキングとアウトドア遊びばっかしてる不良中年です。 主な出没地域は三浦湘南、真鶴に奥多摩周辺。 

カレンダー
12 | 2005/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。